玄米は炒る方が良いと聞いた!すぐに炊くよりなぜ良いのか?

発芽玄米は、そのまま炊くことをしても大丈夫です。

しかし、玄米は、健康に良さそうで、実は手間暇がかかるのです。

まず、水に浸します。

それから炒る必要があります。

玄米というと、栄養たっぷりで健康に良いというイメージがありますよね。

事実、栄養価は高いのですが、実はとある成分も含まれています。

その成分を抜く必要があるのですが、それに手間がかかります。

それでも玄米は、近年とても人気が高いですよね。

今回は、その秘密に迫ります。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

人気の玄米!だけど無農薬でも安いと危険?安全の見分け方

環境問題の観点や健康志向の高まりで、無農薬で作られた玄米が人気です。そんな体にいいものを少し...

玄米や雑穀米を妊婦は食べてもいいの?メリットはあるの?

妊娠中は自分自身の身体やお腹の赤ちゃんのために気をつけなければならない食べ物が増えますよね。...

食事に添えて簡単に取れる、味噌玉の具におすすめの食材

味噌玉という言葉を耳にしたことがあるでしょうか?味噌玉はとても簡単に作れますし、味噌玉を...

ハードパンを家で作るときに簡単に楽しむコツを紹介します!

ふわふわな生地のパンも、もちろん美味しいですが、外はパリッとした生地に小麦の香りが立つハードパンも美...

即席のインスタント味噌汁は健康や栄養面はどうなの?

一般的に、味噌などの発酵食品は身体にいいとされていますね。味噌汁といえば、お湯を注ぐだけで簡単...

豆腐の栄養・効果とは?豆腐の味噌漬けやデザートの作り方!

豆腐は日本の古くからある食材で、現代でも幅広く料理に使用されていますよね。そんな豆腐の栄養素や...

炊き込みご飯の栄養価は?冷凍保存の仕方とアレンジ法

炊き込みご飯は、沢山の具材が入っていて、作っても楽しく美味しいですよね。ここではその種類や栄...

玄米で作る毎日食べても飽きない炊き込みご飯の人気レシピ

玄米が身体に良いというイメージは、誰もが持っていますよね。しかし、「玄米はおいしくなくて飽き...

日本人の大好きなお米が銀シャリと呼ばれる意味とそのルーツ

私たち日本人の大好きなお米ですが、何故白米のことを”銀シャリ”と呼ぶのでしょうか?お寿司屋さんで...

玄米の効果とは?コレステロール値が下がるって本当?

「玄米は白米よりも健康的」・・・そう聞いたことがある方はいるのではないでしょうか。玄米はコレス...

焼きたてのパンに賞味期限はあるの?長期保存はできるの?

朝食やおやつ、軽食まで、幅広く食べられているパン。ホームベーカリーで、焼きたてのパンを楽しむ...

玄米に混ぜる水や白米の量の割合を知っておいしく食べよう!

玄米ご飯を炊いてみたいのに、上手く炊ける自信がない人は必見です。混ぜる水や白米、他の具材の割...

お米好きのためのお米30キロの値段!最もお得な方法をご紹介

日本人なら毎日の食事に「お米」は欠かせないですね。スーパーでは、お米1袋が10キロ、約4,0...

自家製味噌を作ってみよう。天地返しはしないとどうなる?

味噌汁・味噌炒め・味噌漬けなど、味噌はいろんな料理に使います。スーパーや専門店などでも、た...

北海道・青森の赤飯は甘いって本当?!甘納豆赤飯とは

日本という狭い国の中にも、それぞれの地方独特の食文化がありますね。ご自分の生まれ育った地域...

スポンサーリンク

玄米は炊く前に炒る?玄米が持つ成分の謎

玄米は、よくスーパーなどで売られていますが、注意しなければなりません。

炊く前に炒ることをしないと、アブシジン酸という成分により、ミトコンドリアを傷つけてしまうことになります。

なぜ、玄米にアブシジン酸という体に良くない成分が生まれるのでしょう?

通常玄米やその他の植物は、動物に食べられないようにするためか、あるいは栄養成分が逃げ出さないようにするためにアブシジン酸を発生します。

そうすると、動物に食べられないようにすることができるのです。

ところで、ミトコンドリアを傷つけられると、どういうことが起こるのでしょうか?

「細胞エネルギーの工場」と呼ばれているミトコンドリアが傷つけられると、低体温になり、不妊やガンの元になるといわれています。

また、フィチン酸という成分も併せ持っています。

フィチン酸は、アブシジン酸と同様、発芽毒と呼ばれています。

フィチン酸は、体のミネラルを排出してしまうという困った作用を持っています。

これをキレート作用と言います。

しかし、キレート作用には良い効果もあり、体に溜まった重金属や、放射性物質を便にして排出してくれます。

妊婦の方は特に注意して、玄米を食べて良いか医師の指示に従ってください。

しかし間違えないでください。

玄米は決して悪者ではありません。

そうでなければ、玄米が普及するはずがありません。

玄米は炒る、炊くという手間がかかるのに人気がある理由

玄米は、炒る、炊くといった手間がかかるのに、食べられている理由はおそらく知られているはずです。

栄養価が、白米よりずば抜けて高いからです。

玄米は「完全栄養食」と呼ばれるほどビタミン、ミネラル、食物繊維などを豊富に含んでいます。

白米100gと玄米100gとでは、天と地の差です。

昔の人が「一汁一菜」でも健康でいることができた理由は、玄米を主食としていたからです。

しかし、玄米は食べるのに時間がかかるうえ、現代人は食べ物に時間を費やす時間が短いです。

その理由で流行っているのが、少し発芽させた「発芽玄米」です。

発芽玄米なら、炒るということをせずとも、体に良くない成分が消され、食べられる状態になっています。

つまり、そのまま炊くことができます。

発芽玄米なら、玄米とほぼ同じくらいの栄養価を持っていますので、発芽毒が心配な人は発芽玄米がおすすめです

玄米を炒る方法とは?

アブシジン酸などの成分を消すためには、玄米を炊く前に、まず炒る、ということをしましょう。

良くない成分が出ないようにするために大切なことです。

玄米をフライパンで炒めて、アブシジン酸を無毒化することを「死活化」といいます。

死活化させる方法は、簡単です。

200℃くらいに熱したフライパンに、10分程玄米を炒るのです。

これだけで、アブシジン酸は機能を失います。

この後は普通に炊飯器で炊けば大丈夫です。

しかし、問題があります。

それは、おいしさを失っていることです。

おいしくない、それは、食べるうえでかなり大きな問題です。

健康に良いからまずいものを食え、と言われても、よっぽど特殊な条件でもない限り、食べる気は起きないでしょう。

どうしても食べられないという場合は、白米と混ぜて炊いてみると食べやすくなります。

おいしくないものは、なかなか続かないものです。

まずは白米の比率を多くして、慣れてきたら徐々に玄米の比率を増やしていきましょう。

玄米に慣れてしまえば、玄米もおいしく感じるはずです。

玄米の良いところとは!

玄米の良いところを5つ挙げましょう。

まず一つに、食物繊維が豊富だということです。

玄米1食分につき、キャベツ120gに相当します。

便秘解消におすすめです。

2つ目は、ダイエットに効果が期待できます。

こちらも食物繊維と関係していて、腹持ちが良くなるのです。

食物繊維が豊富ということはよく噛むので、満腹中枢を刺激します。

また、血糖値の急上昇を防ぐ、低GI食品でもあります。

3つ目は、糖尿病のリスクが下がります。

低GIであることもそうですが、様々な研究結果からそういわれています。

4つ目は、あらゆる重大な病気に対しての危険性を下げる効果が期待できます。

あらゆる重大な病気というのは、脳梗塞や脳卒中、心筋梗塞、それだけではなくガンなども含んだ、とても大変なガン・循環器疾患の予防になるといわれているのです。

5つ目は、アンチエイジングに繋がります。

それというのも、ビタミンEを豊富に含んでいるからです。

ビタミンEは、細胞の酸化を防いでくれますので、老けを促進させない効果があります。

また、その他ビタミン類も働きかけ、美肌に繋がります。

このビタミン類は一部を除いて、炒ること、炊くことをしても壊れません。

簡単!玄米を炊飯器で炊く方法

まず玄米を炊く前に、200℃で10分程炒ることを忘れないでください。

その後、玄米を洗います。

玄米をごしごしと洗う必要はありません。

拝み洗いと言って、優しく、玄米についている汚れやごみを落とす程度で良いのです。

拝み洗いを2~3回繰り返します。

洗い終えたら、ざるに移して水分を良く切ってください。

この後、炊くことをしますが、もし炊飯器に玄米を炊くボタンがあるなら、玄米用の水の量も釡に印がついているはずです。

印を参考にしましょう。

玄米と水を入れたら、2~3時間つけておきます。

それから、炊飯器のスイッチをいれ、玄米ご飯を炊いてください。

玄米を炊くボタンのない炊飯器の場合は、水につける時間が7~8時間は必要です。

前日から用意しておくのが良いでしょう。

水の量は玄米の量に対し、大体1.5倍で良いでしょう。

少しずつ、自分の好みの水加減に変えていくと更に良いです。

なぜ水をつけておくかというと、玄米のごわごわ感を少しでも和らげるためです。

もう一つポイントがあります。

もし玄米が少し苦くて、苦さがダメなら、炊く前に一つまみ塩を入れておくと良いです。

苦さの原因は、玄米が持つカルシウムのせいなので、塩がそれを和らげてくれます。

玄米を家族でおいしく食べよう

玄米を炒ること、そして炊くことの理由を知っていただけたでしょうか。

そこで、さらに安心して玄米を食べていただけるよう、ちょっとしたデメリットについて触れてみようと思います。

しかし、心配しなくても大丈夫です。

これらのデメリットは、簡単に覆すことのできることばかりです。

まず、玄米にはフィチン酸が含まれているので、ミネラルが逃げていってしまうと書きましたが、それ以上に玄米はミネラルが豊富です。

ちなみに、玄米に含まれているのは、フィチン酸ではなく、フィチンで、フィチンはすでにミネラルと結合している状態なので、ミネラルを体から奪うことはありません。

次に、玄米には、残留農薬が多いといわれています。

心配でしたら、無農薬玄米を買いましょう。

これで、問題はクリアです。

後は、腹持ちが良い分、消化が悪いことですが、胃腸の弱い人は、控えた方が良いかもしれません。

もし、もう一つデメリットを書き加えるなら、あまりおいしくないということです。

これはもう、食べ慣れるしかありませんね。

玄米を炊き込みご飯にするなど、食べ方も色々と工夫してみましょう。

玄米の魅力は栄養価の高さ

玄米の良いところと言えば、「完全栄養食」と言えるほどの、高い栄養価です。

アブシジン酸やフィチンと言った成分もありますが、正直、古来から食べられていて、現代もアブシジン酸やフィチンで亡くなった人の話はきいたことがありません。

ただ、妊婦の方は、きちんと担当医師と相談した方が良いかもしれません。

慣れればおいしくなってくる玄米を食べてみましょう。