甘酒を麹のみで作るには?市販の麹のみで作られた甘酒は?

麹で作る甘酒は自然な甘さが美味しいうえ、ノンアルコールで栄養価も高く、子どもからお年寄りまで人気です。

甘酒を麹で作る場合、麹だけで作ることもできますが、もち米や白米と混ぜて作ることもできます。

今回は一般的な甘酒の作り方のみならず、麹のみで甘酒を作る方法と、市販の麹のみでできた、おすすめの甘酒についてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

めかぶの食べ方は?茎も食べれるの?下処理の仕方は?

2月頃になると、店頭に生めかぶが並びます。サラダや酢の物、みそ汁の具と幅広く使える食材ですし、...

コーラはただの身体に悪い砂糖水ではない!理由を探そう!

コーラは体に悪いのは、砂糖が大量に入っているから?それではコーラ1本にどのくらいの砂糖が使われ...

味噌ラーメンのワンランクアップレシピ!極旨スープの秘訣!

味噌ラーメンには、醤油ラーメンや豚骨ラーメンにはない魅力がありますね。そんな味噌ラーメンのス...

サツマイモを栽培するときのポイントはつるにあった

サツマイモの栽培は簡単で、家庭菜園でも人気の野菜です。初心者にも簡単で、枯れた土地でも栽培で...

大根の保存方法は?干す方法以外もあるの?

秋から冬にかけてが旬の大根。つい買いすぎてしまった、収穫期にたくさんもらってしまった、家庭菜...

牛肉を使った味噌炒めを作ろう!簡単なコツやレシピもご紹介

「今日はガッツリと牛肉が食べたいな」なんて思う日もあると思います。牛肉を使う調理法は沢山あり...

知っ得エビ知識!バナメイエビとブラックタイガーの違いとは

スーパーの鮮魚コーナーで売られているエビ。その中に、表記がなく『むきえび』とだけ書いてあるも...

プロテインを選ぶなら無添加でオーガニックなものがお勧め!

皆さんはプロテインと聞いて何を連想するでしょうか?プロテインを使用している人というと、筋肉ム...

卵・ほうれん草・トマトのそれぞれの豊富な栄養について!

栄養のある卵、ほうれん草、トマトは人気の食材ですよね!色々な料理に幅広く使用できるのも人気の理由...

豚肉は太るか?100グラムあたりの部位・調理別カロリー比較

とんかつ、酢豚、しゃぶしゃぶなど、美味しいイメージのある豚肉。しかし、脂身が多く、太りやすい...

鶏肉を冷凍保存すると賞味期限はどれくらい延びる?

比較的安価に手に入り、ヘルシーな鶏肉は、食卓に多く取り入れたい食材ですね。しかし生のままです...

タバスコの賞味期限はどれくらい?適した保存方法は?

メキシコで生まれた辛味系の調味料であるタバスコですが、今ではすっかり日本に定着しパスタやピザのお...

インスタント味噌ラーメンが坦々麺に!そのレシピをご紹介!

寒い時期は、体の温まるものが食べたくなるという方は多いのではないでしょうか?インスタント味噌...

オーガニックワインに合う料理とは?ワインの種類毎にご紹介

最近では、オーガニックワインが人気を集めているようです。初めに、オーガニックとな何なのか、に...

味噌炒めの材料に嫌われ者の?ピーマンとなすを使ってみよう

子どもの嫌いな食べものと言えば「ピーマン」と「なす」が必ず出てくるでしょう。たしかにピーマン...

スポンサーリンク

麹のみの甘酒と他にも混ぜて作る甘酒はどう違う?

麹のみで作る甘酒と、お米やもち米を混ぜた甘酒は、単純に材料費が変わってきます。

麹1kgは、ネットショップで1000円前後という値段で買えます。

しかし、スーパーで買えるような市販の麹は、300gで500円ほどもします。

白米はこれより半分くらいの値段で買えるものもありますから、麹のみで作らず、お米やもち米で増量すると、材料費が安くなるというメリットがあります。

しかしながら、麹のみで作った甘酒はご飯が入ってないため、麹の香りや風味がしっかり味わえる、まろやかで甘みの強いものとなります。

そのため、麹の風味をしっかり味わいたい方にぴったりの、濃厚な甘酒が出来上がります。

ぜひ、水と麹のみで作った甘酒を味わってみてください。

麹のみ甘酒の栄養と効能

麹のみであるかどうかにかかわらず、麹で作った甘酒は、栄養たっぷりで飲む点滴と言われています。

では、実際のところ、麹で作った甘酒は、どのような栄養と効能があるのでしょうか。

・ビタミン類
ビタミンB群は、糖質や脂質やタンパク質の代謝を良くしてくれます。
アンチエイジング効果が期待できます。

・アミノ酸
アミノ酸は筋肉や血管などの細胞を作るのに必要で、老化も防いでくれます。

・ブドウ糖
脳の唯一のエネルギー源であり、体力を回復させてくれます。

ちなみに、点滴に使われる輸液もブドウ糖が入っているので、これが麹の甘酒が飲む点滴と言われる理由でしょう。

・オリゴ糖
腸内環境を整えてくれます。

・葉酸
葉酸は、妊娠期や授乳期のお母さんたちにとって、必要不可欠な栄養素です。

・食物繊維
便秘解消を促します。

ほかにも
・パントテン酸
・イノシトール
・ビオチン

などを含んでいます。

効能としては、体力回復・美肌効果・便秘解消・ダイエット効果などがあり、女性にピッタリですね。

こんなに多くの栄養と効能があるなら、麹で甘酒をぜひ作ってみたいと思われたのではないでしょうか?

では、市販の麹はどこで手に入るのでしょうか?

市販の麹で甘酒を作ろう①お米と麹で作る方法

麹は、スーパーやネットショップで手に入ります。
それ以外にも、専門の麹製造所、販売店もあります。

そのような場所で買えば、もしかしたら、スーパーより安く手に入るかもしれません。

では、市販の乾燥米麹とお米を使って、甘酒を作ってみましょう。

【材料】

・乾燥米麹 200g
・ご飯 1合分
・水 200cc

【作り方】

①炊きたてのご飯を用意します。
もしくは、冷ご飯を電子レンジで温めます。

②米麹をほぐします。

③ヨーグルトメーカーの容器に、熱湯をかけて消毒します。
そこに、ご飯と水を入れ、混ぜ合わせます。

④米麹を入れてよく混ぜ、ヨーグルトメーカーにセットします。
温度は60℃、時間は6時間に設定してください。

⑤甘くなったら出来上がりです。

出来上がった甘酒はとても濃いので、お湯で割って飲むと、ちょうど良いですよ。

お米と麹で作った甘酒は、麹のみで作った甘酒よりも麹の風味が薄くなりますが、十分美味しくいただけます。

市販の麹で甘酒を作ろう②麹のみで作る方法

続いて、麹のみで甘酒を作ってみましょう。

市販の乾燥米麹を使います。

【材料】

・乾燥麹 200g
・水 400cc(生麹の場合は250cc)

【作り方】

①麹をほぐします。
袋に入っている場合、袋に入った状態のまま、ほぐすと簡単です。

②ヨーグルトメーカーの容器に①を入れ、乾燥麹の場合は400ccの水、生麹の場合は250ccの水を入れます。
麹と水を、よく混ぜ合わせます。

③ヨーグルトメーカーを60℃に設定して、6~8時間かけて発酵させます。
蓋は完全に閉め切らないようにしてください。

④出来上がったら、粗熱を取って冷ましましょう。

かなり濃厚なので、甘酒として飲む場合は、同量のお湯で割って飲みましょう。

その場合、お湯は60℃以下にすると、酵素を守ることができます。
冷蔵で、1週間から10日ほどもちます。

ご飯を炊く必要がないので、意外と簡単にできそうですね。

甘酒を作ってみよう!米麹の種類とおすすめ

作り方がわかると、甘酒を作りたくなってきますよね。

麹には、生麹と乾燥麹の2種類があります。
生麹は麹菌の力が強いのが特徴ですが、日持ちしないので、冷凍保存する必要があります。

冷蔵庫だと3週間、冷凍庫で3ヶ月もつと言われています。
しかし、解凍と冷凍を何度も繰り返してしまうと、麹が衰えてしまいます。

麹の使用は、計画をもって行いましょう。

一方、乾燥麹は香りが控えめなので、麹の香りが苦手な人向けです。
乾燥麹は、ほぐしてある状態のものが多いので、手間がなく、初心者にも使いやすくなっています。

また、乾燥麹は常温でも4ヶ月もつというメリットがあります。
しかし、生麹と比べると麹の力が弱いです。

こうした違いを考えて、購入されると良いと思います。

今では、麹はネットショップでも買えますので、手軽に甘酒が作れますね。

麹のみの甘酒を作るのであれば、米麹にこだわったほうが美味しい甘酒が作れます。
それでは、おすすめの市販の米麹をご紹介していきます。

●みやこ麹

有名な麹で、スーパーなどでも見かけます。
乾燥タイプの麹なので、長めの保存が可能です。

スーパーになかったという方は、ネットショップでも購入可能です。

●卑弥呼醤院の熊本県産の米麹

変わらぬ製法を使った、手作りの麹です。
熊本にある店舗で購入する以外にも、ネットショップで購入することができます。

出来立ての生麹をお届けします。
1kgで850円ほどです。

●生米糀 マルヤス味噌株式会社

愛媛県愛南町一本松産の、無農薬のお米を100%使用した生米麹です。
昔ながらの製法で地元で愛され続けています。

手作業のため、少量生産になっています。
1kgで1490円です。

市販されている人気の麹のみ甘酒

市販の麹を使った甘酒は、麹以外にお米を使ったものがとても多く、麹のみという甘酒は、なかなか見つからないかもしれません。

買いものに行ったついでに、麹のみで作った甘酒を探してみるのも、楽しいかもしれませんね。
麹のみで作られた甘酒をご紹介します。

●八海山 麹だけでつくったあまさけ

八海山とは新潟県を代表するお酒で、日本酒好きならば、ご存知かもしれませんね。
ノンアルコールで砂糖不使用、添加物も一切使われていません。

米麹の自然な甘さが引き出された、スッキリした味わいの甘酒です。
825gで、価格が800円です。

全国の百貨店から酒屋や商店で購入が可能です。
ネットショップでも購入できます。

●門前甘酒

無加糖、ノンアルコールで、上品な飲み心地です。
善光寺御公許と表示されています。

ストレートのペットボトル350mlタイプと、濃縮の袋入りタイプ360gがあります。
ネットショップでも買えますよ。

●森永製菓 森永のやさしい米麹甘酒

米麹と食塩のみで作った、砂糖不使用の甘酒です。
米麹の自然な甘みで、甘さは控えめに、すっきりと飲みやすく仕上がっています。

エコで便利な紙パックタイプで、捨てる際にもかさばりません。
冷やしても美味しく召し上がれます。

●信州一献 甘酒

無添加の国産麹のみで作った甘酒です。
砂糖も塩も無添加のノンアルコール飲料で、二倍濃縮タイプです。

お好みに希釈して、お楽しみください。
500gで700円ほどの値段です。

麹のみで作った甘酒を飲んでみよう!

いかがでしたか?

麹のみで作る甘酒の作り方以外にも、おすすめの麹や甘酒のご紹介をしてきました。

美味しいだけでなく、ダイエットにアンチエイジングに、その他の美容と健康維持にとっても有効な甘酒。

手作りの麹甘酒であれ、市販の麹甘酒であれ、ぜひ一度味わってみてください。