家で焼肉をしよう!ホットプレートの使い方等の工夫で美味しく焼ける!

焼肉…、人を魅了するとても魅惑的な食べ物です。

しかし、外食ですと高くついてしまいます。

今回は家で焼肉をする時のコツや秘訣なんかをお教えしちゃいます。
ホットプレートでも、ちょっとの工夫でお店に負けない味がだせちゃうかも。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

美味しいお好み焼きの作り方、材料と小麦粉の適正な割合は?

お好み焼きと言えば、広島風・関西風と地域によって特徴があります。材料も小麦粉・水・卵・具材...

電子レンジやトースターを正しく使うやり方と適した調理方法

電子レンジやトースターなどの調理家電は、意外と正しいやり方や違いを知らない人も多いのではないでしょう...

タッパー弁当ってなに?今インスタグラムで人気のお弁当とは

みなさん、「タッパー弁当」ってご存知ですか?知らないという方は必見です!若者の間で大人気...

お米からご飯への炊き上がりって何グラムになるの?

日本人の主食はお米です。炊き上がりのご飯は何よりも美味しくて、最後の晩餐は白いご飯という人も...

お米5kgを購入しても足りない?余る?一体何合分になるの

スーパーで販売しているお米は一袋が5kg、または10kgで販売しています。家族の人数や用途で...

後片付けも簡単!電子レンジを使って家族で美味しいパン作り

手作りパンは美味しいですね。本当に美味しいパン屋さんは、食パンを買うだけでも並んだり、遠くま...

お米の計量カップは100均でも買える?正確な量り方は?

みなさんは、お米を量る計量カップはどのようなものをお使いでしょうか。今回は、100均で買える...

ホームパーティーのメニューは子どもが喜ぶアイデア料理を!

ホームパーティーを開いたり、お呼ばれされたりする人も多いですよね。パーティー料理のメニューは...

おでんでも人気!大根の煮物にはなぜ面取りが必要なの?

大根は煮物にしたり、サラダにしたり、日本人が大好きな野菜ですよね。中でも、おでんなどの煮物に...

電子レンジでもオーブンでも使える耐熱皿をタイプ別にご紹介

近年は、食卓でお皿として使える、耐熱皿の種類が充実しています。しかし、冷蔵庫に入れてある作り...

自宅で味噌作りをしよう!容器や大豆の大きさ選びがたいせつ

食卓に欠かせない調味料である味噌は、どこのご家庭にも必ず置いてありますよね。しかし、味噌作り...

中華料理の定番チャーハン!オススメの調味料や作り方とは

中華料理の定番「チャーハン」は手軽に作れるメニューでもあり、ラーメン屋などでも人気のあるメニューです...

卵白が余っても!メレンゲで作るお菓子の名前と作り方は?

余った卵白を惜しみながら捨ててしまっていた方!これからは上手に卵白を活用しましょう。メレンゲ...

魚の切り身はそのまま調理せずに洗う!そのひと手間が大切!

スーパーや魚屋さんで買ってきた魚の切り身は、調理前に洗う方が良いのかそれとも良くないのか、迷いま...

お酢はレモン?ハチミツはみりん?代用調味料をご紹介します

お酢やみりんは、日本食ではよく使う調味料ですので、常備している調味料の1つだと思います。お酢...

スポンサーリンク

家で焼肉のメリット①

まずは、この点でしょう。
外食での焼肉よりも基本的にコスパがよく、費用を安く抑えられる点です。

外での焼肉ですと、お店の事情もあり、人件費等の諸経費がかかる分、例え同じ肉でも、それら経費分が値段に反映せざるをえずお高くなってしまいます。

ですが、家焼肉では人件費などの諸経費は関係ありませんし、肉のグレードや種類を細かく吟味することができるので、予算に合わせて焼肉を楽めますね。

私見ですが、家での焼肉は外食の焼肉と比較しても、半分くらいの金額で焼肉を楽しめるのではないでしょうか。
ホットプレートなどの準備があれば、思ったよりも気軽にできますよ。

家で焼肉のメリット②

自由が高いということもメリットですね。
例えば、好きな部位を存分に、好きなだけ食べることができる満足感は大きいです。

お肉のこだわりが強い焼肉屋さんでは、焼き方にもこだわりがある場合があり、お肉を焼いていると焼き方のご指導が入ったする所もあり、少し窮屈に感じることも。

しかし、家でのホットプレート焼肉では、それがありません。
当然ですね。

また、家で焼肉をすると、みんなでお酒を飲むことができるというもの大きな魅力だと思います。

都会でしたら電車等公共の交通機関を利用しやすく、あまり関係ないと思いますが、郊外だと車での移動がメインなので、自家用車を運転して焼肉屋さんに行くことが多いことでしょう。

そうなると気になるのが、帰りの運転手問題ですね。
お酒を嗜まない人がグループにいれば、その点は問題にはならないですが、みんながお酒を飲むグループには、とても重要でデリケートな問題ですね。

家での焼肉は車に乗る必要が当然ながら無いので、みんなでお酒と焼肉を楽しむことができるのは、メリットだと思います。

家で焼肉のデメリットと対策

家でホットプレート焼肉するとなると、やはり気になるのが煙と油だと思います。
その点の対策と処理の手間がデメリットでしょうか。
では、それらの対策をご紹介していきましょう。

①換気扇・窓全開で空気の循環

煙対策で換気扇は回すのですが、やはりそれだけでは換気が追いつかないので、窓も可能な限り開けて、空気の循環を促し、部屋に臭いが充満しないようにしましょう。

しかし、冬などは寒いので気をつけて。
また、集合住宅だと隣人に匂いが伝わってしまう可能性もあるので注意です。

②家具へ油・匂いの対策は新聞紙等で保護しよう

臭い残りの原因は、油の混じった煙「油煙」というものです。
この油煙が部屋の中に拡散・飛散して壁や天井、家具、カーテン等に染みつくことになり、焼肉が終わった後でも匂いが残ってしまうそうです。

なので、動かすのが困難な大型家具などには新聞紙等をかけて、油煙から保護するように対策しましょう。

③濡れタオルで空気中の油煙を吸着

臭いの成分性質は水に溶けやすく、吸収しやすいとのことです。
そのため、水で濡らしたタオルを空中で振り回せば、煙や臭いを吸着して、匂い残りの対策をしてみましょう。
そして、最後はその濡れタオルで水拭きしてしまえば、一石二鳥ですね。
床、壁の他にも、油が飛び散っていそうな箇所も拭いておくのも忘れずに。

家で焼肉!ホットプレート色々①

では、家で焼肉する際に必要なホットプレートのご紹介をしていきましょう。

①「無煙ロースター 弥久蔵1300」

遠赤外線・ハロゲンで焼くので、まるで炭火で焼いたようなジューシー、ふっくらのお肉の焼き加減にできます。
さらに、余分な油も落とせる構造なので、ヘルシーな仕上がりにできます。

そして、煙が立ちこもらない、無煙タイプの焼肉ホットプレートなので、煙が気になる家での焼肉も安心して使えます。

お野菜もお肉も、綺麗な焼き色がついて、見た目にも美味しく楽しめます。
数人で使うのにも十分なスペースが確保できる大きさなので、各々の材料がゆったり焼けるのが良いですね。

またそのプレートは簡単に取り外し可能なので、最後のお掃除も楽チンです。

火力も十二分にありで、材料の素材の美味しさを引き出しつつ焼ける、オススメの家焼肉グリルホットプレートです。

家で焼肉!ホットプレート色々②

②「ROOMMATE おうちでバイキング やきやき無煙グリル」

ボタンをひとつを押すだけで、煙をグリル内に吸引する機能を備えた無煙グリルホットプレートです。

これは蓋もついており、蓋をした状態で焼肉をすれば、油のハネや匂い・煙が家中に充満するのを防げます。

さらにグリルは網状になっており、これも余分な油を落としつつ、ヘルシーに綺麗に美味しく焼肉ができます。

鉄板の温度調節も簡単で、ダイヤルひとつで細かな火力調節ができ、好きな焼き加減も思いのまま。

これ1台あれば、問題なく焼肉が楽しめる、優れた無煙グリルですね。

またハンバーグやベーコン、パンを一緒に焼いて、生野菜を加えれば、美味しいハンバーガーも作れ、焼肉以外の用途に使える逸品です。

赤外線で焼く!家庭用・焼肉ホットプレート

③「ザイグル ホットプレート」

画像が載せられないのが残念ですが、このホットプレートは、なんと上部からの赤外線照射で加熱するホットプレートです。

そのメリットは上部からの熱が加わるため、煙が少ない、臭いも少ない、さらに赤外線の効果で、こんがりふんわり焼けるというもので、とても優秀なホットプレートなんです。

赤外線ヒーターの他の利点は、予熱不要で、すぐに調理が始められるということです。

炭火で焼いた様な焼き加減が再現でき、油ハネも気にせず焼けると高評価のホットプレートです。
焼肉以外にもたくさんの用途に使用でき、例えば、焼き芋・ピザ・グラタンなど、オーブンの替わりとしても使えレパートリーが広がります。

とても面白いホットプレートですね。

一人でも大勢でも家で焼肉を楽しめる

色々と家で焼肉をするにあたってのホットプレート等の紹介をしてきました。

やはり、焼肉専門店に敵わないところも多いですが、安く、身内だけでワイワイ楽しむのに、家での焼肉はオススメできる行事ですね。

気兼ねなく楽しむという点では、鍋に匹敵する食べ方だと思います。
他にも、家での焼肉を楽しむ工夫は沢山あるので、色々と調べてみるもの面白いかと。

では、良き焼肉ライフをお送りください。