簡単に調理ができるパスタの特徴と種類、ソースとの相性は?

日本でも馴染みの深いパスタ。
手軽に簡単に調理が出来るので、とても人気の食材ですよね!

そんなパスタには、たくさんの種類があります。
パスタの種類によって、相性の良いパスタソースも変わるのをご存知でしたか?

今回は、パスタの種類ごとに相性の良いパスタソースを紹介していきます。

また、簡単なパスタソースのレシピも紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

こんな時はどうしたらいい?米の水加減を間違えた時の対処法

毎日炊く米ですが、いつも通り炊いたつもりが柔らかくなったり、固くなったりと水加減を間違えたことあり...

鯖の味噌煮は冷凍保存できる?保存する時のコツや注意点など

鯖の食べ方といえば、塩焼き、みりん干し、味噌煮…。特に味噌煮は美味しいですが、あまり目立つ調...

これでもう作りすぎても大丈夫。クッキー生地の保存の仕方。

家でクッキーを生地から手作りするご家庭は結構あります。特に小さいお子様がいらっしゃるご家庭では、...

梅雨時期のカレーの正しい保存は?梅雨時期は食中毒に要注意

カレーは手軽に大量に作れる主婦の定番料理ですよね。一晩寝かせたカレーは特に美味しいですよね!...

ホットケーキをふわふわに焼くとっておきの作り方とは?

ホットケーキミックスでホットケーキを作ったことはありますか?パッケージ通りに作っても、なじみのあ...

お手製味噌の作り方は?カビの原因と対処法もご紹介!

味噌は、毎日の食事に欠かせない調味料だと思う人も多いのではないでしょうか。市販のものも美味しい...

エビチリで豆板醤がないときの代用はどうする?覚えて損なし

エビチリや麻婆豆腐を作る時に欠かせないのが豆板醤ですが、豆板醤がないときは代用調味料はないのでしょ...

カレールーにスパイスを追加するとカレーがグッと本格派に!

日本では、家庭の数だけオリジナルのカレーが存在していますね。カレールーを使って作るという人が...

水1カップをグラムでは?たった1カップの水が繋ぐ命と健康

お料理の本やネットのレシピを見ると、水1カップと書いてあるものと、グラムで書いてあるものがあります。...

基本の食パン作りから、砂糖やバターを使わない作り方

甘みのあるものから柔らかいもの、しっとりとしたものなど、食パンといっても、色々な食感や味を味わえ...

お米の水の量を間違えた!簡単リメイクでおいしく復活

お米の水の量を間違えたら、ご飯がおいしく炊けません。お米の水の量が多すぎると、ベタベタした水分...

甘酒を麹で作り色々な飲み方にアレンジして楽しみませんか?

麹からできた甘酒は、飲むものだと思っている人がほとんどだと思います。今回は、飲む点滴と言われ...

カレーの定番具材玉ねぎなしでおいしいカレーが作れるのか?

日本の国民食といえば、カレーですね。どこのご家庭でも必ず食卓に上がったことがあるはずです。...

スポンジケーキに使う砂糖はグラニュー糖じゃなきゃダメ?

家族の誕生日やクリスマスにスポンジケーキを焼こうと思ったら、家に上白糖しかないということありませ...

じゃがいもを電子レンジで加熱してもパサパサにならないコツ

ふかして食べたり、煮物にしたりといろいろな料理にも使えるじゃがいもですが、ゆでるのに時間がかかる...

スポンサーリンク

パスタの優れた特徴

茹でてさまざまなソースを絡めるだけで簡単に出来上がるパスタ。
パスタ専門店もよく見かけます。

そんな身近なパスタ、たくさんの優れた特徴がある事をご存知ですか?

イタリアでは1630年代に食肉が足りなくなり、人々は主食である穀物類のみに頼る食生活に陥りました。
半島の北側ではとうもろこし、南側ではパスタにおろしたチーズをかけたものを主に食べていたようです。
このような偏った食事により病にかかる人々が増えていきますが、南側は病気になる人が少なかったのです。

それはパスタに含まれていたビタミンによって、人々の栄養バランスがかろうじて保たれたのではないかと現在では推測されています。

パスタに含まれているビタミンとは、ビタミンB群です。
炭水化物を体の中でエネルギーに変換し代謝を促す効果があります。
肉や魚に含まれる栄養素ですが、パスタの原料デュラム小麦(硬質小麦)にも多く含まれています。
穀物では麦類にしか含まれません。

デュラム小麦には三大栄養素が非常にバランスよく含まれています。

・炭水化物(糖質) 
パスタの糖質は消化しづらく水分も吸収しやすいので満腹感が得られ、食べた後の血糖値が上がるのも抑制します。

・たんぱく質 
良質な植物性たんぱく質が含まれています。
糖質と違い蓄積されないので日頃からきちんと補給しましょう。

・脂質 
ダイエット効果も期待できる質の良い脂です。
不足するとお肌が荒れたり疲労感の原因になります。

実はたくさん種類があるロングパスタ!麺の種類でソースの相性も変わる!

まずはロングパスタ。
パスタと言えば、日本のうどんや蕎麦に似たこの形状がポピュラーですが、太さや形によって名前が違います。

・カッペリーニ 
太さ1.2mm程 
そうめんのように細く「天使の髪の毛」と称されます。
スープに入れたり冷製パスタに合います。

・フィデリーニ 
太さ1.2~1.4mm程 
標準のパスタよりひと回り細め。
さっと和えるくらいの軽いソースが適しています。

・スパゲッティーニ 
太さ1.6mm程 
少し細め。
オリーブオイルなどを使用したシンプルなソースでどうぞ。

・スパゲッティ 
1.4~1.7mm程 
お店で見かける標準的なパスタ。
あらゆる食材やソースにぴったりで、色々なアレンジが楽しめます。

・リングイネ 
太さ1.9mm程 
楕円形で太く、弾力があってもっちりした食感です。
ソースが良く絡む太さなので、シーフードなどを楽しんでください。

・フェットチーネ 
きしめんのような平べったい形。
これもよくソースが絡む形ですので、濃厚なクリーム系がオススメです。

・ブカティーニ  
太さ5~6mm程
パスタの中心を通して小さく穴のあいた珍しい形。
これよりも太めのものはブカトーニと呼ばれます。
しっかりとした歯ごたえでソースの絡みも抜群です。
こっくり煮込んだ濃いめのトマトソースやカルボナーラ等のソースが最適です。

それぞれに合ったソースを使って、簡単手軽に色々な味を楽しめます。

マカロニなどのショートパスタもたくさん種類がある!

次にショートパスタと呼ばれるものです。

・カットマカロニ 
一番親しみのある形。
穴が開いていてソースがしっかりしみ込みます。

・カールマカロニ
くるくるとしたらせん状。
らせん部分にソースが入り込むので簡単なソースでも相性抜群です。

・シェルマカロニ 
可愛い貝殻の形。
丸いくぼみの部分にソースが乗るので濃い目のクリームが合います。

・ペンネ(ペンネリガーテとも) 
斜めの断面でペン先のような形。
太さがあり中心が空洞なのであらゆるソースに適しています。

・ツイストマカロニ 
カールマカロニに似ていますがツルンとした歯ざわり。
ねじれた形にソースが絡みトマトソースはもちろん和風にも最適。

・カネロニ 
パイプような形。
具材を詰めてグラタンのように焼くと新しい美味しさがあります。

・ラザニエ 
薄い板状
ひき肉やホワイトソースを挟み重ねて焼くのが定番です。

・リゾーニ 
お米のような粒状。
形を生かしてリゾットのようにしたりスープの具にも適しています。

・ファルファレ 
リボンのような形。
広がった部分にソースが絡みクリーム系と相性がいいです。

・カサレッチェ 
S字の形。
スープをしっかりしみこませるように使うと美味しいです。
 
・タリアテッレ 
パルマで定番の平たい麺。
ミートソースとよく合います

本格簡単ミートソースの作り方を紹介!

パスタを楽しむための簡単で美味しいソースの作り方です。

【材料】(3人分)
・合いびき肉 300g
・タマネギ 中1個
・ニンジン 小~中1本
・ブラウンマッシュルーム 2~3個
・ハチミツ 大さじ3~4
・☆トマト缶(カットタイプ)400g
・☆野菜ジュース(100%) 200ml
・☆ケチャップ 大さじ2~3
・☆にんにくすりおろし(チューブでも可) 適宜
・☆生姜すりおろし(チューブでも可) 適宜
・☆スパイス(ナツメグなど好みで)・塩・コショウ 少々

【作り方】
1)マッシュルームはみじん切りにし、タマネギとニンジンはすりおろします。

2)ボウルに合いびき肉を入れて、塩コショウで軽く下味をつけます。

3)はちみつを入れてよく混ぜます。

4)フライパン(深い方がいいです)で、混ぜ合わせておいたひき肉をよく炒めます。
 このとき鍋の温度が上がりすぎないように気を付けてください。
 あめ色のタマネギを作るときの要領です。
 お肉が美味しく出来上がる決め手ですので、じっくりと。

5)次にみじん切りしたマッシュルームやすりおろしたタマネギとニンジンを入れ、更に炒めまます。

6)最後に☆印の材料を入れ、ゆっくりかき混ぜて全体になじませます。

7)あとは焦がさないようにゆっくりと弱火で煮込んだら、すりおろし野菜の美味しさがギュッと詰まった美味しいミートソースの完成です。

冷蔵庫で保管すればしばらく日持ちしますので、たっぷり作りおきしてもいいですよ。
ご飯にかけてドリアにしたりとアレンジもききます。

簡単オススメ!ホワイトソースのクリームパスタ

ホワイトソース派には、こんなレシピはいかかですか?

【材料】(1人分)
・バター 大さじ1
・小麦粉 大さじ1
・牛乳 100ml~120ml
・塩コショウ お好みで
・白菜 3枚
・ツナ缶 だいたい半量

【作り方】
1)白菜は5cmくらいでぶつ切りにします。

2)芯は繊維にそって縦0.5cm程に切ってください。
 同時に別の鍋でパスタも茹でておきます。

3)バターをフライパンに溶かし、白菜を炒めます。

4)全体にバターがなじんだら、そこへツナを加えて弱火にし、小麦粉をふって入れます。
5)小麦粉が上手に具材となじんできたら、牛乳を入れます。
 ダマにならないように2~3回に分けて入れてください。

6)塩コショウで味を整え、弱火でとろみが出るまでかき混ぜます。

7)茹だったパスタをフライパンに入れ、ざっとソースとあえれば完成です。
 もしソースが硬いようでしたら、パスタのゆで汁を加えてください。

◎簡単アレンジで、白菜をほうれん草、ツナをハムに代えると色どりもきれいなクリームパスタが出来ます。
その場合はほうれん草半束、ハムは2枚、味付けにコンソメ大さじ2が1人前の目安です。

使用するパスタは、クリームソースが良く絡む1.8mmをオススメします。

簡単和風パスタソースでさっぱり食べたい!そんな方にオススメのレシピ!

さっぱりと食べたいかたは、こちらのレシピをどうぞ。

めんつゆを使った、きのこの和風ツナおろしパスタです。

【材料】(2人分)
・パスタ 2人前
・タマネギ 1/2
・シメジやエノキなどお好きなきのこ 適量
・ツナ缶 2個
・おろし大根 適量
・青じそ(または小口ネギ) 適量
・めんつゆ 大さじ2
・かつおだし 大さじ2
・バター 大さじ2
・オリーブオイル 大さじ2
・おろしにんにく(チューブでも可) 少々
・塩コショウ 少々

【作り方】
1)タマネギ、きのこは食べやすい大きさに切っておきます。
 ツナ缶は油を切り、青じそは千切りにします。

2)温めたフライパンにバターとオリーブオイルを入れ、おろしにんにくで香りをつけたらタマネギときのこを入れて炒めます。
※この時点でパスタも茹で始めましょう。

3)めんつゆとかつおだしを混ぜ合わせ、フライパンに入れて更に軽く炒めます。

4)茹で上がったパスタを入れて、さっと絡めたら塩コショウで味を整えます。

5)お皿に盛り付け、油を切ったツナや大根おろしと青じそ(または小口ネギ)を乗せれば完成です。

同じくめんつゆを使った水菜の甘辛和風パスタも、とても簡単でオススメです。

【材料】
・パスタ 2人前
・水菜 1株
・めんつゆ 少々
・醤油 少々
・上白糖 少々
・一味唐辛子 少々

【作り方】
1)洗って食べやすい長さに切った水菜を下茹でします。

2)フライパンに少しのお湯を沸かし、めんつゆ、醤油、上白糖で甘辛味のソースを作ります。

3)水菜とパスタをソースに絡め、一味唐辛子をふりかければ完成です。

パスタは細めがオススメです。

自分好みのパスタで相性の良いソースを試してみましょう

いかがでしたか。

パスタにもたくさんの種類がありますよね。
それぞれに相性の良いソースも変わるのは、とても面白いですよね。

パスタとソースの組み合わせ方によって、普段のパスタよりも美味しくなるかもしれません。

今回紹介したパスタとソースの相性を参考にして、調理してみてはいかがでしょうか。