野菜ジュースの美味しい作り方。ジューサーで作ると健康的?

バランスのいい食事をするために野菜は欠かせませんが、野菜が苦手であまり食べられないという方もいます。

そんな時に、野菜ジュースで栄養を補っている方も多いと思います。

市販の野菜ジュースを飲む事が多いと思いますが、やはり生野菜から作った方が栄養があります。

野菜で栄養を摂りたいと思ってジューサーを買ってみたものの、作るのが手間で断念した方もいるのではないでしょうか。

美味しい野菜ジュースの作り方をご紹介しますので、一緒に試してませんか?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ビタミンcは酸化を防ぐ?食品が酸化すると変色する理由とは

私たちは食事を摂って、必要な栄養素を体内に摂り入れています。なかには、体内で作ることができな...

オリーブオイルのトランス脂肪酸含有量はどれくらいあるの?

マーガリンに入っているトランス脂肪酸は、健康に影響を与えるといわれています。そのトランス脂肪酸...

どうして?うちの子離乳食を食べない!8ヶ月の食卓事情は?

離乳食を開始して、ゴックン期では色んな食材を美味しそうに食べてくれていたのに、用意した離乳食を食べ...

インスタントラーメンにも野菜を!入れるタイミングが重要?

インスタントラーメンが好きな人は、意外にも多いですよね。外食で食べるよりは安く済みますし、な...

玄米茶は体にいい効能がたっぷり!血圧を下げるって本当?

お茶には色々種類がありますが、「玄米茶」を飲む機会はありますか?各ご家庭で飲むお茶といえ...

納豆ご飯は高カロリー?なぜダイエット向きと言われるの?

納豆は、健康や美容に良い食品として、日本では古くから好まれています。納豆は、ダイエットに向い...

子供の栄養ドリンク。何を飲ませれば良いのか悪いのか?

子供の成長には、栄養が必要です。そんな子供に栄養がある飲み物として何を飲ませれば良いのでしょう...

脂肪分とカロリーが違う牛乳の種類と大さじ1のカロリー

一言で牛乳といっても、濃厚牛乳や無脂肪牛乳、低脂肪牛乳など色々な牛乳があります。含まれる成分...

一歳半の食事内容は?食べ過ぎていることはあるの?

各自治体で検診が行われるのが一歳半頃で、周りの子供との成長に差が出てくる頃でもあります。特に毎...

ガムシロップと砂糖の違いは?甘くするなら、はちみつで代用

甘~い飲み物が好きな方って、沢山いらっしゃいますよね。甘い飲み物を飲むと、気持ちがホッと...

ペクチンを活かすには精製塩よりも天然塩を使うべき理由

煮込み料理など作る際、塩を一振りするシーンが見受けられますね。これこそ、料理を美味しく作...

体を作るタンパク質の元!アミノ酸の含有量が多い食品とは?

アミノ酸はタンパク質の元で、人間の生命維持の為にも絶対に欠かすことのできない栄養素です。そん...

とうもろこしはカロリーが高いの?太るって本当!?

とうもろこしはコロッケやスープ、サラダにも使われ、食卓の脇役的な存在ですよね。とうもろこしは...

正しい食生活ならサラダ油のトランス脂肪酸含有量も怖くない

サラダ油は、どんな油が入っているかをご存知ですか?サラダ油という名称で販売されているもの...

2歳児などの幼児のお菓子の食べ過ぎが体に与える影響とは?

2歳児などの幼児期って、行動や言動が、とっても可愛いですよね。幼児は、まだまだ食欲にむら...

スポンサーリンク

野菜ジュースの作り方

野菜ジュースと言うと、ジューサーやミキサーを使って、トマト・人参・小松菜などの野菜と、りんご・バナナ・オレンジなどの果物を組み合わせて作られます。

まずは、野菜ジュースの基本的な作り方を見てみましょう。

基本的に野菜や果物は、好きなもの・旬のものを入れればいいのですが、じゃがいも・さつまいも・ごぼうなどのアクが強い野菜は避けた方がいいです。

また、小松菜やほうれん草などの緑黄色野菜も入れすぎには注意が必要です。

食物繊維が豊富なため、飲み慣れていないと胃の負担になりますので、全体量の1/4を目安にしましょう。

はじめて作る方には、どの組み合わせにも相性のいいりんごや人参をおすすめします。

野菜の分量を減らして、りんごやバナナなどの甘みの強い果物を組み合わせ、野菜は人参・小松菜・ほうれん草などのクセがないものを選ぶと、初心者の方も飲みやすいです。

ジューサーとミキサーの作り方の違い

野菜ジュースを作るのに、ジューサーとミキサーは欠かせませんが、作り方に違いはあるのでしょうか?

2つの違いを比べてみましょう。

☆ジューサー

ジューサーと聞いてもどんなもの?と思う方もいると思います。

ジューサーは、素材をおろして水分だけ取り出すため、固形物が一切入らずサラサラのジュースが作れます。

ミキサーでは、野菜・果物100%のフレッシュジュースは作れませんが、ジューサーなら作る事が出来ます。

また、ジューサーは野菜や果物に含まれる酵素を壊さずに摂ることが出来るため、自宅でも手軽にコールドプレスジュースを作る事が出来ます。

☆ミキサー

ジューススタンドでよく見かけたり、家庭でも持ってる方が多いと思います。

ジューサーと違い、野菜や果物をそのまま細かく砕くため、少しの水分を入れて作られる事が多く、サラサラのジュースではなく、トロッとしたミックスジュースになります。

ミキサーは摩擦熱が発生するため、熱に弱い栄養素や酵素を壊してしまいますが、ジュース以外にもポタージュや野菜のペーストなど幅広く使う事が出来ます。

100%ジュースや酵素を摂りたい方はジューサーを、幅広く使いたい方はミキサーをおすすめします。

ジューサーで作る野菜ジュースは栄養価が高い?

ジューサーやミキサーを使って野菜ジュースを作ると、一度にたくさんの野菜・果物の栄養を摂ることが出来ます。

しかも吸収されやすく、量も多く摂れます。

ジューサーとミキサーは作り方が違うため、栄養価にも違いがあります。

どのような違いがあるのかご紹介します。

☆ジューサー

熱を発しにくいため、酵素やビタミンなどの熱に弱い栄養素を壊さずに摂ることが出来ます。

サラサラしたジュースのため、胃の負担にならず栄養の吸収率も高いです。

☆ミキサー

固形物をすべて砕くので、野菜・果物の果肉や繊維も丸ごと摂ることが出来、満腹感も得られます。

ミキサーは摩擦熱が発生するため、酵素やビタミンが壊れてしまいますが、繊維質が残り、ジューサーよりも食物繊維を豊富に摂る事が出来ます。

それぞれ効率よく摂れる栄養素が違うので、必要な栄養素に合わせて使い分けるとより効果的に摂ることが出来ます。

市販の野菜ジュースは加熱処理がされているため、熱に弱い栄養素はあまり摂る事は出来ないと考えておきましょう。

野菜ジュースとグリーンスムージーの作り方の違い

野菜をたっぷり摂れる飲み物は、野菜ジュース以外にもあります。

グリーンスムージーという飲み物が、健康に良いと話題になりましたね。

グリーンスムージーは、野菜や果物をミキサーで切り刻んで作りますが、野菜ジュースと作り方は違うのでしょうか?

☆野菜ジュース

ジュースは、果肉・種・皮を取り除いた果汁の事を言います。

野菜・果物の種類を問わず、いろんな味のジュースを作る事が出来ます。

☆グリーンスムージー

ミキサーを使い、主に緑黄色野菜と果物を合わせて、すり潰して作ります。

食材の繊維質を壊してドロっとした飲み物にするため、ジューサーではなくミキサーを使います。

食材を丸ごと飲むため満腹感があり、ごはんの代わりにもなります。

グリーンスムージーを飲んだ後は、消化に時間がかかるため、その間は他の食べ物を食べないようにしましょう。

野菜ジュースは、サラサラして飲みやすいので日々の栄養を補うために、グリーンスムージーは、栄養を摂りつつ腹持ちもいいためダイエットしたい方におすすめです。

美味しい野菜ジュースの組み合わせ

野菜ジュースと言っても、様々な組み合わせで作る事が出来るため、どれとどれを合わせれば美味しいのか悩む方も多いと思います。

ジューサーを使った美味しい組み合わせの作り方を覚えておいて、マンネリ化しないようにしましょう。

☆キウイとパセリ

パセリは、カロテン・ビタミンC・鉄などが豊富で、特にビタミンCは野菜の中でもトップクラスの含有量です。

キウイには、ビタミンCと食物繊維が豊富なため、パセリと合わせると高い栄養価が期待出来ます。

パセリの独特の香りが気になる方は、少しレモンを入れると飲みやすくなります。

☆人参とパイナップル

人参と言えば、甘みもありカロテンも豊富なため、いろんな野菜ジュースに使われています。

パイナップルは食物酵素が豊富で、食事の消化酵素を助ける働きがあります。

☆トマトとセロリ

トマトには、抗酸化作用があるリコピンが含まれ、セロリは血圧を下げるカリウムを豊富に含み、ほかにも様々な栄養素が含まれています。

セロリの香りには、ストレス・不安などの解消効果もあります。

ジューサーで作る美味しい野菜ジュースの作り方

おすすめの野菜ジュースをご紹介しましたが、人によって好みは大きく違います。

何種類か作り方をご紹介しますので、好みの味を見つけましょう。

『セロリとトマト』

【材料】

・トマト 中サイズ1個
・セロリ 20グラム
・りんご 1/2コ

『人参とパイナップル』

【材料】

・人参 100グラム
・パイナップル 50グラム
・セロリ 10グラム
・レモン汁 少々

『りんごとアボカド』

【材料】

・りんご 1個
・アボカド 1/2個
・オレンジ 1/2個

【作り方】

①作り方はどの種類も一緒で、食材はすべてよく洗い、ヘタとタネを取って、ジューサーの投入口に入る大きさに切ります。

②ジューサーに入れます。

ジューサーで作るときは、皮はむかなくても大丈夫です。

食材の鮮度が落ちていると栄養価も落ちるので、新鮮なものを使って作りましょう。

野菜の味が苦手な方や子どもには、野菜1種+果物2種の割合、野菜をしっかり摂りたい方は、野菜2種+果物1種がおすすめです。

基本の割合を覚えておくと、野菜や果物の種類が変わっても、好みの味に仕上がりやすいです。

毎日の暮らしに野菜ジュースを

ジューサーを使えば、簡単にジュースが作れますが、数回使っただけで、作るのが面倒になった方も多いと思います。

はじめは休日だけ作る、次は野菜ジュース用の野菜を用意する、などの自分のルールを決めて作ってはどうでしょうか?

ダイエットや健康にいいから、という理由だけでは長続きしないので、旬の食材を楽しむためなど、楽しみながら続けてみて下さい。