爆発させない!電子レンジでつくる目玉焼きを完熟にするコツ

電子レンジで目玉焼きがつくれるってご存知ですか。

ちょっとしたコツを知れば、カンタンで見事な完熟目玉焼きが、あっという間にできあがるんです。

今回は爆発しない作り方や、お弁当にも使えるアレンジレシピのコツなどをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

白米と玄米の研ぎ方!すすぎの回数や研ぐ回数はどのくらい?

ご飯を美味しく召し上がっていますか?研ぎ方に気をつければ、いつもの白米や玄米が、もっと美味しくな...

電子レンジとオーブンを使って焼く簡単&絶品シュークリーム

子どもから大人まで、みんな大好きなスイーツの代表がシュークリームですよね。しかし手作りのシュ...

冷凍肉の保存期間の目安は?解凍後のお肉が臭い原因について

お肉を小分けにして、冷凍している方は多いのではないでしょうか?冷凍だから冷蔵保存より長持ちす...

バター・マーガリンでお菓子を作るときの混ぜるポイントは?

最近はバター不足なため、値段も高くなっており、数量制限してるお店もあります。その点、マーガリ...

つけ麺のたれはこれに決まり!味噌だれの作り方をご紹介

つけ麺がお好きな方は必見です。つけ麺には、さまざまなつけだれレシピがあります。ご自身で作れ...

お米5kgを購入しても足りない?余る?一体何合分になるの

スーパーで販売しているお米は一袋が5kg、または10kgで販売しています。家族の人数や用途で...

炊飯器選びのポイントは内釜!内蓋を洗わないとどうなる!?

私達日本人の主食はお米ですよね!お米、皆さんはどうやって炊いていますか?ほとんどの方が炊...

炊飯器で炊いたご飯を常温保存や保温機能を使うと何日もつ?

炊飯器で炊いたご飯、皆さんはどのように保存していますか?常温保存や炊飯器の保温機能を利用...

ラーメンの麺300gでもスープやトッピングでカロリーオフ

「ラーメンは大好きだけど、カロリーが高いのでたまにしか食べられない」と言う人は多いです。...

炊飯で重要な水の量、急な「3合炊いて」に対応できますか?

お米を炊くとき、水の量はどうやって測りますか?おそらく、炊飯器の釜の内側のメモリを基準に測ってい...

料理本にある水1カップとは?日本と外国の計量カップ!

近年では外食をする機会が増えていると思いますが、健康面を考えて自宅で手料理をする方も多くなってきて...

味噌炒めの簡単な作り方は?人気具材とレシピもご紹介します

今日の夕食は味噌炒めにしてみませんか?和食の基本調味料の一つである味噌は、炒め物にも使える万...

精製塩と自然塩とは?どう違うの?どう選べばいいの?

塩と一口に言いましても、いろんな種類があることにお気づきではないでしょうか?大きく分けました...

味噌を手作りしよう!ありがちな失敗とその対処法とは?

日本人の好きな味と言えば、やはり醤油味と味噌味ですよね。手作り味噌は比較的作りやすいことから...

ちょっと便利な知識!砂糖大さじ1が何グラムなのか知ろう

砂糖は、料理やお菓子作りに欠かせない調味料ですよね。甘い砂糖の虜になってしまう人も、たくさんい...

スポンサーリンク

電子レンジで爆発させずに完熟の目玉焼きをつくるレシピ

目玉焼きをフライパンでつくると、白身の縁は焦げ付くわりに黄身は生っぽく、なかなかうまく焼けません。

その点、電子レンジでつくると白身と黄身が均一に加熱されて焦げ付かず、まるで絵のようにきれいな白と黄色のコントラストの目玉焼きになります。

しかし、加熱中に爆発することが多く、ひやひやしながら庫内をのぞき込み、スイッチをオフにするタイミングを見計らっているかたが多いのではないでしょうか。

そこで、爆発させずに上手く完熟の目玉焼きをつくる、基本的なレシピをご紹介いたします。

①平らなお皿、もしくは耐熱容器に水を張り、その上に卵をそっと割り入れます。

②爪楊枝で黄身を何か所か刺し、穴を開けます。

③ふわっとラップをかけます。

④電子レンジ500wで3分加熱します。

ポイントは、

・水の上に卵を落とすこと
・黄身に爪楊枝で穴を開けること
・ラップをふわっとかけること

の3つです。

こうすることで破裂せず、美しい目玉焼きに仕上がるのです。

ただし、加熱時間の3分はレンジや卵の大きさにより異なります。

何回か試して、最適な時間を見つけてください。

黄身に穴を開けないで電子レンジで完熟目玉焼きをつくる方法

黄身に穴を開けた結果、中から黄身が流れ出てしまい、見た目がきれいではない目玉焼きになってしまったことがありませんか。

爪楊枝で穴を開けるのは意外に難しく、力を入れすぎると穴が大きくなって、中身が出てきてしまうのです。

穴開けのコツは、そっと慎重に爪楊枝を刺すことです。

しかし、忙しい朝などは慌ててズブズブ刺しがちです。

そこで、穴を開けずとも完熟目玉焼きができる方法をお話しします。

①軽く濡らしたお皿、もしくは耐熱容器に卵を割り入れます。

②そのまま電子レンジに入れます。

③解凍モードで加熱、もしくは弱(200w)で1分半~3分加熱します。

500wで普通に加熱せず、解凍モードを使うことで弱めに加熱するため、ラップも必要としません。

弱は解凍モードより強く加熱するため、まず1分半加熱し、様子を見ながら徐々に時間を増やすようにしてください。

目安としては1分半で半熟になるので、完熟にしたいなら2分以上は必要です。

食べるときは予め容器を濡らしてあるため、ツルリと取り出せ便利です。

しかもフライパンでつくるのと違い油を使わず、後片付けもラクです。

ぜひお試しください。

どうして電子レンジで目玉焼きをつくると爆発するのか

フライパンでは爆発しないのに、どうして電子レンジで完熟目玉焼きをつくると爆発してしまうのでしょうか。

電子レンジでは電磁波が食品の内部から熱を加えていくため、食品の真ん中から外側に向かって温まっていきます。

卵の黄身も内側から外側に向かって加熱されていきますが、その過程で圧力が高まっていきます。

黄身は卵黄膜という膜で覆われていて、圧力がどんどん高まると、この膜が耐え切れずに破裂してしまうのです。

その結果、卵が爆発したように見えるのです。

卵黄膜が破裂しないようにするには、圧力を急激に上げないことです。

すなわち解凍モードで弱めに加熱すれば、急激な温度上昇を抑えられるのです。

また、電磁波は食品内部の水分を振動させて、加熱します。

水を張ったうえに卵をのせたり、ラップをかけたりすることで、水分の放熱が均等に行きわたり、過度な温度上昇による圧力の膨張が抑えられます。

黄身に爪楊枝で穴を開けるのも、卵黄膜に予め隙間を入れることで破裂を予防しています。

こうした裏ワザが卵の爆発を防ぎ、きれいな目玉焼きに仕上げているのです。

電子レンジで時短カンタン完熟目玉焼きレシピ

洗い物が減ってヘルシーとはいえ、目玉焼き1個つくるのに3分もかけていられないというかたもいますよね。

電子レンジを使ってもっとカンタンに、すぐに目玉焼きがつくれないでしょうか。

ご紹介するのは1分半で完熟目玉焼きが作れるレシピです。

①小皿をサッと水で濡らし、卵を割り入れます。

②爪楊枝で白身を10か所、黄身の真ん中を1か所刺します。

③ふわっとラップをかけます。

④電子レンジ500wで1分半加熱します。

⑤縁を爪楊枝で剥がしてできあがり。

これなら朝の忙しい時でもパパッとできますよね。

潰してマヨネーズとあえ、食パンに挟めば卵サンドのできあがりです。

卵をゆでてつくるより、はるかに時短です。

丼にのせて、冷凍ハンバーグを解凍して一緒にのせればロコモコ丼ができます。

休日の子どもの昼食にぴったりですよね。

電子レンジでつくる目玉焼きを覚えてしまえば、さまざまなアレンジ料理が可能です。

いろいろ試して、料理に合った最適な加熱時間を見つけてください。

お弁当にも!電子レンジ目玉焼きのアレンジいろいろレシピ

お弁当に卵を使ったおかずは定番ですよね。

お弁当に入れられる目玉焼きアレンジもあります。

100円ショップで売っているようなシリコン製のカップに卵を割り入れ、爪楊枝で黄身に穴を開け、電子レンジで加熱すれば、お弁当にそのまま入れられる目玉焼きになります。

粉チーズを振ったり、刻んだベーコンを入れて加熱すればボリュームが出ます。

野菜が足りなければ、トマトや茹でブロッコリーを入れると、バランスがとれるうえ彩りも鮮やかです。

できあがったらケチャップをつけてもいいですね。

また、忙しい朝食にも電子レンジ目玉焼きは大活躍します。

完熟ならゆで卵のような感覚で使えますから、トーストした食パンやベーグルにのせていただきましょう。

一緒にハムもチンすればハムエッグになるので、そのままパンにのせられます。

もちろんご飯でもOKです。

納豆をかけたご飯に半熟の目玉焼きをのせ、混ぜていただくと最高のおいしさです。

うずらの卵でも電子レンジで目玉焼きができます。

とてもかわいらしく仕上がるので、たとえばクラッカーのトッピングなどパーティー用のアイデア料理としておすすめです。

一人暮らしにおすすめ!100円ショップの電子レンジ目玉焼きグッズ

一人暮らしのかたが目玉焼きをつくるなら、フライパンより電子レンジがおすすめです。

洗いものが減るうえ、油を使わずヘルシーだからです。

手頃なお皿や耐熱容器が無ければ、100円ショップにグッズが売っています。

電子レンジで目玉焼きや卵丼ができる容器で、作り方もパッケージに載っています。

黄身に爪楊枝で穴を開け、フタをして電子レンジ500wで約2分、600wで約1分40秒加熱します。

できあがりは完熟です。

潰してマヨネーズや塩コショウをかけていただくのがおすすめです。

加熱時間をこれより短くすれば半熟にもなりますし、後片付けもとてもラクです。

オーブントースターでパンを焼いている間に電子レンジで目玉焼きをつくり、お湯を沸かしてコーヒーを入れれば、立派な朝食が完成します。

また、同じ容器でかつおだしや醤油、みりんと共にスライスした玉ねぎやしいたけなどを入れ、溶き卵でまとめて電子レンジで3分ほど加熱すれば卵丼の具ができます。

丼に盛ったご飯にかければ夕食の完成です。

一つ持っておくと便利な品です。

カンタン時間ヘルシーな電子レンジの目玉焼きを利用して!

いかがでしょうか。

電子レンジでつくる目玉焼きは、コツさえつかめばカンタンにスピーディーにできます。

お持ちの電子レンジに合わせて最適な加熱時間がわかれば、半熟も完熟も思いのままです。

油を使わないのでヘルシーですし、洗いものもラクです。

さまざまな料理にアレンジ可能なので、ぜひ一度お試しください。