玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

チャーハンの冷蔵庫保存ってどうなの?アレンジレシピ紹介!

      2017/06/21

チャーハンの冷蔵庫保存ってどうなの?アレンジレシピ紹介!

チャーハンを作りすぎて余ってしまったとき、どのように保存していますか?

常温だと傷みが早いので、冷蔵庫に入れておくと思いますが、賞味期限はどのくらいなのでしょうか。

この記事では、チャーハンのオススメの保存方法と、美味しくなくなったチャーハンの救済方法を取り上げています。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

みんな大好き味噌ラーメン!野菜や○○を使って具だくさんに

ラーメンには、味噌ラーメン、醤油ラーメン、豚骨ラーメンな...

うまみアップ!味噌漬けレシピで魚をおいしく食べよう

スーパーマーケットの魚売り場でよく見かける、味噌漬けの切...

体に良い、ザ・日本の発酵食品味噌。味噌汁の作り方は簡単!

発酵食品が注目されています。 発酵食品は、含まれる微生...

味噌煮込みうどんのレシピは意外と簡単 八丁味噌料理もご紹介

味噌煮込みうどんと聞いて名古屋を思い浮かべる方も多いので...

野菜の味噌漬けの歴史と、その栄養がもたらす健康効果

日本人にとって野菜の漬け物は、飯の友として欠かせない存在...

自宅で本格的な味を!味噌ラーメンのスープ、手作りレシピ

ラーメンは味噌・醤油・塩・とんこつ、などの、どの味が好き...

神戸は味噌だれ!餃子のいろいろなたれレシピをご紹介!

餃子のたれというと、酢醤油が一般的です。 しかし、餃子...

名古屋めし「味噌カツ」のソースが自宅でも楽しめるレシピ

名古屋というと、その多彩なグルメを思い浮べる人も多いでし...

自宅で簡単に作れる!味噌ちゃんこ鍋のおすすめレシピ

これからの寒い時期には、鍋料理が食べたくなる人も多いので...

身体の芯から温まるもつ鍋味噌スープの美味しいレシピを紹介

寒い日が続くと身体の芯から温まるものが食べたくなります。...

旬のたけのこを美味しく味わおう!味噌和えのレシピ3選

たけのことは、みなさんがご存知のとおり、竹の芽の部分です...

美味しい味噌汁の作り方!もっと「ほんだし」を活用しよう

和食は、だしが要の料理です。 味噌汁も、だしがなくては...

味噌炒めの材料に嫌われ者の?ピーマンとなすを使ってみよう

子どもの嫌いな食べものと言えば「ピーマン」と「なす」が必...

美味しくてコクのある味噌鍋!スープのアレンジも豊富!

夕方以降に気温が下がる、寒い時期に食べたくなるのは鍋料理...

味噌鍋のおすすめレシピをご紹介!キャベツを入れて栄養満点

寒い冬に温まれる定番の料理と言えば、やはりお鍋ですよね。...

きゅうりの味噌和えのレシピ!低カロリーなのに美味しい!

みなさんは、どんな野菜がお好きですか? 食事のバランス...

醤油を薄めるには水よりお酢?知って得する料理と醤油の知識

煮物に使った醤油が濃すぎて、薄めるべくついつい水など足し...

醤油の違いは古来の製造方法をアレンジメントして生まれた

醤油には本醸造方式・混合醸造方式・混合方式の、主に3つの...

調味料の醤油にはjasマークがあるものとないものがある!?

日本人ならたいていのかたが口にする醤油。 醤油はふだん...

醤油醸造所が取り組む売上確保と伝統を守る姿をご紹介

2018年1月現在、醤油醸造所・メーカーの数は約1500...

スポンサーリンク


チャーハンの常温保存と冷蔵庫保存!賞味期限は?

チャーハンを常温保存することができるのは、寒い時期限定と言われています。
暑い時期に常温保存をしてしまうと、細菌が繁殖して食中毒の原因となってしまうからです。
基本的には、寒い時期でも冷蔵庫で保存をすることをオススメします。

一番注意するべきなのは、セレウス菌です。
セレウス菌はどこにでもいる菌なのですが、繁殖すると食中毒の原因となります。
10~45℃で繁殖し、特に30℃前後の環境で最も活発になるといわれているため、チャーハンは弁当に向いていない料理です。
また、100℃で30分加熱しても生き残るといわれており、このようなことからも、チャーハンは冷蔵もしくは冷凍保存したほうがいいでしょう。

チャーハンを常温保存したときの賞味期限は、夏場だと数時間、冬場でも冷暗所で1日程度です。
冷蔵保存をすると、1~2日ほどです。
梅干しやポン酢、レモン汁を混ぜて保存すると、菌の繁殖を防ぐことができるため、保存期間は多少長くなります。

チャーハンの保存は冷蔵庫で冷凍がオススメ!コツと賞味期限

チャーハンの冷凍保存のコツを紹介します。

チャーハンが冷めたら、フリーザーバッグに入れて平らにならし、空気を抜いて冷凍保存します。
1時間程経ったら、もみほぐして再び冷凍庫に入れます。
これを3~4回程度繰り返すとパラパラのチャーハンになり、美味しくいただくことができます。
また、完全に凍ってからもみほぐす方法でも大丈夫です。

パラパラにならなくてもいい場合は、チャーハンが冷めてからラップに小分けに包んでフリーザーバッグに入れて冷凍するといいでしょう。

解凍するときのべたつきを抑えるためには、時間をかけずに冷凍することが大切です。
冷凍時に金属トレーに乗せたり、上からアルミホイルに包むと、急速に冷凍することができ、パラパラの美味しいチャーハンのまま冷凍できます。

解凍は、フライパンの上で自然解凍させてから炒めると、べたつきを抑えることができます。
お皿に移して電子レンジでチンしても大丈夫です。

チャーハンを冷蔵庫で冷凍保存したときの賞味期限は、1か月程度と言われています。
味が落ちても大丈夫であれば、3か月程度は保存をすることができます。

冷蔵庫で保存しておいても美味しいチャーハンのレシピ!

さて、冷めても美味しいチャーハンの作り方を紹介します。
冷蔵庫で保存しても大丈夫です。

飯茶碗3杯分 じゃこ適量、ネギ適量、卵2個、だし醤油大さじ3、サラダ油適量を用意します。
こちらの食材で、約4人分のチャーハンを作ることができます。

まずは、熱したフライパンにサラダ油をひき、卵を柔らかめのスクランブルエッグにして取り出しておきます。

そのフライパンにサラダ油を足して、じゃこと小口切りにしたねぎをさっと炒めて、温めたご飯とスクランブルエッグを入れて炒めます。

最後にだし醤油を入れてしっかり炒めたらできあがりです。

次に、中華料理店の味がお弁当でも楽しめる本格派チャーハンの作り方です。

ご飯お茶碗1杯、チャーシューなどの肉類2枚分、にんじん30g、ピーマン1/2個、玉ねぎ1/6個、卵1個、中華あじ小さじ1、サラダ油小さじ2、ごま油小さじ1、しょうゆ小さじ1、塩コショウ少々を用意します。
こちらは1人前の材料です。

具材はすべて細かくみじん切りをし、ごはんと卵はよく混ぜ合わせておきましょう。

サラダ油とゴマ油を入れたフライパンを少し熱し、具材を少し炒めたあと、卵ごはんを入れて炒めます。

中華あじを入れて混ぜ合わせた後、最後にしょうゆを入れて塩コショウを振って混ぜ合わせたら完成です。

このときのコツは、卵とごはんをあらかじめ混ぜておくことと、宙に浮かせて炒めることだけです。
これだけでパラパラになります。

冷蔵庫でベチャベチャになったチャーハンのアレンジ方法!

冷蔵庫で保存して硬くなったチャーハンも、アレンジをすることで美味しくいただくことができます。

チャーハンをドライカレーにアレンジする方法を紹介します。
ご飯と卵、にんじん、ネギ、ベーコンで出来たチャーハンにちょい足しをして、美味しくいただきましょう。

ちょい足しする食材は、カレールウ、玉ねぎ、ひき肉です。
大体10分ほどでアレンジすることができます。

まずはフライパンで、チャーハンとカレールウを砕いたものを一緒に炒めます。

別のフライパンで、玉ねぎとひき肉をさっと炒めて塩コショウで味付けをし、こちらにもカレールウを砕いたものを加えて炒めます。

最後に、ドライカレーの上にキーマカレーを盛りつけたら出来上がりです。
そう、ただのドライカレーではなく、キーマカレーが上に載ったアレンジ料理なのです。
チャーハンをドライカレーにするときには、さらに炒めることになるためぱさぱさになってしまうことが多々あります。
しかし、ひき肉を上に乗せることでジューシーさが加わり、パンチ力が増します。

中華テイスト、インドテイストの次は洋風アレンジに挑戦してみましょう。

古いチャーハンを美味しく甦らせる!

冷蔵庫で保存したドライカレーをミートソースドリアにアレンジする方法を紹介します。
今回ちょい足しする食材は、市販のミートソース、とろけるチーズです。
大体10分ほどで完成します。

まずは、耐熱の器にドライカレーを敷き詰め、その上に市販のミートソースととろけるチーズを乗せてトースターで焼きます。

チーズに焦げ目がついたら完成です。
チーズが焦げすぎないように、焼いている間は目を離さないように注意しましょう。

一番下にドライカレーが入っているので、しっかり混ぜて食べると、ドライカレー、ミートソース、チーズの3層が混ざり合い、とても美味しいです。
カレーのスパイシーさとトマトのサッパリさが癖になる味です。
暑い日でもパクパク食べられるはずですよ!

チャーハンを作りすぎたときも、このようにアレンジできるため早々に食べきることができそうですね。

今回は、あともう1品紹介します。
早めに美味しくチャーハンをいただきましょう。

まさかコロッケに!?チャーハンのアレンジ・上級編

冷蔵庫で保存したチャーハンをライスコロッケにアレンジする方法を紹介します。

今回ちょい足しする食材は、小麦粉、パン粉、卵、ケチャップです。
およそ15分ほどで完成します。

まずはチャーハンを丸めて、卵と小麦粉を混ぜ合わせた液にくぐらせます。

その後、パン粉をまんべんなく絡めて、油で揚げます。

衣の色が変わったら盛りつけて、ケチャップをかけたら出来上がりです。

中身のチャーハンにはすでに火が通っているので、初心者さんでも簡単に揚げることができますよ。

こちらのライスコロッケはひと口サイズのかわいらしい一品なので、揚げ物特有の重たさがなく、パクパク食べることができます。
また、お好みでマスタードやタルタルソースをディップしても美味しくいただけます。

残り物のチャーハンのアレンジ料理は無限にあります。
見た目も味も変化させることができるので、早々にチャーハンを食べきれるように工夫ができるといいですね!

チャーハンは冷凍保存がオススメ!硬くなったらアレンジ!

冷蔵庫保存したチャーハンは、1日から2日を目安に食べきりましょう。

それ以上、保存されたい場合は、冷凍庫に入れるのがオススメです。

作ってから時間が経って美味しくなくなったチャーハンをアレンジして生まれ変わらせるレシピも紹介しましたので、ぜひ試してみてくださいね。

 - 料理のポイント