オーガニックコーヒーとは?インスタントのおすすめをご紹介

健康ブームの近年は、スーパーなどでも「オーガニック」と表記されている食品が増えてきています。

その中にはコーヒーも含まれ、健康のためにオーガニックコーヒーを購入する方も増えてきているそうです。

では、このオーガニックコーヒーとはどのようなもので、一般的なコーヒーと何が違うのでしょうか。

この記事でご説明し、おすすめのオーガニックインスタントコーヒーのご紹介もします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

味噌煮込みうどんを冷凍うどんで!お勧めレシピをご紹介!

味噌煮込みうどんは、冬に食べると美味しいですよね。その味噌煮込みうどんを、自分のお家でも手軽に...

甘酒には酒粕と米麹の2種があります!その違いをご紹介!

甘酒は飲む点滴と呼ばれるほど、栄養価のある飲みものです。その甘酒は酒粕から作られるものと、米...

うまみアップ!味噌漬けレシピで魚をおいしく食べよう

スーパーマーケットの魚売り場でよく見かける、味噌漬けの切り身魚。ごはんのおかずにも酒の肴にも...

味噌汁の定番具材であるわかめ!その適切な量と作り方とは?

味噌汁の定番具材のひとつであるわかめ。おいしいですが、いざ作ってみると、わかめの塩分で塩っ辛...

果物の栄養別ランキングのご紹介!果物の栄養効果を知ろう!

果物に含まれる栄養はどれも身体に良いものばかりですよね!しかし、果物に含まれている栄養に...

卵は常温で保存するのが正解?!卵の常識を学ぼう!

卵は毎日の食卓に欠かせない食べ物ですね。常に冷蔵庫の中に入っている食材のひとつだと思います。...

電子レンジ圧力鍋を使いチャーシューを時短調理!その味は?

チャーシューが簡単においしく作れる電子レンジ圧力鍋をご存知ですか?煮物を短時間に作れる圧力鍋...

味噌玉におすすめな具材!お弁当にも持っていける?

忙しい朝に大活躍するのが「味噌玉」です。味噌は身体にとっても、良い効果がたくさんありますので...

青梅は冷凍するだけで簡単に甘露煮やシロップが作れます!

青梅の季節になると、スーパーで青梅と一緒に氷砂糖や保存容器が売られていますね。それを使って梅酒や...

とてもヘルシー!電子レンジを使ったバナナチップスの作り方

電子レンジを使って、家庭でもバナナチップスができることをご存知ですか。作り方はとても簡単です...

家庭菜園でトマト栽培!わき芽かきや摘芯・剪定のポイント

家庭菜園で育てた野菜は、一段とおいしく感じますよね。トマトは育てやすく、家庭菜園にもおすすめの...

たまらない組み合わせ!ワインとチーズのカロリーは?

ワインを飲もうと思うと、つまみたくなるのがワインの相棒、チーズです。チーズと一緒にいただくワイ...

お手軽電子レンジで作れる!簡単美味しいおつまみのレシピ

晩酌をするとき、夕飯とは別におつまみを作るのは、なかなか面倒ですよね。しかし、そんなときにぜひ...

かぼちゃの収穫期間はどのくらい?かぼちゃを育てる方法は?

甘くて美味しいかぼちゃ。天ぷらやスープ、煮物など料理のアレンジも様々ですよね。また、ハロ...

柏餅ってどんなお菓子?味噌餡を使ったおすすめレシピ!

端午の節句によく食べる柏餅ですが、どの餡が好きですか?柏餅の餡はこし餡・つぶ餡を食べる人が多...

スポンサーリンク

オーガニックコーヒーとは?

目覚めの一杯や仕事がひと段落したときの一杯などに、コーヒーを飲む習慣のある方は多いことでしょう。

コーヒーの飲み方も人それぞれ違い、豆を挽いてから飲む方やインスタントを飲む方などさまざまです。

健康ブームの近年ではオーガニック食品が注目を浴びていますが、コーヒーにもオーガニックコーヒーがあります。

では、一般的なコーヒーとオーガニックコーヒーは何が違うのでしょうか。

まず、オーガニックとは「有機栽培」という意味です。

有機栽培は、農薬や化学肥料を使わずに作物を育てる農業スタイルのことをいいます。

そして、この農薬などを使用せずに育った有機栽培のコーヒー豆を、オーガニックコーヒーと呼ぶのです。

したがって、一般的なコーヒーは農薬などが使われて、オーガニックコーヒーは農薬などを使わずに育ったコーヒー豆に区別されます。

コーヒーの場合は、特にオーガニックのものを選んだほうが良いともいわれていますが、なぜなのでしょうか。

次の項でお話しします。

オーガニックコーヒーをおすすめしたい理由とは?

先ほどもお伝えしたとおり、オーガニックコーヒーとは農薬や化学肥料などを使わずに育ったコーヒー豆のことです。

オーガニックコーヒーであれば、コーヒー豆に農薬が残留している心配がなく飲めるということで、選ぶ方もいます。

コーヒー豆を育てている最中に、コーヒー豆畑の害虫を退治することがあるそうです。

コーヒー豆畑に出てくる害虫をブロッカといい、ブロッカを退治するためにとても強力な農薬を使う農園も多いです。

そのため、コーヒー豆に害虫を退治するために使われた農薬が残留することがあります。

もちろんコーヒー豆の出荷時に残留農薬の量はチェックされますが、少し安全面に不安も感じる方もいるのではないでしょうか。

「健康的にコーヒーも楽しみたい」という方もいるでしょうから、そのような方であれば農薬・化学肥料不使用のオーガニックコーヒーがおすすめといえます。

次の項では、インスタントも含めたオーガニックコーヒーを選ぶ際のポイントについてお伝えします。

オーガニックコーヒーを選ぶときのポイント

オーガニックコーヒーといってもさまざまな種類があるので、どう選べば良いか悩んでしまうかもしれません。

そこで、オーガニックコーヒーを選ぶときのポイントをお伝えします。

ポイントは大きく2つ挙げられ、まず1つめは「焙煎度」で選ぶことです。

コーヒーの味を決めるうえで、焙煎度はとても重要です。

どう焙煎するかでコーヒーの苦みや酸味、甘味など、味わいに違いが出てくるのです。

焙煎の段階は下記の8段階に分かれているので、焙煎の浅い順にご紹介します。

●ライトロースト:豆の青くささが残った酸味がある(ただし、ほとんど飲まれない)

●シナモンロースト:少し青臭い酸味と、香ばしい香りを楽しめる

●ミディアムロースト:酸味が強めで苦みは少なめ、アメリカンコーヒー向き

●ハイロースト:酸味と苦みのバランスが程良い、レギュラーコーヒー向き

●シティロースト:バランスのとれた味わい

●フルシティロースト:酸味が弱く苦みが少し強め、香ばしい香りが特徴的

●フレンチロースト:酸味がなく強い苦みが特徴的で、カフェオレやエスプレッソに向いている

●イタリアンロースト:苦みが濃厚で、豆の表面に脂浮きがある、アイスコーヒー向き

インスタントコーヒーを購入する場合も、どのくらいの焙煎されたかによって味わいも変わりますので、お好みの苦みや酸味などで選んでくださいね。

インスタントも同様!オーガニックコーヒーも豆の銘柄で選ぶと良い?

オーガニックコーヒーを選ぶポイントの2つめは、「豆の銘柄」で選ぶことです。

喫茶店などへ行くと、「コロンビア」や「マンデリン」というような表記がされていることあるように、コーヒー豆には銘柄があります。

どの豆を選ぶかでもコーヒーの味わいが変わりますので、豆の銘柄も選ぶ際は意識してみると良いでしょう。

代表的なコーヒー豆の種類は、以下のものが挙げられます。

●コロンビア:酸味と甘みが強め

●マンデリン:苦みとコクがあり、酸味がない

●キリマンジャロ:酸味が強くコクがある

●モカ:独特の酸味が特徴的

●グアテマラ:酸味とコクがある、コーヒーの香りが華やか

●ブラジル:酸味・苦み・甘味・コクのバランスがとれている

●ケニア:フルーティーな味わいが特徴的

●コナ:強み酸味とコクがある

とはいえ、先ほどお話しした焙煎度によって、それぞれのコーヒー豆の味わいも変化しますので、自分が好きな焙煎度と豆を見つけることが大事です。

インスタントコーヒーも同様ですので、オーガニックコーヒーを選ぶ際は、どのような豆を使ってどのくらい焙煎をしているかも確認しておきましょう。

インスタントでもどのコーヒーを選ぶか悩んだらブレンドがおすすめ!

オーガニックコーヒーを選ぶ2つのポイントについてお伝えしましたが、中には「どれが自分の好みか分からない」という方もいるでしょう。

インスタントタイプを購入する場合でも、もしどのコーヒー豆や焙煎度が自分の好みは分からない場合は、「ブレンド」を選ぶことをおすすめします。

ブレンドとはその名のとおり、前の項でご紹介したコーヒー豆をいくつかブレンドしたコーヒーのことをいいます。

多くの方に飲みやすくブレンドされていることが多いので、悩んだ場合はブレンドを選ぶと良いでしょう。

とはいえ、豆本来の味わいを楽しめるのはストレートコーヒーですから、味のバランスのとれたブラジルなどの銘柄から挑戦してみても良いですね。

これを踏まえつつ次の項では、オーガニックインスタントコーヒーのおすすめをご紹介しましょう。

おすすめのオーガニックインスタントコーヒーをご紹介!

ではここで、おすすめのオーガニックインスタントコーヒーをご紹介します。

【マウントハーゲン:オーガニック フェアトレード インスタントコーヒー】

パプアニューギニア・ペルー・メキシコの有機コーヒー豆をブレンドしたインスタントコーヒーです。

それぞれの豆本来の豊かな香りを楽しめ、少し苦めな味わいですが、さっぱりと飲むことができます。

参考価格は100gで1,184円です。

【マウントハーゲン:オーガニック フェアトレード カフェインレスインスタントコーヒー】

オーガニックインスタントコーヒーには、カフェインレスのものもあります。

上記同様にパプアニューギニア・ペルー・メキシコの豆をブレンドしたコーヒーですが、カフェイン残留率が0.3%未満のカフェインレスコーヒーです。

ゆっくりと丁寧に焙煎しているため、豆本来の香りとコクのある本格的な味わいを楽しむことができます。

参考価格は、100gで1,372円です。

【コロンビアコーヒー生産者連合会:オーガニックマウンテン有機インスタントコーヒー】

オーガニックインスタントコーヒーでは、比較的ブレンドが多いですが、こちらはコロンビアの豆だけを使ったストレートコーヒーです。

豆本来の程良い酸味と甘みを味わうことができ、本格的な一杯を味わえるインスタントコーヒーでもあります。

参考価格は100gで1,078円です。

ほかにもたくさんの種類がありますので、まだオーガニックコーヒーを飲んだことがない方も、健康のために一度オーガニックコーヒーに目を向けてみてはいかがでしょうか。

オーガニックコーヒーを飲んでみよう!

健康ブームの近年では、コーヒーもオーガニックのものを選ぶ方が増えてきています。

まだオーガニックコーヒーを飲んだことがない方も、健康のことを考えて一度試してみても良いかもしれません。

ここで、オーガニックコーヒーの選び方についてお伝えしてきましたので、自分の好みの味わいのものを選べると良いですね。

おすすめのインスタントコーヒーもご紹介しましたので、手軽に飲みたい方はこちらから試してみてください。