玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

ホワイトソースは薄力粉と強力粉、どちらが向いているのか

      2017/09/17

ホワイトソースは薄力粉と強力粉、どちらが向いているのか

洋食屋さんの味が自宅で再現できたら、うれしいですよね。

洋食といったら、ホワイトソースが欠かせません。

ホワイトソース作りは難しくありませんが、ダマになるのが怖くて、なかなか手が出せないですね。

ホワイトソースには薄力粉を使うのか、強力粉を使うのかも悩みどころです。

そんな不安を払拭するために、ホワイトソースについて調査しました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

自然製法でもトランス脂肪酸フリーのバターは存在しない?

2018年6月にアメリカでは、トランス脂肪酸の使用の規制...

味噌を詰める容器がガラスであるメリットと注意点とは?

味噌というと、スーパーで売られているパック入りの味噌が一...

麦味噌を作ってみよう!試しに2kgを容器に詰めてみよう

麦味噌をご存知ですか? 九州や愛媛県、山口県ではメジャ...

カロリーと脂肪の量がうまく絡む豚肉と部位の深い関係

肉の部位とカロリーは大きく関係します。 多くの人が、精...

カロリーの一日に必要な摂取量はどれくらいなのでしょうか?

飽食の時代と言われて久しい現代、生活習慣病に悩む人々も増...

お茶碗一杯分のカロリー消費にはどんな運動をどれくらい?

秋、食事が美味しくなる季節です。 ついつい箸が進み、食...

枝豆はカロリーが低くてダイエットに最適って本当なの?

夏から秋にかけての旬といえば、枝豆ですよね。 最近は芸能...

おにぎりと大福のカロリーと満足度の比較をしてみた結果…!

お弁当の定番はおにぎりという方も多いのではないでしょうか...

ドライトマトにはどんな栄養がある?カロリーはどれぐらい?

ドライトマトといえば、美容・健康・ダイエットに効果があると...

5kgダイエットするために必要な消費カロリーは?方法は?

年々、付きやすく、落ちにくくなってきました。 これは体...

食事が進まない2歳児!1日に必要とするカロリーの目安は?

かわいい盛りの2歳児は、「魔の2歳児」といわれるぐらいで...

自分のカロリー消費量を知ろう!1日の活動強度ごとに解説

あなたは、自分の体が1日にどれくらいのカロリーを消費して...

玄米の炊き方と、含まれるとされる「毒」との関係性とは?

玄米は健康に良い食品なので注目される分、「毒」を持ってい...

玄米を浸水のために冷蔵庫を使う時の注意点とポイントとは?

冷蔵庫はとても便利な家電で、玄米の保存にも浸水のためにも...

スープジャーで楽しむ!栄養満点な玄米のあたたかいリゾット

健康やダイエットのために、玄米はとても効果的です。 昼...

マクロビは玄米食がメイン!そこに潜む「危険」とは?

海外のセレブも導入していることで日本にも広まった「マクロビ」...

玄米を土鍋で炊く場合、水の量はどれくらい入れれば良いの?

健康ブームに乗って見直されている玄米ですが、炊飯器ではな...

私たちの生活に馴染深くて体に良い玄米やお茶の歴史を教えて

お米もお茶も、私たちの食生活の根幹をなす大変歴史ある食材で...

玄米の早炊き方法を色々紹介!玄米でいつもの食卓をご馳走に

玄米は精白米よりも、炊き方が面倒、普通の炊き方では固くて...

すごい健康パワー!緑茶や玄米茶に含まれる優れた効能とは?

私たちの食生活に、お茶は切っても切り離せない存在です。 ...

スポンサーリンク


基本のホワイトソース作り

洋食の基本、ホワイトソースがお家で作れると、なんだか料理の腕が上がったような気持ちになりますね。

ホワイトソースは、小麦粉・バター・牛乳で作るのですが、迷うのが薄力粉を使うのか、強力粉を使うのかですよね。

まず、基本のホワイトソースを作ってみましょう。

【材料】

・小麦粉 大さじ1(ゆるめ)or大さじ2(かため)
・バター 15g
・牛乳 200ml
・白コショウ 少々
・塩 ひとつまみ

【作り方】

1)フライパンにバターを溶かし、小麦粉を入れ、色が黄色くなって、サラッとするまで炒めます。

2)冷たいままの牛乳を一気に入れ、素早く泡立て器で混ぜます。

3)再びふつふつと泡が立ち、とろみが出てきたら、塩・白コショウで味を調えます。

☆ポイント

小麦粉の分量ですが、シチューなどに使いたいときはゆるめの大さじ1、グラタンなど、かために使いたいときは大さじ2の分量で作ります。

クリームコロッケなど、さらにかためにしたいときは、大さじ3~4程度にすると、コロッケの形が形成しやすくなります。

工程1)の際、小麦粉はしっかりと炒めます。
焦がしてしまうと、ホワイトソースの色が損なわれてしまうので、気を付けましょう。

工程2)の牛乳は、冷たいものを使います。

温度ムラでダマができてしまうので、素早く全体を混ぜ合わせることが大切です。

ホワイトソースの基本の作り方は、このようになっています。

ホワイトソースの時短テク

ホワイトソースの基本の作り方はわかりましたね。

もっと簡単に作りたいという人には、電子レンジで作るという方法もあります。

【作り方】

1)耐熱容器にバターと小麦粉を入れ、ラップをせずに電子レンジ500wで1分加熱します。

2)小麦粉と溶けたバターを、泡だて器でかき混ぜます。

3)牛乳を少しずつ加え、混ぜ合わせます。

4)ラップをせずに、電子レンジ500wで3分加熱します。

5)泡だて器でよく混ぜます。

6)電子レンジ500wで1分~3分程度加熱し、ぼこぼこと泡立ってとろみがついたら取り出します。

7)塩・白コショウで味を調えて出来上がりです。

途中途中で、取り出して泡だて器でしっかり混ぜることで、ダマになりにくくします。

電子レンジも、入れたり出したりが面倒!という人には、混ぜるだけという方法があります。

【作り方】

1)火にかける前に、冷たいままのフライパンに、小麦粉・バター・牛乳を入れます。

2)中火にかけ、泡だて器で混ぜ続けます。

3)ふつふつと泡が立ち、とろみがついてきたら、塩・白コショウで味を調えて完成です。

温度が上がる前に、大きなかたまりを無くしておくと、ダマができにくいです。

電子レンジの方法も混ぜるだけの方法も、ご家庭で作るホワイトソースとしては、十分な美味しさのものができます。

ところで、ホワイトソースには、薄力粉と強力粉、どちらを使えばよいのでしょうか。

薄力粉・強力粉どちらで作るのが正解?

一般的には、ご家庭で常備している小麦粉といえば、薄力粉が多いと思います。

上の項のレシピも、もちろん薄力粉で作れます。

しかし実は、多くのプロの洋食屋さんは、強力粉を使っているのです。
強力粉を使うと、ふるいにかける必要がなく、効率的な作業ができるというメリットもあります。

さらに、仕上がりは、どのように違いが出てくるのでしょうか。

強力粉を使ったホワイトソースは、コシが強い仕上がりになります。

粘りが強いといった感じです。
ですので、クリームコロッケを作るときには、強力粉が向いています。

一方、薄力粉で作ったホワイトソースですが、とろみのあるソースになります。

さらりとした味わいがお好みであれば、薄力粉がおすすめです。
シチューなどには、薄力粉が良いです。

グラタンも、強力粉を使うと洋食屋さんの味わいに近くなりますが、チーズを多めにしたいときなどは、さらりとした薄力粉が向いている場合もあり、こちらはお好みになります。

簡単に言うと、薄力粉はとろみ、強力粉は粘りです。

食感のお好みによって、使い分けてください。

薄力粉でも強力粉でも作れる上級者のホワイトソース

ひとつ上のホワイトソースを作りたいというときにおすすめなのは、澄ましバターを使うことです。

澄ましバターとは、溶かしたバターの上澄みの部分です。

バターを加熱して泡立たせ、表面の泡を取り除いて作るのですが、ご家庭ですと手間が掛かります。
なので、バターを電子レンジにかけて、溶かした上澄みを使いましょう。

澄ましバターと強力粉を同量用意します。

鍋で加熱して、ホワイトソースを作っていくのですが、かき混ぜる手ごたえが違うのが、わかると思います。

バターの水分が取り除かれているため、ダマになりにくく、小麦粉と一緒に加熱しやすくなっています。
あとは牛乳を加え、とろみが出るまで加熱して出来上がりです。

生クリームのような上品な味わいに出来上がります。

バターの雑味が取り除かれ、ミルクの味わいがはっきりと感じられるはずです。

牛乳の味をしっかり感じたい場合には、こちらのホワイトソースがおすすめです。

上記では、強力粉でご紹介しましたが、薄力粉でももちろんOKです。
料理によって使い分けられると、お料理の上級者ですね。

薄力粉も強力粉も使わないホワイトソース

薄力粉も強力粉もないというときや、ホワイトソースのコクや味わいが苦手という人におすすめしたいのが、片栗粉を使ったホワイトソース代用法です。

食べやすいので、子どもにもおすすめできます。

【材料】

・牛乳 200㏄
・コンソメ 大1
・片栗粉 大1~2
・水(片栗粉を溶く用) 片栗粉の2倍量
・塩・コショウ 適量

【作り方】

1)片栗粉を水で溶いておきます。

2)牛乳、コンソメを鍋で温めます。

3)沸騰直前まで加熱し、塩コショウで味を調えます。

4)火を弱め、水溶き片栗粉を加えてとろみをつけます。

片栗粉の量は、お好みのとろみになるように、調節してください。

シチューを作るときは牛乳で具材を煮て、最後に水溶き片栗粉でとろみをつけると、優しい口当たりの、さらりとして食べやすいシチューになります。

濃厚なホワイトソースが苦手という人も、片栗粉でしたら食べられるかもしれません。

ぜひ、試してみてください。

ホワイトソースを多めに作って常備しておこう

いろいろなホワイトソースのレシピをご紹介しましたね。

せっかく美味しいホワイトソースを作るのであれば、作り置きしておきたいですよね。

数日内に使う予定があるのであれば、冷蔵保存でも大丈夫です。

できるだけ空気に触れないように密閉容器に入れ、冷蔵庫で保存します。

におい移りしないように、強いにおいのものとは一緒に保存しないようにしましょう。

冷蔵庫で3日程度です。

また、冷凍保存もできます。

粗熱が取れたら、ジップロック袋に入れて空気を抜き、平らになるように保存します。
タッパーに小分けにして保存すると、1回ずつ使いやすいですね。

解凍するときは、使う前日に冷蔵庫に移して自然解凍か、ジップロック袋ごとの湯煎でもOKです。

電子レンジで解凍した後、鍋に移して加熱する方法もあります。
使い道によって、牛乳を足して伸ばして加熱して使います。

冷凍保存でしたら1ヶ月程度は保存できます。
あまり長期の保存ですと、風味が落ちますので気を付けてください。

冷凍保存するのであれば、強力粉で作ったホワイトソースが良いです。

薄力粉で作ったとろとろのホワイトソースよりも、強力粉で作った粘りのあるホワイトソースの方が解凍後、扱いやすいです。

グラタンでしたら、そのまま使えますし、ドロドロだったとしても、牛乳で伸ばして使うこともできます。

自分味のホワイトソースを作ろう

ホワイトソース作りは面倒と思うかもしれませんが、1度手作りしてみてください。

市販のホワイトソースと違って、自分で味が調節できるので、お好みの味が作れるのでクセになりますよ。

濃厚なバターと牛乳の味わいを楽しんでくださいね。

 - 料理のポイント