ご飯1合は何グラムでしょうか?おいしく炊く方法は?

日本人の食生活に欠かせないご飯。
炊きたては本当に美味しいですね。

ご飯を炊くとき、お米1合で、いったい何グラムのご飯が出来上がるのでしょうか?

ご飯茶碗に何膳分なのでしょうか?

知っているようで意外と知らない、お米のこと、ご飯のこと。
炊きあがりのご飯の重量や、お米の量の目安を知っておくと役に立ちます。

身近なお米のことを、もっとよく知っていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

肉や野菜や玄米は消化に悪いの?消化が良くなる対処策とは?

私達の生命を維持していくのに欠かせない食べ物。食べ物の中には、消化の悪いものもあり、体調の悪い...

畑の肥料に米ぬかって使えるの!?米ぬか肥料の作り方

精米所でたくさん出る、米ぬかですが、実はこの米ぬかって、いろいろなものに有効活用できるのです!...

玄米の早炊き方法を色々紹介!玄米でいつもの食卓をご馳走に

玄米は精白米よりも、炊き方が面倒、普通の炊き方では固くて美味しくから食べない、という人は多いです...

日本人ならササニシキ!アミロース豊富なお米を食べて健康に

私たち日本人にとって、お米はなくてはならないものです。そんなお米の品種は、400種類以上ある...

甘酒は米と麹が命。高いものから安いものまでご紹介します

美味しい甘酒を求めて、いろいろな甘酒を試したいと思いますよね。特に、麹でできている甘酒は、健...

玄米や白米を炊く時あるいは混ぜて炊く時、必要な水の量は?

体に良いといわれる玄米ですが、私たちが普段食べている白米に比べて食感が硬く、食べにくいという特徴...

豆腐に味噌マヨネーズを合わせ栄養効果を上げるレシピを紹介

豆腐は、手軽に摂れるたんぱく質食品です。歯が痛い時や、高齢者で飲み込む力が弱くなった人でも楽...

玄米の冷凍保存期間とおいしさや栄養素とのつながりとは?

玄米は白米と比べると浸水時間をとった方がいいという面があるため、炊飯器で炊くことに少々手間を感じ...

パン作りにおけるイースト菌の役割!発酵と温度の関係とは

パン作りでよく耳にする酵母やイースト菌。イースト菌や酵母はパン作りでどのような役割を果たしている...

万能飲料!?の玄米スープのレシピを伝授!玄米の魅力とは?

健康志向の高まりとともに、スーパーなどでもよく見かけるようになった「玄米」や「玄米スープ」。...

玄米を食べるとどうして下痢してしまうのか原因を調べてみた

体に良いと広く認知されている玄米ご飯ですが、食べると下痢をするというかたがいらっしゃいます。...

玄米は栄養たっぷり!圧力鍋で玄米4合を美味しく炊こう

玄米ご飯を食べたことのない人の中には、独特のぬかのにおいが苦手という人や、硬いのが苦手という人が...

籾は殻付きの玄米、糠層を除くと精米、すべて同じお米です

皆さん、毎日食べるお米が、どのように精米されているかご存知ですか。無洗米が日常化した現代では...

低いのはどちら?玄米と白米ご飯の茶碗一杯分のカロリー比較

ご飯を食べるとき、私たちは茶碗を使います。カロリーや栄養価を調べる際に、茶碗一杯という表現があ...

玄米は栄養価が高いからおかずがいらないって本当なの?

玄米は栄養価が高く、マクロビオティック界では「完全栄養食」と言われています。もし、本当に...

スポンサーリンク

ご飯の重量はお米のときの2.2倍。1合は何グラム?

炊飯器を買ったときには、たいがい180mlの計量カップがついてきます。
そのカップに、お米すり切りで入れると、それが1合です。

1合は何グラムかというと、150グラムです。
なので、3kg入りの米袋は20合ということになりますね。

1日2合炊くとすると、10日分のお米になります。

では、炊きあがったご飯は、重量としては何グラムになっているのでしょう?

お米は炊くと、2.2倍になりますので、お米1合150グラム×2.2倍で、330グラムのご飯が炊きあがることになります。

それでは、お茶碗に盛る1膳分のご飯は、何グラムなのでしょうか。

普通サイズのお茶碗に盛るご飯は、約150グラムなので、1合でだいたいご飯茶碗2膳分になります。

炊飯器でご飯を炊くときのお水は何グラム?

少人数用の炊飯器ですが、中には最低量2合からの炊飯器があるので、よく確かめて1合でも炊けるものを購入してくださいね。

洗米して1時間程浸水させると、水を含んだお米は、白っぽくなっています。
この状態で何グラムかというと、1合あたり約200グラムになっています。

加えるお水は何グラムでしょうか?

水はお米の重量の1.2倍必要なので、150グラム×1.2倍で180mlです。
多少の増減はお好みです。

お米の新米度や種類により、吸水に多少の違いはありますが、『浸水』これが美味しいご飯になるポイントのひとつです。

忙しいときなど、急いでご飯を炊きたくなりますが、炊飯前に少し水に浸けると、より美味しいご飯が炊き上がります。

夏場で30分、冬場だと1時間くらいが理想です。

もちろん、すぐ炊いたお米もそれなりに美味しいですが、芯のないふっくらとしたご飯を炊くためには、浸水は大切な工程です。

夕方、時間がない場合は、朝に浸水させて、冷蔵庫に入れておくのも手ですね。

お鍋でご飯1合を炊いてみよう

ご飯を炊くのは炊飯器を使うのが一番ラクですが、少量のお米を炊くときは、お鍋で炊く方法もあります。

圧力鍋がなくても、お米1合と必要な水をきちんと計量して、火加減のコツさえ覚えれば、意外と簡単です。
しかも、蒸らしを入れても30分くらいなので、炊飯器よりスピーディーにご飯が出来上がります。

使用するお鍋ですが、1合のご飯を炊く場合は、ちょっと小ぶりな、直径15センチ~18センチの鍋にします。

できれば、ホーローなど、蓋が重くて沸騰したとき、カタカタと浮いてこないものが理想です。
軽いアルミ鍋などより、しっかりお米に圧力がかかる、気密性の高いものがベストということですね。

1合を鍋で炊く場合は、少し多めに水加減すると、芯までふっくらしたご飯が炊けます。

また、お鍋では1合以下のご飯も炊けますよ。

0.5合は何グラムかというと、75グラムですから、水はその1.2倍の90mlです。
炊きあがりは75グラム×2.2倍で165グラムになりますので、お茶碗に約1膳分の量です。

ご飯が残ると困るときなど、便利ですね。
ただし、1合以下と量が少ないので焦がさないよう、注意して炊いてくださいね。

水加減も、お鍋の場合は1合炊くときより、さらに少し多めの方が焦げ付きません。

もし炊きあがったご飯の表面に水気が残っているようでしたら、もう一度蓋をして、様子を見ながら1分~2分、弱火にかけてみてください。

お鍋でご飯を炊くときの火加減。1合でもふっくらご飯に

お米は何グラムでもお鍋で炊くことができますが、1合150グラムという少量のお米でも、火加減のコツさえつかめば、美味しいご飯が炊けます。

炊き始めは中火で、沸騰してきたら、吹きこぼれる寸前に弱火にして、1合なら15分くらいです。
火を止め、10分蒸らして完了です。

「始めちょろちょろ中ぱっぱ、赤子泣くとも蓋とるな」と、昔からよく言われる言葉です。

強火で急激に沸騰させず、中火でちょろちょろと、ゆっくり10分くらいかけて沸騰させます。

沸き上がる頃、お米のよい香りがしてきます。

吹きこぼれる寸前に弱火にして、約15分~20分待ちます。
決して蓋を取らず、しっかり圧力をかけたまま炊き上げます。

例え、お腹が空いて泣く子がいても我慢して、絶対に蓋を開けてはいけないという教えですね。

ポイントは、10分くらいかけて、ゆっくりじわじわと沸騰させることです。
この10分の間に、お米の芯までしっかり水分が行き渡ります。

じわじわ加熱で徐々に温まったお水がお米に浸透し、デンプンの糊化が充分にされると、美味しいご飯が炊きあがります。

ご家庭のコンロには、それぞれ特徴やクセがあると思いますので、何度か試して、10分で沸騰するベストな火加減をマスターしてくださいね。

沸騰後の弱火も、できれば二段階に、数分かけて、徐々に極弱火にしていきます。
ご家庭のコンロで可能なら、お試しください。

蒸らしが終わったら、炊飯器と同様に、米の一粒一粒をつぶさないよう、ふっくらとしゃもじでほぐします。

身近な料理は何グラム?

それぞれ器の大きさにもよりますが、カレーライス1人分には、ご飯300グラムです。
1合のご飯で、だいたいカレーライス1人分になります。

丼物には、180グラムくらいが適量とされています。

ご飯茶碗には150グラムが適量ですから、目分量で盛りつけ加減を覚えておくと、だいたいの目安がついてお役立ちです。

ご飯を何グラム炊き上げればよいのかも、計算すればわかるので便利です。

お弁当箱に詰めるご飯の量は、お茶碗1膳半くらいの220グラムが目安です。

にぎり寿司のご飯の大きさは、1個20グラムが目安です。

おにぎりは1個につき、約100グラムのご飯が、握りやすい大きさです。

ちなみに、この『おにぎり』ですが、元は『鬼斬り』だったという説があります。

鬼退治のときに、炊いたご飯でおにぎりを作り、鬼に投げつけて退治したという民話など、昔からご飯やお餅は秘めたるパワーがあるとされているのですね。

1合の「合」は山のこと

これまでは、お米1合のご飯の炊き方や、実際に何グラムあるのかなどをみてきました。

次は、お米やお酒に使われる単位についてお話します。

「合」という単位は、お米やお酒の体積を量る単位です。
お米1合150グラムは、炊くと330グラム、1食分に相当します。

ちなみ、1升炊きの釜の「1升」というのは10合のことなので、だいたい10人~15人分くらいのご飯が炊けます。

さらに「1升」の10倍の100合=1斗(15kg)、1000合=1石(150kg)となります。

戦国時代の「○万石の大名」という言い方は、その石高の米の収穫が見込める領地の大名ということで、いわば経済力を表します。

1石で大人1人が1年間に食べるお米の量と言われていますので、百万石なら百万人分のお米に相当するのですね。

また、「合」には、10分の1という意味もあって、山の高さを表すときにも用いられます。

山の頂上を10合目として、10等分した高さを1合とすれば、5合目まで登ったと言えば、山の半分までと言うことになりますね。

お米を知り、ご飯を炊く楽しみを

いかがでしたか?
お米は日本人にとって、切っても切り離せないソウルフードです。

海外にいると無性に日本食が食べたくなるのは、つきつめていくと「ああ、ご飯が食べたいなぁ」ということではないでしょうか?

お米が恋しくなるのですね。

そんなお米のことをよく知って、ご飯を炊く楽しみを、ぜひ暮らしのひとつに加えてくださいね。