玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

魚の冷凍は焼いてからできる!焼く前・焼いた後のポイント

      2017/08/09

魚の冷凍は焼いてからできる!焼く前・焼いた後のポイント

冷凍庫にある魚を解凍して、焼く人はとっても多いです。

でも、魚を解凍するのって結構面倒ですよね。

氷水で解凍すればレンジで解凍するよりドリップ量も少なく、美味しいまま解凍できますが、時間もかかってしまいます。

ここでは、魚の冷凍を焼いてからする方法と、焼くときのポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

【レシピ集】ヘルシーな手作りお菓子で低カロリーを実現!

「カロリー摂取は控えたいけど、お菓子を食べるのはやめ...

味噌を手作りしてみよう!保存容器「かめ・樽・琺瑯」の特徴

日本の代表的な調味料の1つに味噌があります。 ...

手作り味噌は感動のおいしさ!鍋と入れ物ですぐに作れる!

日本の食卓に欠かすことのできない味噌ですが、身体にい...

簡単味噌汁の作り方!お手軽なだしパックでおいしい味噌汁を

健康のためにも、1日に一杯は飲みたい味噌汁。 ...

ベーコンと味噌汁の組み合わせは意外に合う!レシピをご紹介

味噌は栄養価が高く、古くから日本人に取り入れられてい...

醤油おかきは自宅で手作りもおすすめ!様々な作り方をご紹介

醤油は古くから伝わる調味料ですが、香ばしいおいしさだ...

ヨーグルトメーカーで作るヨーグルト!美味しくて低カロリー

朝ごはんやデザートなどとして食べたり、時には調味料と...

食事改善でダイエット!ストレスを溜めない方法とは?

ダイエットに取り組んでいる方の中には、ダイエットのス...

玄米から虫が発生してしまった!精米機にかけることは可能?

玄米や白米に、虫が湧いてしまったことありませんか? ...

和風の醤油パスタに合う食材とは?簡単な作り方もご紹介!

醤油に「塩分が高いイメージ」を抱く方もいるかもしれま...

基本の味噌汁の作り方!味わい深い「昆布だし」を簡単に作る

味噌汁にはだしが必要不可欠ですが、普段どのようなだし...

カロリーは意外に低い?!ラーメンに含まれる糖質や塩分は?

醤油に味噌、塩といった定番のものから、個性的なラーメ...

ウェイパーを使った簡単鍋レシピ!味噌鍋の味付けはお手の物

野菜や肉、キノコといったたくさんの食材をバランスよく...

味噌は冷蔵より冷凍!気になるおすすめの味噌保存容器とは?

日本の食卓に欠かせない味噌は、どのご家庭にもたいていある...

うどんは炭水化物の中でも低カロリー?ダイエット効果は?

ダイエット中は炭水化物を控える方が多いですよね。 ...

ヨーグルトのホエーは低カロリー&高栄養!有効活用するには

ヨーグルトの上のほうに、分離した水分が溜まっているの...

「醤油チャーハン」の作り方!パラパラにする方法は?

健康に気を遣っていても、たまには香ばしさが食欲をそそ...

味噌の風味を長く楽しむ保存方法とは?常温でも良いの?

味噌は、ほとんどのご家庭で常備されている食品ですよね...

美味しい夏野菜!「ズッキーニ」の味噌汁レシピをご紹介!

「ズッキーニ」は、カリウムやビタミンCを含んでいるの...

食事改善で健康的にダイエット!大切なのは体脂肪率

ダイエットをしている人はどうしても体重に注目しがちだ...

スポンサーリンク


魚の冷凍を焼いてからするメリット

スーパーでお買い得だった魚を購入して、冷凍庫へと保存する人は多いです。

冷凍保存しておけば、長く保存できるので、食べたい時に解凍して調理して食べることができますよね。

もちろん、その冷凍期間が長ければ、味・食感なども落ちてしまいます。

しかし、その魚を冷凍する前に、焼いておくことも可能なのです。

そうすることで、魚を食べたい時に解凍し、「焼く」といった調理の手間がなくなります。
食べたい時は、焼いてある魚を冷凍庫から取り出して、温めるだけなのです。

買った魚を焼いて食べると決まっている場合には、この方法が便利かもしれませんね。

切り身の鮭などであれば、お弁当のおかずとしても人気ですし、時間のない朝にもぴったりです。

焼いた鮭を冷凍する前に、お弁当用の大きさにカットします。
朝には、すでに焼いてある冷凍庫の鮭を、レンジでチンするだけです。

焼いた鮭の冷凍保存期間は2~3週間程度です。
お弁当用の鮭が冷凍庫にストックしてあれば、当分はお弁当のおかず作りが、とても楽になりますよね。

冷凍用に魚を焼く前の下準備

魚を焼いてから冷凍する一番のメリットは、食べる時に調理する手間がなくなるということです。

しかし、焼いてから冷凍保存すると考えられるデメリットもあります。

気づいている人もいると思いますが、それは乾燥してパサパサになってしまうことです。

焼いた魚を冷凍庫で保管していると、水分が少なくなってしまい、食べる時にはパサパサとしてしまいます。

そうならないよう、魚を焼く前の下準備をまずはご紹介します。
せっかく食べるなら、焼きたてのような美味しい焼き魚が食べたいですよね。

いつも魚を焼くときの下準備と変わりないですが、この下準備はとても大切なので、しっかりと済ませましょう。

~下準備~

・切り身魚
・塩
・キッチンペーパー

まずは、切り身魚に軽く塩をふり、少し置いておきます。
もともと塩がついている魚であれば、塩を振る必要はありません。

キッチンペーパーで魚から出た水気を、拭き取ってください。
余計な水分をしっかりと吸い取ることで、ふっくらと魚を焼くことができます。

魚を焼く前の下準備はこれだけです。

魚を焼く&美味しく冷凍する方法

次は、下準備をした魚を冷凍用に焼く手順です。

~冷凍用~

・鮭
・ラップ
・チャック付き袋

まずは、下準備が済んだ切り身魚を、いつものように焼きましょう。
お弁当用などに焼く場合でも、お好みの大きさにカットするのは焼いた後です。

切り身魚のそのままの大きさで焼いた方が、魚の旨みが逃げず美味しく焼けます。

焼き上がった魚を、使いたい大きさにカットしておきます。

そして、この焼いた魚に少々お酒をかけます。
魚が温かいうちに、お酒をかけることがポイントです。

お酒をかけることで、食べる時のパサパサを防ぐことができます。

熱が取れたら、焼いた魚をそれぞれラップで包んでください。

チャック付の袋に入れて、風味が逃げないよう、しっかりと空気を抜いてチャックを締めます。

金属トレーに乗せて冷凍庫へ入れると、急速冷凍に近くなるため、美味しいまま冷凍することができます。

焼き魚が冷凍されたら完成です。

冷凍されるまでの時間が短ければ短いほど、新鮮な状態で保存することが可能です。
そのため、冷凍庫の温度を低く設定しておくといいでしょう。

冷凍した焼き魚の解凍方法

冷凍用に魚を焼く方法と、冷凍の方法をご紹介しました。

冷凍した焼き魚を、どうやって解凍したら美味しく食べれるか、気になる人も多いと思います。

次は、その冷凍した焼き魚を解凍する方法について、まとめてみました。

焼き魚の解凍方法は2つあります。

1つめは、電子レンジで解凍する方法です。
一番お手軽な方法なので、すぐに解凍したい場合は電子レンジが便利です。

解凍する時間は、500Wで40秒くらいが目安です。
焼き魚の大きさや熱さにもよるので、確認しながら解凍しましょう。

電子レンジで加熱しすぎてしまうと、焼き魚が硬くなってしまうので、注意してください。
せっかく美味しくなるよう、冷凍保存していても、そうなってしまっては勿体ないです。

そして、2つめは冷蔵庫で解凍する方法です。

ゆっくりと解凍する方法なので、急いでいる場合には適しません。
次の日の朝にお弁当に入れたい場合は、前の晩に冷蔵庫へと移しましょう。

朝お弁当を準備する頃には解凍されているので、フライパンで軽く火を通せば、ふっくらと美味しく出来上がります。

グリルで美味しく魚を焼く方法

今回、ご紹介するのは焼き魚を冷凍する方法だけではありません。

皆さんはグリルの上手な使い方を知っていますか?
この使い方を知っているだけで、魚をとっても美味しく焼くことができます。

魚を焼く前に塩を振りますが、魚の種類によって塩を振っておく時間も違うのです。

白身魚だと焼く10~30分前、青魚だと約30分~1時間前と覚えておきましょう。

タレや味噌などの調味料に漬け込んである魚であれば、塩はもちろん要りません。

キッチンペーパーでタレなどを軽く拭き取ることで、変に焦げてしまうこともなくなります。

そして、グリルは中の温度にムラがあることを知っていますか?
グリルの奥は温度が高いので、厚く火が通りにくい魚の頭を奥にし、焼くことが大切です。

また、グリルを使う時、意識したいのが火加減です。

魚をグリルに入れる前に、まずは、5分ほど強火でグリルの中の温度を高くします。

次に、網に油をぬりましょう。

お皿に盛りつけた時に、表となる魚の面を上にし網に乗せます。

魚を焼き始める時は、弱火にします。

このまま中火以上にはせず、焼くことでグリルで美味しく魚を焼くことができます。

フライパンで美味しく魚を焼く方法

グリルは片付けるのが大変ということから、フライパンなどで魚を焼く人は多いです。

グリルで焼いたかのように美味しく、フライパンで焼き魚を作る方法をご紹介します。

魚には、海魚と川魚があります。
実は、それぞれ焼き方が違うことを知っていますか?

海の魚は身を下にして焼きますが、反対に川の魚は皮を下にして焼きます。

なぜかというと、海の魚は皮から焼いてしまうと皮が縮み、身が崩れてしまうからです。

そして、川の魚は海の魚とは違い、皮に独特の臭みやヌメリを持っています。
臭いやヌメリをなどを消すために、最初はその皮の面を下にして焼く必要があるのです。

魚をフライパンで美味しく焼くための方法は、他にもあります。

それは、皮に油を塗ってパリパリに仕上げることです。
塩焼きにする場合は、皮に油を塗ってから、塩をしっかりと振りましょう。

焼くと水分が飛んでしまっても、パリパリに美味しく焼き上げることができます。

ムラの少ないフライパンの端に魚を置き、弱火で片面10分を焼いたら、ひっくり返し、1分ほど焼くと美味しい焼き魚が完成します。

冷凍している魚を使う場合は、解凍してから焼いてください。

焼いた後でも美味しく冷凍ができる

焼いた魚を美味しく冷凍保存することは可能なのです。

焼き魚が美味しく冷凍保存できることを知っている人は、きっと多くないと思います。

買ってきた魚を冷凍庫に入れる前に、焼いてから冷凍してみてはどうでしょうか?

 - 料理のポイント