玄米甘酒は無添加で体に良い!その素晴らしい成分と効果とは

甘酒は「飲む点滴」と言われています。
栄養価が高いということは皆さんご存知でしょう。

中でも「玄米甘酒」は基本的に無添加なので女性やお子さんにオススメの甘酒です。

その理由についてお話します。

また玄米甘酒の嬉しい成分と効果について紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

肉や野菜や玄米は消化に悪いの?消化が良くなる対処策とは?

私達の生命を維持していくのに欠かせない食べ物。食べ物の中には、消化の悪いものもあり、体調の悪い...

お米の保存方法は?常温で、冷蔵で、冷凍で、何日持つの?

皆さんは、お米を買ってきて消費するまでの間どこに保存しているでしょうか?保存の仕方で長持ち出...

無農薬でお米は作れる?通常のお米の作り方と比較してみた!

無農薬で作られた野菜を目にする機会が多くなっています。お米でも、無農薬のものが出てきていますよね...

味わい深い!料理の幅を広げる味噌だれのレシピが人気です!

家で料理をする方は、味噌をどのように使っているでしょうか。やはり味噌汁でしょうか。味噌は...

蕎麦を食べるときは小麦粉多い・少ないに気を付けよう!

蕎麦が健康に良いことは、よく知られていますね。最近では、美容やダイエットでも蕎麦が注目されていま...

玄米といっても、酵素玄米や発芽玄米など違いがある?

皆様、酵素玄米や発芽玄米についてご存知ですか?玄米と言う言葉は聞いたことがあり、また食べたこと...

畑の肥料に米ぬかって使えるの!?米ぬか肥料の作り方

精米所でたくさん出る、米ぬかですが、実はこの米ぬかって、いろいろなものに有効活用できるのです!...

玄米を圧力鍋で炊くとき、水の量はどのくらいにすればいい?

体に良いとわかっていても、玄米を家で炊くとなると、ちょっと大変だなと思っていらっしゃる方もいます...

味噌の上手な保存方法とは?ジップロックシリーズが便利!

味噌は日本食に欠かせない伝統的な食品です。健康食としても昔から親しまれていますよね。...

麦ご飯・雑穀米・玄米の違いは?どんな効果があるの?

近年のヘルシーブームにより、麦ご飯・雑穀米・玄米を食事に取り入れている人も多いのではないでしょう...

玄米餅の作り方を紹介!ホームベーカリーの上手な活用法

餅を作る方法といえば餅米を用意し、一晩吸水させて蒸しあげて杵と臼で餅をつく、という大変手間のかかる...

赤飯を炊飯器で手軽に炊いてみよう!保温・保存はどうする?

おめでたい日やお祝いごとに食べる赤飯、食卓を華やかに彩ってくれますね。美味しくて栄養価も高い...

枝豆と大豆と小豆の違いってどこにあるの?栄養素のまとめ!

ビールに良く合うおつまみの枝豆、馴染み深い納豆、お祝いには赤飯・・・など、美味しい豆食品は豊富にあり...

玄米摂取の効果って何がある?癌にも効くって本当なの?

玄米には健康や美容面で効果があるという話を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。癌にま...

発芽玄米・ヨーグルトなどの作り方!ヨーグルティアを使う!

体に良いと言われている健康食品は、沢山ありますよね。健康志向が高い方は、すでにチェックされて...

スポンサーリンク

甘酒とは?飲む点滴と言われる理由

日本の伝統的な甘味飲料の甘酒は発酵食品の一種です。

甘酒は、米と米麹(糀)の甘酒と、酒粕が原料の甘酒の2つの種類に分けられます。

糀甘酒は、糀と炊いた米で50~60度で寝かせることにより、糀菌がでんぷんをオリゴ糖とブドウ糖に分解することにより甘みがでます。

砂糖を使わず低カロリー・ノンアルコールなので小さいお子さんや妊婦さんも飲めます。
一方、酒粕と水と砂糖で作る、酒粕甘酒は、高カロリーでアルコールも含みます。
酒粕に栄養が豊富に含まれているので、酒粕の甘酒にももちろんたくさん栄養が含まれています。

最近では、さまざまな甘酒があり、無添加や玄米の甘酒などもあります。

ビタミンB群やブドウ糖、アミノ酸を含んでいているのが、「飲む点滴」とも呼ばれる理由です。

今では冬場に飲むことが多いですが、江戸時代には夏バテ防止や体力回復のため飲む栄養ドリンクで、夏に飲むものでした。

甘酒のビタミンB群は、肝臓のアルコール分解酵素で、江戸時代には悪酔い防止のためにお酒を飲む前に甘酒を飲みました。

海外では醤油や味噌と並んで日本を代表する発酵食品として「ジャパニーズヨーグルト」と呼ばれることもあります。

一般的な甘酒と玄米甘酒の違いについて

糀を使い玄米を発酵させて作ったものが、玄米甘酒です。

原料の糀は、メラニンの生成を抑制してシミ・くすみを防ぐ効果があるので、女性には嬉しいですね。

もう一つ嬉しいのは、オリゴ糖や食物繊維も豊富なので、腸内環境を整えて便秘の予防もできることです。

最近は、いろいろな甘酒があり、無添加の甘酒は人気があります。
玄米ではなく糀と白米で作った白米甘酒もあります。

白米と玄米を比べると栄養価では玄米のほうがありますが、栄養があっても続けることが大切なので、続けやすく飲みやすいものを選びましょう。

また甘酒は香りや味にも違いがあります。 

白米甘酒は酒粕甘酒や玄米甘酒に比べてクセが少なく味も軽いので、初めて甘酒を飲む人は白米甘酒から試してみるのもよいですね。

酒粕で作る甘酒は、砂糖を使うのでカロリーも高く、微量のアルコールも含まれていて、飲める人や状況も限られます。
酒粕にはたんぱく質やビタミンなども豊富で、コレステロールの低下や血行促進で体を温めたりします。

普段飲む場合は、糀と米で作った砂糖を使わないノンアルコールの無添加の甘酒をオススメします。

無添加の玄米甘酒の成分について

無添加の玄米甘酒の成分について紹介します。

糀菌には、アミラーゼ(酵素)を分泌することで、でんぷんをブドウ糖に分解します。
そのブドウ糖が甘酒成分の20%を占めていて、それが甘酒の甘さでもあります。

ビタミンB群…ビタミンB1、B2、B3、B6、イノシトール、ビオチン、パントテン酸などが含まれていています。
このビタミンB群は糖質をエネルギーに変え消費する働きがあります。

イノシトールには肝臓や血管に脂肪が蓄積されないようにする効果があります。     
このように玄米甘酒には脂質や糖質の代謝を促して、新陳代謝を活発にするビタミン類がたくさん含まれています。

そして玄米甘酒には体に必要な必須アミノ酸が豊富に含まれています。

必須アミノ酸は体の機能を正常に保ち、運動能力アップ、ダイエット、美肌、免疫力向上、集中力アップ、肝機能向上などのさまざまなことに効果があります。

天然食品の中で必須アミノ酸がとても多く含まれているのが甘酒なのです。

無添加の玄米甘酒の素晴らしい効能とは?

無添加の玄米甘酒に含まれているコウジ酸は美白効果があると言われます。

コウジ酸は、強力な抗酸化作用で、シミの原因のメラニンの生成を抑制して、シミ・くすみを防ぐ効果があります。
このメラニンの色素ができることを抑える働きがあるので、多くの化粧品に美白成分として使われています。

玄米甘酒に含まれているビタミンB群によりダイエット効果も期待されます。 
炭水化物をエネルギーに変える時にビタミンB群が必要になるからです。
このビタミンB群がないと糖質が代謝できずに、体に蓄積します。

そしてイノシトールは抗脂肪肝ビタミンとも呼ばれ、血管や肝臓脂肪の流れをよくして脂肪がたまらないようにする効果があることがダイエットにいいのです。

また美肌効果にはビタミンB2がよく、皮膚や粘膜を保護したり、必須アミノ酸は乾燥肌にも効果があります。

アンチエイジング効果も期待でき 玄米甘酒に含まれているアルブチン・フェルラ酸はコウジ酸と同様に強力な抗酸化作用で、老化原因の活性酸素の除去に効果があります。

甘酒には乳酸菌も多く含まれていて、腸に活きたまま届き腸内環境を整えますし、オリゴ糖も含まれるため腸の善玉菌を増やして便秘解消も期待できます。

また、甘酒のブドウ糖は満腹感を得られる効果があるので、食事の前に玄米甘酒を飲むことで食べ過ぎを防ぐといいですね。

無添加で安心の玄米甘酒は妊婦の方にも良い

無添加の玄米甘酒は妊婦さんにもオススメです。

玄米を糀で発酵させて作った甘酒は、妊婦さんによい理由として、砂糖も使わずノンアルコールで栄養価もあり、無添加なところです。

妊婦さんは、辛いつわりで食べられなくても栄養は必要ですし、妊娠で便秘になったり、肌も荒れたり、塩分と糖分の摂り過ぎや体重を気にしなくてはいけなかったりと、ストレスも多くなります。

ストレスは赤ちゃんと妊婦さんによくありません。

無添加の玄米甘酒はつわりの時の栄養補給や、疲れやすい妊婦生活の疲労回復、多くの妊婦の悩みの便秘解消と改善、免疫力の向上、美肌効果、妊娠高血圧症候群の予防、ストレス解消してリラックスさせる効果などがあります。

つわりで食事ができなくても、栄養価の高い飲む点滴といわれる甘酒を飲むと栄養補給ができます。

また、玄米甘酒にはオリゴ糖や食物繊維が豊富に含まれているので、腸内環境の改善効果で免疫力も上がり、便秘の解消や肌荒れも改善したり、コウジ酸の抗酸化作用で美肌や美白効果も期待できます。

そして、妊婦の必要な栄養の一つの葉酸も含まれていますし、甘酒を飲むことでこれだけの様々な栄養価や効果があります。

無添加の玄米甘酒は産後にも良い

出産後も大変なことはたくさんあります。

出産した後の疲れ、授乳や子育てと慣れないことが多くストレスも増えますね。
そのような時にも無添加の甘酒がよいのです。

産後に甘酒を飲むと、授乳したり食事の摂れない時の栄養の補給、出産や育児の疲れに疲労回復効果、産後に悩む人も多い便秘解消や改善、寝不足の疲れなどの時に必要な免疫向上、忙しくて肌ケアができない時の美肌効果、子育てのストレスを解消してリラックスさせる効果などです。

妊婦の時とだいたい同じですが、産後のママにも嬉しい栄養と効果ですね。

妊娠中でも出産後でも体を冷やすのはよくありませんし、出産後に母乳がよく出るようにするためにも体を冷やしてはいけません。

そのような時には、甘酒に生姜を入れて温めて飲むと、体を温めてくれるのでオススメです。

また、玄米甘酒にはブドウ糖が含まれていて、砂糖などの糖分とは違い体に蓄積されにくいのです。

ただ、飲み過ぎには注意しましょう。

出産後に甘いものが食べたい時は、お菓子などてはなく無添加の甘酒を飲むとよいですね。
そうすれば妊娠中や授乳中に甘いものの食べ過ぎなどによる妊娠糖尿病や乳腺炎の予防にもなります。

玄米甘酒は、老若男女問わず飲めるのでおすすめです

飲む点滴と言われている甘酒には種類がありますが、自然の甘さの甘酒がオススメです。

糀により玄米を発酵させて作る玄米甘酒は、酒粕甘酒と違い無添加ですので、体にとても良いのです。

妊婦の方や出産後のママ、そして小さいお子さんにもオススメです。

たっぷり栄養が摂れるので積極的に飲むといいですね。