玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

大根の下茹でするときはお米のとぎ汁を使うと良いのはなぜ?

      2017/05/30

大根の下茹でするときはお米のとぎ汁を使うと良いのはなぜ?

大根を調理するとき、下茹でをする際にお米のとぎ汁を使用すると良いと、聞いたことがある方は多いのではないでしょうか?

料理本などでも書いてあることが多いですよね!

なぜお米のとぎ汁で下茹ですると良いのでしょうか?
その理由についてご説明していきます。

また、大根の下茹でに使用する以外にも活用方法があるので、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

玄米の炊き方と、含まれるとされる「毒」との関係性とは?

玄米は健康に良い食品なので注目される分、「毒」を持ってい...

玄米を浸水のために冷蔵庫を使う時の注意点とポイントとは?

冷蔵庫はとても便利な家電で、玄米の保存にも浸水のためにも...

スープジャーで楽しむ!栄養満点な玄米のあたたかいリゾット

健康やダイエットのために、玄米はとても効果的です。 昼...

マクロビは玄米食がメイン!そこに潜む「危険」とは?

海外のセレブも導入していることで日本にも広まった「マクロビ」...

玄米を土鍋で炊く場合、水の量はどれくらい入れれば良いの?

健康ブームに乗って見直されている玄米ですが、炊飯器ではな...

私たちの生活に馴染深くて体に良い玄米やお茶の歴史を教えて

お米もお茶も、私たちの食生活の根幹をなす大変歴史ある食材で...

玄米の早炊き方法を色々紹介!玄米でいつもの食卓をご馳走に

玄米は精白米よりも、炊き方が面倒、普通の炊き方では固くて...

すごい健康パワー!緑茶や玄米茶に含まれる優れた効能とは?

私たちの食生活に、お茶は切っても切り離せない存在です。 ...

玄米茶の効能はこんなに色々!副作用の少ないお茶で健康に

暑い夏は、水分の補給にとお茶系のドリンクが人気になります...

玄米茶のカフェインはどれくらいあるの?授乳中でも大丈夫?

緑茶のさわやかさに玄米の香ばしさが加わった玄米茶は、近年...

カロリー高めパスタと、ダイエット中もOKな低いものはどれ?

私たち女性が毎日でも食べたいくらい大好きなパスタですが、...

日本にはまだまだあるトランス脂肪酸ゼロの美味しいお菓子

2018年6月に、国外ではトランス脂肪酸の規制が始まりま...

トランス脂肪酸ゼロの商品の有無とその表示についての疑問

トランス脂肪酸が含まれる植物油脂を使った商品に、どれだけ...

忙しくても電子レンジを使って卵を割るだけ簡単調理をご紹介

電子レンジで卵料理をすると、卵の黄身が割れてしまって、う...

電子レンジについてしまった焼き魚のにおいを取る方法とは?

電子レンジは今では時短料理や温めのテクニックが紹介され、...

電子レンジでパスタを茹でると光熱費は安くなる?高くなる?

鍋でパスタを茹でるときは、たっぷりのお湯を沸騰させて麺と...

植物油脂に含まれるトランス脂肪酸の危険性と表示への疑問

植物油脂を使ったマーガリン等には、トランス脂肪酸が含まれ...

正しい食生活ならサラダ油のトランス脂肪酸含有量も怖くない

サラダ油は、どんな油が入っているかをご存知ですか? ...

1日の食事のカロリー配分!朝昼晩の理想的な食べ方とは?

忙しい毎日を送るなかで、何となく済ませがちな食事…。 ...

カロリーの一日の摂取目安は?10代の体作りに必要な事は?

カロリーという言葉を聞いて、皆さんはどのようなイメージを...

スポンサーリンク


大根を下茹でするときにお米のとぎ汁を使用すると良いのはなぜ?

大根は色々な料理に使える万能野菜ですよね。
おでんなどの煮物、サラダなど様々な調理方法があります。

おでんなどの煮物調理の際、大根を下茹でするときに「お米のとぎ汁を使用すると良い」と聞いたり、書いてあったりしますよね。

なぜ、大根の下茹でに、お米のとぎ汁を使用すると良いのかお話していきたいと思います。

では、なぜお米のとぎ汁を使用して下茹でするのかというと。
大根は、下準備などをせずに調理してしまったり、水だけでの下茹でよりも「お米」を使って下茹でする方が、甘くて美味しい仕上がりになります。

お米のとぎ汁で下茹ですることで、

・臭みや苦味などのアクを抜くことができる
・大根の甘味を増すことができる
・柔らかく茹で上がるので味が染み込みやすくなる

という効果を得ることができます。

ではなぜそのような効果が得られるのか、ご説明していきたいと思います。

・臭みや苦味などのアクを抜くことができるのはなぜか

それは、お米を研ぐと出てくる白い濁りの中には、”デンプン質”が含まれていて、そのデンプン質によって、大根独特の臭みや苦味の「アク」を取り除くことができるのです。

お米を研いだときに出るデンプン質には、アクを吸着する効果があるのです。

大根の下茹でに、お米のとぎ汁を使うと甘みが増したり柔らかくなるのはなぜ?

・大根の甘みが増すのはなぜか

大根の甘みを引き出すことができるのは、大根に含まれる「ジアスターゼ」という酵素の働きによるものです。

ジアスターゼとは、デンプンを分解する消化酵素です。
ジアスターゼは、消化不良を解消したり、胸焼けや胃もたれを防ぐ働きがあります。

お米のとぎ汁に含まれるデンプンを、大根に含まれているジアスターゼが分解し、糖分へと変化するのです。
変化した糖分を大根が吸収することで、大根の甘みを増すことができるのです。

・柔らかく茹で上がるのはなぜか

大根は下茹でをすることによって、大根の細胞壁が壊れます。
細胞壁が壊れることにより、大根が柔らかくなります。

生のままの大根は、固い細胞壁に覆われた状態なので、なかなか味が中まで染み込んでいきません。
この固い細胞壁は、温度をあげることで壊れやすくなります。

大根の下茹でに、お米のとぎ汁を使うのは、お米に含まれる”デンプン”の力を利用したものです。

そのため、お米のとぎ汁の代わりに「小麦粉」や「片栗粉」で代用することも可能です。
小麦粉や片栗粉を使う場合の使用量の目安は、小さじ1杯程度です。

また、研いでいない状態のお米でも代用可能です。
その方法は簡単で、鍋にサッといれるだけで、お米のとぎ汁を使用したときと同じ効果を得ることができます。

失敗しない大根の下茹で方法!

なぜ、お米のとぎ汁で大根を下茹ですると良いのかお話しましたが、ここでは大根の下茹で方法について詳しくお伝えします。

まずは大根の下茹でをするための準備をしましょう。

初めに、大根の片面に隠し包丁を入れておきましょう。
片面に1センチほどの十字の切込みを入れておくことで、大根に味が染みやすくなります。

さらに手間をかけることができる場合は、面取りをしておくことで、煮崩れ防止をすることができます。

では、下準備が終わったら大根を茹でてみましょう。

大根がしっかりと浸かる量のお米のとぎ汁を用意し、下準備をした大根を投入します。

また、とぎ汁の代わりに生米を使う場合の生米使用量の目安は、大さじ1杯程度です。

ここで、注意して欲しい点があります。

生米を使用する際は、1回目のとぎ汁には、汚れなどが付着しているので、2回目以降のものを使用してください。

大根は水から茹で始めます。
沸騰後の火加減は、大根が踊るくらいの中火が目安になります。

そして、竹串がスッと大根に通るくらいまで茹でます。

茹で時間の目安は、大根の厚さにもよりますが、だいたい15~20分くらいが目安です。

大根に火が通ったら、火を止めて取り出し、水で冷まします。
取り出すときにざるを使用すると、大根が煮崩れてしまう可能性があるので注意しましょう。

取り出す際におすすめの方法は、鍋に直接水を足し、冷たくなるまで水の入れ換えをすると、煮崩れを防ぐことができます。

大根が冷めたら水から取り出し、料理に使用しましょう。

大根は使う部位によって調理法が違うのはなぜ?

大根は部位別で適した調理法が違うってご存知でしょうか。
以外に知らない方も多いかもしれませんね。

なぜ大根の部位別に調理法が変わるのかご説明します。

実は大根は、一番上の葉に近い部分が甘みが強く、一番下の部分は辛味が強いのです。

大根が旬は「冬」なので、地面より上に出ている部分は寒さで凍らないようにするために、糖度を上げて甘くなります。

下の部分は土の中で、虫の被害を受けないために辛くなっています。

では、大根の部分別による調理方法についてご紹介します。

三等分した状態の大根を想像すると分かりやすいです。

まず一番上の葉に近い部分、大根の上部に適した大根の調理法について

・大根おろし
・サラダ

が適しています。

次に大根の中央部に適した大根の調理法について

・煮物

中央部の大根は、辛味が少なく、煮崩れもしにくいので煮物に適しています。

お米のとぎ汁を使って下茹でする際は、中央部を使ってみてください。

最後は大根の下部に適した大根の調理法について

・お味噌汁の具
・漬け物
・炒め物
・大根おろし

が適しています。

下部での大根おろしは、辛味の強い大根おろしになりますので、好みによって使い分けると良いですね。

大根のアク抜き以外にお米のとぎ汁を活用しよう!

お米のとぎ汁は、大根などのアク抜き以外にも活用方法があります。
実は、身の回りの様々な用途に活用することができます。

活用法その1:食器洗い

なぜ食器洗いにとぎ汁を活用するのかというと、お米のとぎ汁(米ぬか)に含まれる成分が、界面活性剤と同じ役割をするためです。

食器を洗う前に、お米のとぎ汁に浸けておきます。
そうすることによって、余計な油分が落ち、洗剤を多く使って洗い落とす必要がなくなります。

活用法その2:水周りの掃除や拭き掃除

お米のとぎ汁は、シンクなどの水周りの掃除に活用できます。
スポンジなどを浸し、シンクの汚れている場所を磨いてみましょう。
シンクに付着していた水アカや油分を落とすことができます。

また、床の拭き掃除にも活用できます。
お米のとぎ汁には、洗浄効果のほかに、ワックス効果(油分)が含まれていますので、お米のとぎ汁を使って床掃除をするとピカピカの床になります。

床の拭き掃除に使用するときは、霧吹きなどに詰め替えると使いやすいです。

床だけでなく木製の家具にも使えますので、小さいお子さんなどがいて、洗剤を使いたくないところなどには、とてもおすすめです。

このように大根のアク抜き以外にも、様々な生活シーンで活用が可能です。

お米のとぎ汁は美容にも活用できる?!

大根のアク抜きや掃除以外に、実は美容にも活用できるお米のとぎ汁。
お米のとぎ汁は、なぜお肌によいと言われているのでしょうか。

その理由は、お米のとぎ汁には、お肌に良い美容成分がたくさん含まれているからです。
お米のとぎ汁には、ビタミンB1・B2・E・セラミドなどのお肌を健康に保つ成分が含まれています。

お米のとぎ汁を活用する洗顔方法をご紹介したいと思います。

その方法は、いたって簡単です。

1.お米のとぎ汁で洗顔をする前に、まずは化粧を落として石鹸で顔を洗っておきます。

2.お米のとぎ汁は、そのままでは濃いので、1.5倍ほどに薄め、人肌の温度にして使用します。

3.お米のとぎ汁を顔全体に馴染ませるように洗います。
目安として、5~10回程度です。

ゴシゴシと強く擦ると、肌を傷める原因になるので注意しましょう。

お米のとぎ汁による洗顔の方法は以上です。

お米のとぎ汁による洗顔は、洗顔というよりスキンケアに近いかもしれませんね。

日々、流し捨てていたお米のとぎ汁ですが、活用してみてはいかがでしょうか。

お米のとぎ汁を最大限活用しましょう

いかがでしたか。

お米のとぎ汁は、色々な活用方法がありますね。

大根などのアクの強い食材のアク抜きに使用するほかに、すぐに実践できる活用方法もありますよね。

日々、お米のとぎ汁を無駄にしてしまっていたという方は、アク抜き以外にも活用してみましょう。

 - 料理のポイント