野菜に合うソースは?野菜につけるディップソースレシピ

飲み会や残業が続き、体が野菜を欲している感じがすること、ありませんか?
そんなとき、野菜のそのままの味や歯ごたえを楽しめる、ディップやソースがあればいいな、と思いますよね。
野菜スティックにつけるのもいいですし、温野菜に添えるのはいかがでしょうか?

今回は身近にあるもので簡単に作れる、野菜につけるディップソースを紹介します。
いろんなレシピがありますので、きっと好みのものが見つかりますよ!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

生クリームの砂糖はどのくらいの分量が適切なのか考える

ケーキを作る時に砂糖を生クリームに、どのくらいの分量入れていますか?甘さ控えめな生クリームの砂糖...

バター・マーガリンでお菓子を作るときの混ぜるポイントは?

最近はバター不足なため、値段も高くなっており、数量制限してるお店もあります。その点、マーガリ...

自宅で簡単甘酒。麹で作るときは、炊飯器で作るのがおすすめ

甘酒と聞くと、お正月をイメージする方もいると思います。家族みんなで飲める甘酒は、団らんには...

美味しいチャーハン&スープの作り方。中華料理屋みたいに。

皆さんは、中華料理って好きですか?皆さんが抱く中華料理のイメージは、どんなものでしょうか?...

電子レンジの中で食品が爆発!?原因は何?危険な食材と対策

ボタン1つで食べ物を温めてくれる便利な電子レンジ、今や私たちの生活に欠かせない家電です。しか...

ご飯は冷凍保存がおすすめ!日持ち&美味しさを保つ方法は?

食べきれなかったご飯を、みなさんはどう保存していますか?炊飯器で保温したり、冷蔵庫に入れたり...

味噌汁の作り方ってどうしてる?だしの素は使う?使わない?

食卓に欠かせない味噌汁は、ご家庭によって味が違ったり、味噌の配合が違ったり、作り方はお家の数だけきっ...

醤油香るチャーハンをヘルシーに仕上げる低カロリーレシピ集

焦がし醤油の匂いが鼻腔をくすぐるチャーハン。匂いだけでお腹がすいてきちゃいますよね。でもチャー...

ホームベーカリーを使いこなすには?知っておきたい発酵温度

自動で簡単にパンが作れる「ホームベーカリー」。パン以外にも、ピザの生地や餃子の皮なども作れて、...

1歳半などの幼児が食事で好き嫌いを克服する為にできること

1歳半になると、なんでも自分でやりたくなるので、食事の時もスプーンやフォークを使ったり、手づかみで食...

ihを活用しよう!圧力鍋でご飯を炊くとおいしさアップ!?

炊飯器はお家に必ず1台は置いてある家電ですよね。しかし、最近お家に炊飯器を置かないご家庭が増...

簡単で美味しい味噌玉!アレンジレシピのおすすめ一位を発表

日本人の食卓になくてはならないもの一位とも言える味噌汁を、毎日飲んでいる人も多いと思います。...

カレーの隠し味に和の食材が使える!?味噌でコク旨カレー

今や日本人の国民食とも言える『カレー』。皆さんには、どんなこだわりがありますか?十人いれば十...

カレーを一晩常温でおいても大丈夫?寒い季節でも危険?!

カレーは大鍋で作るほうがおいしい。カレーは一晩置いたほうがおいしい。誰でも聞いたこと...

ちょっとした工夫でリッチな味噌汁を!海老だしを取る方法

お寿司屋さんに行った時など、海老だしの香り豊かなおいしい味噌汁を飲まれたこともあるのではないでし...

スポンサーリンク

野菜スティックに合うソースは?つけるとびっくり!

バーニャカウダを聞いたことありますか?
バーニャカウダはイタリア・ピエモンテ地方のソースで、アンチョビ、オリーブ油などで作ります。
ホームパーティにもぴったりですよ。
おしゃれな野菜につける料理、試してみてはいかがですか?

【材料】
・アンチョビ6枚
・にんにく2かけ
・オリーブ油3分の1カップ
・黒コショウ(あらびき)少々

【作り方】
①にんにくは皮が付いたままグリルまたはオーブントースターなどで7~8分焼き、粗熱を取った後皮をむき、つぶしておきます。

②アンチョビは細かく刻んでおきます。

③鍋に①と②、他の材料を混ぜ、火にかけて弱火で温めます。
温めながら野菜をつけるのがオススメです。

以下は生クリーム入りバーニャカウダの作り方です。
マイルドな味になります。

【材料】
・アンチョビ6枚
・にんにく1かけ
・オリーブ油大さじ2
・生クリーム2分の1カップ
・黒コショウ(あらびき)少々

【作り方】
①にんにくは皮が付いたままグリルまたはオーブントースターなどで7~8分焼き、粗熱を取った後皮をむき、つぶしておきます。

②アンチョビは細かく刻みます。

③生クリーム以外の材料を火にかけごく弱火で3~4分温めたところに生クリームを入れて混ぜてでき上がりです。

つけるしかない!?野菜スティックマヨネーズソース

カレーマヨネーズソースの作り方です。
簡単ですし、家にある材料で作れるところが魅力。
一口食べるとカレーの香りが漂って、もうつけるしかない!と思わせるようなソースです。
野菜スティックが止まりません。

【材料】
・マヨネーズ大さじ5
・カレー粉小さじ1

【作り方】
①混ぜるだけです。
お好みでカレー粉を増やしたり減らしたりしてみてください。
きゅうりやダイコン、セロリ、何でも合います!

次にガーリックマヨネーズソースの作り方です。

【材料】
・にんにくチューブ(またはすりおろし)にんにく2分の1
・マヨネーズ大さじ3
・酢小さじ2分の1
・小ねぎお好みの量

【作り方)
①小ねぎはみじん切りにします。

②材料全部をよく混ぜてでき上がりです。

それからツナマヨごまソースの作り方です。

【材料】
・ツナ缶(ノンオイル)1缶
・マヨネーズ大さじ2
・醤油小さじ1
・白いりごま大さじ1

【作り方】
①いりごまはすっておきます。

②いりごま以外をまず混ぜます。
最後に①を混ぜてでき上がりです。

つけるたびに食欲が増すかも!ピリ辛野菜スティックソース

野菜スティックにつけるピリ辛味のソースです。
大人のパーティー料理にどうぞ!

【材料】
・白味噌大さじ2分の1
・マヨネーズ大さじ2分の1
・豆板醤小さじ1

【作り方】
①マヨネーズ、味噌、豆板醤を混ぜ合わせます。
味見しながら味を調えます。
でき上がりです。

次に韓国中華風コチュジャンマヨソースの作り方を紹介します。
コチュジャンは韓国、テンメンジャンは中国の調味料です。
甘辛な美味しさをお楽しみください。

【材料】
・マヨネーズ大さじ2
・テンメンジャン小さじ2分の1
・コチュジャン小さじ2分の1
・ごま

【作り方)
①ごまはいっておきます。

②全部混ぜ合わせてでき上がりです。
辛いのがお好きな方はコチュジャンの量を増やしてみてください。

さらにクリームソースのピリ辛ディップを紹介します。
ラー油と一味のピリ辛が効いています。

【材料】
・クリームチーズ80g
・しょうゆ小さじ1と2分の1
・ラー油小さじ1
・一味唐辛子お好みで

【作り方】
①クリームチーズを軽くレンジにかけ、柔らかくします。
(10~20秒ほどでOK)

②すべての材料をよく混ぜてでき上がりです。

温野菜に合うソースは?チーズ入り

簡単にできるチーズソースで温野菜に合います。
つけるとチーズが後を引く美味しさです。

【材料】
・スライスチーズ3枚
・牛乳大さじ3
・塩コショウ適量
・黒コショウ少々

【作り方】
①スライスチーズを耐熱容器にちぎって入れ、牛乳も加えて電子レンジで40秒温めます。
②①をいったん取り出し、塩コショウしてもう一度30秒レンジにかけます。
トロトロに溶けるまで様子を見つつレンジにかけましょう。

③黒コショウを最後に表面に振ってでき上がりです。

次に明太子入り!チーズソースのレシピです。

【材料】
・明太子ひと腹
・マヨネーズ大さじ5
・粉チーズ大さじ1

【作り方】
①明太子をほぐします。
皮はきれいに取り除きましょう。

②マヨネーズと粉チーズを①に加えてよく混ぜてでき上がりです。

これはシーザーソースのレシピです。
シーザーサラダドレッシングはにんにく、塩、コショウ、レモン汁、オリーブオイルから作られ、パルメザンチーズとクルトンをトッピングして仕上げられたもの。
ドレッシングではなくソースです。
簡単にできますよ!

【材料】
・マヨネーズ大さじ3
・にんにくすりおろし少し
・牛乳大さじ1
・粉チーズ大さじ1
・コショウ少々

【作り方】
①材料を混ぜ合わせてでき上がりです。
あればクルトンを飾ってもグッドです。

さらにアボカドチーズソースです。
野菜スティックやパンにもどうぞ!

【材料】
・アボカド1個
・玉ねぎ(みじん切り)大さじ2
・粉チーズ大さじ3
・クリームチーズ70~100g
・レモン汁大さじ2
・マヨネーズ大さじ1
・黒コショウ少々

【作り方】
①ボウルにアボカドを入れて粗くつぶします。
(フォークなどで)

②残りの材料を混ぜ合わせ、でき上がりです。

温野菜につけるヨーグルトソースはいかが?

玉ねぎ入りヨーグルトソースの作り方です。
つけるたびにますますつけたくなるさっぱりとした美味しさです。

【材料】
・ヨーグルト(無糖)70g
・玉ねぎ20g
・にんにく1かけ
・オリーブオイル大さじ1
・レモン汁小さじ1
・塩コショウ少々

【作り方】
①玉ねぎとニンニクはすりおろしておきます。

②①に他の材料すべて加えて混ぜます。
お好みでハーブを散らしてもグッドです。

次に味噌ヨーグルトソースの作り方です。
意外にもヨーグルトと味噌は合います。

【材料】
・白みそ小さじ2分の1
・ヨーグルト(プレーン)大さじ2
・しょうゆ少し

【作り方】
①材料をすべて混ぜてでき上がりです。
味噌の塊がなくなるまで、泡だて器などできちんと混ぜましょう。

こちらはマスタード入りヨーグルトソースのレシピです。
さっぱりしているので、温野菜だけでなく生野菜サラダや肉料理、魚料理にも合いますよ。

【材料】
・プレーンヨーグルト大さじ5
・粒マスタード大さじ1
・オリーブオイル小さじ1
・塩コショウ少々

【作り方】
①すべて混ぜてでき上がりです。
マスタードの量は好みで調節してくださいね。

温野菜につける!ごま風味ソースのレシピ

練りごまを使ったソースの作り方です。

【材料】
・練りごま大さじ6
・すりごま大さじ2
・豆乳大さじ8
・しょうゆ小さじ2
・砂糖小さじ1

【作り方】
①練りごまを柔らかく練った後でほかの材料と合わせてよく混ぜてでき上がりです。
甘いのがお好きな方は砂糖の量を調整してください。

これは練りごまと味噌、マヨネーズのソースです。
コクがあるソースをお楽しみください。

【材料】
・練りごま大さじ1
・マヨネーズ大さじ1
・味噌大さじ1

【作り方】
①すべて混ぜます。
よく合わせて、でき上がりです。

しゃぶしゃぶ用ゴマダレで作るごまマスタードソースのレシピです。

【材料】
・しゃぶしゃぶ用ゴマダレ大さじ3
・粒マスタード大さじ1
・マヨネーズ大さじ3
・蜂蜜適量

【作り方】
①材料すべてを混ぜます。
好みの味に調えます。

最後にマヨネーズ味噌ごまソースです。
今回は練りごまがなくてもごまがあればできます。
野菜につけると納得のごまの香りが効いたとても美味しいソースです。

【材料】
・マヨネーズ大さじ2
・味噌大さじ1
・酢小さじ1
・めんつゆ小さじ1
・すりごま大さじ1
・いりごま大さじ2分の1
・ラー油適量

【作り方】
①全部混ぜてでき上がりですが、辛いのが好きな方はラー油の量を調整してくださいね。

アイデア次第!野菜に合うソースは様々

野菜に合うソース、たくさん紹介してきましたが。いかがでしたか?
ただ混ぜるだけ、というレシピがほとんどでしたね。

本当に簡単にできますが、見た目は楽しく、豪華!
野菜スティックや温野菜につけるので不足していた野菜もどんどん食べられます。
おかずの一品として、ホームパーティで、気の合う仲間や家族と楽しめます。

家にある材料で、手軽にできますので、ぜひ作ってみてくださいね!