手作り味噌は感動のおいしさ!鍋と入れ物ですぐに作れる!

日本の食卓に欠かすことのできない味噌ですが、身体にいいことは誰しもがご存知ですよね。

味噌はスーパーなどで簡単に入手できますが、手作り味噌を始めたら、そのおいしさに夢中になる人が続出しているそうです。

「味噌を手作りするというと難しいのでは」と思われる人もいるかもしれませんが、仕込みが済めばあとは熟成を待つだけなので、意外と簡単です。

大豆や麹の配合を変えて、自分だけの味噌を手作りしている人もいるようです。

用意する道具も鍋や入れ物があればすぐに作れます。

手作り味噌に挑戦してみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

健康に良い玄米の糖質量は、茶碗1杯にどれくらいあるのか?

体に良いご飯の代表である玄米は精白されていないお米なので、白米にはないさまざまな栄養が含まれていると...

買ってきた袋詰め味噌をおいしく使いきる正しい保存方法

味噌は、日本の食卓には欠かせない調味料ですね。味噌は発酵食品ですので、長期にわたって保存でき...

玄米茶はどんな効能がある?カフェイン含有量はどのくらい?

玄米茶は、その名の通り、玄米を使用したお茶です。玄米茶はカフェインが入っていないと思いの方もい...

北海道・青森の赤飯は甘いって本当?!甘納豆赤飯とは

日本という狭い国の中にも、それぞれの地方独特の食文化がありますね。ご自分の生まれ育った地域...

お米を炊いてご飯になったら、重さは何倍に増えるのか?

近年、食の欧米化が進み、パンを食べる人が増えていますが、ご飯は日本で昔から食べられており、消費量...

体に良い玄米の素晴らしい健康効果!血圧を下げるって本当?

高齢化社会を迎え、食生活の改善に注目が集まっています。中でも日本人の食の根幹とも言えるお...

もやしと枝豆と大豆は元は同じもの?栄養素などに違いは!?

食卓でお馴染みのもやし。ビールのお供に最適な枝豆。対して、納豆やお豆腐など、色々な形...

大豆の煮物の水煮を作ろう!甘いと更に美味しさがアップ!?

小さくて丸くて茶色い大豆。皆さんもよくご存知だと思いますが、大豆には健康増進効果が期待できる...

ご飯を冷蔵庫に入れたときの保存期間と美味しく食べる方法

冷蔵庫に入れたご飯は味が落ちて、パサパサとした食感になります。ですが、毎日ご飯を炊くのは面倒。...

妊婦は玄米ご飯を食べても大丈夫?玄米によるメリットとは?

妊娠したら、お腹の赤ちゃんのために栄養素が豊富に含まれる体に良いものを摂りたい!と皆さん思いますよ...

玄米の研ぎ汁から乳酸菌液を作る!作り方&活用レシピとは?

テレビのCMなどからも耳にすることが多い「乳酸菌」という名称。乳酸菌といえば、整腸作用の効果...

玄米を精米するときの精米比率によって栄養素が変わる!?

健康志向の方で、玄米を取り入れている方は多いですよね。玄米はとても栄養価が高いことで知られてい...

玄米を圧力鍋を使って炊く時の水の量はどのくらいがいいの?

玄米は体に良いけど、ポソポソした硬い食感がイヤというかたも多いですよね。しかし、圧力鍋を使え...

味噌と牛乳のスープ!自分好みの混ぜ合せで驚くおいしさに!

味噌と牛乳を入れたスープを作ったことはありますか?「おいしそうだけど、自分ではうまく作れない...

味わい深い!料理の幅を広げる味噌だれのレシピが人気です!

家で料理をする方は、味噌をどのように使っているでしょうか。やはり味噌汁でしょうか。味噌は...

スポンサーリンク

地域に根付いた味噌は歴史ある調味料

日本の食卓に欠かせない調味料のひとつである味噌。

どこのご家庭でも、味噌ケースやパックの入れ物で常備してあるのではないでしょうか。

料理の基本「さしすせそ」の「そ」として日本の家庭料理を古くから支えてきました。

伝統食品としての歴史も古く、鎌倉時代にはご飯と味噌汁という献立が確立し、江戸時代には庶民の食卓に浸透していたといわれています。

味噌には大きく分けて4つの種類があります。

●米味噌

米・大豆・塩で作られます。

一般的な味噌は米味噌を指します。

●麦味噌

麦・大豆・塩で作られます。

九州や四国、中国地方でよく使われています。

●豆味噌

大豆・塩で作られます。

東海地方、主に愛知県の周辺でよく使われています。

●調合味噌

米味噌・麦味噌・豆味噌の中から2種類以上を調合したものです。

もしくは、2種類以上の麹を調合して作られたものを指します。

ここからさらに塩分量や麹の量、色などによって白味噌・赤味噌・甘口味噌・辛口味噌などに分類されます。

産地によって甘さや辛さ、味わいが異なるので、食べ比べてみるのも楽しいです。

このように、地方や地域によってさまざまな種類があるのが味噌の特徴です。

日本の「ご当地グルメ」がバラエティ豊かなのは、味噌のバラエティが豊かであることも影響しているのかもしれませんね。

そんなご当地色が強い味噌ですが、「手前味噌」という言葉がある通り自分だけの味噌を手作りするという人が増えているようです。

手作り味噌を始めよう!鍋と入れ物ですぐに作れる!

「健康を作るのは食事から」という考え方が広まり、素材から食にこだわる人が増えているといわれています。

手作りの良さが見直されている中、大豆・麹・塩という3つの材料だけで作れる味噌を手作りするのがひそかなブームになっているようです。

味噌の奥深い味わいから「手作りするのは難しそう」と思われる人もいるかと思いますが、作り方はシンプルです。

奥深い味わいは発酵によって生み出されるため、仕込みをすればあとは待つだけです。

道具と材料を準備したら、すぐにでも作り始められますよ。

それでは、道具から見てみましょう。

【道具】

・鍋もしくは圧力鍋
・大きめのボウルなど(材料を混ぜ合わせるため)
・マッシャーやフードプロセッサー(大豆を潰すため)
・はかり
・入れ物(保存して熟成させる)
・重石

大豆は水を吸うと2~3倍ほどに膨らむため、鍋は大きめのものを用意してください。

大きめの鍋がない場合は、2回に分けて煮るという方法もあります。

大豆を潰す道具はマッシャーやフードプロセッサーがありますが、ない場合は手や足を使って潰すこともできます。

瓶などを使って潰すこともできますので、わざわざ用意せずに工夫して潰しましょう。

保存・熟成のための入れ物は、さまざまなものがありますが、初心者であればジッパー付き袋やタッパーがおすすめです。

道具の準備ができたら、次に材料です。

手作り味噌の基本の材料は割合で覚える!

さきほど、手作り味噌の材料は3つだけとお話しした通り、味噌は大豆・麹・塩というシンプルな材料でできています。

材料は割合で覚えておくと楽です。

大豆と麹を「1:1」の分量で用意します。

そして、塩はその総量の2割です。

具体的な分量を例に出してみます。

【材料】

・大豆 500g
・麹 500g
・塩 200g

大豆と麹が500gずつ、トータルで1kgなので、塩はその2割の200gです。

この割合を守れば少量からでも作れますので、少人数の家族や「試しに作ってみたい」というときにも作りやすいです。

入れ物も小さめのもので大丈夫なので、キッチンが狭いご家庭でも挑戦しやすいです。

これが基本の味噌ですが、慣れてきたらお好みで麹や塩を増やして自分だけの味噌を作ってください。

大豆や麹で味噌の味はかなり変わります。

初心者におすすめなのは、自分の生まれ育った地元の材料を使うことです。

地元の材料であれば、子どもの頃から慣れ親しんだ味になるはずです。

仕込みは簡単!手作り味噌の作り方

道具と材料が揃ったら、手作り味噌に挑戦しましょう。

【作り方】

①大豆を洗い、たっぷりの水に一晩浸けます。

②大豆を鍋に入れて強火で熱し、沸騰したら弱火にします。

大豆が柔らかくなるまで2時間ほど煮ます。

③大きめのボウルに麹と塩を入れよく混ぜ合わせておきます。

④煮あがった大豆をマッシャーやフードプロセッサーで潰して、人肌まで冷まします。

⑤麹と塩が入っているボウルに、潰した大豆を加えてよく混ぜ合わせます。

⑥大豆のゆで汁を適量(分量外)加え、おだんごにできるくらいの硬さにします。

⑦⑥をすべておだんごにします。

⑧消毒した入れ物に、空気が入らないようにおだんごを詰めていきます。

プラスチック容器などの硬い入れ物であれば、投げ入れて空気を抜きます。

ジッパー付き袋の場合、1段ずつ手で押さえ付けて隙間ができないようにしてください。

⑨詰め終わったら、表面に塩(分量外)をひとつまみ振ります。

⑩入れ物のふちや側面などをアルコール消毒し、空気が入らないようにラップをします。

⑪重石をのせます。

重石は雑誌やペットボトルなどでもOKです。

⑫フタをして風通しの良い冷暗所で熟成させます。

半年から1年程度で手作り味噌の出来上がりです。

手作り味噌で気をつけよう!入れ物のカビ対策と熱

味噌を手作りするときに、気をつけてほしいポイントをお話しします。

●カビ対策

味噌は発酵によって熟成されるため、カビが大敵です。

入れ物は清潔に、衛生管理をしっかりしましょう。

●よく混ぜる

材料はよく混ぜ合わせることが大事です。

混ぜムラがあると発酵にもムラが出てしまいます。

●しっかり冷ます

大豆を潰したらすぐに麹と混ぜ合わせたくなるかもしれませんが、必ず冷めるまで待ってください。

麹菌は熱に弱く、熱い大豆と混ぜ合わせてしまうと発酵ができなくなる恐れがあります。

●空気を抜く

入れ物に詰めるときは、しっかり空気を抜きます。

空気が入るとカビが生える原因になるためです。

もし熟成中にカビが生えた場合は、その部分を取り除けば大丈夫です。

慣れてきたら味噌の入れ物にもこだわろう

簡単に味噌の手作りの仕方についてお話ししてきました。

手作り味噌を何度か作っていると、入れ物も凝りたくなるものです。

ジッパー付き袋やタッパーでは味気ないですよね。

ここでは、手作り味噌におすすめの入れ物をご紹介します。

●野田琺瑯

ホーロー製品で定番の野田琺瑯は、手作り味噌に最適と評判です。

サイズや形も豊富で、量や使い勝手に合わせて選ぶことができます。

ホーローは耐食性や強度にすぐれ、においが付きにくく衛生的です。

難点は重いことですが、少量の味噌を作るのであれば問題ありません。

見た目もおしゃれで、キッチンや冷蔵庫に置いてあるだけで気分が上がります。

●富士ホーロー

同じくホーロー製で、もうひとつおすすめなのが富士ホーローです。

デザイン性が高く、カラフルなシリーズや花柄、北欧風の柄などバラエティ豊かです。

白だとシンプル過ぎると感じる人にはこちらがおすすめです。

●常滑焼 梅壺

まさに昔ながらの味噌といった味わいなのが陶器のかめです。

陶器は外気温に影響されにくく、昔から保存食品の入れ物として使われてきました。

味わいのあるたたずまいに、味噌作りのやる気もアップすることでしょう。

ただ、とても重いので取り扱いには注意が必要です。

手作りだからおいしさに感動する

半年から1年もの間熟成させた手作り味噌が、おいしく出来上がったときの感動は格別です。

仕込みそのものは簡単というのも良いですね。

毎年違う大豆や麹で仕込んで、食べ比べて楽しむのもおすすめです。

材料を揃えるのが面倒であれば、材料がセットになっている手作り味噌セットもありますので、そこから始めてみても良いですね。