玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

じゃがいもは太りやすい?カロリーオフにする調理法とレシピ

      2018/05/18

じゃがいもは太りやすい?カロリーオフにする調理法とレシピ

じゃがいもはいろいろな料理に活用できる、他の素材と合わせやすい人気野菜です。

ほくほくした食感がたまらない人も少なくないはず。

いかにもでんぷんたっぷりなじゃがいもは太りやすいのでしょうか?

ダイエット中に食べることができるカロリーオフなじゃがいもレシピはないのでしょうか?

一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

砂抜きが大事な味噌汁レシピ!あさりを美味しく食べるコツ

日本人の食卓に欠かせない食材である、あさり。 酒蒸しや...

家庭食の定番!豚肉のソテーはソースでカロリーコントロール

豚肉と言えば安くて、美味しくて家庭料理には欠かせない食材...

体調改善を行うなら食事について毎日考える習慣をつけよう!

「最近なにかと体調がすぐれない」 そのような悩みがある...

食事改善とは、時間を見直して自己改善をするということ

食事改善というと、食事内容に気が向きがちです。 食べる時...

パニック障害を食事改善でストレスなく克服する方法

パニック障害を克服する方法として、すぐできる最も効果的な...

食事改善をしてダイエットに成功する女性になろう!

いくつになっても綺麗でいたい。 ダイエットに成功したい...

うつ病には食事改善が有効?感情をコントロールする食べ方!

近年、その患者数が増え続けているうつ病は、感情をコントロ...

食事改善で便秘を解消するために食物繊維を積極的にとろう!

食事改善で便秘を解消するなら、食物繊維を積極的にとってい...

女性の体調改善に豆乳!イソフラボンで女性パワーをアップ!

女性の体は一生を通じてはもちろん、大変短いサイクルで変わり...

食生活改善でダイエット達成には、バランスのよい栄養が大切

ダイエットで真っ先に考えるのは、食事のことではないでしょう...

食生活改善で痩せる!体重に左右されないきれいな身体作り

食生活改善で痩せる、とテレビや雑誌の記事を見て実行をして...

食生活改善をしてダイエットするなら運動も取り入れよう!

ダイエットには色々なやり方があり、その中から自分の目的に...

冬が旬のりんごとデコポン!カロリーは?適量はどれぐらい?

今は年中色々な食材が出回っていますが、美味しくいただくに...

玄米を炊く前の水につけ置きする時間はどれくらいがいいの?

体に良い玄米ですが、ご家庭で炊くのはちょっと面倒といいます...

圧力鍋で玄米を美味しく炊くために必要な時間を調べよう

健康のために玄米を食べようかなと考えてみるけど、以下のよ...

玄米をふっくらもちもちに!おすすめの炊き方は無水鍋!

今、テレビでも取り上げられている程有名になった玄米。 ...

玄米甘酒は体に良くおいしい!作り方は?鍋でも作れる?

甘酒には2種類あります。 酒粕から作った甘酒と米こうじ...

浸水しなくてもOK?玄米を圧力鍋を使って四合炊いてみよう!

健康に良い玄米はご家庭でも炊けます。 普通の炊飯器で炊け...

玄米は80gでも食べるべき食材?また糖質の体への影響は?

コンビニのおにぎり1個でも100gを超える重さになるので...

珍しい形!ウチワエビで作る美味しい味噌汁の作り方

年中食べられている、子どもから大人まで人気のエビ。 お...

スポンサーリンク


じゃがいもは太りやすい?カロリーは?栄養価は?

じゃがいもは太りやすいイメージを持っておられる方も多いことでしょう。

確かに、じゃがいもにはデンプンが含まれています。

デンプンは、体の中でブドウ糖に分解されるため、太りやすいのでは、と考えてしまいます。

ただ、じゃがいものデンプンの一部はレジスタントスターチと呼ばれる難消化性デンプンです。

このデンプンは胃や小腸では消化されず、大腸に行き、善玉菌のエサになるのです。

そのため、腸の調子を整え、便秘も解消してくれるのに役立ちます。

この効果は、ダイエットを助け、美肌にも効果的です。

また、レジスタントスターチは、血糖値が上がりにくく、太りにくいデンプンです。

ということは、じゃがいもはそんなに太りやすい食材ではない、といえます。

気になるじゃがいものカロリーは、100g当たりおよそ76kcalで、白米のおよそ半分です。

しかも腹持ちは白米よりもいいので、食べ過ぎも防いでくれます。

じゃがいもには、ビタミンCやカリウムなど、ダイエット効果やむくみ防止効果のある成分が含まれています。

ただ、じゃがいもはやはり料理法によってはカロリーの摂りすぎになってしまうので、調理法にはこだわりましょう。

次項からは、じゃがいもを使ったカロリーオフレシピをご紹介します。

きのこでカロリーオフに!じゃがいもオリーブ油ソテーレシピ

カロリーオフのきのこ類と合わせてカロリーオフなじゃがいものソテーを作りましょう。

オリーブ油を使って作るレシピです。

【材料】

・じゃがいも 1個
・しめじやマッシュルームなどお好きなきのこ 適量
・オリーブ油 大さじ1
・にんにく 適量
・黒コショウ 少々
・塩 少々
・乾燥パセリ

【作り方】

①じゃがいもは皮をむいて、一口大に切り、火が通るまでゆでます。

にんにくはみじん切りにします。

②オリーブ油をフライパンに熱し、にんにくを入れて香りを出し、きのこを軽く炒めます。

じゃがいもも入れ、きつね色になるまでソテーします。

③黒コショウと塩を振って、出来上がりです。

彩りにパセリを振ると見た目もきれいに仕上がります。

きのこは、低カロリーで食物繊維などの栄養も豊富です。

きのこも美肌・ダイエット・デトックス・免疫力アップの効果が期待できますので、じゃがいもと合わせてさらに体に良いですね。

カッテージチーズをプラス!カロリーオフポテトサラダレシピ

じゃがいもにカロリーオフのカッテージチーズとヨーグルトを合わせて、サラダにしましょう。

カッテージチーズは100g当たり98.5kcalで、チーズ類としては低カロリーです。

たんぱく質に富み、基礎代謝を高めて筋肉が作られるのを助けてくれます。

また、含まれるカリウムにはむくみ防止の効果があります。

マヨネーズを使わないレシピで、ダイエット向けですよ。

ちなみにカッテージチーズは手作りできます。

カッテージチーズのレシピも簡単にご紹介しておきます。

500ccの牛乳を60度に温めます。

酢またはレモン汁50ccを牛乳に混ぜると、分離してきます。

ボウルの上にサラシを広げた上に流しいれ、液体とチーズを分離させます。

水を入れたボウルに入れて、3~4回水を変えて、振り洗いし、軽く絞ったら出来上がりです。

それでは、作ったカッテージチーズを使ってサラダを作りましょう。

【材料】

・じゃがいも 3個
・人参 半分
・カッテージチーズ 大さじ4
・ヨーグルト 大さじ5
・きゅうり 半分
・卵 2個
・粒マスタード 小さじ2
・塩コショウ 適量

【作り方】

①皮をむいたじゃがいもを人参とともにゆでて、一緒につぶします。

きゅうりは輪切りの薄切りにし、塩もみします。

卵はゆで卵にし、刻みます。

②ボウルに①とカッテージチーズを入れ、混ぜ合わせた後、ヨーグルトと粒マスタード、塩コショウで味付けします。

カロリーオフ!胃にやさしいキャベツとじゃがいもスープレシピ

カロリーオフなキャベツと、じゃがいもを組み合わせたスープレシピをご紹介します。

スープにすると、油を使って調理するよりはるかにカロリーを抑えることができますよ。

キャベツのカロリーは100gで23kcalしかありませんので、ダイエット向けです。

キャベツは、胃にもやさしく、抗酸化作用のあるビタミンCや骨や歯を作るカルシウムを含んでいます。

【材料】

・じゃがいも 1個
・キャベツ 4分の1
・人参 2分の1
・玉ねぎ 1個
・ガラスープ 小さじ1
・塩 適量
・薄口醤油 大さじ1
・水 3カップ
・ごま油 小さじ1
・生姜すりおろし 小さじ1
・黒コショウ 適量

【作り方】

①じゃがいもを一口大に、人参は食べやすい大きさに、キャベツはざく切りに、玉ねぎをくし切りにカットします。

②鍋に水とカットした野菜をいれ、柔らかくなるまで煮込みます。

③具が煮えたら、ガラスープ、塩、薄口醬油を入れて味を調え、ごま油、生姜を入れます。

④好みで黒コショウを振りかけます。

甘味料を使って肉じゃがにトライ!カロリーオフな肉じゃがレシピ

人気の肉じゃがをカロリーを抑えて作りましょう。

ここでは、甘味料パルスイートで作るカロリーオフ肉じゃがレシピをご紹介します。

パルスイートは、砂糖と同じ甘さでありながら、砂糖と比べるとカロリーを90%カットした糖質ゼロの甘味料です。

【材料】

・じゃがいも 5個
・牛肉薄切り 200g
・玉ねぎ 1個
・人参 2分の1
・白滝 1袋
・きぬさや 適量
・水 1カップ半
・みりん 大さじ2
・パルスイート 大さじ1
・酒 大さじ2
・醤油 大さじ5
・白だし 大さじ1
・サラダ油 大さじ1

【作り方】

①白滝は下茹でした後、適当な長さに切ります。

じゃがいも、人参は皮をむき、乱切りにします。

玉ねぎはくし切りにします。

きぬさやはスジを取り、軽くゆで冷水にくぐらせます。

②フライパンにサラダ油を熱し、玉ねぎと牛肉を炒めます。

肉に火が通ったら、じゃがいもと人参、白滝を入れて炒めます。

③水とパルスイート、みりん、酒を入れ、アクを取りつつ弱火で落し蓋をして煮ます。

④じゃがいもがある程度煮えたら、白だし、醤油を入れさらに10分ほど煮込みます。

⑤最後にきぬさやをいろどりのために散らします。

揚げないでカロリーオフ!じゃがいものコロッケレシピ

コロッケが食べたいけれど、カロリーは抑えたいですよね。

ここでは、揚げずに作るカロリーオフコロッケレシピをご紹介します。

【材料】

・じゃがいも 4個
・キャベツ 2枚
・玉ねぎ 半分
・大豆の水煮 100g
・塩コショウ 適量
・パン粉 適量

【作り方】

①じゃがいもは皮ごと柔らかくなるまでゆでます。

玉ねぎとキャベツはみじん切りにします。

大豆の水煮は荒く刻むか、つぶします。

②じゃがいもの皮をむき、じゃがいもをつぶします。

③フライパンに分量外の油を熱し、玉ねぎとキャベツを炒めます。

④ ②の中に冷ました③と大豆の水煮を入れ、塩コショウで味付けし、コロッケ型に形成します。

形成し終わったら、冷蔵庫で冷やしておきます。

⑤フライパンにパン粉を入れて、乾煎りし、きつね色になるまで炒めます。

⑥分量外の少量の小麦粉に水を入れ、溶かします。

⑦ ④に⑥をつけ、パン粉をまぶします。

オーブントースターの天板に並べ、10分焼きます。

このコロッケは油で揚げていないので、かなりカロリーオフできます。

ダイエット中だけどコロッケが食べたい、と思ったらぜひ作ってみてください。

食べ方によってはダイエットの味方になる

いかがでしたか?

いかにも炭水化物たっぷりで、ダイエットの敵と考えられがちなじゃがいも。

確かにじゃがいもは食べ過ぎは禁物ですが、カロリーは低めで腹持ちもよいので、ダイエットに役立てることができます。

フライドポテトやマヨネーズたっぷりのサラダなど、油をたっぷり使うのがじゃがいものスタンダードな調理法ですが、ダイエットの場合は今回の記事を参考にして、カロリーオフな調理法を心がけましょう。

 - 健康的なダイエット