玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

ホームベーカリーを使いこなすには?知っておきたい発酵温度

      2017/11/15

ホームベーカリーを使いこなすには?知っておきたい発酵温度

自動で簡単にパンが作れる「ホームベーカリー」。
パン以外にも、ピザの生地や餃子の皮なども作れて、とても便利ですよね。

パン作りで重要なのは、生地を発酵する温度です。

もちろん、ホームベーカリーでは、自動で温度調節を行ってくれますよね。

しかし、ホームベーカリーだけに頼らず、発酵の温度や時間の目安を知っておくと、よりホームベーカリーを使いこなすことができますよ。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

米はご飯になると何グラム?カロリーは?米の種類別にご紹介

毎日の食卓に欠かせないものと言ったらやはりご飯ではないでし...

毎日量る白米1合は何グラム?お米の単位と簡単に量る方法

白米を量る時に使う際に、「合」という単位を使います。 ...

料理本にある水1カップとは?日本と外国の計量カップ!

近年では外食をする機会が増えていると思いますが、健康面を考...

水1カップをccで表すと?計量カップ以外の計量方法とは?

計量カップにも色々ありますが、水1カップは何ccなのでし...

自宅で味噌作りをしよう!容器や大豆の大きさ選びがたいせつ

食卓に欠かせない調味料である味噌は、どこのご家庭にも必ず...

毎日飲む味噌汁だから塩分濃度0.8%でおいしく健康的に減塩を

健康を維持するには、減塩もひとつのポイントです。 塩分を...

万能調味料と近ごろ話題の醤油麹の使い方!欲張りレシピです

テレビでも紹介され、いま話題になっている醤油麹。 醤油...

生きた菌が作り出す醤油の微生物と美味しい味の関係とは!?

醤油は古くから親しまれてきた発酵調味料です。 醸造品と...

オーガニックワインに合う料理とは?ワインの種類毎にご紹介

最近では、オーガニックワインが人気を集めているようです。...

オーガニックガムシロップの様々な用途とは?料理もご紹介!

アイスコーヒーやアイスティーのお供として、ガムシロップは...

玄米を精米すると栄養量が減る?玄米のアレコレを学ぼう!

栄養豊富で健康的なことから、いま熱視線を浴びている玄米。...

美味しいお味噌汁が簡単に作れる!便利な味噌玉が今話題!

突然ですが、皆さんは、お味噌汁を食べていますか? お味...

味噌を使ったインスタント食品の作り方!味噌玉って何?

お湯を注ぐだけで、味噌汁が作れるインスタント食品は便利で...

味噌漬けした肉の作り方!安い肉が美味しい肉に変わるかも?

味噌漬けした肉は風味も良く、柔らかいものが多いですが、...

ひと手間加えるだけでワンランクアップ!味噌漬け魚の作り方

外食した際に、西京焼き・味噌漬け焼きというメニューを見か...

材料色々な味噌チゲのレシピ!魅力満載の韓国料理について

日本の和食と同様に、韓国料理も健康食として、世界中から注...

体に優しい発酵食品の味噌と豚肉を使ったレシピのご紹介

豚肉を加熱すると、お肉のタンパク質が固まって、硬くなって...

味噌を手作り!大豆選びから大豆をつぶす道具などをご紹介!

日本食というと、ご飯と味噌汁、お漬物が定番ですね。 こ...

味噌作りは塩が不可欠!おすすめの食材で手作り味噌を作ろう

なにかと手作りがブームのなかで、味噌作りも密かに注目され...

【濃口・減塩・薄口】醤油大さじ1杯の塩分を徹底調査!

今、世界的に塩分を控えることがすすめられています。 ...

スポンサーリンク


ホームベーカリーの特徴と使い方

家電量販店に足を運ぶと、多くのメーカーから多種多様なホームベーカリーが販売されています。

どれが良いか、迷ってしまいますよね?

ですが、基本的な操作や、工程はどれも変わりません。

どこが違うかというと、ドライイーストの自動投入があるものとないもの・釜の違い・ヒーターの違い・付属品の違い・焼き上げ時間の違いなどが挙げられます。

これらにより、ホームベーカリーの値段が大きく変わります。
なので、購入するときは、自分好みの機能や値段を比較してみましょう。

使い方は、簡単にできているものが多いです。

まずは、釜にパンこね用の羽根をつけて、ホームベーカリー本体にセットします。

材料をレシピの通りの分量で、説明書にある手順で投入します。

このとき、イーストが水に触れてしまうと、発酵がうまくいかない場合があるので、注意しましょう。

イースト自動投入機能のあるものは専用の投入口があるので、分けて入れましょう。

説明書にある手順でコースや焼き色、タイマーなどのセットをして、スタートボタンを押します。

食パンの場合は焼き上がりまで自動でこねて、温度を調節して作ってくれます。
終了の合図が鳴ったら、釜から出して出来上がりです。

以上が、基本的なホームベーカリーの使い方です。

次に、1次発酵と2次発酵についてご説明します。

1次発酵と2次発酵の違いは?

ホームベーカリーの使い方は分かったかと思いますが、そもそもパンの作り方は知っていますか?

パンを作る工程をざっくり説明すると、

【材料の計量→混ぜてこねる→1次発酵→ガス抜きして成型→2次発酵→予熱したオーブンで焼く→完成】

となります。

パンを作るときの大切なポイントが、発酵です。

「パンの発酵は、どうして2回もするの?」
「膨らむから1回でいいのでは?」

と、思う方もいるでしょう。

これには、理由がちゃんとあります。

1次発酵は、生地全体を膨らませる役割があり、酵母によるパンの風味も、このとき作られます。

このときの生地の温度は27~30度で、生地が1.5~2倍になるまで、60分前後寝かせます。

2次発酵は、1次発酵の後にパンを成型したときに、ガスが抜けて小さくなった生地を、再度膨らませる役割があります。

2次発酵は、1次発酵より高めの温度の36~38度で、30~40分寝かせます。

どちらも湿度は80%程度に保ち、生地を乾燥させないように気をつけましょう。

イースト菌が好む温度はどれくらい?

1次発酵と2次発酵の違いはわかりましたか?

次に、イースト菌についてお話します。

イースト菌とは、微生物の一種で、生きています。

イースト菌には好む温度や湿度があり、逆を言うと、適切な温度や湿度が守られないと、うまく働けません。

イースト菌は、糖を養分として、アルコールや有機酸、炭酸ガスなどを発生させます。

ガスの気泡によって、生地が膨らむ発酵が起き、アルコールと有機酸が、パン特有の風味を生み出します。

このようにイースト菌は、パンになくてはならない働きをしてくれるのです。

では、適切な温度や湿度とはどれくらいでしょうか?

イースト菌が最も活発になる温度が「30度」です。
10度以下になると、ほとんど発酵せず、50度以上で死滅してしまいます。

パンを作るとき、よく発酵温度は40度でというのを見かけますが、大切なのは生地本体の温度を調節することと覚えておきましょう。

適切な湿度は80%です。

生地とお湯を入れたカップを箱型のものに入れて、ビニールを被せると、湿度が保たれやすくなります。

ホームベーカリーだと、この温度や湿度の管理が、とても簡単です。
発酵だけ頼るという使い方もありますね。

季節によって発酵に必要なお水の温度が変わる

発酵に必要な温度が分かりましたね。

しかし、室温は季節によって、かなり変わります。

夏の場合は、エアコンを付けても室温が高くなりますし、冬は逆に低くなりますよね。

イーストは温度に敏感なので、季節も考えて、温度調節しなければなりません。

温度の調節には、材料を投入するときの、お水の温度が大切です。

暑い夏は常温や、やや冷たいお水を使い、寒い冬はぬるま湯を使って、生地のこね上げ温度が27~30度になるように調節します。

夏のように室温が高いと、発酵が進みやすいため、ホームベーカリーでも調整が必要です。

投入するお水を冷たくしたり、生地の様子を見て十分に膨らんでいたら、発酵時間を減らすと、過発酵を防げます。

冬のように室温が低いと、発酵が進みにくくなるので、ホームベーカリーでも、ぬるま湯を使いましょう。

温度が大事!ホームベーカリーで発酵させてあんパンを作ってみよう

それでは、ホームベーカリーで生地を発酵させて、あんパンを作ってみましょう。

☆子供に人気のあんパン

【材料 12個分】

●パン生地
・強力粉 250g
・薄力粉 50g
・スキムミルク 10g
・砂糖 10g
・バター 10g
・塩 3g
・お水 180cc
・ドライイースト 4g

●フィリング
・つぶあんorこしあん 300g(お好み量)

・黒ごま 少々(飾り用)

【作り方】

①パン生地の材料をホームベーカリーに投入し、生地づくりのコースでスタートします。
このとき、季節や室温によって、お水の温度を調節します。

②1次発酵が終了したら、すぐに生地を取り出し、12等分して丸めます。
次に、お水でぬらした布巾を軽く絞ってかぶせ、10分間ベンチタイム(生地の休憩)をします。

③ベンチタイムが終わったら、生地を平らにのばしながら、軽くガス抜きをします。

④生地をひっくりかえして、あんこをのせて包んでいきます。

⑤包んだら、とじ目を下にして、クッキングシートを敷いた天板に並べます。
丸めた生地の上に、黒ごまをトッピングします。

⑥湿度を80%に保ち、生地温度も36~38度になるようにして、2次発酵をします。
目安は、生地がひとまわり大きくなるくらいです。

⑦180度に予熱したオーブンで11~12分焼いて、出来上がりです。

このように、材料をこねて1次発酵するまでホームベーカリーに頼ると、その間に他の用事もできるので、効率的ですね。

あんこに限らず、この生地でウインナーやチーズを入れても、美味しくできますよ。

アレンジ編!ホームベーカリーの発酵機能でピザ生地作り

ホームベーカリーを使ったパンのアレンジレシピをご紹介しましたが、パン以外にもアレンジができるのをご存じでしょうか。

ピザや肉まん、餃子の皮なども、ホームベーカリーの発酵機能で作れるのです。

今回は、ピザ生地の作り方をご紹介します。

☆簡単!ふっくらピザ生地

【材料 2枚分】

・強力粉 150g
・薄力粉 150g
・オリーブ油 20g
・スキムミルク 10g
・砂糖 10g
・塩 3g
・お水 180cc
・ドライイースト 5g

・トッピングの具 お好みのもの

【作り方】

①材料をホームベーカリーに投入し、生地作りモードでスタートします。
発酵しやすいように、お水の温度を調節してください。

②1次発酵が終わったら、生地をすぐに取り出し、2等分にして丸めます。
お水でぬらした布巾を絞ってかぶせて、15分間ベンチタイムをおきます。

③ベンチタイムが終わったら、生地をクッキングシートにのせて、丸く平らにのばします。
生地にフォークで穴を開け、好きな具をトッピングします。

④180度に予熱したオーブンで15分焼いて、出来上がりです。

このように、ピザ生地は2次発酵もいらないので、簡単に作れます。

さらに、ピザは買うと、結構いい値段がしますよね。

ホームベーカリーがあると、簡単に家でピザパーティーもできますし、リーズナブルなのでおすすめです。

ホームベーカリー発酵で作れるものがたくさん!

いかがでしたか?

イーストが働きやすい温度を知ることで、発酵がうまくできます。

そして、ホームベーカリーを活用することで、さらにバリエーションが増えます。

基本を知ることで、機械にトラブルがあってもうまく対処できて、アレンジメニューにも挑戦しやすくなります。

ホームベーカリーを使って、美味しい手作りパンを食卓に並べてみませんか?

 - 料理のポイント