予想通り?様々なパン、200gのカロリーを比較した驚きの結果

パンはカロリーが高い、太る、GI値が高いと言われ、ダイエットをしたい人は避けた方がよい食品としてあげられています。

しかし、美味しいパンは何個でも食べたくなりますね。

パン、200gのカロリーは一体どれくらいになるのでしょうか。

そこで、様々な美味しいパンのカロリーをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

初夏が旬!青唐辛子を使った味噌の簡単な作り方と保存方法

梅雨の時期がはじまり、雨がしとしとと降り続けるような季節ですが、そんな時季に旬な食材があります。...

発芽玄米・ヨーグルトなどの作り方!ヨーグルティアを使う!

体に良いと言われている健康食品は、沢山ありますよね。健康志向が高い方は、すでにチェックされて...

枝豆と大豆と小豆の違いってどこにあるの?栄養素のまとめ!

ビールに良く合うおつまみの枝豆、馴染み深い納豆、お祝いには赤飯・・・など、美味しい豆食品は豊富にあり...

玄米の効果とは?コレステロール値が下がるって本当?

「玄米は白米よりも健康的」・・・そう聞いたことがある方はいるのではないでしょうか。玄米はコレス...

スープジャーで楽しむ!栄養満点な玄米のあたたかいリゾット

健康やダイエットのために、玄米はとても効果的です。昼食を職場や学校で食べる人ならば、スープジ...

玄米は白米よりも身体に良い?栄養成分の比率で見てみよう。

健康食ブームの昨今、特に注目され、よく耳にするのが「玄米」ですね。ではなぜ、玄米が身体に良いの...

お米を農家から直接購入してみよう!そのメリットとは?

お米は毎日食べるものですから、良いものを少しでも安く手に入れたいですよね。とっておきの方法が...

小麦粉と砂糖で作れる料理は沢山!お菓子やおかずも作れます

どこの家庭にも常備されていることが多い小麦粉と砂糖。小麦粉と砂糖で作れる料理は多いですよね。...

玄米と下痢の関係性と好転反応による下痢への対処法とは?

玄米を食べたことで起こる下痢の場合は、その原因はいくつか考えられることをご存知でしょうか。そ...

玄米の栄養について!玄米と白米はカロリーに差はあるのか?

玄米は健康や美容に良いというイメージは皆さんお持ちですよね。日々の食事の主食である白米を玄米に...

押し麦の美味しい炊き方が知りたい!炊飯器・圧力鍋・土鍋!

近年、健康志向の高い人が増加していますよね。その中で、若い方達からも注目を集めているのが、大...

ご飯の最適な保存方法と保存目安は?夏場は特に注意が必要!

ご飯を炊いたものの、食べる人の都合によって、余ってしまうことってありますよね。そんな余っ...

低いのはどちら?玄米と白米ご飯の茶碗一杯分のカロリー比較

ご飯を食べるとき、私たちは茶碗を使います。カロリーや栄養価を調べる際に、茶碗一杯という表現があ...

大豆の水煮ってどう保存するの?また使い方のレシピは?

大豆は食物繊維やたんぱく質(大豆は畑の肉であるとも言われてますよね)、イソフラボンに富み、健康食品...

一歳半の食事の適量ってどのくらいなの!?パンの栄養とは?

一歳を過ぎると、徐々におっぱいやミルクから幼児食に移行する時期です。食べられるものも、増えてきま...

スポンサーリンク

食パン200gのカロリー

市販されている袋入りの四角い食パンは、「食パン半斤」で販売されています。

しかし、普通はこの1袋を1斤と呼ぶ人もいます。

食パンは1袋がちょうど400gになっています。

8枚切りなら2枚で100gです。

200gはちょうど袋半分になり、スーパーでは、一人暮らしや少人数家族のために200g半袋で販売しているものがあります。

ヤマザキパン、第一パン、フジパン、パスコと国内には、パン専門のメーカーがいくつかあります。

ヤマザキパンは取り扱っている商品のほとんどの栄養価や成分の情報を、ほとんど公開しています。

ヤマザキパンの中では、基本となる食パンが2種類あり、透明な袋に赤い帯で印字されている超芳醇(特選)は、200g当たり518kcalとなります。

レーズンが入ったものはさらに高カロリーになり、536kcalです。

青い帯のロイヤルブレッドは、200g当たり516kcalです。

同じ食パンでもヤマザキパンでは、15種類以上あります。

この他にも雑穀を配合した十二穀ブレッドは200g当たり、490kcalで、同じ食パンでも少し低カロリーになります。

全粒粉ブレッドは、さらにカロリーオフで、200g当たり480kcalです。

ヤマザキパンの食パンの中で、一番カロリーが高いのは、ロイヤルブレッドゴールドで、200g当たり570kcalで、全粒粉と比較すると、90kcalも違います。

市販されている食パンの中でカロリーが高いのは、神戸屋 北海道生クリーム食パンで、200g当たり582kcalになります。

クリームの風味が美味しい分、カロリーは高めになるようです。

逆に普通の食パンでもカロリーが低いのは、パスコの超熟で200g当たり489kcalになり、ヤマザキの十二穀ブレッドとほぼ一緒です。

フジパンの本仕込み食パンもカロリーが低く、200g当たり485kcalになります。

ヤマザキパンは糖質が多く甘味がある分、カロリーが高いようです。

食パンはみんな同じくらい、とまとめてしまいたくなりますが、ほんのちょっとした違いで、同じメーカーのパンでも、同じ様な名称のパンでも、カロリーが違うのは面白いですね。

メロンパン200gのカロリー

今、パンの中でも専門店があるほど人気があるのが、メロンパンです。

専門店だけでなくカフェやパン店、もちろんパンメーカーにもメロンパンがあります。

市販されているメロンパンも、サイズや味が色々あり、種類も多くなっています。

メロンパンのカロリーは、見た目よりも高くなります。

メロンパンの中でも、チョコチップメロンパンはカロリーが高く、1個当たりおよそ330~530kcalとなります。

メロンパン1個当たりの重さは90~110gとなり、ヤマザキパンのチョコチップメロンパンの200g当たりのカロリーは784kcal、フジパンのチョコチップメロンパンは760kcal強です。

メロンパンは専門店も多く、メロンパン専門店のメロンパンは、大きくてバターもたっぷり入っていますので、200g当たり800kcalを超えるものもあるようです。

200g当たりのメロンパンのカロリーは不明ですが、カフェやパン店のメロンパンのカロリーが色々なサイトで紹介されています。

カフェ・ベローチェのメロンパンは1個当たり326kcal、ヴィ・ド・フランスのメロンパンは1個当たり318kcalです。

プロントではメロンパンが三種類あり、普通のメロンパンの他に、全粒粉を使ったものやチョコチップメロンパンもあります。

プロントの普通のメロンパンは1個当たり328kcalで、全粒粉メロンパンは1個当たり366kcalとなります。

同じメロンパンでも、大きさやメーカー、作る人によってもカロリーは大きく異なります。

200g中のカロリーが高いパン

カロリーが高いパンと言えば、チョコレートや生クリームがたっぷり入った、コロネパンやコッペパンがあげられます。

他には、デニッシュパン、クロワッサン、メロンパン、揚げパンなどは、高カロリーになります。

中でも最も高カロリーのパンが、クロワッサンです。

クロワッサンはバターをたっぷりと使うため、美味しいクロワッサンのほとんどは高カロリーです。

1個50gのクロワッサンは、およそ224kcal、4個分200g当たりのカロリーは896kcalとなります。

クロワッサンは軽い食感で、つい食べすぎてしまう人もいますね。

4個200gを食べると、かつ丼1人前796kcalよりも多くなります。

また、ヤマザキパンやフジパン、第一パンで販売しているコッペパンには、ジャムやピーナツバター、生クリームがたっぷり入っています。

ヤマザキパンのジャム&マーガリンは、1個136gで525kcal、200gで772kcalとなります。

フジパンのクリームサンド黒コッペパンは1個512kcal、黒コッペパンには重量の表示がありませんので、大きさから推測すると200gで750kcal強と考えられます。

中に挟んだものによって違いはありますが、コッペパンは1個で1食分のカロリーがあります。

そのため、災害時の非常食にも長期保存可能なコッペパンが活躍しています。

こちらはさらにカロリーが高く、1個食べただけでも充分なカロリーが取れるようになっています。

カロリーが低いパン

パンの中でも低カロリーになるのが、ベーグルとイングリッシュマフィンです。

ベーグルは200g当たり422kcalと、パンの種類の中では一番低カロリーになります。

ベーグルにはプレーンの他に、ナッツやクルミ、チョコレートが入っているものもありますが、野菜やツナ、ハムを挟んで食べるベーグルは、食パンと同じように利用することができます。

利用の仕方を考えると、食パンよりも低カロリーになります。

さらに、ベーグルはパン生地そのものがもちもちとして固めになりますので、しっかりと噛んで食べることで、満腹感を感じやすく、パン好きの人がダイエットの時に食べるのには、向いているかもしれません。

イングリッシュマフィンは200g当たり456kcalとなり、こちらも食パンよりも少なめです。

ベーグル、イングリッシュマフィン共に、サンドイッチのパンとして利用するなら、普通の食パンやコッペパンよりも、カロリーオフになるようです。

菓子パンの中でもカロリーが低いのがクリームパンで、200g当たりにすると472kcal、1個80gとすると190kcalほどになります。

甘いクリームパンなのに、どうしてカロリーが低いのか不思議に思われるかもしれませんが、メロンパンやデニッシュパン、クロワッサンと比べて、使用しているバターの量が少ないためではないかと思われます。

カロリーもボリュームも桁違いだけど美味しいパン

リング型のデニッシュリングはご存知ですか?

ヤマザキパンやファミリーマートでも販売しています。

他にも、マジカルチョコデニッシュリングという名前で、発売しているパン屋さんもあります。

ヤマザキパンではデニッシュリングカスタード味は1429kcal、チョコレート味は1500kcalを超えます。

同じ様なリング型のデニッシュパンは、手作りのパン屋さんでも販売していますが、いずれも1個1500kcalを超える、高カロリーのパンです。

とは言っても、直径20センチ以上はある大きなデニッシュリングは338gになり、クロワッサンおよそ7個分です。

カスタード味なら、200gで845kcal。

ハーフサイズもありますが、ハーフサイズ1つでも、1人で食べきれない人もいるくらいです。

同じような大きいリングパンは第一パンでも、色々と販売しています。

第一パンのデニッシュリングは、粒あん入り、チョコデニッシュ、アップルカスターと数種類のデニッシュリングがあります。

市販のデニッシュリングも美味しいですが、焼き立てパンのお店のチョコリングは、1個では大きすぎると思っても、ついつい食べてしまい、ハーフサイズなら、一度に食べてしまう、ということもありますね。

手作りパンのお店の中には、生地にクルミやナッツが練りこまれて、さらにチョコレートが中に入ったデニッシュリングもあります。

クルミとチョコレートが入っているデニッシュリングは、本当に美味しくてついつい、1つは無理でも半分は食べてしまいます。

チョッとつまむつもりで食べていて、「気が付いたら半分の700kcal分を食べていた」なんてことになっているかもしれません。

他にも、フジパンのメロンクーヘン、第一パンの大きな渦巻と、1個1000kcalを超える美味しいパンが、たくさんあります。

パン食べ放題での摂取カロリーに要注意

美味しいパンをおやつ感覚で食べてしまうと、ちょっとした食事と同じくらいのカロリーを摂ってしまいます。

さらに、パン食べ放題のお店では、ちょこちょこと食べているうちに、10個、20個と食べてしまうこともありますね。

クロワッサンやデニッシュ、よもぎパン、チーズパンと種類が多く、どれほど食べても1300円~1500円(参考価格)で、肉料理や魚料理と、サラダ、スープ、ドリンクのセットになりますので、お得だと利用する人が多くいます。

食べ放題のパンは、1個が普通のパンよりも小さめに作られています。

1個30gのパンでも10個食べたら、300g食べたことになります。

パン200g分どころか、300g、400gと食べすぎてしまう人もいます。

カロリーはというと、他の料理も食べたりドリンクバーでジュースを飲めば、1000kcalを軽く超えてしまうことも。

食べ放題、バイキング、ビュッフェはリーズナブルで、時々行ってみたくなりますが、1回の食事で2食分のカロリーを摂ることは、珍しいことではありません。

パンのカロリーチェックを忘れずに

高カロリー、高GI値のパンは、ダイエットの敵と避ける人がいますが、今ダイエット中でも大丈夫なパンが作られています。

小麦粉の代わりに大豆粉や全粒粉、グルテンフリーのパンもあります。

しかし、糖質制限パンは200gで450kcal、大豆粉を使ったパンは200gで540kcalとなり、ベーグルよりも高カロリーです。

カロリーオフや糖質制限と書いてあっても、必ずしもカロリーが少ないとは限りませんので、よく見てから購入するようにしましょう。