玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

食物繊維たっぷりの押し麦。おいしい炊き方と水加減は?

      2017/10/15

食物繊維たっぷりの押し麦。おいしい炊き方と水加減は?

最近では、おしゃれなカフェでも雑穀米や、麦ご飯が出てくるようになりました。

麦ご飯と言えば、「押し麦」が使われることが多いですね。

その押し麦を使って、お家でも、おいしい麦ご飯を炊いてみましょう。

炊き方も水加減も難しくありません。
ぜひ、挑戦してみましょう。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

【レシピ集】ヘルシーな手作りお菓子で低カロリーを実現!

「カロリー摂取は控えたいけど、お菓子を食べるのはやめ...

味噌を手作りしてみよう!保存容器「かめ・樽・琺瑯」の特徴

日本の代表的な調味料の1つに味噌があります。 ...

手作り味噌は感動のおいしさ!鍋と入れ物ですぐに作れる!

日本の食卓に欠かすことのできない味噌ですが、身体にい...

簡単味噌汁の作り方!お手軽なだしパックでおいしい味噌汁を

健康のためにも、1日に一杯は飲みたい味噌汁。 ...

ベーコンと味噌汁の組み合わせは意外に合う!レシピをご紹介

味噌は栄養価が高く、古くから日本人に取り入れられてい...

醤油おかきは自宅で手作りもおすすめ!様々な作り方をご紹介

醤油は古くから伝わる調味料ですが、香ばしいおいしさだ...

ヨーグルトメーカーで作るヨーグルト!美味しくて低カロリー

朝ごはんやデザートなどとして食べたり、時には調味料と...

食事改善でダイエット!ストレスを溜めない方法とは?

ダイエットに取り組んでいる方の中には、ダイエットのス...

玄米から虫が発生してしまった!精米機にかけることは可能?

玄米や白米に、虫が湧いてしまったことありませんか? ...

和風の醤油パスタに合う食材とは?簡単な作り方もご紹介!

醤油に「塩分が高いイメージ」を抱く方もいるかもしれま...

基本の味噌汁の作り方!味わい深い「昆布だし」を簡単に作る

味噌汁にはだしが必要不可欠ですが、普段どのようなだし...

カロリーは意外に低い?!ラーメンに含まれる糖質や塩分は?

醤油に味噌、塩といった定番のものから、個性的なラーメ...

ウェイパーを使った簡単鍋レシピ!味噌鍋の味付けはお手の物

野菜や肉、キノコといったたくさんの食材をバランスよく...

味噌は冷蔵より冷凍!気になるおすすめの味噌保存容器とは?

日本の食卓に欠かせない味噌は、どのご家庭にもたいていある...

うどんは炭水化物の中でも低カロリー?ダイエット効果は?

ダイエット中は炭水化物を控える方が多いですよね。 ...

ヨーグルトのホエーは低カロリー&高栄養!有効活用するには

ヨーグルトの上のほうに、分離した水分が溜まっているの...

「醤油チャーハン」の作り方!パラパラにする方法は?

健康に気を遣っていても、たまには香ばしさが食欲をそそ...

味噌の風味を長く楽しむ保存方法とは?常温でも良いの?

味噌は、ほとんどのご家庭で常備されている食品ですよね...

美味しい夏野菜!「ズッキーニ」の味噌汁レシピをご紹介!

「ズッキーニ」は、カリウムやビタミンCを含んでいるの...

食事改善で健康的にダイエット!大切なのは体脂肪率

ダイエットをしている人はどうしても体重に注目しがちだ...

スポンサーリンク


「押し麦」と「もち麦」と「ハト麦」って何が違うの?

健康食ブームの昨今、玄米・雑穀米・麦ご飯などを、よく見かけるようになりましたね。
麦ご飯といっても、「押し麦」「もち麦」「ハト麦」など、いろいろな麦がありますよね。

まずは、何が違うのか、まとめました。

「押し麦」とは、実は大麦のことです。

大麦の殻をむき、実を磨いて、90℃の蒸気で蒸しあげた後、ローラーで1mmまで押しつぶしたもののことです。

押しつぶされているので、「押し麦」と呼ばれるのですね。

食べにくい大麦を、食べやすくするために処理してあります。

「もち麦」も、実は同じ大麦です。

もち麦は、大麦の殻をむいたものです。
麦の殻をむくことを、精麦と言います。

これは、米で言う精米に当たります。

押し麦と違って、押しつぶす工程がありません。

歯ごたえや食感を生かすため、メーカーによって、精麦具合が調整されています。

なので、メーカーによって、プチプチ感が強かったり、モチモチ感が強かったりします。

「ハト麦」は、名前に「麦」と入っていますが、麦ではありません。

イネ科の穀物です。

雑穀としてご飯に混ぜて炊かれたり、お茶の原料になります。
化粧水や薬に使われたりもします。

このように、押し麦ともち麦は大麦、ハト麦はイネ科の穀物ということが分かりました。

ところで、押し麦などの麦ご飯は、どうして健康食と呼ばれるのでしょう。

自宅で食べたいときは、麦ご飯の炊き方や水加減は、どのように調節すればよいのでしょうか。

驚くべき押し麦の食物繊維

健康食として扱われている押し麦ですが、実際に含まれているカロリーや栄養は、どのようになっているのでしょう。

押し麦のカロリーは、100gあたり334kcalです。
白米のカロリーが、100gあたり356kcalですから、そこまで違いがあるわけではありません。

大きな違いというと、含まれている栄養素になります。

押し麦には、いろいろな栄養素が、白米よりも多く含まれています。

▽食物繊維
水溶性食物繊維、不溶性食物繊維がバランスよく含まれています。

その含有量は、野菜の中でも食物繊維が多く含まれることで知られる、ゴボウよりも多いのです。

その量は、白米の20倍です。

特筆すべきは、βグルカンという水溶性食物繊維です。
このβグルカンは、水に溶けるとゼリー状になり、胃の中をゆっくり動きます。

ですので、糖質の吸収を緩やかにし、血糖値の急な上昇を防いでくれます。

▽カルシウム
白米の3倍程度含まれています。

▽カリウム
白米の2倍程度含まれています。

▽ビタミンB群
炭水化物や脂肪、タンパク質の代謝を促進する働きがあります。

ビタミンB群が不足すると、疲れやすくなり、ストレスなどを溜めやすくなります。
現代人は、積極的に摂取したい栄養素です。

他には、タンパク質なども豊富に含まれています。

押し麦は豊富な食物繊維を含むため、ダイエット効果も期待できます。

その炊き方や水加減は、意外と簡単です。
次項でご説明します。

押し麦の炊き方と水加減

押し麦の炊き方は難しくありませんが、水の吸収が良いため、基本的に水加減は押し麦の量に対して、2倍の量が必要になります。

押し麦のみだと食べにくいので、白米に混ぜて炊くと良いですよ。
水加減に気を付ければ、後は炊飯器のスイッチを押すだけでOKです。

4割麦ご飯の炊き方をご紹介します。

【材料 5合分】

・白米 3合
・押し麦 2合
・水 6合分

【作り方】

①白米3合を研ぎます。
通常の水加減で炊飯器にセットしましょう。

②そこに、押し麦2合を加えます。
水をさらに3合分入れ、軽く混ぜます。

③炊飯器のスイッチを入れます。

通常の白米と水+押し麦と押し麦1.5倍の水

ということになります。

この場合は、押し麦に対する水の量が1.5倍なので、少し硬めの炊き上がりになります。

柔らかい食感がお好みであれば、押し麦に対する水の量を2倍にしてください。

押し麦が2合の場合ですと、4合分の水ということになります。

押し麦の量は、お好みで調節してください。

始めは慣れないと思いますので、まずは1合の白米に対して、押し麦大さじ1杯程度から始めてみてはいかがでしょう。

炊き方と水加減が不安な人はリゾットで

押し麦は、普通のご飯と違って粘りがありませんので、チャーハンやピラフにするのもおすすめです。

パラパラなので、サラダなどのトッピングにも使えますよ。

リゾットにすれば、水加減も簡単です。

【材料】

・玉ねぎ 1/2個
・にんにく 1/2片
・ジャガイモ 1個
・オリーブオイル 適量

◎押し麦 1カップ
◎トマト缶 1/2缶
◎顆粒ブイヨン 小さじ1
◎醤油 大さじ1
◎塩 少々
◎水 400cc~適量
◎バジル・オレガノ 適量
◎ローリエ 1枚

【作り方】

①玉ねぎ、にんにくをみじん切りにします。
ジャガイモは、5mm角くらいのサイコロ切りにします。

② ①をオリーブオイルで炒めます。

③ ◎を加え、混ぜながら煮込みます。
水の量が少なくなったら、少量ずつ足していきます。

④水分がなくなってきたら、火を止め、ふたをして5分蒸らします。

押し麦の炊き方が心配な人は、このようなレシピで作ってみましょう。

押し麦のデメリットも知っておこう

押し麦の炊き方や、水加減がわかりましたね。

ここで、押し麦のデメリットについても、お伝えしておきます。

押し麦には、豊富な食物繊維が含まれていることはお話しましたね。

豊富なゆえに、食べ過ぎると体調不良を起こす可能性もあります。

▽消化不良
食物繊維は、胃の中をゆっくりと移動します。

ゆっくりなので、血糖値を上げにくいというメリットもありますが、同時に消化に時間がかかりすぎるというデメリットもあります。

消化に時間がかかりすぎてしまうと、消化器官に負担をかけることになり、その結果、消化不良や胃もたれを起こすことになります。

消化不良を感じた場合、摂取する押し麦の量を減量してみてください。

▽下痢
食物繊維は、腸内を刺激し、便通を良くしてくれるという効果があります。

ですが、摂取しすぎると、下痢を引き起こす可能性もあります。

しかし、押し麦は水溶性食物繊維・不溶性食物繊維が、バランスよく含まれているため、下痢を引き起こす原因になることはあまりありません。

下痢を引き起こした場合は、体質に合っていないという可能性もあります。

押し麦の摂取量を減量するか、もしくは押し麦を摂取しない方が良いかも知れません。

圧力鍋を使った押し麦の炊き方と水加減

もし、10割の押し麦を炊くのであれば、炊飯器でなく圧力鍋をおすすめします。
ふっくらプチプチの食感を楽しめますよ。

【材料】

・押し麦 200g
・水 540cc(3カップ)

【作り方】

①押し麦と水をボウルに入れ、冷蔵庫で一晩おきます。
しっかり、押し麦に浸水させてください。

②圧力鍋に浸水した押し麦を入れ、ふたをして、圧力を低圧に設定します。

③強火で加熱し、圧がかかってピンが上がり、蒸気が出てきたら、弱火にします。

④弱火で5分加熱し、火を止めます。

⑤そのまま放置し、圧が抜けてピンが下がったら、蒸気を排出して、ふたを開けます。

これが、ふっくらな押し麦の炊き方です。

しっかり浸水させるので、水加減も難しくありません。

しかし、浸水の時点で水分が、ほとんど吸水されているようであれば、水を足した方が良いですよ。

圧力鍋のクセもありますので、何度か炊いてみることをおすすめします。

麦ご飯で健康的な体づくり

麦ご飯は、ダイエットに最適ですが、劇的な効果があるというわけではありません。

食事に取り入れて、少しずつ体質改善をしていくことになります。

食物繊維も栄養も豊富な麦ご飯を、毎日食べることによって、健康な体を作っていきましょう。

 - 玄米・豆・穀物