食事改善でダイエット!自分はこうして痩せることができた!

運動してもだめ、食事を減らしてもだめ、何をしても体重が減らないのです。

ところが、ある人は、食べるものを変えたり、食べる順番を決めることでダイエットが成功したそうです。

そんなことってあるのでしょうか?

食事改善で自分にもできるダイエットは…あります!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

味噌と青唐辛子で食欲増進!脂肪燃焼!6つのレシピをご紹介

皆さん、青唐辛子をご存知ですか?青唐辛子とは、赤唐辛子の未熟物です。未熟物といっ...

夜に白米を食べないダイエット法は痩せる?太る?

夜の食事は太るとよく言われますよね。最近では、夜に白米などの炭水化物を食べないというダイエッ...

カロリーオフなら食べてみたい!ヘルシーなケーキレシピ特集

ダイエット中だからといって、何も甘いものを食べることができないなんて、さみしいですよね。...

グルテンフリーパンのダイエット効果やカロリーを徹底解説!

最近注目されている「グルテンフリー」。これは、ハリウッドセレブやモデルさんなどにも人気の食事...

たこのお刺身は低カロリー!ダイエット中もおすすめ

食事制限中やダイエット中でもお刺身は食べたいですし、魚介類も食べたいですよね。そんなときに、...

ダイエット中の女性へ。体重を減らしたければ玄米を食べよ!

痩せたいと思っている女性はいらっしゃいますか?人生で一度はダイエット経験があるという方は多いの...

カレーはこう作るとカロリーオフに!とっておきレシピ

カレーは大好きなのだけど、カロリーが気になる、という方もおられるのではないでしょうか?ダ...

カロリーを効率よく消費できる体に!ダイエット成功のコツ!

ダイエットのためには、カロリーを消費する運動が必要だとは分かっていても、なかなかはかどらないのが...

おいしい温野菜でキレイな体を目指せ!野菜スープの効果は?

みなさんは、おいしい野菜をどんな方法で食べていますか?野菜といったらサラダを思い浮かべる方も...

玄米と十六穀米のどちらのほうがダイエットに向いているの?

スーパーに行くと、玄米や十六穀米など体に良いとされるお米がたくさん並んでいますよね。しかし、...

うどんは炭水化物の中でも低カロリー?ダイエット効果は?

ダイエット中は炭水化物を控える方が多いですよね。しかし、太るからと言って炭水化物をま...

ダイエットにはウォーキング!効率的にカロリー消費するコツ

年末年始などの家族の集まりがあると、つい食べ過ぎてしまいますよね。体重計に乗って青くなった!...

今話題になっている玄米7号食ダイエットのやり方はこれ!

ダイエットに関心がある人たちのあいだで、玄米7号食ダイエットが話題になっています。玄米7号食...

食事改善とダイエットを家事をしながら成功させてみよう!

健康のために、食事改善とダイエットに取り組んでいる方も多いことでしょう。生活習慣病を予防し、...

寒天ダイエットの注意点!食べすぎは栄養の吸収を阻害する?

寒天は、ダイエットに良いという理由で有名になりましたね。寒天を使ったおやつやゼリーも商品とし...

スポンサーリンク

自分に合っているダイエットは毎日続けられるものであること

○○○だけ食べれば痩せるダイエット、などと聞いたことはありませんか。

誰でも簡単にできそうで、TVで放送されると一定期間は多くの人達がチャレンジして、「自分はこれでやせました!」と、喜びの声などで評判をえますが、すぐに飽きられて、風化してしまいますよね。

筋トレに関するダイエット器具も、すごくいいプロポーションになれるかと思いきや、ハードな運動や、科学的根拠の低い運動を強いられたりして、最終的には目標に達せず、物置小屋行きになることも少なくないです。

では、どうすれば痩せることができるのでしょうか。

楽で簡単なダイエットなんて存在しません!

そう言われてしまう気がしますね。

しかし、楽で簡単なダイエットがないと、誰もが標準体型を得ることができずじまいではないでしょうか?

そこで、食事改善ダイエットの出番なのです。

少し、食事を変えるだけで、だれでも簡単にダイエットができるのです。

運動や食事制限がだめなら食事改善!

食事改善とは?

つまりは、食事の内容をよりよくすることです。

では、どうしたらいいでしょう?

まずは、自分の普段食べているものを、ノートに棚卸してみましょう。

チョコレートにプリンなど、嗜好食品は特に何時に食べたか、記録しておくと良いです。

昔流行った、記録するだけダイエットみたいですが、これはまさにその通りです。

棚卸をした後、何が太らせる元となったか、気づく人は多いはずです。

しかし、逆に気づきにくい食品もあります。

それは、何が痩せ食材だったか、ということです。

痩せ食材は、存在します。

例えば、オクラなどのねばねば食品、他にもわかめなどもそうですが、これらは、「痩せ食材」です。

ジャガイモや、フルーツジュースは、「太り食材」と言われています。

実際に調べてみると、わかるかもしれません。

野菜や肉、魚に大豆食品は、太りません。

しかし、炭水化物や糖類、油物は取りすぎると太ります。

だからといって、完全ゼロにしていいわけでもないのです。

炭水化物は脳も含むエネルギーになるし、脂質は、細胞壁のもとになったり、肌つやがよくなります。

炭水化物や脂質は、量より質です。

ダイエットに適した食事改善とは?

最初は、何を食べるべきか、食材選びが面倒かもしれません。

どれに何の栄養があるのか、調べなければならないからです。

図書館などで、情報を仕入れると良いでしょう。

ある方によると、人間より体温の高い動物の肉を避けるだけで、体重が減った、という説もあります。

また、緩いベジタリアンになることを推奨する方もいます。

どの方法も何かしら論理はあるのかもしれません。

自分の好きな食べ物で、確実に太るものがあるとしましょう。

完全にやめることはできますか?

ダイエットで出来ないことをやるのは、無理です。

それは食事改善とはいえません。

その場合は、例えば、一週間に1回、量を決めてOKにしてみましょう。

我慢するダイエットは続きません。

我慢しないダイエットが、毎日続けられる秘訣です。

自分にあった食事改善は?

様々なケースがあるので、「絶対にこれで痩せる!」とは、言えませんが、一部例を挙げてみましょう。

例えば、ポテトチップスを毎日食べている人がいます。

自分でノートをつければ、「太る原因はポテトチップスだ!」と、気づくところまでは出来ますよね。

この次は、どう対策を練るかです。

完全に断ち切るのは難しいと思います。

この場合の食事改善ダイエットの一例として、こんなのはいかがでしょうか?

一袋のポテトチップスを小分けにして、保存袋に入れる。

これだけでも、一日の摂取量は変わります。

それから、次の段階として、一日おきに食べる日と食べない日を作る。

そして最終的に、一週間に一度だけ食べる。

なんだか中毒から抜け出すようなやり方ですが、食べ物をいきなりやめるのは、子供から好きなおもちゃを突然取り上げるのと似たようなもので、なかなかうまくいきません。

揚げ物がやめられない、糖質飲料がやめられない方も、似たような方法や、もっとすごい方法でやめることができるかもしれません。

無理をして、突然やめるという意気込みは素晴らしいと思います。

ただ、ダイエットをしている人に良く言われることは、「少しずつ、太る元から遠ざかろうね」ということです。

毎日続けられる食事改善ダイエットが自分にとっての成功の秘訣

ここまでは、やめられない嗜好品をどうすれば、摂取を減らせるのかということをお伝えしてきました。

この次は、どんな食べ物が毎日食べられて、なおかつ痩せるのか、考えてみましょう。

この答えになる食事改善に関しては、一番簡単なのは、自分が日本人であるなら、和食にすることです。

それも、丼ものではなく、ダイエットには定食がお勧めです。

ご飯、お味噌汁、葉物に魚といった、栄養バランスのとれた食事です。

だからといって、ご飯を夕飯にお替りしたら、食べ過ぎですが…。

昼は普通にご飯一杯で良いですが、夕飯にはご飯は軽めの方がいいです。

夕飯を取るのは、寝る4時間前が良いとされています。

もし寝る前に小腹が空いたら、昆布やブロッコリー、キノコ類が良いです。

これらは痩せる成分も含んでいるそうです。

スープにすると更にかさましします。

また、朝、昼、夕の食事に関してなのですが、「ベジファースト」を行ってみるのも良いです。

ベジファーストとは、名前の通り、野菜から最初に箸をつけることです。

血糖値の上昇をゆるやかにしてくれる食べ方なので、太りにくい痩せ方です。

是非、試してみてください。

食事改善ダイエットの注意点・補足

食事改善ダイエットで、お勧めできないものもあります。

例えば、自分で糖質オフにするのはいいのですが、糖質ゼロはやめておきましょう。

糖質オフは、言いかえれば、糖質を控えるだけなので、体に悪影響は出にくいです。

しかし糖質ゼロは、必要な脳の栄養がなくなったり、肉ばかり食べたりして、体に悪影響を及ぼす可能性があります。

糖質ゼロもまだまだ研究中なので、完全に体に良いとWHO(世界保健機構)も認めていません。

オフくらいにしておくべきです。

一度食事を終えたら、お替りをする前に20分間、休憩しましょう。

満腹中枢に信号が送られ、それでもお腹が空くなら食べてもいいですが、お腹が空かないならやめましょう。

満腹中枢への信号の正常化も、ダイエットへの近道です。

そして、フルーツジュースを控えてみましょう。

実はジュースにすると、大切な水溶性繊維質が壊れてしまい、ダイエット効果が大幅に薄れてしまいます。

果物を摂るならば、生がいいです。

しかも、朝に摂ると、すぐにエネルギーになるので元気になれますよ。

少しの工夫でダイエットは成功する

無理をして食べるのをやめるのではなく、満腹中枢を正常化したり、食べるものを少し変えたり加えたりすると痩せるのです。

嘘みたいで本当の話です。

そうやって痩せていった人の話はよく聞きます。

食べる楽しみを失くしてまで痩せる方が大変ですし、ただちょっとの工夫を加えるだけで、ダイエットの失敗から抜け出せるのです。

なかなか痩せない、という方は、是非一度お試しください。