玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

美味しいおでんの作り方!生卵・完熟・半熟で栄養は違うの?

      2017/06/04

美味しいおでんの作り方!生卵・完熟・半熟で栄養は違うの?

だんだん寒くなってくると無性に食べたくなるのが「おでん」ではないでしょうか?
あったかいおでんを食べると、身も心も温まって、ほっと一息つけますよね。

そんなおでんを、美味しくプロ並みに作れたらいいですよね。

また、おでんの具で人気な卵って、生卵・完熟・半熟によって栄養価が違うってご存知でしたか?

今回は卵についてと、美味しいおでん&半熟卵の上手な作り方をご紹介します。
ぜひ作ってみてくださいね。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

みんな大好き味噌ラーメン!野菜や○○を使って具だくさんに

ラーメンには、味噌ラーメン、醤油ラーメン、豚骨ラーメンな...

うまみアップ!味噌漬けレシピで魚をおいしく食べよう

スーパーマーケットの魚売り場でよく見かける、味噌漬けの切...

体に良い、ザ・日本の発酵食品味噌。味噌汁の作り方は簡単!

発酵食品が注目されています。 発酵食品は、含まれる微生...

味噌煮込みうどんのレシピは意外と簡単 八丁味噌料理もご紹介

味噌煮込みうどんと聞いて名古屋を思い浮かべる方も多いので...

野菜の味噌漬けの歴史と、その栄養がもたらす健康効果

日本人にとって野菜の漬け物は、飯の友として欠かせない存在...

自宅で本格的な味を!味噌ラーメンのスープ、手作りレシピ

ラーメンは味噌・醤油・塩・とんこつ、などの、どの味が好き...

神戸は味噌だれ!餃子のいろいろなたれレシピをご紹介!

餃子のたれというと、酢醤油が一般的です。 しかし、餃子...

名古屋めし「味噌カツ」のソースが自宅でも楽しめるレシピ

名古屋というと、その多彩なグルメを思い浮べる人も多いでし...

自宅で簡単に作れる!味噌ちゃんこ鍋のおすすめレシピ

これからの寒い時期には、鍋料理が食べたくなる人も多いので...

身体の芯から温まるもつ鍋味噌スープの美味しいレシピを紹介

寒い日が続くと身体の芯から温まるものが食べたくなります。...

旬のたけのこを美味しく味わおう!味噌和えのレシピ3選

たけのことは、みなさんがご存知のとおり、竹の芽の部分です...

美味しい味噌汁の作り方!もっと「ほんだし」を活用しよう

和食は、だしが要の料理です。 味噌汁も、だしがなくては...

味噌炒めの材料に嫌われ者の?ピーマンとなすを使ってみよう

子どもの嫌いな食べものと言えば「ピーマン」と「なす」が必...

美味しくてコクのある味噌鍋!スープのアレンジも豊富!

夕方以降に気温が下がる、寒い時期に食べたくなるのは鍋料理...

味噌鍋のおすすめレシピをご紹介!キャベツを入れて栄養満点

寒い冬に温まれる定番の料理と言えば、やはりお鍋ですよね。...

きゅうりの味噌和えのレシピ!低カロリーなのに美味しい!

みなさんは、どんな野菜がお好きですか? 食事のバランス...

醤油を薄めるには水よりお酢?知って得する料理と醤油の知識

煮物に使った醤油が濃すぎて、薄めるべくついつい水など足し...

醤油の違いは古来の製造方法をアレンジメントして生まれた

醤油には本醸造方式・混合醸造方式・混合方式の、主に3つの...

調味料の醤油にはjasマークがあるものとないものがある!?

日本人ならたいていのかたが口にする醤油。 醤油はふだん...

醤油醸造所が取り組む売上確保と伝統を守る姿をご紹介

2018年1月現在、醤油醸造所・メーカーの数は約1500...

スポンサーリンク


おでんの人気の具ランキング!1位は完熟卵や卵半熟!?

おでんは、お住まいの地域や各家庭によっても、味付けや入れる具、好みの具がそれぞれ違いますよね。

みんなは、おでんに一体どんな具を入れているのか気になりませんか。

そこで、おでんの人気の具ランキングを発表したいと思います。

☆第1位 大根

おだしの味がたっぷりと染み込んだ大根はとても美味しく、やはり大人気ですね。

大根に隠し包丁を入れると煮込む時間が短縮でき、おだしが隅々まで染み込むことで、美味しさがアップします。

☆第2位 卵

卵も人気が高いですね。
おでんのおだしを卵にじっくり染み込ませたものは絶品ですよね。

卵の熟し度合いは、人それぞれ好みが違います。
よく煮込んだ完熟卵が好きな人もいれば、半熟のまま煮込まれているのが好きな人もいます。

半熟卵をおでんに使う場合は、半熟の状態を維持するために、微妙な火加減が大事なポイントになります。

☆第3位 こんにゃく

低カロリーで、食物繊維も豊富なこんにゃくは、幅広い年齢層に人気のある具ですね。

味が染み込んだプリプリなこんにゃくは、非常に美味しいですよね。

その他にも、牛すじや、もち巾着も人気があります。

関西にはないおでんの具とは!?

関東でも関西でも、完熟卵や半熟卵はおでんの具として人気がありますよね。

しかし、関東にはあって、関西にはないおでんの具があるのをご存知ですか。

①はんぺん

はんぺんとは、スケトウダラなどの白身魚のすり身に、ヤマイモのでんぷんを加えて、蒸し固めた練り製品です。

関東では、おでんの定番具材で、ふんわりした口当たりに、子供たちからも人気があります。
はんぺんの白い色が、だし汁を吸って茶色く膨らんでいるところが食欲をそそります。

②ちくわぶ

ちくわぶとは、小麦粉に塩と水を加えてこねた物を、棒などに巻きつけて蒸した食品です。

ちくわと名前は似ていますが、原料からして全く別の食べ物なのです。
小麦粉に多く含まれているグルテンによって、もちもちとした食感が生まれます。

弾力のある噛み心地なので、味が染み込んでいると、とても美味しく食べられます。
煮込みすぎて、くたくたになった状態のちくわぶが好みの方も多いです。

いかがでしたか。

関東では当たり前の具でも、関西をはじめとして全国的には、はんぺんもちくわぶも、見たことも口にしたこともないという方も沢山いて、実際に関東での消費がほとんどです。

これさえ覚えればプロの味!?美味しいおでん汁の作り方

美味しいおでん汁の作り方をご紹介します。

おでんを美味しく作るために、注意すべきポイントはご存知ですか。
それは、おでんの汁と鍋選びなのです。

☆おでんの汁の作り方

①昆布とかつおぶしでだしをとりましょう

材料(10カップ分)
・水11カップ、
・昆布20cm角1枚
・削りがつお50g

昆布は、よく絞った濡れ布巾で表面の汚れを拭き取ります。

昆布に3~4カ所、切れ目を入れておきましょう。

水と昆布を入れた鍋を加熱し、沸騰する直前に昆布を取り出します。
そこに削りがつおを入れて、いったん火を止め、削りがつおが沈んできたら、布巾でこしましょう。

②味付けをしましょう

・濃い関東風
だし汁10カップに対して、しょうゆ1/2カップ弱・みりん2/3カップで調味します。

・薄めな関西風
だし汁10カップに対して、薄口しょうゆ1/3カップ・酒大さじ1・砂糖1/4カップ・塩小さじ2で調味します。

☆おでんを作る鍋の選び方

①形・・入れ口が広く、底が平らなもの
具を重ねないで入れることで、煮崩れを防止できたり、味の染み込み具合を均一にすることができます。

②大きさ・・具が重ならないように大きめなもの
4~5人分の目安の鍋のサイズは、四角型で30×40cm、丸型で直径30cmぐらいがベストです。

③素材・・家庭で使うなら土鍋が最適
土鍋は家庭でも扱いやすく、卓上に置いてからも冷めにくいです。

美味しいおでんの作り方がわかったところで、次は、完熟・半熟でおでんの具としても人気な、卵の栄養効果についてお話しますね。

おでんの具で人気!卵の栄養効果とは?

おでんの具でも人気がある、卵の栄養効果について知っておきましょう。

①脳を活性化して、健康増進にも効果的

卵に含まれるレシチンには、コリンと言われる成分が含まれています。
この成分が脳を活性化させることで、脳の組織の老化防止が期待されています。

②生活習慣病予防に役立つ

先程お話した成分のコリンには、中性脂肪の量を調節する働きもあるので、やっかいな内臓脂肪が増えるのを防いでくれます。
さらに、高血圧や高コレステロール血症などの改善や予防に効果があると言われています。

③抗酸化作用に優れている

卵には必須アミノ酸のメチオニンが、たくさん含まれています。

メチオニンは、体の毒素や老廃物を体外に出す作用があります。
さらに、ビタミンA・B6・Eなどのビタミン群には、活性酸素を抑えたり、取りさる働きがあります。

④風邪に強い体作りに

塩化リゾチームって聞いた事がありますか?
塩化リゾチームは、卵白に含まれているリゾチームという酵素から作成されたものです。

このリゾチームには、風邪の原因菌などを溶解する働きがあります。

以上の様に、栄養豊富な卵ですが、生・半熟・完熟など色々な食べ方ができますよね。

次に、卵の状態によって栄養価は違ってくるのかについてお話します。

卵は生・半熟・完熟によって栄養価は違う?

栄養バランス面を考えると、卵黄と卵白を一緒に食べるのが一番良いですよね。

卵は生で食べても、おでんなどに使う半熟や完熟にしても美味しいですよね。

では、卵は生・半熟・完熟によって栄養価に差はでるのでしょうか。

さっそく見ていきましょう。

☆栄養面を考えると生卵がベスト

卵に含まれるビタミンB群は、非常に熱に弱いです。
ですので、加熱でビタミンを失わないためにも、生で食べることが卵のベストな食べ方と言えるでしょう。

しかし、生卵には思わぬ落とし穴も。

なんと、生の卵白のアビジンという成分が、ビオチンの吸収を阻害してしまいます。
(ビオチンは、皮膚や髪の毛の健康的保持にも大きく関係しています)

生卵の食べすぎは、お肌の調子が悪くなるだけでなく、頭髪が白く、薄くなってしまう可能性があります。

☆半熟卵は体に優しい

温泉卵や半熟卵は、パスタや丼ぶりにも使われていて、人気がありますよね。

半熟くらいが、消化も良くて卵の美味しさが引き立ちます。
胃が弱っている時や、病気で体調不良の時は、胃に優しい半熟の状態がベストでしょう。

熱を加えることで、栄養が少し減少してしまいますが、気をつけなければならないアビジンは、作用しなくなるので安心です。

☆完熟卵は安心&安全に食べられる

例えば、目玉焼きや卵焼きにすることで、ビオチンの吸収は円滑に行われるので、体に必要なビオチンの欠乏症になることはないのです。

菌などが不安な方でも、黄身も白身も完全に加熱されているので、安全面では1番ベストな調理方法でしょう。

デメリットとしては、加熱をし過ぎると消化が悪化してしまいます。

体に優しい半熟卵を作ってみよう

最後に、おでんにも相性バッチリで、体にも優しい半熟卵の作り方をご紹介します。

とても簡単に作れて、料理が初心者や苦手な方でも、プロが作ったような出来栄えになりますよ。
卵の個数を増やしても問題ないので大丈夫です。

<材料(4個分)>
・卵 4個


主役の卵はまだ冷蔵庫に入れたままで、大きめのお鍋にお湯を沸かしましょう。

先に、大きめのボールに氷水を沢山作っておきましょう。


お湯が沸騰したら、卵にヒビが入って白身が漏れるのを防ぐために、お玉などを使って静かに入れましょう。


卵を茹でる時間の目安は、冷えている卵だったら6分間で、常温の卵だったら5分半です。

黄身を真ん中にするには、箸などでかき混ぜるのがポイントです。


卵が茹であがったら、ザルなどを使って鍋から一気に取り出しましょう。

そのまま、すぐに氷水に約3分つけます。


氷水の中で、卵と卵をぶつけて、殻をむきます。

これで、黄身がトローリ美味しい半熟卵のできあがりです。

■ミニポイント
・茹でる時間をきちんと守り、茹であがったら急いで氷水につける

・卵は、きんきんに冷えたものではなく、常温のもののほうが殻が割れにくい

作った半熟卵を、ラーメン屋さんでお馴染みの味付け玉子にしても、美味しく食べられますよ。

おでんで心も体も温まろう

おでん鍋を囲んで、家族や大事な人と美味しいおでんを食べていると、幸せな気持ちになりますよね。
お好みのおでんの具を食べながらだと、会話も弾んで楽しいものです。

そんなおでんの具でも、人気の卵は栄養価も高く、生でも半熟、完熟のどの状態で食べても美味しさが味わえます。

オススメは、黄身がトローリ美味しくて体に優しい半熟卵です。

安全で美味しい卵を選んで購入し、作ってみましょう。

 - 料理のポイント