玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

ラーメン2玉のカロリーはどれくらい?意外と多くてビックリ

      2018/08/29

ラーメン2玉のカロリーはどれくらい?意外と多くてビックリ

ラーメンは好きですか?

ラーメンが好きな人なら、一度は夢見る替え玉。

しかし、2玉も食べたら太るのではないかと思うと、ちょっとためらってしまいますね。

ただでさえラーメンはカロリーが高いですから。

しかし、このカロリー、本当に麺が高いのでしょうか。

スープを残すと平気という人もいますが、どうなのでしょうか。

また、ラーメンの麺によってカロリーは違うのでしょうか。

今回はこのラーメンの「麺」について、色々とご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

米麹の甘酒はスーパーで買える!手軽な手作り甘酒もご紹介!

アミノ酸を豊富に含み、健康に良い飲み物として、甘酒は近年ブー...

オーガニックや無添加食品はやっぱり安心!おすすめ5選

現代はたくさんの食品に囲まれ食べることに困らない豊かな時代と...

1人暮らし向け電子レンジとオーブンレンジのおすすめ8選!

これから1人暮らしを始める方、1人暮らしで電子レンジやオーブ...

グルテンフリーなパンなら市販のアレルギー除去米粉パンを!

パン屋さんに並ぶさまざまな種類のおいしそうなパン。 そ...

甘酒や麹は市販の健康食品の中でも大人気!おすすめ理由詳細

今の食生活を改めて見つめてみた時に少し不安を感じることはあり...

味噌鍋にご飯を入れて美味しい雑炊を作るレシピをご紹介

味噌鍋を食べた後のスープを使って、うどんや雑炊を作ると美味し...

冬に食べたい味噌煮込み料理のレシピ!人気の食材は?

味噌煮込みの料理というと、恐らく誰もがイメージするのは愛知県...

味噌と豆腐でメインのおかずになる料理の作り方をご紹介

豆腐をそのまま使うだけでなく、より美味しく食べるために、豆腐...

バランスの良い食生活改善はダイエットだけでなく美容効果も

私たちは、食生活改善をすることでダイエットになり美容にも効果...

食事改善で便秘を軽減し、運動の継続で更に効果が見込める!

体に何らかの病的症状が見られた時、つい、薬に頼ってしまう傾向...

健康のためには食事改善!タンパク質はプロテインで補おう!

ダイエットやメタボリックシンドロームの予防のためには、食事改...

食事改善とダイエットを家事をしながら成功させてみよう!

健康のために、食事改善とダイエットに取り組んでいる方も多いこ...

海老と味噌を使ったヘルシー料理で美味しく食事改善を図ろう

健康の秘訣は、バランスの良い食事と適度な運動です。 食...

メタボリックシンドロームは食事改善で生活習慣病も防ごう!

飽食の時代と言われ、食べ物にあふれた生活を私たちは送っていま...

カロリーが高い食品や食材は一番太る?色々な食品を比較

カロリーが高いと太る、カロリーが低いと太らないと、よくいわれ...

美味しくて健康に良いと評判のオーガニックティーとは?

健康志向の現代人に、オーガニックティーが人気になっています。...

豚肉の味噌鍋レシピは色々!自分だけのオリジナルレシピ作り

寒い時には、身体が温まる味噌鍋レシピは最高ですね。 豚...

豆腐に味噌マヨネーズを合わせ栄養効果を上げるレシピを紹介

豆腐は、手軽に摂れるたんぱく質食品です。 歯が痛い時や...

子どものころから食生活改善!痩せるだけではないダイエット

私たちのほとんどは、ダイエットと痩せるという言葉を同じ意味と...

食事改善でダイエットするには日本食を美味しく食べること!

ダイエット、人は誰でも一度は気にしたことがあるテーマではない...

スポンサーリンク


ラーメン2玉のカロリーは?

ラーメンの麺にも、お店や地方によって色々な種類があります。

変わった麺で有名なところでは、竹を使って波のように麺に縮れを出す佐野ラーメン、喜多方に多い平打ち麺、唐辛子や抹茶を練り込んだ麺などがあります。

ラーメン店に麺を販売しているメーカーでは、業務用だけでも麺の種類が40種類以上もあるそうです。

それぞれの麺は、小麦粉の種類や量だけでなく、卵や水などの配合するものや量が違うなどの特徴があります。

太さも様々で、それによっても1玉のカロリーは違ってきます。

さらに同じ1玉と言っても、メーカーや店によってその量が100gもあれば、180gのお店もあります。

これが2玉になれば、200gと360gの違いで、まるまる1玉以上の重量が違うことになりますね。

そのため、ラーメンのカロリーを紹介しているサイトなどによって、同じ醤油ラーメンでも違いが出てしまうということです。

文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会が公表している『食品成分表』では、ラーメンの1玉は生で120g、茹でた1玉が180g~200gとなっています。

食品成分表によると、ラーメンの生麺100gのカロリーは281kcal、1玉120gは337.2kcalになり、2玉で674.4kcalとなります。

お店で出す1玉の麺が小さい場合は、1玉が281kcalになりますので、替え玉をお願いして2玉食べても562kcalです。

しかし中には、1玉が150gくらいのお店もあり、その分カロリーも高くなりますので気を付けましょう。

即席麺のラーメン2玉分のカロリー

同じラーメンでも、即席麺と呼ばれるものはカロリーが違ってきます。

即席麺、いわゆるインスタントラーメンに使われている麺には、油揚げ麺と非油揚げ麺があり、それぞれのカロリーが違います。

即席麺は乾燥させてありますので、生麺よりも1玉分は軽くなります。

1玉90g~120gで平均105gくらいになります。

油揚げ麺の場合、100gのカロリーが445kcal、1玉105gの場合は467.3kcalです。

非油揚げ麺は、同じ即席麺でも油で揚げない分カロリーは低く、100gで356kcal、1玉373.8kcalです。

カップ麺の中には1.5倍や2倍、超大盛などがあり、2玉分の麺を使っているものもあります。

カップ麺のほとんどはカップに入れる関係で、1玉が小さく日清のカップヌードルや麵職人、テーブルマークのホームラン軒は65gしか入っていません。

1.5倍2倍、超大盛で2玉分食べたとしても130gとなります。

カップ麺1個分1玉を65gとすると、カップラーメンは麺だけのカロリーが1個289.3kcal、非油揚げ麺の麺職人なら231.4kcalと、意外と低カロリーになります。

ただし、これは麺だけのカロリーでカップ麺の場合、一緒に入っているスープや具によってカロリーは上がり、特にカップ焼きそばは高カロリーです。

日清のカップ焼きそばはUFOの大盛は麺が130g、ちょうどカップ麺2玉分で麺だけなら578.6kcalなのに、ソースやかやくを入れると全部で714kcal。

135.4kcalがソースと、かやくということですね。

即席麺は食べ方で普通の生麺よりもカロリーを抑えることもできますが、焼きそばの場合は難しいようです。

具やスープで違うラーメンのカロリー

ラーメンは麺だけなら300kcal台で、これはモスバーガーのライスバーガー並みです。

しかし、ここにスープと具が入ると、一気にカロリーが跳ね上がります。

カロリーが低いものでも500kcal以上、高いものでは1玉分でも2000kcal以上のものもあります。

中には、ペヤングの超超超大盛焼きそばを彷彿とさせる高カロリーラーメンもあります。

カロリーが高くても、それほど気にならないラーメンもありますが、1000kcalを超えるものはそのほとんどがスープのカロリーです。

カロリーが高くてもそれほど気にならないラーメンは、野菜と肉がたくさん入っているものです。

ラーメンの具のもやしやキャベツはカロリーもありますが、食物繊維が多く低GI食品になりますので、ラーメンの糖質の吸収を防ぐことができます。

豚肉のチャーシューは、ビタミンB1を多く含みますので、糖質をエネルギーにすることができます。

では、2玉目の替え玉は、というとこちらは小麦粉の麺ですので、ほとんど糖質でプラス300kcalほどになります。

麺を増やすとつまり糖質が増えるので、その分しっかりとビタミンB1を摂ることが大切ですね。

同じお腹いっぱいにするなら、替え玉でお腹を満たすよりも、もやしやキャベツのような野菜、チャーシューのお肉をいっぱい食べてお腹を満たしたほうが、健康的でダイエット効果もあります。

そして替え玉よりも高カロリーになるのが、スープの上に浮いている背脂です。

背脂を大量に増すとさらにカロリーが高くなってしまいます。

背脂が多いラーメン店でラーメンを食べる時は、野菜を増やして野菜はスープにはつけずに、麺を減らして食べましょう。

ラーメン店の2玉分のカロリー

国内には人気のラーメン店というのがたくさんあります。

チェーン店もあれば、地方の名店もあります。

ほとんどのお店は麺だけのカロリーを公式に発表はしていませんが、替え玉のカロリーを公表しているところもあります。

例えば、A店では替え玉1玉分が370g、B店では286g、C店では200gとなっています。

替え玉はお店によって麺の量が違い、それは1玉分の重さになるため、茹で麺1玉の重さは200g~370gになります。

家庭用のラーメンは1玉が生で120gで281kcalですが、茹でると180g~200gになりカロリーは同じです。

替え玉をお願いして2玉を食べると、合わせて400g~740gになり、少ないお店は2玉で562kcalですが、1玉が大きいお店ではなんと1039.7kcalになります。

ほぼ2倍の違いになり、お店によってはラーメンが1000kcalを超えるところがあるというのは、スープや具だけが多いわけではないようですね。

たかが替え玉と簡単にお替りをする人もいますが、お店によってはとんでもない量になります。

いくら野菜や豚肉で摂りすぎた糖質を吸収を抑えたり、エネルギーに変えやすくしてもカロリーの摂りすぎは危険です。

気を付けましょう。

手作りラーメン2玉のカロリー

ラーメンの麺を自分で作ったらどうなのでしょうか。

麺を手打ちしてみたいという人のために、麺のレシピをご紹介します。

手作りの麺は小麦粉(強力粉)と水、重曹で作ることができます。

重曹がかん水になります。

それでは、手作りの麺の場合は、どれくらいのカロリーになるのでしょうか。

【材料 4人分】

・強力粉 340g(1241kcal)
・薄力粉 60g(220kcal)
・重曹 6g(7.5kcal)
・塩 6g
・ぬるま湯 48g
・卵黄 1個(66kcal)
・水 30g
・片栗粉 適量

【作り方】

①強力粉と薄力粉をよく混ぜて、真ん中にくぼみを作ります。

②重曹と塩をぬるま湯に溶かします。

③卵黄と水をよく混ぜます。

この時、卵黄と水が50gになるように調節し、重曹と塩を溶かした湯と混ぜます。

④卵黄と水・重曹・塩を混ぜたものを、粉のくぼみに流しいれて、周りの粉をかぶせるようにして混ぜていきます。

⑤粉っぽさがなくなるまで全体を混ぜていきます。

⑦全体が良く混ざったら一つにまとめて、塗れたキッチンペーパーで包み、さらにビニール袋に入れて、5分間休ませます。

⑧台の上に打ち粉を振って、生地を伸ばしてたたむ、という作業を50回くらい繰り返します。

⑨表面が滑らかになったら平たくまとめて、ラップで包み2時間以上寝かせます。

⑩台の上に打ち粉をし、麺を平たく伸ばしていきます。

⑪製麺機がなければ台の上で何度も平たくしながら、麺切の包丁で2mm~4mmくらいの太さに切ります。

手作り麺の場合は、強力粉・薄力粉・重曹・卵の分量のカロリーを足したものが、麺のカロリーになります。

こちらでは4玉分で1534.5kcalです。

2玉分にすると、767.25kcalになりました。

手作りの方がカロリーが高いと思われたかもしれませんが、このレシピ通りの場合の麺の総重量は生麺510g分になります。

一般の麺よりもちょっと多めです。

そして、麺は茹でると、小麦粉が湯でスープに溶け出し、逆に湯を吸収し重くなりますのでカロリーそのものは減少します。

作る人によっては強力粉のみで、薄力粉を一切使わないという人もいます。

卵を使わないという人もいます。

重曹はかん水の代わりに使用しましたが、重曹を使わずに作る人もいます。

麺づくりにはまったら、自分なりに工夫をしてみてはいかがでしょうか。

ダイエットラーメン2玉のカロリー

数年前から、ゼンパスタ、蒟蒻ラーメンというものをスーパーなどで見かけるようになりました。

ゼンパスタはイタリアが流行の発祥で、普通のパスタよりも低カロリーで美味しいパスタが楽しめると、ダイエットをしている人たちに人気です。

日本でも、蒟蒻を使った蕎麦やうどんといったものが販売されています。

そこにあるのが、蒟蒻ラーメンです。

ラーメンは食べたいけれどダイエット中、という人のために、同封のスープはそのままとんこつ味や塩味になっています。

麺のカロリーが小麦粉ではなく蒟蒻と、圧倒的に低いため、ダイエットに効果的と言われています。

元々が蒟蒻のため、カロリーもほぼない、または低カロリーです。

一袋に140gほど入っていますが、カロリーは20kcalです。

2玉でもわずか40kcalです。

しかし、このままでは美味しくないので、家庭で同封のとんこつ味の素を使いスープを作り、さらにもやしやワカメといった具をのせます。

それでもカロリーは200kcalほどになります。

蒟蒻よりも先駆けてダイエット麺になったのが、春雨です。

しかし春雨は糖質からできていて、皆さんがイメージをするカロリーオフのダイエット向きの食品ではありません。

春雨は100gで340kcalですから、

ダイエット麺として効果があるのは、蒟蒻麺だけかもしれません。

ラーメン2玉で一日分のカロリー

ダイエット中の人にとって、美味しいラーメンを我慢するのはちょっと辛いですよね。

もしもダイエット中の人がラーメンを食べる際には、麺の量を増やさずに、ラーメンの具に野菜がたくさん使われているものを選びましょう。

スープはカロリーが高いので、飲まずに我慢してくださいね。

 - 健康管理