食生活改善でニキビをなくす!そのため摂りたいビタミンは?

ニキビをなくすためには肌に合ったスキンケア用品を使うことと一緒に、いつもの食生活改善も必要のようです。

食べ物とニキビは直接的につながりを感じるのは難しいですが、含まれる栄養素によってできにくくする体質にもなります。

そのために、美容によいと言われるビタミンは、どのような摂り方が効率的か、どんなことを重視すればよいかについて確認してみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

糖分を取りすぎると頭痛がしてくる!?玄米食でよく出来る?

###糖分を取りすぎると体がおかしくなるかもしれないというお話。特に頭痛が引き起こされる可能...

カロリーオフのお菓子を手作りしよう!糖尿病の方もOK?

日本人の5人に1人は糖尿病の気があるといわれるほど、糖尿病は身近な病気です。糖尿病で糖質制限...

白身だけ食べれば健康に良い?卵のカロリーと栄養とは!?

私たちが毎日食べている卵は、カロリーやコレステロールが高いというイメージを、強く持たれています。...

女性のいつものお昼ご飯!摂取カロリーや食事内容の理想は?

いつものお昼休憩の時間になると「今日は何食べよう」と考えながら食堂や外に出かけます。また、節...

糖分を取りすぎると身体がだるい!?砂糖には依存性がある!

砂糖が多く含まれている、お菓子やジュースなどを頻繁に摂取している人は、身体がだるいなどの症状が多く見...

料理などで砂糖を使わない「砂糖断ち」体への効果がすごい!

砂糖は、料理やお菓子に欠かせないものですよね。しかし、白砂糖はとても依存性が高いって知っ...

一人暮らしで食事を作るのはめんどくさい!解決する方法は?

実家にいるときは、何も言わないでもご飯の準備ができていましたよね。しかし、実家を離れて一人暮...

トランス脂肪酸を含まない油を選んで健康生活を送りましょう

心血管系疾患リスクや、その他の健康被害に影響を及ぼすことが懸念されているトランス脂肪酸。欧米...

1日に摂取するカロリー量ではなく消費するカロリーを300に!

1日にわずか300キロカロリーしか食べない過激なダイエットで、3か月に10キロ以上痩せられると話...

200kcalのカロリーを消費をするためにできることとは?

体型維持には運動が欠かせないといいますが、どのくらいの運動量が必要かご存知ですか。仮に、20...

夏場は特に傷みやすい!味噌汁の保存方法と賞味期限とは!?

夏の暑い日が続く中、前の晩に作っておいた料理が、朝になったら傷んでいた!なんて経験ありませんか?...

お米の臭いが変わって黄色く変色してしまった!食べられる?

炊飯器にご飯を保温状態で置いてしまい、蓋を開けたら臭いがいつもと違ったり、お米が黄色く変色してい...

ピーマンや人参やじゃがいもを子供に食べてもらうには?

子供の成長を願う親にとって子供の食事は本当に大切な問題ですよね。子供の好き嫌いをどうやってなくし...

塩少々って何g?レシピの調味料の表記を理解しよう

お料理を始めると、レシピの読み方が難しく感じるかもしれません。塩少々、ひとつまみ、適宜、適量....

子供の栄養ドリンク。何を飲ませれば良いのか悪いのか?

子供の成長には、栄養が必要です。そんな子供に栄養がある飲み物として何を飲ませれば良いのでしょう...

スポンサーリンク

食生活改善で本当にニキビはできなくなるの?

ニキビができると一番に考えるのは「洗顔料が肌に合わないのかな?」ということですよね。

このように、まず肌の外側からのお手入れの仕方を思い浮かべがちですが、実は肌の内側からの影響も強いようなのです。

そのため食生活改善をして、ビタミンなどの栄養素を摂り入れることで、ニキビに悩まないように努力してみましょう。

ニキビができやすい人は、ケーキやスナック菓子が大好きということはないでしょうか。

よく食べる人の場合、脂質や糖質を摂り過ぎになってしまい、皮脂の分泌が過剰になり過ぎて、ニキビができやすい肌になるのです。

脂肪分と言えば肉類を思い浮かべますが、バターやチーズなどに含まれる乳脂肪分を摂ることも同様です。

チョコレートやアイスクリームなどは、甘さの方が気になるお菓子ですが、乳脂肪分も含まれていることになります。

ニキビができやすい人は、このような食品を多く摂らないように注意して、ビタミン、ミネラル、食物繊維など、栄養素を多く摂れる食品を食べましょう。

そういった食生活改善をしていくと、ニキビや肌荒れで悩むことが減ることになるでしょう。

ニキビに効く!そんなビタミンはある?

ニキビは思春期の人にも、肌荒れで悩む成人の人にとっても嫌なものですね。

そのためニキビができないように食生活改善をしたいですが、ビタミンが効くという噂は本当でしょうか。

実はこの噂は本当で、ニキビができないようにするためには、ビタミンB群を多く摂るように心がけることが大切です。

ビタミンB群は脂質、糖質などの代謝を活発にし、ニキビができにくい肌の状態にする働きを持ちます。

特にビタミンB2は、他にもタンパク質の代謝にも必要な栄養素になり、体内で大活躍するものなのです。

そのため不足しやすくなるので、毎日の食事の中で意識的に摂っていかなければいけない栄養素です。

そうしなければ、ニキビができやすい脂っぽい肌になってしまいます。

ビタミンB2が多く含まれる食品は、レバー、卵、牛乳などの他にも、納豆やサバを始めとする青魚にも豊富に含まれます。

ビタミンB群はB1、B6などの他にも色々とありますが、組み合わせて摂ることで、体内での吸収がよくなることになります。

食生活改善が必要なニキビができやすい悪い習慣とは?

ニキビで悩まないようにするためには、避けた方がよい習慣があります。

まずニキビができやすい人は、脂質や糖質を多く摂る習慣があり、ビタミンB群が不足しがちになります。

そして、肌の乾燥や保湿が足りないことが原因となっているように、表面的な肌のお手入れによるものもあるでしょう。

それに、体内に摂り入れる食べ物が偏っている場合にもニキビはできやすくなります。

食べ物に好き嫌いが多く、ビタミンや食物繊維などの栄養素が摂れていない人は要注意です。

また、インスタント食品やジャンクフードと呼ばれる、栄養素を摂れる量が少ない食べ物が好きな人も、ニキビはできやすいでしょう。

こういった食べ物は、含まれる脂肪分がとても多いのですが、栄養素が入っていないという点が気になるところです。

特に、ニキビができやすい10代の人は、そういった食べ物を好む傾向があるため、控えるように食生活改善をすることがおすすめです。

ニキビ予防のため食生活改善で摂り入れたい大豆イソフラボン!

ニキビのない肌にするためには、ビタミン以外にも注目をしたい栄養素があるため、食生活改善に摂り入れたいです。

それが豆乳、納豆、豆腐など大豆製品に含まれる大豆イソフラボンです。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに近い働きをするものとなり、ホルモンバランスを整える働きを持ちます。

ホルモンバランスが乱れると、大人ニキビができることになります。

特に、ハンバーガーやスナック菓子などが好き、また脂質の摂り過ぎがあるわけでもない、という場合は注目をしてみましょう。

栄養バランスの偏りや、ホルモンバランスの乱れから、ニキビにつながっていることもあります。

そんな時には大豆イソフラボンの入った食品を食べ、女性ホルモンが正しく働くようにしてみましょう。

新陳代謝がよくなって肌の皮膚が新しくなり、ニキビが治りやすくなります。

10代の思春期の世代の人のニキビも、ホルモンバランスの乱れから起こる場合があるため、大豆イソフラボンの入った大豆製品は積極的に摂りましょう。

ニキビにはストレスも大敵!摂りたいビタミンとは?

ニキビはストレスを感じると男性ホルモンが増え、皮脂の分泌が活発化して現れることになります。

また、女性ホルモンが減ると、イライラする気分も高まるため、ストレスを減らす点からも、大豆イソフラボンを積極的に摂りましょう。

ニキビができないように、食生活改善をする上で大切なのはビタミンです。

ストレスを減らすために摂りたいビタミンに注目すると、ビタミンA、B群、Cがぜひ摂り入れたい栄養素となります。

ストレスは免疫力を低下させて、ニキビなどの肌荒れが起きやすくなるので、ビタミンAはぜひ摂るようにしたいです。

ビタミンAは緑黄色野菜やうなぎ、レバー、卵などに多く含まれています。

そしてストレスを感じた時、疲れを回復させるためには、ビタミンB群の中でも、特にB1やB6などの栄養素をしっかり摂りたいです。

ビタミンB1は豚肉、うなぎ、玄米などに多く含まれます。

ビタミンCも肌を美しく保つために摂りたい栄養素ですが、ストレスのことを考えた場合にも摂り入れましょう。

体がストレスに向き合うためには、ビタミンCは抗ストレスホルモンの分泌のためにとても重要で、不足しがちになる栄養素です。

ビタミンCの多い柑橘類やキウイ、ブロッコリーやパプリカなどをたくさん食べるようにするとよいでしょう。

ニキビに効くビタミンの効果的な摂り方とは?

例えば、ニキビができないように食生活改善をする場合、抗酸化作用のあるビタミンCはぜひ摂りたい栄養素です。

しかし、ビタミンCは2、3時間というとても短時間の間に、体内から排出されてしまうものでもあります。

果物や野菜に豊富に含まれる栄養素ですが、ビタミンCのことを考えると、どんどん食べていきたいです。

また、ニキビをなくすためには、ビタミンB群は積極的に摂りたい栄養素です。

ところが、水に溶けやすい水溶性ビタミンとなり、加熱にも弱いという特徴があります。

スープなどで使うと、丸ごと栄養素を体内に入れられますが、加熱時間には注意をしましょう。

また、ビタミンの中でも注目のビタミンB2は、レバー、卵、ブリなどに豊富に含まれることになります。

特にレバーはきちんと加熱しながらも、火を通し過ぎないようにすることも大切です。

そう考えると同じビタミンB1でも、温めずに食べられる食品から摂る方が、効率がよいと言えます。

うなぎ、アーモンド、チーズなどの乳製品、納豆などに含まれるので、積極的に食べるようにしたいです。

食生活改善でニキビをなくすにはビタミンB群やCを摂りましょう

ニキビをなくすためには、脂質や糖質の摂り過ぎに注意をして、バランスのよい食事をするように食生活改善をしましょう。

そのためには、ニキビのない肌につながるビタミンB2を始めとするビタミンB群、ビタミンCなどを特に積極的に摂るようにしてください。

そして、ストレスともつながるニキビなので、大豆イソフラボンなども体内に摂り入れながら、ホルモンバランスを整えることも目指しましょう。