食生活改善で栄養バランスUP!白髪の原因とストレスの関係

20代、30代の人が、ある日突然、白髪を見つけてしまうとショックを受けますね。

まだ若いのにどうして、と悩んでいませんか?

頭皮の悩みは、中高年になってからというイメージがありますが、20代でも白髪や抜け毛で悩む人がいます。

逆に50歳を過ぎても、白髪も抜け毛もないという人もいます。

どうして、そんなに違うのでしょうか。

食生活改善をすれば、悩みは解決するのでしょうか。

今回は、食事と白髪とストレスの関係についてご紹介しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

夜にお菓子を食べたい人は手作りお菓子でカロリーオフ!

残業した日に、何か甘いお菓子を食べてリラックスしたいと思う日はありませんか?近頃はコンビニで...

気になる!保育園で1歳児はどんな食事を食べているのか?

保育園に1歳児を預けている方、自宅ではどんな食事をしていますか?今はベビーフードも充実しているの...

カロリーゼロは万能ではない!どんな食品でも摂りすぎに注意

カロリーゼロの食品を利用したことがありますか。小腹が空いているけれど、太りたくないという人の...

外食メニューはバナナ5本のカロリーより高い?低い?

暑い夏ですが、水着を着るためにカロリーを抑えたダイエットを検討されている方も多いのではないでしょう...

コーヒーの1杯って何ccぐらいなのでしょうか?

今や日本の食文化に欠かせなくなったコーヒーですが、その1杯分の量は何ccくらいなのか?お店によっ...

トランス脂肪酸が含まれたマーガリンの代用となるものは何?

パンに塗るのに欠かせないマーガリン。そのマーガリンには、健康に悪影響を及ぼすといわれるトラン...

離乳食に使う出汁は市販の大人用と同じ出汁ではダメなの?

初めてのお子さんの時には離乳食はすごく悩みますよね。離乳食なので、「薄味」が良く、その為に出汁...

チューブタイプのバターに含まれるトランス脂肪酸への疑問

チューブタイプのバターと聞くと、いつもは固く感じがちなバターが、使いやすくなったものかなと思われ...

血圧の標準的な数値はいくつなの?読み方がよく分からない!

病院に行って血圧を測っているけど、読み方が分からないし標準的な数値も知らない…そんな方も多い...

オーガニックフードで健康体!どんな利点・欠点がある?

「オーガニックフード」と聞くと、なんだか身体に良さそうな気がしませんか?近年では、オーガニック...

一日のカロリーはどれくらい?男性と女性の摂取量は?

ダイエット中の方や体重制限中の方は、カロリーを気にしておられると思います。一日あたりや一食あた...

脂質とカロリー、どっちに気をつければいいの?糖質は?

ダイエットには、脂質やカロリーの制限が必要不可欠だと思います。しかし、これらのどっちに特に気をつ...

グリーンスムージーと牛乳で作る低カロリーバランスドリンク

最近は、コンビニでも見かけるようになったグリーンスムージー。野菜不足の解消や、ダイエットのた...

トランス脂肪酸が多いとされるマーガリンの含有量について

健康を守りたい世間の風潮の中で、トランス脂肪酸は「悪者」として扱われています。そんな中で...

トランス脂肪酸が不使用のマーガリンは本当に健康に良い?

トランス脂肪酸といえば、体に悪いというイメージが強く、なるべく不使用に近いものを使いたいです...

スポンサーリンク

食生活改善で白髪とストレスを軽減

白髪や抜け毛は、人の年齢を上に見せてしまいます。

30代でも髪が黒々としている人と、白髪交じりの人では、白髪交じりの方が10歳くらい上に見られてしまいますね。

ドラマの中で同じ役者が、年齢の違う役を演じる時に、一番に変えるのが髪の色ですね。

抜け毛も同じです。

少しでも若く見せたいために、白髪を染めをしたり、抜け毛の部分を増毛や植毛をする人もいます。

どうして髪は白くなるのでしょうか。

よく、薬を飲んでいたり栄養不足、ストレスがたまると白髪になると言われます。

栄養不足で白髪になるなら、食生活改善をすると白髪の悩みを解消できるということですね。

ストレスはどうなのでしょうか。

私たちは、日々ストレスにさらされて生活をしています。

ストレスを感じることなく生きることができるなんてありえません。

いくら食生活改善をしても、ストレスをためていたら効果はないのでは、と不安になります。

しかし、食生活そのものもストレスの原因になることがあります。

食生活とストレス、白髪は無関係ではないようです。

それでは、食生活改善をどのようにすれば白髪にならず、ストレスをためることを軽減できるのでしょうか。

たんぱく質を摂って白髪とストレスを改善

まず、髪の原料となるのはたんぱく質です。

たんぱく質は、人の身体全体を作りますので、しっかりと摂ることが大切です。

肉は太る、チーズやクリームは脂肪が多いと敬遠する人もいます。

たんぱく質が不足すると、筋肉どころか、血液や髪の毛を作ることもできません。

たんぱく質は、人が生きるために必要な部分から回されます。

しっかりと摂っていいないと、血液・細胞・臓器といったところが優先で、次いで筋肉・皮膚となり、髪の毛や爪は余ったら回される、ということになってしまいます。

不足してしまうと髪の毛に回ってこないこともあります。

たんぱく質が不足すると、筋肉が作られないために、太りやすい身体にもなります。

体型が気になる人は、それもストレスの要因になります。

食生活改善をすることで、ストレスも白髪も改善することができるのをご存知でしたか。

たんぱく質の中でも、たんぱく質を合成するアミノ酸の一つ「チロシン」が、髪の毛を作るのに必要と言われています。

チロシンは、フェニルアラニンと一緒に芳香族アミノ酸になるアミノ酸の一つで、食品成分表などは、「芳香族アミノ酸」の量を見ると、食品の含有量がわかります。

チロシンは、たんぱく質の中でも乳製品や大豆に多く含まれていますので、毎日しっかりと牛乳や納豆・豆腐を食べると良いですね。

ご飯にもチロシンを含む芳香族アミノ酸が多く含まれます。

どんなに痩せていても、髪が薄かったり真っ白ではまるでおばあさんです。

たんぱく質をしっかりと摂って、健康な髪を保つための、食生活改善をしましょう。

白髪とストレス解消には食生活改善でちょうど良い量を!

髪を黒くする成分は、メラニンという物質です。

メラニンを作るためには、亜鉛やヨウ素・鉄・銅といったミネラルが必要になります。

亜鉛やヨウ素・鉄・銅はミネラルです。

亜鉛は味覚を感じる味蕾を生成したり、DNAやたんぱく質の合成に必要な栄養素です。

不足をするとたんぱく質がそれぞれに物質になることができず、血液の合成もできません。

亜鉛は髪の毛の成分のケラチンの原料です。

亜鉛不足は貧血の原因にもなります。

アルコールを摂りすぎると、亜鉛が排泄されてしまいますので、お酒が好きな人は亜鉛不足になることがあります。

鉄は、テレビや雑誌、健康のサイトなどでも有名ですが、赤血球のヘモグロビンの成分になり、不足すると血液が酸素を運ぶことができません。

血液中の酸素が不足すると血流が悪くなり、貧血を起こしやすくなります。

他にも動悸や食欲不振にもなり、血流が悪くなることでストレス要因にもなります。

銅は、鉄と一緒にヘモグラビンの生成に欠かせないミネラルです。

鉄の吸収を促す働きがあります。

不足すると毛髪の異常がみられることがあります。

ヨウ素は基礎代謝の促進に必要な栄養素です。

甲状腺ホルモンの生成に必要ですが、不足すると頭皮の栄養に必要な栄養を作れなくなります。

亜鉛や鉄、銅はココアに多く含まれるため、チョコレートを食べると摂取することができます。

他にも、カシューナッツやアーモンド、海藻、チーズなどにも多く含まれます。

ヨウ素は海藻に多く含まれます。

昆布やヒジキ、海苔、わかめから摂取できますが、ヨウ素は多く摂りすぎても甲状腺ホルモンの合成ができなくなります。

白髪にならずに健やかな髪の毛を保つためには、これらの栄養素をちょうど良い量を摂取してください。

食生活改善は、ただ不足しているものをたくさん摂るだけではありません。

ちょうど良く摂ることも大切です。

白髪とストレス解消になる食生活改善レシピ

白髪とストレスを解消するための、食生活改善レシピをご紹介しましょう。

まずは、たんぱく質、ミネラルを豊富に含むレシピです。

白髪を予防したり改善する食材には、大豆食品・鮭や牡蠣といった魚介類・オリーブオイル・黒ゴマ・アボガドがあげられます。

そこで、主菜に「鮭のムニエル」を作りましょう。

【材料 4人分】

・鮭 4キレ
・小麦粉 適量
・塩コショウ 少々
・スライスアーモンド 1カップ
・料理酒 大さじ2
・オリーブオイル 大さじ3(大さじ2と1に分ける)
・ブロッコリー 1/2房
・プチトマト 8個

【作り方】

①鮭は料理酒で生臭みを抜き、塩コショウで下味付けをします。

②スライスアーモンドは、オリーブオイル大さじ1で軽く炒めておきます。

③鮭に小麦粉をまぶして、余分な粉は落とします。

④アーモンドを取り出し、同じフライパンに残りのオリーブオイル大さじ2を入れて、鮭を一切れ一切れ並べます。

⑤焦げないように火加減をしながら、両面をこんがりと焼きます。

その間、ブロッコリーを食べやすい大きさにカットし、塩茹でします。

⑥さらに、鮭を乗せて上からアーモンドをかけます。

ブロッコリーとプチトマトを添えて出来上がりです。

普通のムニエルよりも、スライスアーモンドがかけてあることで、香ばしい味と食感を楽しむことができます。

アーモンドに含まれるミネラル・オリーブオイルのオメガ脂肪酸・鮭のたんぱく質とDHA(ドコサヘキサエン酸)・ブロッコリーとプチトマトのカロテンとビタミンCと、1皿で色々な栄養を摂ることができます。

アーモンドはカルシウムも含むため、神経の興奮を抑える働きもあります。

魚のDHAは、ウツなどの精神疾患の改善にも効果があると言われています。

DHAは血流を良くして、緊張感を緩和しますので、ストレス解消にも役立ちますね。

空腹はストレスの原因になります。

魚とオリーブオイルは、ダイエットにも良いと言われていますので、しっかりと食べて白髪とストレスを解消しましょう。

白髪とストレスの改善になる間食は?

空腹はストレスの原因になるだけでなく、肥満の原因にもなることがあります。

もちろん、食べ過ぎは危険ですが、小腹が空いた時にほんのちょっと食べる方が良いと言われています。

ダイエット中でもストレス解消にもなり、身体にも良い間食として注目されているのが、ナッツです。

アーモンドやカシューナッツをはじめとするナッツ類は、たくさんのミネラルを含みます。

もちろん脂質も多いので食べすぎはダメです。

モデルさんやアイドル、女優さんたちの間でナッツを持ち歩く、というのを聞いたことがある人もいますね。

さらに、ココアもたくさんのミネラルを含む栄養食ということで、ダイエット用のチョコレートも販売されています。

こちらも、糖質や脂質を豊富にふくみますので、食べすぎは肥満の原因になりますが、適度な量を食べることは、健康に良いと持ち歩く人も増えています。

最近は砂糖をほとんど使わない、カカオ濃度の高いチョコレートや、低糖質のチョコレートなどが多く販売されていて、ご飯の前に食べても良いチョコレートもあります。

牛乳や大豆も、カルシウムとたんぱく質を摂るためには欠かせない栄養素です。

寒い冬は、牛乳や豆乳を温めてココアに入れて、ホットチョコレートにしてはいかがでしょうか。

食生活改善には、間食も重要です。

白髪解消とストレス解消にピッタリの間食は、ダイエットにも有効です。

白髪やストレスにNGの食事

食生活改善をした方が良い人は、まず味付けが濃い人、塩辛いものが好きな人です。

塩分の摂りすぎは、血液をドロドロにして血流を悪くします。

カリウムと結びつき細胞の内側と外側の浸透圧を調整しますが、ナトリウムが多いと腎臓や心臓の負担になり、ストレスの原因になります。

冷たいものが好きな人も気を付けましょう。

身体を冷やすと、血行が悪くなります。

食生活以外でも、夜更かしやお風呂の入り方、シャンプーの仕方でも白髪や抜け毛の原因を作っています。

低体温の人は、お風呂もシャワーではなく、浴槽にしっかりと入りましょう。

低体温はストレス要因にもなります。

食生活ではありませんが、以前シミやそばかすを消す効果のあるサプリメントを常用したところ、白髪が増えたということがありました。

初めは相互関係がわからず、ストレスなどを考えていましたが、シミそばかすを消すサプリメントには、「メラニン」の生成を抑える働きがあることに気が付きました。

シミやそばかすにつけるものなら良かったのかもしれませんが、服用するということは、身体の中からメラニンの生成を抑えるということになります。

髪を黒く染めるのはメラニンです。

つまり、身体の中からメラニンの生成を抑えてしまったら、髪を黒くすることはできないということですね。

他にも、薬の常用が白髪の原因にもなりますので、アレルギーなどがある人は気を付けて下さい。

食生活改善で白髪とストレスのない生活

食生活が悪いと、ストレスや肥満の原因だけでなく、白髪や抜け毛の原因にもなります。

ストレス社会と言われている今、食生活改善でできる健康を維持することが、色々な病気や身体の悩みを軽減します。

肥満の原因を解消するのも、食べないことではありません。

食べないダイエットはストレスがたまり、白髪の原因になってしまいます。

白髪予防、ストレス解消にも、色々な食材を摂るように工夫をしてみましょう。