カレールーにスパイスを追加するとカレーがグッと本格派に!

日本では、家庭の数だけオリジナルのカレーが存在していますね。

カレールーを使って作るという人が多いと思いますが、スーパーのカレールー売り場を見てみてください。

いろいろなスパイスが売っていませんか?

このスパイスをカレールーに追加して、本格派カレーを作ってみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一人暮らしはカレーの冷凍保存が便利!保存食の冷凍解凍方法

一人暮らしで、食費を節約する為に、自炊を頑張っている人も多いと思います。しかし、毎日自炊するの...

100均タッパーは運動会のお弁当箱に使える?レシピも紹介

お子さんの運動会が近づくにつれて、準備が大変で憂鬱になる方も多いのではないでしょうか。お弁当...

焼き芋を電子レンジで作りたい!どんな器を使えばいいの?

秋も深まってくると、窓の外から「やきいも~」という声がしてきますよね。老若男女問わず、焼き芋は...

絶品!本格味噌鍋がカンタンに3ステップで完成!レシピ6選

鍋といえば、鍋つゆが命です。後は好きな具材を入れるだけで完成です。味噌鍋なら、いつも味噌...

1歳半などの幼児が食事で好き嫌いを克服する為にできること

1歳半になると、なんでも自分でやりたくなるので、食事の時もスプーンやフォークを使ったり、手づかみで食...

甘酒を米麹で作ってみよう!仕上がりが固い場合の原因は?

寒い冬になると、甘い甘酒が飲みたくなりますよね。もちろんスーパーなどで購入することもできますが...

料理で使うならどっち?砂糖・みりんの違い。使い方の解説

家庭で調味料はたくさんあると思いますが、砂糖とみりんの違いを説明できる方は、意外と少ないのではない...

一人暮らしの場合!お米(白米)5キロは何合分で何日もつ?

日本人が大好きなお米・・・。ほとんどの方が、ほぼ毎日口にしているのではないでしょうか。お米...

炊飯器がなかったら、水の量は手を使って計る!

ご飯を炊くとき、どのように炊いていますか。炊飯器任せですよね。もし、炊飯器がなかったら、...

鮭の甘塩・辛口の違いは塩分濃度!塩抜きしたいときはこれ!

スーパーに必ず並んでいる魚といえば、鮭ですね。よく見るのが、「甘塩」や「辛口」などの表示です...

味噌汁の味噌、自分基準の分量を決めればおいしく作れます!

和食派だったら、ごはんのお供に欠かせないのは味噌汁ですね。1食1食、毎回おいしい味噌汁を飲み...

美味しいおでんの作り方!生卵・完熟・半熟で栄養は違うの?

だんだん寒くなってくると無性に食べたくなるのが「おでん」ではないでしょうか?あったかいおでんを...

電子レンジでもご飯からおいしいおかゆを作れる方法をご紹介

最近では、離乳食やダイエット用に、おかゆを電子レンジで作る人が増えています。おかゆといえば、...

上白糖とグラニュー糖の違いは?代用はできるの?

普段の料理やお菓子作り、コーヒーや紅茶などの飲みものなどに欠かせない甘味料は砂糖ではないでしょう...

夏のお弁当はどのくらい保存できる?オススメのおかずとは?

夏のお弁当は、傷みが早いので食中毒などの心配もあり、保存する際は気を遣うという方も多いのではないでし...

スポンサーリンク

カレールーにスパイスを追加するなら

一般的に、カレーを作るときにはカレールーを使う人が多いですね。

スパイスから作るという人は、本格派です。

できればスパイスから作ってみたいけれど、手間がかかるし、スパイスの配合もわからないと思っているのであれば、おすすめの方法があります。

カレールーで作ったカレーにスパイスを追加するという方法です。

これで、「お母さんのカレー」から「本格派カレー」に変身させることができますよ。

おすすめのスパイスは、ガラムマサラです。
名前を聞いたことがある人もいると思います。

どんなカレーにも合うので、まずは使ってみてほしいスパイスです。

ガラムマサラとは、植物の名前ではなく、数種類のスパイスが配合されたミックススパイスのことです。

ですので、製造元によって入っているスパイスの種類が違ったり、配合が違ったりします。

ホットタイプ、マイルドタイプなどにも分かれています。

ガラムマサラは、どのようなカレーにも失敗することなく使えますので、レトルトカレーが物足りないというときにも使えます。

レトルトカレーを温めてから器に盛り、ガラムマサラを小さじ1/4くらい振りかけるだけで、風味が増し、グッと本格派カレーに近付きます。

カレールーに追加するときは、火を止めてから、仕上げのときに小さじ1~2くらい加えましょう。
ホットタイプを使えば、辛みも足すことができます。

スパイスは熱に弱いので、長時間加熱すると、香りが飛んでしまいます。

ガラムマサラを最後に加えることで、飛んでしまった香りを復活させることができるのです。

カレールーにカレー粉を追加してもいい?

スーパーのカレールー売り場には、カレー粉という商品も売っていますね。

カレー粉というくらいなのですから、カレールーに追加したら、美味しくなるのではないかと思いますよね。

実は、そう簡単ではないのです。

カレー粉には、ターメリックというスパイスが入っています。

ターメリックというスパイスは、黄色い色が特徴で、着色を目的としてカレー粉に配合されています。

ターメリックは調理中、油に溶けることによって着色します。

調理後の仕上げの段階で追加しても、あまり着色効果が出ず、逆にスパイスの土臭い香りが、カレーの風味を損ねてしまいます。

カレー粉を使って風味を出すのであれば、追加するタイミングに気を付けましょう。

カレー粉を追加してから、10分程度煮込むと良いですよ。

ターメリックが配合されているカレー粉は、仕上げに入れるのは不向きということを覚えておきましょう。

スパイス以外にも、ハーブもカレーには合います。

ベランダ菜園でバジルなどを栽培しているのであれば、トッピングに使ってみてください。
知らなかった新しいカレーに出会えるはずです。

バジルだけでなく、コリアンダーもおすすめです。

スパイスがわかったらガラムマサラを作ってみよう

カレーにこだわりがあるという人は、ガラムマサラを手作りしてみるというのは、いかがでしょうか。

作っておけば、カレールーに追加するだけで、いつでも自分好みのカレーにすることができます。

【材料】

・カルダモン 5g
・クローブ 5g
・シナモンスティック 5g
・クミンシード 5g
・コリアンダーシード 5g
・フェンネルシード 3g
・ブラックペパー 3g

カルダモンとクローブはホールのものを用意します。

【作り方】

1)カルダモンを軽くつぶします。

2)スパイスを、すべてフライパンで乾煎りします。

3)粗熱が取れたら、電動ミルで粉になるまで粉砕して、完成です。

このレシピで使ったカルダモンは、高価なスパイスとして知られ、スパイスの女王とも呼ばれています。

調理中にカレーに使用することが多いのですが、仕上げのスパイスとしてカレールーに追加しても使えます。

清涼感のある香りと、ピリッとした辛み、ほろ苦さがあり、エスニック風の味わいにすることができます。

少量追加するだけで、本格的なエスニック風カレーになりますよ。

カレールーに追加したいスパイスたち

ガラムマサラ以外にも、カレールーに追加すると美味しくなるスパイスはあります。

☆ナツメグ

お肉料理によく使われるナツメグですが、焼き菓子などの甘いものにも、よく合います。
カレールーに追加すると、ナツメグの香りが足され、風味が増します。

ナツメグの香りが好きな人には、おすすめです。

☆オールスパイス

甘いものにも、お肉にも合う万能スパイスです。

カレールーに追加すると、味にコクと深みが増し、甘い香りとほろ苦い味わいが楽しめます。

☆コリアンダー

前項のガラムマサラでも出てきましたね。

こちらも、単品でカレールーに追加してもOKなスパイスです。
タイ料理など、アジア料理でよく使われています。

カレーには欠かせないスパイスです。
カレールーに追加すると、すっきりとした後味になり、清涼感が出ます。

☆スターアニス

甘みのある香りが強く、杏仁豆腐のシロップの香りづけに使われているスパイスです。

カレールーに追加すると、少し苦みが増し、清涼感と共に辛みも増します。

スパイスの中には、仕上げに適さないものもありますので、好きなスパイスだからといって、たくさん加えすぎると失敗してしまうこともあります。

少しずつ試していきましょう。

スパイス以外のカレーの隠し味

スパイスのお話をしてきましたが、ほかの隠し味もカレールーに追加してみましょう。

いくつか、おすすめの隠し味をご紹介します。

☆赤ワイン

もし飲みかけで残った赤ワインがあるのであれば、カレーに入れてみましょう。
火を止める直前に入れると、風味が増します。

☆チャツネ

スーパーのカレールー売り場を、よく確認してみてください。

きっと、「チャツネ」という商品を見つけることができると思います。

知る人ぞ知るカレーの隠し味です。
マンゴーから作られる調味料のため、カレーに甘みとコクを足すことができます。

☆ウスターソース

この隠し味は、使っている人が結構いるかもしれません。

野菜とフルーツの旨みが、ぎゅっと凝縮されたソースですので、カレールーに加えるだけで濃厚な味わいにしてくれます。

☆ナッツ類

アーモンドやマカダミアナッツなどを、細かく刻んでカレールーに追加すると、香ばしいカレーになります。

パウダー状になっているものでもOKです。
アーモンドチョコを入れる人もいるようです。

それぞれのご家庭によって、隠し味は違いますよね。

毎回これ!という隠し味も良いのですが、たまには冒険して、新しいカレーに挑戦してみるのも悪くありませんよ。

カレールーにスパイスを追加して本格派カレーを作る

それでは最後に、カレールーとスパイスで、本格派カレーに挑戦してみましょう。

【材料 カレールー1箱分】

・お好みのカレールー 1箱
・玉ねぎ 5個
・人参 2本
・鶏もも肉 2枚
・にんにく 5片
・オリーブオイル 適量

▽カルダモン 10粒程度
▽コリアンダーパウダー 小さじ2
▽クミンパウダー 小さじ2
▽チリパウダー 小さじ1

・水 カレールーの分量分

【作り方】

1)にんにくは細かくみじん切り、玉ねぎは薄くスライス、人参は乱切り、鶏もも肉はひと口サイズに切ります。

2)オリーブオイルをフライパンで温め、玉ねぎをよく炒めます。
あめ色になるまで、じっくり炒めましょう。

3)炒めた玉ねぎを鍋に移します。

4)フライパンに再びオリーブオイルを入れ、人参を軽く炒めます。

5)人参を鍋に移し、再度オリーブオイルで鶏もも肉を炒めます。

6)鶏もも肉の色が変わったら、にんにく、▽のスパイスを加えて炒めます。

7)鶏もも肉に大体火が通ったら、カルダモンを取り除き、玉ねぎ、にんじんと共に鍋に入れ、既定量の水を加えます。

8)アクをとりながら、弱火で30分煮込みます。

9)具材に火が通ったら、火を止めてカレールーを加え、溶かします。

さらに10分程度煮込んで完成です。

仕上げに、お好みのスパイスを追加するのもおすすめです。

スパイスは、お好みのものを使ってください。

チリパウダーは辛くなるので、子どもが食べる際には抜いてあげましょう。

上の項で、おすすめしたものでも良いですね。

次回は違う隠し味のカレーに挑戦してみては

いろいろなスパイスや隠し味がありますね。

定番の味というのも良いのですが、毎回違うスパイスや隠し味を使って、カレーを作ってみるのも楽しそうですよ。

次回のカレー作りのときには、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。