自由研究はこれで決まり!ジュースに含まれる砂糖の量を研究

小学校や中学校が長い休みに入る夏休みや冬休みなど、自由研究という宿題を課せられますよね。

今年は何にしようかと悩むところです。

そんなときは、身近にあるジュースを使った研究はいかがでしょうか。

ジュースの砂糖の量を調べて、みんなが驚く研究内容を発表しませんか?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

カロリー摂りすぎが太るのはなぜ?太る仕組みの改善方法とは

カロリーを摂りすぎると太る、という言葉が一般的になったのは昭和50年代に入ってからです。それ...

うるおいをキープ!体内の水分を増やすために必要なことは?

空気が乾燥する季節になると、肌のカサつきを感じたり、目の乾きなどが気になることはありませんか?...

人気の冷凍食品パスタと手作り冷凍パスタのカロリーをご紹介

全国どこのスーパーでも、コンビニエンスストアや百貨店、生協でも冷凍食品を購入することができます。...

気になる!保育園で1歳児はどんな食事を食べているのか?

保育園に1歳児を預けている方、自宅ではどんな食事をしていますか?今はベビーフードも充実しているの...

スーパーやコンビニの惣菜やお弁当は、健康に良くないの!?

仕事終わりで疲れている時や、料理をするのが面倒な時ってありますよね。そんな時には、スーパ...

脂肪分とカロリーが違う牛乳の種類と大さじ1のカロリー

一言で牛乳といっても、濃厚牛乳や無脂肪牛乳、低脂肪牛乳など色々な牛乳があります。含まれる成分...

血圧の標準的な数値はいくつなの?読み方がよく分からない!

病院に行って血圧を測っているけど、読み方が分からないし標準的な数値も知らない…そんな方も多い...

豆乳と野菜ジュース、どっちを選ぶべき?栄養面から比較する

スーパーやコンビニエンスストアで手軽に購入できる豆乳や野菜ジュース。健康やダイエットにはどっちを...

過食嘔吐の人が食事をブログに載せるのはどうして?

過食嘔吐の人が、ブログに食事を載せるのは、なぜでしょうか?過食嘔吐とは拒食症や過食症などとい...

外食で食べたいラーメン!でも高いカロリーが気になる!

ラーメンが好きだけど、「ラーメンは高カロリーで太る」という言葉をよく耳にしますね。それでも、...

食事改善で便秘解消!そんな腸内環境にしたい時大事なこと

バナナのような便がスルッと出た時には、お腹の中がスッキリした気持ちになり、少し体が軽くなったよう...

カロリーオフのお菓子を手作りしよう!糖尿病の方もOK?

日本人の5人に1人は糖尿病の気があるといわれるほど、糖尿病は身近な病気です。糖尿病で糖質制限...

「精製塩」のスーパーな効果!調味料以外にも役立つ凄いやつ

どこの家庭にでも、「塩」は調味料として常備してあるのではないでしょうか。「塩」は、調味料とし...

離乳食の必要性と1回食・2回食・3回食の時間の目安について

離乳食は、赤ちゃんにとってとても大切なステップですよね。これは赤ちゃんの成長段階で欠かせないもの...

食事改善で生理痛を和らげ月経の憂鬱さを減らせる方法とは?

月経は将来の妊娠や出産をするため、女性にとっては必要なものではありますが、毎月のことなので憂鬱に...

スポンサーリンク

自由研究は何にしよう?

学校でテーマが決まっていたり、いくつかのテーマから選ぶ研究なら良いですが、自分で決める場合は何を研究するか悩むところです。

●テーマを決める

はじめに、テーマを決めます。
工作・観察・実験など、おおまかに決めていきましょう。

そして、休みの期間内で終わらせることができるテーマなのか、自分でできるのかがポイントです。

また、自由研究で使う材料が揃えられることと、研究自体が危なくないことも重要ですよ。

●テーマの内容

テーマが決まったら、内容です。

工作なら、作ってみたいものを考えます。

観察なら、飼っている生きものや、花の成長を記していくのも良いですね。

実験なら、学校で習ったことや、日頃の疑問や不思議に感じていることを、さらに深く調べてみましょう。

今回は、ちょっと驚きの、ジュースに含まれる砂糖の量を調べる研究を、ご紹介していきます。

ジュースに含まれる砂糖を調べようとしたら失敗

水分補給でジュースを飲む方もいらっしゃるかと思いますが、ジュースには砂糖が含まれていることは、ご存知でしょうか。

ゴクゴクと飲めてしまうジュースは、砂糖の過剰摂取に注意です。

ただ、砂糖が含まれると言われても、目に見えないと、なかなか実感できないものですよね。

これを自由研究にしてみては、いかがでしょうか。

ジュースに含まれる砂糖の量を調べる方法として、「ジュースを鍋に入れて沸騰させ、砂糖が残るまで煮詰めていくと、砂糖の量が分かる。」といったものがあります。

しかし、この方法で実験してみると、鍋底には水あめのようにドロドロになった液体が残り、砂糖の量を量るどころか焦げてしまうだけです。

これでは、正確な砂糖の量が分かりませんし、自由研究を発表できませんよね。

ドロドロとしてしまうのには、わけがあります。
ジュースに含まれる糖分は、砂糖ではなく、果糖ブドウ糖液糖だからです。

ジュースの砂糖の含有量を自由研究のテーマにする

では、失敗しないジュースに含まれている砂糖の量を調べる方法を、ご紹介します。

【ジュースに含まれる砂糖を調べる】

①調べたいジュースを決めます。

②栄養成分表を見て、炭水化物の量を見てください。
砂糖も含めた糖質の総量は、炭水化物として示されるので、これを計算していきます。

③【ジュースの内容量】÷【単位量(ml)】×【単位量当たりの炭水化物の量】=砂糖の量

この計算式で、どんなジュースでも砂糖の含有量が分かります。

例として、内容量が500mlのジュースに含まれる砂糖の量を調べるとします。

栄養成分表を見て、炭水化物が100mlあたり14.5gと仮定して、計算してみましょう。

500(ml)÷100(ml)×14.5(g)=72.5

この計算式から、500mlのペットボトルには、72.5gもの炭水化物があることが分かります。

72.5gの砂糖を1本3gのスティックシュガーで表すと、なんと約24本分です。
量を目の当たりにしてみると、なかなか衝撃的ですよね。

こうして割り出された砂糖の量をスティックシュガーで表し、ペットポトルと一緒に写真を撮ってみてはいかがでしょうか。

もうひとつの方法として、調べたジュースのペットボトルをよく洗って乾かし、含まれる砂糖を入れれば、一目瞭然で砂糖の量が分かります。

1本だけでなく、何本か種類の違うジュースを調べて比較するのも、おすすめですよ。

ちょっとした驚きが、自由研究では面白いかもしれません。

ジュースで摂りすぎる砂糖について発表する

砂糖の量が分かっただけでも十分ですが、砂糖の摂りすぎについての記事を書くのも、自由研究としてはおすすめです。

ジュースに含まれる砂糖の量を目で伝え、さらに文章でも伝えることができます。

砂糖の過剰摂取について、記事を書いてみましょう。

砂糖は適量なら問題はないですが、ジュースなどで知らず知らずの間に、過剰摂取をしていることを伝えます。

過剰に砂糖を摂ると、体にどんなことが起こるのか、伝えてみてはいかがでしょうか。

【例文】

このように、ジュースにはたくさんの砂糖が含まれています。

砂糖を消化するためには、ビタミンB1という栄養素が必要になるのですが、砂糖をジュースなどで過剰に摂取してしまうと、このビタミンB1が不足してしまいます。

ビタミンB1の不足で起こる、体の変化は次の通りです。

・疲労感
・集中力低下
・手足のむくみ
・便秘
・気分が落ち込む

砂糖の摂りすぎは肥満の原因になるだけでなく、気分が落ち込んだりと、心までも不調になってしまいます。

ジュースはゴクゴクと飲めてしまいますので、気を付けましょう。

と、このようにジュースの砂糖について発表してみましょう。

簡単にできる自由研究

ジュースに入っている砂糖の量の研究は、いかがでしたか?
ここでは、簡単にできる、自由研究のテーマを2つご紹介します。

☆柑橘類の洗浄効果

【材料】

・ガラスのコップ
・油性ペン
・柑橘類(グレープフルーツ・みかん・レモンなど)

【実験のやり方】

①ガラスのコップに、油性ペンで線を書きます。

②柑橘類の皮を使い、①の線をこすって、落ち方を見ます。

いろいろな柑橘類で、試してみましょう。

どの柑橘類の皮が落ちやすかったのか、なぜ油性ペンで書いた線が柑橘類の皮で落ちるのかなど、調べてまとめましょう。

可能なら、落ち方の写真があると、分かりやすいですよ。

☆塩の量での味の変化

【材料】

・トウモロコシ 4本
・水
・塩
・鍋

【実験のやり方】

①トウモロコシを茹でる水に対して、塩分0%・0.5%・1.0%・1.5%の塩を用意します。

②トウモロコシを、それぞれの塩分で茹でて、冷ましてから食べてみます。

どの塩分量で茹でるトウモロコシがおいしいか、実際に食べ比べてみましょう。

自由研究のレポートの書き方

最後に、一番の難題であるレポートの書き方について、お話します。
どんな自由研究でも、レポートを書くことで、一気にレベルが上がりますよ。

しかし、ネットで調べた情報や本で得た情報を丸写ししただけでは、レポートとは言えません。
自由研究で調べたことを、ご自身の言葉や表現を使って書いていきます。

レポートを書く段取りを、見ていきましょう。

●題名を書く
自由研究のテーマを元に、題名をつけましょう。

●テーマを決めた経緯
なぜ、このテーマにしたのかなど、経緯を書きます。

●研究内容
目次にしてみると、研究内容が伝わりやすいです。

●方法
写真があれば貼り付け、研究を行った手順を書き出します。

●結果
グラフ化できるものは表にして、研究結果を分かりやすくしましょう。

●まとめ
研究をした感想や、工夫した点、改善点などがあれば書きましょう。
さらに、今後やってみたいことを書くのも、おすすめですよ。

このようなレポートを、大きな紙に書いていきます。

見やすいように、文字も大きく書くと良いですよ。

ジュースの砂糖の量を調べたり、柑橘系の皮を使って汚れを落としてみたりと、学生の自由研究でなくても、面白そうでやってみたくなりますね。

子供の自由研究で火を使ったり、危ないと感じる研究については、必ず保護者の方と一緒に研究してくださいね。

子供が成長する自由研究

自由研究は、子供自身が決めたテーマを、子供自身で調べたり、最後まで作り上げて完成させるものです。
それらをまとめて、発表することで、達成感を子供は感じられますよね。

親御さんは手伝ってあげたくなる気持ちをグッと抑えて、あくまでもサポート役になりましょう。

子供たちの自由な発想や視点を、大切にしてあげましょう。