ヨーグルト1パックを使ってできる美味しいレシピとカロリー

普段、カップヨーグルトをそのまま食べるだけという方が多いのではないでしょうか。

ヨーグルト1パックを使ったレシピがあったら、うれしいと思いませんか?

そこで今回は、ヨーグルトを使ったアレンジレシピを、カロリーと合わせてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ズッキーニを相性の良い味噌とチーズで美味しく食べよう!

みなさんは、ズッキーニを食べたことはありますか?ラタトゥイユというフランス料理ではじめて食べた...

簡単にお菓子が作れて、なおかつ材料も少ないレシピ集

家にある材料で簡単にお菓子が作りたいと思っている方にオススメの混ぜるだけ、焼くだけ、少ない材料で...

コーラの成分には物凄い秘密の効果がある!驚くなかれ!

スカッと爽やかな炭酸飲料のコーラですが、コーラに含まれている成分は未だに謎に包まれているそうです。...

レモンの砂糖漬けはスポーツにぴったり!その理由とは!?

レモンの砂糖漬けは、スポーツをしている方などは馴染み深いのではないでしょうか。スポーツのとき...

家庭菜園で作ったスイカの収穫時期の見分け方を知ろう

スイカは夏の風物詩ですね。とてもおいしいですし、作るのがそんなに難しくないため、家庭菜園にもお...

いんげんの味噌和えをおいしく食べるレシピとそのアレンジ

みなさんは、いんげんの味噌和えを食べたことはありますか?なかなかメインにはなりにくいメニュー...

味噌鍋で温まろう!味噌鍋の具に使う肉の種類別レシピ!

毎年やってくる寒い冬。寒さを感じると「体を芯まで温めたい」と思いますよね。そんなときにも...

味噌汁の作り方を工夫してあさりを美味しくいただこう!

あさりの味噌汁は、あさりの旨味と味噌のコクが一緒に味わえる一品です。より美味しいあさりの味噌...

名古屋名物!「味噌カツ丼」と「たれ」の作り方!

カツ丼といったら、卵でとじた「卵とじカツ丼」か、ソースがかかった「ソースカツ丼」が一般的ですね。...

味噌は鍋料理も炒め物も相性抜群!ピリ辛でスタミナ回復!

辛い料理はスタミナ料理としても人気があります。夏バテのときも辛い料理で元気を出す人もいるでし...

ピーマンと麹で作る味噌とは?作り方と美味しい活用術を紹介

子どもの苦手な野菜の代表であるピーマンですが、ビタミンCがレモンの約2倍も含まれていて風邪予防に...

ブルガリアヨーグルトの砂糖添付が終了!別売り品で代用は?

ブルガリアヨーグルトでおなじみだった、砂糖の添付が終了してしまいましたね。確かに、添付さ...

豚足や酢味噌を使った美味しいお料理のレシピを伝授します!

皆さんは、豚足って食べたことがありますか!?さっきまで大地を踏みしめて歩いていたぞっ!と思わ...

甘酒を麹から手作りしたい!市販の麹はどこで手に入る?

甘酒には、酒粕でできたアルコール入りのものと、麹で作られたノンアルコールのものがあるということを...

カンタン!おいしい!味噌豚レシピはみんなに大人気!

家庭の豚肉料理といったら何を思い浮かべますか。とんかつ、生姜焼き、ポークソテー、煮豚などなど...

スポンサーリンク

ヨーグルトの栄養とカロリーは?

ヨーグルトは牛乳に乳酸菌などを加えて発酵させたものなので、栄養面も牛乳と同じく、タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラルなどをバランスよく含んだ栄養価の高い食品です。

ヨーグルトに含まれる栄養素を見ていきましょう。

☆糖質

脳や神経系のエネルギー源で、体温維持の役割があります。

牛乳を飲んでお腹がゴロゴロするのは、乳糖という糖質を分解することが出来ないためなのですが、ヨーグルトはその乳糖が一部分解されているので、ゴロゴロしにくくなります。

☆タンパク質

血液や筋肉を構成する栄養素です。

ヨーグルトにはアミノ酸が牛乳の4倍もの量が含まれており、牛乳よりも吸収しやすくなっています。

☆脂質

身体を動かすエネルギー源です。

☆ミネラル

歯や骨を構成します。

☆ビタミン

三大栄養素の代謝のサポートを行います。

ヨーグルトにはビタミンB群、抗酸化作用のあるビタミンEを多く含みます。

ヨーグルトは牛乳よりもタンパク質やカルシウムが吸収しやすくなっているのが特徴で、乳酸菌の働きによって整腸作用があります。

他にはヨーグルトを食べることによって、乳酸菌の力で肌荒れ防止効果や、免疫力を高めてくれる効果もあるのです。

ヨーグルトには、健康的になれる要素がたくさん詰まっていいるのです。

カロリーは、4つセットなどで売られているヨーグルト1パック約60kcalとなります。

砂糖が添加されているか、脂肪分が調整されているのかによってカロリーは変わってくるので、注意が必要です。

朝のカロリー補給に!ヨーグルト蒸しパン

時間がなくても簡単に出来る、ヨーグルト蒸しパンをご紹介します。

味がさっぱりとしているので、食欲のない朝にも最適です。

お子さんのおやつにしても良いですね。

栄養強化をしたければ、バナナを1/2本加えると食物繊維やビタミン、カリウムを強化できますよ。

【材料】

・ホットケーキミックス 75g
・卵 1個
・ヨーグルト 1パック(加糖)

【作り方】

①卵を割ってほぐし、他の材料も全部混ぜます。

②耐熱カップの7分目くらいまで生地を流し込みます。

③フライパンに間隔をあけて並べます。

並べたら、フライパンに1cm程度水を張ります。

④フライパンに蓋をして中火で5分程度火にかけます。

串を通してみて、生地が付いてこなかったら出来上がりです。

カップはシリコン製のものがおすすめですが、なければ紙のマフィンカップなどでもOKです。

甘さ控え目のレシピですので、甘さが足りない方は、はちみつや砂糖をすこし加えてみてくださいね。

材料全量(4個分)のカロリー:約486kcal

子どもも喜ぶ!ヨーグルト1パックをアイスに

暑くなってくると食べたくなるのがアイスですよね。

アイスはカロリーが高いイメージがあって、食べるには少し気が引けてしまう方もいるのではないでしょうか?

でも、このアイスであれば、ヨーグルト1パックを使うだけで、砂糖やクリームの追加もナシなのでカロリーの心配をする必要はありません!

【材料】

・加糖カップヨーグルト 食べる分だけ
・デザート用のフォーク

【作り方】

①カップヨーグルトとフォークを用意します。

②ヨーグルトの真ん中にフォークをあてて、ブスリと下まで突き刺します。

③必要な個数分のヨーグルトにフォークを通したら、そのまま一晩冷凍庫で凍らせます。

④翌日ふたをはがし、カップの周りを包むようにして持ち、底をグイッと押すようにして取り出して出来上がりです。

アイスキャンディーのようなフローズンヨーグルトができますよ。

もしプレーンの味だけでは物足りない方は、フルーツが入っている(いちごやブルーベリーなど)ものを選ぶと良いでしょう。

作り方はとても簡単なので、ぜひ暑くなる時期に子ども達と一緒に作ってみてはいかがでしょうか。

1個当たりのカロリー:約65kcal(ヨーグルトの種類によって多少カロリーは変わります。)

ヨーグルト1パックでつくるヨーグルトグミ

お店で買うものと思いがちなグミですが、実は家でも簡単に作れるのです!

大人も子どもも大好きな、手作りグミの作り方をご紹介します。

【材料】

・牛乳 100g
・砂糖 20g
・ゼラチン 15g
・水 40g
・ヨーグルト フルーツソース入りのヨーグルト1パック

【作り方】

①ゼラチンをお湯でふやかします。

②鍋やフライパンに牛乳や砂糖を入れ、さらにふやかしたゼラチンも入れて、弱火でゼラチンを溶かします。

沸騰はさせないように注意してください。

③ゼラチンが溶けたら、火を止めてヨーグルトを加えます。

④ヨーグルトの塊がなくなるまで混ぜます。

⑤お好きな型に流し込み(シリコン製の型だと取りだすのが簡単です)、冷やし固めます。

⑥固まったら、型からはずして出来上がりです。

ちなみに、ゼラチンは動物性のタンパク質で、脂質・糖質ゼロ、カロリー控えめの食品です。

ゼラチン=コラーゲンなので、美肌効果があり、女性にはうれしいですよね。

フルーツの味のグミが定番ですが、さっぱりとしたヨーグルト味のグミをぜひお試しくださいね。

材料全量のカロリー:約260kcal

便秘解消&カロリー補給にも!ヨーグルトスムージー

きな粉は畑のお肉と呼ばれるだけあり、栄養豊富な食材です。

きな粉には鉄分や食物繊維等を豊富に含み、便秘解消効果も期待できます。

また、女性にはうれしい大豆イソフラボンが含まれ、美容にも良いとされている食品です。

そんなきな粉と、ビタミンやカリウムも豊富に含むバナナと、整腸作用があるヨーグルトを掛け合わせて作る、朝食にも最適な栄養満点スムージーの作り方をご紹介します。

【材料】

・バナナ 1/2本
・きな粉 大さじ1/2
・ヨーグルト 1パック(無糖)
・牛乳 150cc
・砂糖 大さじ1/2

【作り方】

①バナナは皮をむき、一口大に切ります。

②材料全てをミキサーに加え、なめらかになるまでミキサーにかけます。

③グラスに注いで出来上がりです。

1人前のカロリー:約212kcal

ヨーグルト1パックを使ったタンドリーチキン

カレールーとヨーグルト1カップを使用して作る、タンドリーチキンです。

材料も工程も少なく、難しい事は一切ないレシピなので、誰でも簡単に作ることができますよ。

甘口カレールーで作るので、辛いのが苦手な子どもでも美味しく食べられます!

夕食の1品にいかがでしょうか。

【材料】

・手羽元 10本
・ヨーグルト 1パック(無糖でも加糖でもOKです)
・甘口カレールー 3片

【作り方】

①カレールーを刻みます。

それを大さじ1程度のお湯で柔らかくしておきます。

②袋に手羽元を入れ、そこにさらにカレールーとヨーグルトも入れて、良く揉んでなじませます。

③1時間以上冷蔵庫に寝かせます。

④フライパンの中弱火で、じっくり両面焼いて出来上がりです。

手羽元を漬け込む時間が長ければ長いほど、お肉は柔らかくなりますよ!

材料全量のカロリー:1167kcal

料理に便利なパックヨーグルト

ヨーグルトを1パックを使うことで、計量の手間も省けてとても便利だということがおわかり頂けたと思います。

パックヨーグルトは加糖の場合はカロリーが高くなるので、カロリーが気になる方は無糖を選び、自分で砂糖の量を調整すると良いでしょう。

この機会に、便利なパックヨーグルトを使って料理をしてみてはいかがでしょうか。