お米の計量カップは100均でも買える?正確な量り方は?

みなさんは、お米を量る計量カップはどのようなものをお使いでしょうか。

今回は、100均で買えるものから、ちょっぴりおしゃれなものまで、おすすめの計量カップをご紹介します。

おいしいご飯を炊くための、正しいお米の量り方も記載いたしますので、併せてお読みください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

電子レンジで卵雑炊が作れる!レシピやアレンジ方法のご紹介

身体が温まり胃にやさしい雑炊を食べたくなるときがありますよね。雑炊に加える具材としておすすめ...

スポンジケーキに使う砂糖はグラニュー糖じゃなきゃダメ?

家族の誕生日やクリスマスにスポンジケーキを焼こうと思ったら、家に上白糖しかないということありませ...

自宅で味噌作りをしよう!容器や大豆の大きさ選びがたいせつ

食卓に欠かせない調味料である味噌は、どこのご家庭にも必ず置いてありますよね。しかし、味噌作り...

ミキサーとフードプロセッサーの違いについて!代用可能!?

お料理のレシピ本や、テレビのお料理番組などで、ミキサーやフードプロセッサーという名前が出てきますよね...

味噌汁を作るとき、味噌の溶かし方ってどうしてる?

味噌汁は、それぞれの家庭によって味が違うものです。使う味噌も、白味噌、赤味噌や麦味噌など、さ...

たくさん作って上手に保存!おでんと練り物の冷凍方法

寒くなると恋しくなるのが、アツアツのおでんや、鍋料理。美味しいだけではなく、冷えた身体も温まりま...

毎日しないお弁当作り?!冷凍保存で日持ちするおかずレシピ

明日のお弁当のおかずを何にしよう…毎日お弁当のおかずを何品も考えて作るのは、すごく大変ですよね。...

パンを手作りしたけど失敗してしまった!原因は何?

香ばしい焼きたてのパンが手に入ったときは、うれしくて気分が上がりますね。そんな焼きたてのパン...

卵とチーズと食パンで美味しいトーストを焼く!方法はコレ!

卵とチーズと食パンで美味しいトーストを作りましょう!簡単なものなら時間も短くできあがるので朝ご飯...

冷凍肉の保存期間の目安は?解凍後のお肉が臭い原因について

お肉を小分けにして、冷凍している方は多いのではないでしょうか?冷凍だから冷蔵保存より長持ちす...

魚の下処理は霜降りが簡単で丁寧である。そのメリットとは。

魚を煮付けるときに、下処理として霜降りという、日本料理の調理の基本があります。魚の下処理の霜...

味噌鍋にご飯を入れて美味しい雑炊を作るレシピをご紹介

味噌鍋を食べた後のスープを使って、うどんや雑炊を作ると美味しいですね。寒い日の鍋はとても身体...

超時短!電子レンジで簡単お手軽スポンジケーキを焼くレシピ

ご家庭でケーキを作るときは、オーブンで焼くのが普通です。電子レンジの場合はオーブン機能を使い...

ご飯は冷凍保存しよう!自然解凍したおにぎりは美味しい?

食欲がないときでも、おにぎりだったら食べられますよね。食べやすいおにぎりは、朝ごはんにもぴったり...

お米の水加減は内釜がなくても重量で量ることができる!

お米を炊くときの水加減は、美味しく炊くための重要なポイントです。その水加減は、重量や手を使う...

スポンサーリンク

お米を量る計量カップは100均に売っている?

新しく炊飯器を購入すると、付属品として計量カップが付いてくることもありますが、100円均一(以下100均)などでも、お米専用の計量カップが販売されています。

使っていた計量カップが劣化してしまったり、失くしてしまったときなどは、慌てずに新しい計量カップを購入しましょう。

しかし、お米を量る専用のカップでなくても、計量カップならなんでも良いかというと、そうではありません。

お米1合は180mlなのですが、いわゆる一般的な計量カップは、1カップ200ml量れるようになっています。
そのため、20mlの誤差が生じてしまいます。

一般的な計量カップで、お米を量れないこともないですが、180mlに合わせて計量しなければならないため、少々面倒に感じてしまいます。

しかし、お米専用の計量カップで量れば、すりきり180mlなので、お米をメモリに合わせる煩わしさが省ける利点があります。

100均のお米計量カップ

さっそく、100均で手に入るお米の計量カップをご紹介します。

☆ザ・ダイソー

ダイソーのお米を量る計量カップは、スマートなものもあります。

お米の保管を米びつではなく、瓶などで保管しているご家庭では、狭い取り出し口でもスッと計量カップは入りますので、重宝しますよ。

日本製と書いてある計量カップもあり、税抜き100円で買えるのは、とてもコスパが良い商品です。

計量カップの中に目盛りが付いているので、お米の計量のみならず、様々な使い方ができるのも便利ですよ。

☆セリア

ライスカップとの名前通り、お米を量るための計量カップです。

米びつの底に残っているお米がすくえるように、一部が平らになっています。
こうした配慮がされていると、毎日の食事の用意がスムーズにいきますね。

100均の商品は、随時、新しい商品が展開されています。
お米を量る計量カップ以外にも、便利なキッチングッズがたくさんありますよ。

100均には便利なキッチン商品がたくさん

☆ダイソー お米保存ペットボトルキャップ&ロート

お米を量る計量カップと、お米を入れるときに便利なロートが付いている商品です。

よく洗ったペットボトルを、しっかり乾かして、ロートを使いお米を入れます。
お米は、冷蔵庫での保存が良いとされていますから、こうしてペットボトルで保存ができると便利ですね。

計量カップが蓋の役割りをしているので、わざわざ計量カップを棚から出す手間もありません。

注意点としては、ロートが取り付けられないペットボトルも、中にはありますので気を付けてくださいね。

☆セリア 調味料計量カップ

調味料を量る計量カップは、とても便利だと噂の商品です。

カップには小さじ最大6杯と、大さじ最大3杯まで両方量れる目盛りがあります。

上から目盛りが見えるので量りやすく、カップ型なので、全ての調味料を入れることができますよ。
調味料を全て混ぜるレシピなどで、活躍してくれるアイテムです。

ダイソーやセリアの他にもキャンドゥやワッツ、100きんらんどなど、色々な100均があるので、便利なキッチングッズを探してみてはいかがでしょうか。

おしゃれなお米の計量カップ

100均は何といっても価格が安いですし、便利な商品もたくさんあります。

話はお米を量る計量カップに戻りますが、中にはこだわりたい人もいらっしゃるかと思います。

ここでは、おしゃれなお米の計量カップを何点かご紹介していきますね。

☆琺瑯ライスカップ

ホーロー製なので、ニオイや雑菌が付きにくく、清潔な状態を保てます。

すりきりで1合のお米が量れて、お米を移しやすい注ぎ口があり、ホワイト・グリーン・ブラックの3色があります。

どこか、レトロな雰囲気のある計量カップですよ。

☆技物専科の木製ライスメジャーカップ

こちらは木製で、シンプルに「RICE」の文字が刻印されています。
ナチュラルなインテリアに合いますし、天然木なので、あたたかみもあります。

横タイプと、縦タイプがあり、すりきりで1合量れます。

☆APYUIライスメジャー ラクダとサボテン

形がラクダとサボテンの2種類があり、見た目が可愛いカップです。

瓶やガラス製など、中が見える米びつに入れれば、お米が砂漠のように見えます。
見せるインテリアにピッタリですよ。

可愛いだけでなく、1合と半合が簡単に量ることができて、防虫効果のある唐辛子を入れられる、専用のポケットもあります。

計量カップで正しくお米を量る

100均や100均以外でも、お気に入りの計量カップが見つかれば、お米を炊くのも楽しくなりますよね。

では、これらの計量カップを使ってお米を量っていきますが、正しく量る方法はあるのでしょうか。

いつも通りに炊飯していても、お米が固かったり柔らかかったりと、炊き上がりが異なるときは、量りムラが原因かもしれません。

みなさんは、計量カップでお米を量るとき、どのように量っていますか?

米びつに入っているお米にザクッと計量カップを入れて、すりきって量る人がほとんどではないでしょうか。
これでは、残念ながら正確に量れているとは言えません。

計量カップにお米を入れたら、平らなところでトントンっと、カップの底を優しく叩いてみてください。

すりきりで量ったはずのお米が沈み、すりきりではない状態になっていませんか?

お米を量るための計量カップですが、こうして正確に量らなければ、水分量が多かったり足りなかったりして、お米の炊き上がりにムラが生じてしまうのです。

おいしいお米を炊くには、お米がきっちりと詰まるように、計量カップ底をトントンと叩いて、正しくすりきり1杯を計量して炊きましょう。

はかりでお米を正確に量る

より、お米を正確に量りたい人は計量カップではなく、はかりでお米の重さを量るのをおすすめします。

計量カップで量る体積で量るのではなく、重量で量ることで、いかなる場合も正確に量れるのです。

キッチン用のはかりにカップなどの容器を置いて、目盛りを0にします。
お米1合は150gなので、150gになるようにお米を量りましょう。

おいしく炊飯をするには、お米を正しく量ることが大切です。

家族がたくさんいる家庭では、炊飯をするたびに、はかりで量るのは、面倒に感じてしまうかと思います。

そんなときは、3合5合などと、いつも炊くお米の量をあらかじめ量りましょう。
そして、100均などで売っているチャック付きの袋に入れ、空気を抜いて口を閉じましょう。

冷蔵庫で保管もできますし、買ってきたお米を一度に量ってしまえば、毎度お米を量る手間も省けますよ。

おいしく楽しくお米を炊こう

お米を計量カップで量るときは、底をトントンするのを忘れないようにしましょうね。

おいしいご飯を炊くためには、正しい計量がポイントですよ。

また、普段なんてことなく使っているものでも、新しいものに換えてみると、便利になって家事がはかどったりするかもしれませんね。

使っているものを買い換えるときは、ご自身が使いやすい商品を探してみましょう。