オーガニックコーヒーとは?インスタントのおすすめをご紹介

健康ブームの近年は、スーパーなどでも「オーガニック」と表記されている食品が増えてきています。

その中にはコーヒーも含まれ、健康のためにオーガニックコーヒーを購入する方も増えてきているそうです。

では、このオーガニックコーヒーとはどのようなもので、一般的なコーヒーと何が違うのでしょうか。

この記事でご説明し、おすすめのオーガニックインスタントコーヒーのご紹介もします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ラーメンのトッピングに!ボリュームをプラス出来るもやし!

子供から大人まで好きな人が多いラーメン。お店によって、スープを作るうえで欠かせないだしの材料が異...

野菜を冷凍すると、どのくらいの期間保存ができるの?

みなさんは、野菜をどのように保存していますか?常温や冷蔵庫で保存すると、すぐにダメになってし...

タバスコの料理の使い方や種類によりタバスコの緑の使い分け

スパゲッティなどにかけるタバスコですが、いくつもの種類があるのをご存じでしょうか?緑色のタバスコ...

味噌煮込みうどんのレシピは意外と簡単 八丁味噌料理もご紹介

味噌煮込みうどんと聞いて名古屋を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。愛知県の郷土料理と...

味噌は健康と美容に効果的!炒めても煮ても美味しいキャベツ

体に良い調味料と言えば、味噌だということは、ご存知の方も多いのではないでしょうか。それでは、...

醤油おかきは自宅で手作りもおすすめ!様々な作り方をご紹介

醤油は古くから伝わる調味料ですが、香ばしいおいしさだけでなく、ギャバや大豆ペプチドなどが含ま...

どっちを使う?コーヒーに使うマリームやクリープの違いは?

みなさん、コーヒーは好きですか?コーヒーは、毎日の生活の様々なシーンでの「ブレイクタイム」に欠...

おいしく作ろう!生姜と味噌をつかったアレンジおにぎり

おにぎりに生姜と味噌。白米を圧倒しそうな具材ですが、量やその他調味料を加えれば、まろやかでお...

ハーブで無農薬栽培を楽しむ。害虫対策に効くハーブと使い方

自宅で育てる植物は、無農薬で育てたいけれど、害虫対策が苦手という人は多いと思います。そのよう...

朝、水筒に入れたお茶がお昼に変色してしまう理由と対策法

エコや節約などの理由で、水筒を持ち歩く人が増えましたね。水筒の中身の定番は、どんな場面でも飲...

わけぎの味噌和えおすすめレシピは?作り方ポイントのご紹介

わけぎの味噌和えは、食卓の主役ではありませんがつい箸をのばしたくなる一品です。食事の中で...

工夫次第で便利に使えるにんにく味噌!鰹節で旨味をプラス!

にんにくは体に良いと言われていますが、毎日摂るのは大変ですし、臭いも気になりますね。また、に...

にんじん・たまねぎの特徴と栄養!サラダに適した野菜とは?

毎日の食事で、主食と一緒に出されることが多いサラダ・・・。普段何気なく食べていますが、サラダ...

もつ煮込みは味噌味が人気!おいしく出来る作り方のポイント

「もつ」は、低カロリーでコラーゲンが豊富なので、女性に人気の食材です。その調理として、もつ煮...

カツオは刺身?タタキ?カロリーはどれくらい?

初夏と秋口に鮮魚店やスーパーでよく見かけるカツオ。なぜ、その季節になると出回っているのでしょう...

スポンサーリンク

オーガニックコーヒーとは?

目覚めの一杯や仕事がひと段落したときの一杯などに、コーヒーを飲む習慣のある方は多いことでしょう。

コーヒーの飲み方も人それぞれ違い、豆を挽いてから飲む方やインスタントを飲む方などさまざまです。

健康ブームの近年ではオーガニック食品が注目を浴びていますが、コーヒーにもオーガニックコーヒーがあります。

では、一般的なコーヒーとオーガニックコーヒーは何が違うのでしょうか。

まず、オーガニックとは「有機栽培」という意味です。

有機栽培は、農薬や化学肥料を使わずに作物を育てる農業スタイルのことをいいます。

そして、この農薬などを使用せずに育った有機栽培のコーヒー豆を、オーガニックコーヒーと呼ぶのです。

したがって、一般的なコーヒーは農薬などが使われて、オーガニックコーヒーは農薬などを使わずに育ったコーヒー豆に区別されます。

コーヒーの場合は、特にオーガニックのものを選んだほうが良いともいわれていますが、なぜなのでしょうか。

次の項でお話しします。

オーガニックコーヒーをおすすめしたい理由とは?

先ほどもお伝えしたとおり、オーガニックコーヒーとは農薬や化学肥料などを使わずに育ったコーヒー豆のことです。

オーガニックコーヒーであれば、コーヒー豆に農薬が残留している心配がなく飲めるということで、選ぶ方もいます。

コーヒー豆を育てている最中に、コーヒー豆畑の害虫を退治することがあるそうです。

コーヒー豆畑に出てくる害虫をブロッカといい、ブロッカを退治するためにとても強力な農薬を使う農園も多いです。

そのため、コーヒー豆に害虫を退治するために使われた農薬が残留することがあります。

もちろんコーヒー豆の出荷時に残留農薬の量はチェックされますが、少し安全面に不安も感じる方もいるのではないでしょうか。

「健康的にコーヒーも楽しみたい」という方もいるでしょうから、そのような方であれば農薬・化学肥料不使用のオーガニックコーヒーがおすすめといえます。

次の項では、インスタントも含めたオーガニックコーヒーを選ぶ際のポイントについてお伝えします。

オーガニックコーヒーを選ぶときのポイント

オーガニックコーヒーといってもさまざまな種類があるので、どう選べば良いか悩んでしまうかもしれません。

そこで、オーガニックコーヒーを選ぶときのポイントをお伝えします。

ポイントは大きく2つ挙げられ、まず1つめは「焙煎度」で選ぶことです。

コーヒーの味を決めるうえで、焙煎度はとても重要です。

どう焙煎するかでコーヒーの苦みや酸味、甘味など、味わいに違いが出てくるのです。

焙煎の段階は下記の8段階に分かれているので、焙煎の浅い順にご紹介します。

●ライトロースト:豆の青くささが残った酸味がある(ただし、ほとんど飲まれない)

●シナモンロースト:少し青臭い酸味と、香ばしい香りを楽しめる

●ミディアムロースト:酸味が強めで苦みは少なめ、アメリカンコーヒー向き

●ハイロースト:酸味と苦みのバランスが程良い、レギュラーコーヒー向き

●シティロースト:バランスのとれた味わい

●フルシティロースト:酸味が弱く苦みが少し強め、香ばしい香りが特徴的

●フレンチロースト:酸味がなく強い苦みが特徴的で、カフェオレやエスプレッソに向いている

●イタリアンロースト:苦みが濃厚で、豆の表面に脂浮きがある、アイスコーヒー向き

インスタントコーヒーを購入する場合も、どのくらいの焙煎されたかによって味わいも変わりますので、お好みの苦みや酸味などで選んでくださいね。

インスタントも同様!オーガニックコーヒーも豆の銘柄で選ぶと良い?

オーガニックコーヒーを選ぶポイントの2つめは、「豆の銘柄」で選ぶことです。

喫茶店などへ行くと、「コロンビア」や「マンデリン」というような表記がされていることあるように、コーヒー豆には銘柄があります。

どの豆を選ぶかでもコーヒーの味わいが変わりますので、豆の銘柄も選ぶ際は意識してみると良いでしょう。

代表的なコーヒー豆の種類は、以下のものが挙げられます。

●コロンビア:酸味と甘みが強め

●マンデリン:苦みとコクがあり、酸味がない

●キリマンジャロ:酸味が強くコクがある

●モカ:独特の酸味が特徴的

●グアテマラ:酸味とコクがある、コーヒーの香りが華やか

●ブラジル:酸味・苦み・甘味・コクのバランスがとれている

●ケニア:フルーティーな味わいが特徴的

●コナ:強み酸味とコクがある

とはいえ、先ほどお話しした焙煎度によって、それぞれのコーヒー豆の味わいも変化しますので、自分が好きな焙煎度と豆を見つけることが大事です。

インスタントコーヒーも同様ですので、オーガニックコーヒーを選ぶ際は、どのような豆を使ってどのくらい焙煎をしているかも確認しておきましょう。

インスタントでもどのコーヒーを選ぶか悩んだらブレンドがおすすめ!

オーガニックコーヒーを選ぶ2つのポイントについてお伝えしましたが、中には「どれが自分の好みか分からない」という方もいるでしょう。

インスタントタイプを購入する場合でも、もしどのコーヒー豆や焙煎度が自分の好みは分からない場合は、「ブレンド」を選ぶことをおすすめします。

ブレンドとはその名のとおり、前の項でご紹介したコーヒー豆をいくつかブレンドしたコーヒーのことをいいます。

多くの方に飲みやすくブレンドされていることが多いので、悩んだ場合はブレンドを選ぶと良いでしょう。

とはいえ、豆本来の味わいを楽しめるのはストレートコーヒーですから、味のバランスのとれたブラジルなどの銘柄から挑戦してみても良いですね。

これを踏まえつつ次の項では、オーガニックインスタントコーヒーのおすすめをご紹介しましょう。

おすすめのオーガニックインスタントコーヒーをご紹介!

ではここで、おすすめのオーガニックインスタントコーヒーをご紹介します。

【マウントハーゲン:オーガニック フェアトレード インスタントコーヒー】

パプアニューギニア・ペルー・メキシコの有機コーヒー豆をブレンドしたインスタントコーヒーです。

それぞれの豆本来の豊かな香りを楽しめ、少し苦めな味わいですが、さっぱりと飲むことができます。

参考価格は100gで1,184円です。

【マウントハーゲン:オーガニック フェアトレード カフェインレスインスタントコーヒー】

オーガニックインスタントコーヒーには、カフェインレスのものもあります。

上記同様にパプアニューギニア・ペルー・メキシコの豆をブレンドしたコーヒーですが、カフェイン残留率が0.3%未満のカフェインレスコーヒーです。

ゆっくりと丁寧に焙煎しているため、豆本来の香りとコクのある本格的な味わいを楽しむことができます。

参考価格は、100gで1,372円です。

【コロンビアコーヒー生産者連合会:オーガニックマウンテン有機インスタントコーヒー】

オーガニックインスタントコーヒーでは、比較的ブレンドが多いですが、こちらはコロンビアの豆だけを使ったストレートコーヒーです。

豆本来の程良い酸味と甘みを味わうことができ、本格的な一杯を味わえるインスタントコーヒーでもあります。

参考価格は100gで1,078円です。

ほかにもたくさんの種類がありますので、まだオーガニックコーヒーを飲んだことがない方も、健康のために一度オーガニックコーヒーに目を向けてみてはいかがでしょうか。

オーガニックコーヒーを飲んでみよう!

健康ブームの近年では、コーヒーもオーガニックのものを選ぶ方が増えてきています。

まだオーガニックコーヒーを飲んだことがない方も、健康のことを考えて一度試してみても良いかもしれません。

ここで、オーガニックコーヒーの選び方についてお伝えしてきましたので、自分の好みの味わいのものを選べると良いですね。

おすすめのインスタントコーヒーもご紹介しましたので、手軽に飲みたい方はこちらから試してみてください。