カレールーにスパイスを追加するとカレーがグッと本格派に!

日本では、家庭の数だけオリジナルのカレーが存在していますね。

カレールーを使って作るという人が多いと思いますが、スーパーのカレールー売り場を見てみてください。

いろいろなスパイスが売っていませんか?

このスパイスをカレールーに追加して、本格派カレーを作ってみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スポンジケーキに使う砂糖はグラニュー糖じゃなきゃダメ?

家族の誕生日やクリスマスにスポンジケーキを焼こうと思ったら、家に上白糖しかないということありませ...

炊き込みご飯を炊飯器で炊いたら失敗しちゃった!どうして?

炊き込みご飯を炊飯器で炊いてみたら、思うようにうまく作れないという経験ありませんか。ベチャベチャ...

電子レンジでもトーストは作れる?!オーブンがなくてもOK!

ほとんどの方がトーストを作るのに、トースターやオーブンを使うのではないでしょうか。オーブンがな...

電子レンジでご飯が炊ける?タッパーでの正しい保存法は?

皆さんは普段、どのようにご飯を炊いていますか?今は様々な機能が付いた炊飯器や専用の土鍋などが...

電子レンジでもご飯からおいしいおかゆを作れる方法をご紹介

最近では、離乳食やダイエット用に、おかゆを電子レンジで作る人が増えています。おかゆといえば、...

美味しく玄米と白米を炊くなら水加減はどれくらいが良いの?

健康志向の人々の間で、玄米食が人気になっています。また、日本人の主食と言えば白米と言われるよ...

市販の味噌ラーメンをアレンジ!おすすめレシピをご紹介

直ぐに食べられる便利さから、市販のラーメンをご自宅に常備しているという方も多いのではないでしょうか...

醤油50cc入れる和食のレシピって何?どうやって量ればいい?

醤油は和食作りに欠かせない基本の調味料です。しかし、レシピの材料に醤油50ccとあったら、ど...

パスタサラダを作る!マヨネーズとカロリーハーフの違いは?

あなたは『マヨラー』ですか?『マヨラー』とは、とてもマヨネーズが好きで、何にでもマヨネー...

豚肉の味噌鍋レシピは色々!自分だけのオリジナルレシピ作り

寒い時には、身体が温まる味噌鍋レシピは最高ですね。豚肉を白菜・長ネギ・玉ねぎ・大根などたくさ...

中華料理の定番チャーハン!オススメの調味料や作り方とは

中華料理の定番「チャーハン」は手軽に作れるメニューでもあり、ラーメン屋などでも人気のあるメニューです...

カレーのルーに隠し味を組み合わせて絶品カレーをつくろう!

カレーは季節を問わずに食べたくなりますよね!年齢問わず、皆が大好きなカレーは、気軽に作れるのがい...

めんつゆで煮物の味付け?味のしみこみやすい大根にするには

めんつゆと言えば、うどんやそば、そうめん、天ぷらの天つゆなどに使うことが多いでしょうか。これ...

キッチンのお悩み解決!炊飯器から出る蒸気の対策方法

炊飯器から出る蒸気が、棚に直接当たっているのを見ると、ふと心配になりますね。今回は、炊飯器の...

電子レンジ料理のレシピ!料理に不慣れな男性でも簡単に!

料理を始めたくても器具が無かったり、どこから始めたら良いか迷う男性も多いかと思います。包丁の...

スポンサーリンク

カレールーにスパイスを追加するなら

一般的に、カレーを作るときにはカレールーを使う人が多いですね。

スパイスから作るという人は、本格派です。

できればスパイスから作ってみたいけれど、手間がかかるし、スパイスの配合もわからないと思っているのであれば、おすすめの方法があります。

カレールーで作ったカレーにスパイスを追加するという方法です。

これで、「お母さんのカレー」から「本格派カレー」に変身させることができますよ。

おすすめのスパイスは、ガラムマサラです。
名前を聞いたことがある人もいると思います。

どんなカレーにも合うので、まずは使ってみてほしいスパイスです。

ガラムマサラとは、植物の名前ではなく、数種類のスパイスが配合されたミックススパイスのことです。

ですので、製造元によって入っているスパイスの種類が違ったり、配合が違ったりします。

ホットタイプ、マイルドタイプなどにも分かれています。

ガラムマサラは、どのようなカレーにも失敗することなく使えますので、レトルトカレーが物足りないというときにも使えます。

レトルトカレーを温めてから器に盛り、ガラムマサラを小さじ1/4くらい振りかけるだけで、風味が増し、グッと本格派カレーに近付きます。

カレールーに追加するときは、火を止めてから、仕上げのときに小さじ1~2くらい加えましょう。
ホットタイプを使えば、辛みも足すことができます。

スパイスは熱に弱いので、長時間加熱すると、香りが飛んでしまいます。

ガラムマサラを最後に加えることで、飛んでしまった香りを復活させることができるのです。

カレールーにカレー粉を追加してもいい?

スーパーのカレールー売り場には、カレー粉という商品も売っていますね。

カレー粉というくらいなのですから、カレールーに追加したら、美味しくなるのではないかと思いますよね。

実は、そう簡単ではないのです。

カレー粉には、ターメリックというスパイスが入っています。

ターメリックというスパイスは、黄色い色が特徴で、着色を目的としてカレー粉に配合されています。

ターメリックは調理中、油に溶けることによって着色します。

調理後の仕上げの段階で追加しても、あまり着色効果が出ず、逆にスパイスの土臭い香りが、カレーの風味を損ねてしまいます。

カレー粉を使って風味を出すのであれば、追加するタイミングに気を付けましょう。

カレー粉を追加してから、10分程度煮込むと良いですよ。

ターメリックが配合されているカレー粉は、仕上げに入れるのは不向きということを覚えておきましょう。

スパイス以外にも、ハーブもカレーには合います。

ベランダ菜園でバジルなどを栽培しているのであれば、トッピングに使ってみてください。
知らなかった新しいカレーに出会えるはずです。

バジルだけでなく、コリアンダーもおすすめです。

スパイスがわかったらガラムマサラを作ってみよう

カレーにこだわりがあるという人は、ガラムマサラを手作りしてみるというのは、いかがでしょうか。

作っておけば、カレールーに追加するだけで、いつでも自分好みのカレーにすることができます。

【材料】

・カルダモン 5g
・クローブ 5g
・シナモンスティック 5g
・クミンシード 5g
・コリアンダーシード 5g
・フェンネルシード 3g
・ブラックペパー 3g

カルダモンとクローブはホールのものを用意します。

【作り方】

1)カルダモンを軽くつぶします。

2)スパイスを、すべてフライパンで乾煎りします。

3)粗熱が取れたら、電動ミルで粉になるまで粉砕して、完成です。

このレシピで使ったカルダモンは、高価なスパイスとして知られ、スパイスの女王とも呼ばれています。

調理中にカレーに使用することが多いのですが、仕上げのスパイスとしてカレールーに追加しても使えます。

清涼感のある香りと、ピリッとした辛み、ほろ苦さがあり、エスニック風の味わいにすることができます。

少量追加するだけで、本格的なエスニック風カレーになりますよ。

カレールーに追加したいスパイスたち

ガラムマサラ以外にも、カレールーに追加すると美味しくなるスパイスはあります。

☆ナツメグ

お肉料理によく使われるナツメグですが、焼き菓子などの甘いものにも、よく合います。
カレールーに追加すると、ナツメグの香りが足され、風味が増します。

ナツメグの香りが好きな人には、おすすめです。

☆オールスパイス

甘いものにも、お肉にも合う万能スパイスです。

カレールーに追加すると、味にコクと深みが増し、甘い香りとほろ苦い味わいが楽しめます。

☆コリアンダー

前項のガラムマサラでも出てきましたね。

こちらも、単品でカレールーに追加してもOKなスパイスです。
タイ料理など、アジア料理でよく使われています。

カレーには欠かせないスパイスです。
カレールーに追加すると、すっきりとした後味になり、清涼感が出ます。

☆スターアニス

甘みのある香りが強く、杏仁豆腐のシロップの香りづけに使われているスパイスです。

カレールーに追加すると、少し苦みが増し、清涼感と共に辛みも増します。

スパイスの中には、仕上げに適さないものもありますので、好きなスパイスだからといって、たくさん加えすぎると失敗してしまうこともあります。

少しずつ試していきましょう。

スパイス以外のカレーの隠し味

スパイスのお話をしてきましたが、ほかの隠し味もカレールーに追加してみましょう。

いくつか、おすすめの隠し味をご紹介します。

☆赤ワイン

もし飲みかけで残った赤ワインがあるのであれば、カレーに入れてみましょう。
火を止める直前に入れると、風味が増します。

☆チャツネ

スーパーのカレールー売り場を、よく確認してみてください。

きっと、「チャツネ」という商品を見つけることができると思います。

知る人ぞ知るカレーの隠し味です。
マンゴーから作られる調味料のため、カレーに甘みとコクを足すことができます。

☆ウスターソース

この隠し味は、使っている人が結構いるかもしれません。

野菜とフルーツの旨みが、ぎゅっと凝縮されたソースですので、カレールーに加えるだけで濃厚な味わいにしてくれます。

☆ナッツ類

アーモンドやマカダミアナッツなどを、細かく刻んでカレールーに追加すると、香ばしいカレーになります。

パウダー状になっているものでもOKです。
アーモンドチョコを入れる人もいるようです。

それぞれのご家庭によって、隠し味は違いますよね。

毎回これ!という隠し味も良いのですが、たまには冒険して、新しいカレーに挑戦してみるのも悪くありませんよ。

カレールーにスパイスを追加して本格派カレーを作る

それでは最後に、カレールーとスパイスで、本格派カレーに挑戦してみましょう。

【材料 カレールー1箱分】

・お好みのカレールー 1箱
・玉ねぎ 5個
・人参 2本
・鶏もも肉 2枚
・にんにく 5片
・オリーブオイル 適量

▽カルダモン 10粒程度
▽コリアンダーパウダー 小さじ2
▽クミンパウダー 小さじ2
▽チリパウダー 小さじ1

・水 カレールーの分量分

【作り方】

1)にんにくは細かくみじん切り、玉ねぎは薄くスライス、人参は乱切り、鶏もも肉はひと口サイズに切ります。

2)オリーブオイルをフライパンで温め、玉ねぎをよく炒めます。
あめ色になるまで、じっくり炒めましょう。

3)炒めた玉ねぎを鍋に移します。

4)フライパンに再びオリーブオイルを入れ、人参を軽く炒めます。

5)人参を鍋に移し、再度オリーブオイルで鶏もも肉を炒めます。

6)鶏もも肉の色が変わったら、にんにく、▽のスパイスを加えて炒めます。

7)鶏もも肉に大体火が通ったら、カルダモンを取り除き、玉ねぎ、にんじんと共に鍋に入れ、既定量の水を加えます。

8)アクをとりながら、弱火で30分煮込みます。

9)具材に火が通ったら、火を止めてカレールーを加え、溶かします。

さらに10分程度煮込んで完成です。

仕上げに、お好みのスパイスを追加するのもおすすめです。

スパイスは、お好みのものを使ってください。

チリパウダーは辛くなるので、子どもが食べる際には抜いてあげましょう。

上の項で、おすすめしたものでも良いですね。

次回は違う隠し味のカレーに挑戦してみては

いろいろなスパイスや隠し味がありますね。

定番の味というのも良いのですが、毎回違うスパイスや隠し味を使って、カレーを作ってみるのも楽しそうですよ。

次回のカレー作りのときには、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。