カロリーは控えるべき?ヨーグルトはやはり無糖が一番低い?

今や『ヨーグルトは身体に良い!』といわれ、ほとんどの人に認知されています。

菌の働きがとても注目されているヨーグルト。

それに伴い、数々の種類のヨーグルトが出回り、どれを選べば良いのか迷ってしまいますよね。

また、カロリーを考えると、無糖を選んだ方が良いのでしょうか。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

紅茶の効能とは?産地別の茶葉の特徴や砂糖の種類について

紅茶は世界中の人々に飲まれていますよね。紅茶にはどのような効能があるか、皆さんはご存知で...

トランス脂肪酸とは?トランス脂肪酸がゼロの油はあるのか?

みなさんは、トランス脂肪酸はどのようなものかご存知でしょうか。トランス脂肪酸は摂りすぎると、...

離乳食の朝食はコレに決まり!パンを使ったオススメメニュー

赤ちゃんの成長に欠かせない離乳食は、生活リズムの観点や栄養面でとても大切です。できるだけ楽しく、...

外食メニューはバナナ5本のカロリーより高い?低い?

暑い夏ですが、水着を着るためにカロリーを抑えたダイエットを検討されている方も多いのではないでしょう...

太りたい人は必見?!栄養価もカロリーも高い食べ物とは

カロリーが高い食べ物をどれだけ食べても太らない人は必見です。痩せ型の体型が気になる人も、気に...

太りたい人も太りたくない人も必見!カロリーが高い食事は?

カロリーが高い食事は、痩せたい人にとっては避けるべきものですが、太りたい人にとっては切望されるも...

若人こそ一食のカロリーが大切!おかずだけで500kcal以上を

1日に必要なカロリーを推定必要エネルギー量と言います。20代~40代の女性なら仕事や家事・育...

電子レンジで溶けたラップは有害?その安全性を検証してみた

食品を電子レンジで加熱すると、食材に触れたラップが溶けて、有害な物質が体内に吸収されてしまい危険...

カロリー計算のやり方を知って正しくカロリーコントロール!

健康のためには少しぐらい太っていた方がよいと、よく聞きますよね。しかし、そのさじ加減が分から...

玉ねぎの栄養成分を余さず摂取!玉ねぎ水を飲むと健康になる

玉ねぎは血液をサラサラにしてくれる。このように玉ねぎを食べると血液がサラサラにになると言います...

アルコールの度数(パーセント)には、しっかり気を付けよう

大学や社会に出れば、必ずあるであろう飲み会。お酒に強い人もいれば、弱い人もいますが、アルコー...

塩少々って何g?レシピの調味料の表記を理解しよう

お料理を始めると、レシピの読み方が難しく感じるかもしれません。塩少々、ひとつまみ、適宜、適量....

うるおいをキープ!体内の水分を増やすために必要なことは?

空気が乾燥する季節になると、肌のカサつきを感じたり、目の乾きなどが気になることはありませんか?...

糖分を取りすぎてしまった時の対策法は?糖分過多の危険性

ついつい甘いものを食べ過ぎてしまったときってありますよね?食べているときは至福の時間ですが、...

玄米のカロリーは茶碗一杯どれくらい?おかずの選択について

茶碗一杯の玄米を食べる生活の中でカロリーコントロールをすると、上手にダイエットができ肥満を防げる...

スポンサーリンク

カロリーとは太るものなのか

スーパーなどで買い物をしていると、カロリーゼロと書いている商品があったりと、『カロリー』と言う言葉をよく耳にすることも多くなってきました。

しかし、カロリーとは、本当はどういう意味なのでしょうか。

この意味を知っておくと、ダイエットなどでカロリーを気にされている方の捉え方が少し変わってきます。

そして、カロリーの摂り方がさらに効果の高いものになるかもしれません。

カロリーは元々、「水1kgの温度を1℃上げるために必要な熱量」の単位として名づけられました。

栄養学の世界では、代謝熱量(代謝エネルギー量)を表す単位として使われています。

カロリーは2種類あり、摂取カロリーと消費カロリーです。

摂取カロリーとは、食べたときに体内に入るエネルギーのことです。

消費カロリーとは、個々の基礎代謝や運動をすることによって消費されるエネルギーのことで、この消費カロリーには個人差があります。

まず、ご自身の消費できるカロリーの量を知って、摂取するカロリー量を意識してみることからはじめましょう。

意識してみることで、太らない身体を作れますよ。

これらをふまえて、身体に良いヨーグルトのカロリーについてお話します。

また、加糖ヨーグルトよりも無糖ヨーグルトの方が良いのでしょうか。

魅力のヨーグルト

発酵されたヨーグルトは善玉菌が含まれていて、腸内環境を改善することはすでに有名ですね。

腸には人の60%~70%もの免疫力が備わっているといわれていて、腸内環境を改善することにより、身体の不調の様々なものを改善します。

癌細胞と戦ってくれる『NK細胞』も活性化してくれるとのことです。

これと併せて、『ピロリ菌』を抑制してくれることから、胃潰瘍や十二指腸、胃癌への効果が期待でき、血液中の『コレステロール値』を下げる効果も確認されていて、乳がん予防にも注目されています。

ビタミンA、ビタミンB2、カルシウム、カリウムなどを含み、さらに、ヨーグルトは整腸作用があるということが、美肌に働きかけてくれることでしょう。

ビタミンがたっぷり含まれているヨーグルトですが、『ビタミンC』に関しては、ほぼ含まれていないので、ほかの食品から摂取しましょう。

多くのかたが悩んでいるアレルギー症状(花粉症やアトピー性皮膚炎を含む)も、研究結果での改善効果も確認されています。

また、プリン体の吸収を抑えるとのことで痛風の予防や改善にも注目が集まっています。

プリン体ゼロやカロリーオフのビールがありますが、ビールを飲む際に無糖でも加糖でも、ヨーグルトもおつまみの仲間に入れてみるのはいかがでしょうか。

ヨーグルトのカロリー

実は、牛乳より、ヨーグルトの方がカロリーが低かったりします。

牛乳に入っている『乳糖』という糖分が発酵すると、乳糖から『乳酸』に変身するそうなのです。

乳酸はカロリーがないことから、ヨーグルトの方がカロリーが低くなります

ヨーグルトのカロリーは無糖や加糖、商品によって多少の違いはありますが、だいたい1食(100gあたり)70kcal前後になります。

砂糖の大さじ1杯のカロリーは、約35kcalです。

よって、ヨーグルトを100g食べると、大さじ2杯程度の砂糖になるとの見かたができます。

それならばヨーグルトやめた方がいいのかもしれないと感じるかもしれませんが、良く食べるほかの食品のカロリーと比較してみましょう。

・茹でたうどん(100g) 105kcal

・4枚切りの食パン1枚(100g) 264kcal

・卵のMサイズ2個(100g) 151kcal

・鶏肉ささみ2本(100g) 105kcal

ヨーグルトは、ほかの食品を比べると、さほど高くないカロリーということがわかりますね。

キーワードは無糖であるということなのか!?

牛乳でしたらそのまま飲むことが多いと思いますが、無糖ヨーグルトをそのままとなると酸っぱくて、そのままでは、食べ辛いところです。

なのでジャムや砂糖、フルーツなどを入れて食べることが多いかと思いますが、足したものでヨーグルトのカロリーはぐんとアップしてしまいます。

無糖ヨーグルトの100gあたりのカロリーは64kcalです。

例えば、ティースプーン1杯分のジャムを無糖ヨーグルトに入れると、種類によりますがプラス30~40kcal。

ティースプーン1杯分の蜂蜜をかける場合は、プラス41kcal~68kcal。

だいたいですが、このような計算になります。

カロリーで考えると、必ずしも無糖ヨーグルトの方がカロリーが低くて良いという訳ではなさそうですね。

無糖ヨーグルトに加えるものでカロリーを気にされている方は、低カロリーの食材やオリゴ糖を加えたり、料理に使ったりするのはいかがでしょうか。

ちなみに、オリゴ糖は健康に良いとされているので、おすすめです。

オリゴ糖は低エネルギーで虫歯になりにくく、腸内細菌を増やし、ミネラルの吸収促進などの効果が期待できるそうです。

無糖以外のヨーグルトのカロリー

前項では、無糖ヨーグルトは加えるものによって、カロリーが変化するということをお話しました。

では、無糖以外の加糖ヨーグルトはいかがでしょうか。

加糖ヨーグルトは種類もたくさんあり、そのカロリーはさまざまです。

1食75gのものもあれば125gのものもあり、カロリーは110kcalを超えるものもあります。

全体的に見てみると、60kcal~90kcalのものが多い傾向があるでしょう。

なので、先ほどの無糖ヨーグルト100g(64kcal)に、ティースプーン1杯のジャム(41kcal)を足すと、105kcalということを考えてみてください。

すると、加糖ヨーグルトにしてもカロリー的にはそんなに変わらず、むしろ加糖ヨーグルトの方が、カロリー的には低いということとなります。

ヨーグルトも種類がたくさんありますが、それぞれが色々な菌を使って作られています。

乳酸菌・ビフィズス菌・ガセリ菌・クレモリス菌・LGG菌・ロイテル菌などなど、それぞれがそれぞれの働きを持つ菌を使ったヨーグルトがあるのです。

加糖でも無糖とカロリーがあまり大差がないのであれば、ご自身に合った働きのある菌を使ったヨーグルトを食べてみるのもいいかもしれません。

無糖はカロリーゼロというわけではない

最近、カロリーゼロという言葉がついた食品を、多く見かけるようになりました。

例えば、カロリーゼロの寒天やカロリーゼロの飴、カロリーゼロの人工甘味料などです。

雰囲気では『カロリーゼロ=無糖』のようなイメージですが、実はカロリーゼロはイコール無糖にはなりません。

無糖のヨーグルトでさえも、100gあたり64kcalあります。

しかしカロリーというのは熱量で、カロリーがあることが悪いわけではありません。

カロリーの摂りすぎが問題であって、人間にはカロリーを消費する消費カロリーがあります。

その消費カロリー数によって、摂取カロリーを気を付ければ良いということなのです。

たくさん食べたい人は摂取カロリーも高くなる傾向があるため、その分、ご自身の消費カロリーを高くすると、摂取カロリーをいつもより多めにとることもできます。

ヨーグルトは健康面で考えてもおすすめなので、ぜひ食事の習慣に摂り入れてみましょう。

ヨーグルトの種類にもよりますが、100kcalくらいと考えてカロリー計算に加えてみてください。

そうすると、ヨーグルトの恩恵を受けつつ、普段食べている食事のカロリーを抑えることができますよ。

もしも消費カロリーを超えてしまったら、ヨーグルト以外のものを削ってカロリーを管理しましょう。

日常にヨーグルトを摂り入れよう

ヨーグルトのカロリーは無糖が一番低いものでしたが、無糖ヨーグルトに何を混ぜるかでカロリーは変わります。

それにより、無糖ヨーグルトに加えるものによっては、加糖ヨーグルトの方がカロリー面では低くなることがわかりました。

健康面でもおすすめなので、一日に摂取するバランスを考えて、ヨーグルトを摂り入れてみましょう。