玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

ペクチンを活かすには精製塩よりも天然塩を使うべき理由

      2018/03/04

ペクチンを活かすには精製塩よりも天然塩を使うべき理由

煮込み料理など作る際、塩を一振りするシーンが見受けられますね。

これこそ、料理を美味しく作るコツなのです。

食物に含まれるペクチンが、食感を良くします。

このとき、精製塩でなく天然塩の方が有効です。

その理由やペクチンの働きを説明します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

食生活改善で便秘の解消!腸内運動は身体の内側と外側から

デスクワークが増える近年、頑固な便秘に悩む人が増えていま...

味噌汁の具に最適なほうれん草!その栄養と美味しい食べ方!

温かい汁物が恋しい冬になり、各ご家庭の食卓にも様々な具を使...

玄米ご飯をフライパン一つで作ることができる炊き方をご紹介

玄米を炊くということになると、土鍋や圧力鍋、玄米を炊ける炊...

体に良くておいしい!玄米ピラフを圧力鍋で作る時短レシピ

玄米は体に良いことはわかっているけれど、硬くてポソポソして...

食事改善にも有効なダイエット方法について詳しく知ろう!

ダイエットと食事改善は、表裏一体です。 ダイエットは、...

食事改善をして健康に!おすすめの方法と様々な仕方

産後、加齢、運動不足等、日々の生活で、体型や体調が変化し...

おいしくて体に良い玄米の炊き方で塩を入れるのはなぜなの?

体に良い玄米ですが、その炊き方は白米に比べて少し面倒で、手...

玄米80gのカロリーや栄養とダイエットに活かす方法とは?

玄米は薄皮に包まれている分、よく噛んで食べる必要があるた...

食生活改善と無理のないダイエットでさらに健康になろう!

ダイエットの基本は、摂取カロリーを消費カロリーよりも減ら...

じゃがりこチーズ味のカロリーが気にならなくなるイイ話

スナック菓子と言えば、ポテトチップスやかっぱえびせんなど...

玄米は圧力鍋を使うと炊くのに時間がかからない、って本当?

玄米は炊飯器で簡単に炊けますが、白米よりも時間がかかって...

断食を取り入れて体調改善を図りダイエットを成功させよう!

体調改善とダイエットの効果を高める方法として、断食が挙げ...

玄米の浸水時間を長くするのは発芽毒に関係してるって本当?

体に良いといわれる玄米ですが、下準備が大変ですよね。 特...

炊飯器や土鍋、圧力鍋を使って玄米4合を炊く時の水加減は?

カラダに良い玄米は、ご家庭でもカンタンに炊けます。 普...

自宅で味噌を手作りしよう!圧力鍋を上手に活用して時短調理

色、味、匂い。 作り方が変わるだけで、味もがらっと変わ...

玄米に虫が沢山湧いている場合に精米機を使用しても大丈夫?

玄米を精米しようとした時に、袋の中に虫が湧いていたことは...

砂抜きが大事な味噌汁レシピ!あさりを美味しく食べるコツ

日本人の食卓に欠かせない食材である、あさり。 酒蒸しや...

家庭食の定番!豚肉のソテーはソースでカロリーコントロール

豚肉と言えば安くて、美味しくて家庭料理には欠かせない食材...

体調改善を行うなら食事について毎日考える習慣をつけよう!

「最近なにかと体調がすぐれない」 そのような悩みがある...

食事改善とは、時間を見直して自己改善をするということ

食事改善というと、食事内容に気が向きがちです。 食べる時...

スポンサーリンク


ペクチンが食感を良くするワケ

ペクチンが豊富だと、調理中の食物から水分が逃げるのを防いでくれます。

そのため、歯ごたえや食感が良くなるのです。

ペクチンは、カボチャやリンゴなど野菜、果物に含まれる食物繊維のひとつです。

植物細胞を繋ぎ合わせる接着剤のような働きをしています。

さらに、加熱させ糖分やマグネシウムを含ませるとゲル化します。

マグネシウムは塩に含まれますが、精製塩より天然塩のほうが多く含まれています。

ゆえに「塩を一振り」することで食べ物に弾力を与え、煮崩れを防いでくれるのです。

「おばあちゃんの知恵袋」が科学的に正しい事が伺えますね。

またペクチンが弾力ある物質を作れる事から、ジャムなどのゼリー製造にも欠かせない存在となりました。

製造のためには食品添加物の位置づけで用いられますが、レモンなどの果物から抽出されます。

いわゆる100%天然由来成分と呼ばれるものです。

添加物と聞くと不健康なイメージを抱きがちですが、ペクチンに関しては危険性が無い事が分かりますね。

ジャム作りにおけるペクチンの活かし方

ペクチンにはHMペクチンとLMペクチンが存在します。

この違いはpH値で、HMはpH2~3.5の酸性、LMは3.5~7の弱酸性です。

リンゴなどジャムの材料となる果物は酸性なので、HMペクチンが含まれています。

HMペクチンをゲル化させるには、糖分やクエン酸が必要になります。

なので精製塩をふってもゲル状にならないので注意が必要です。

糖分など追加する際は、果物に糖分やクエン酸がすでに含まれているので、味見して甘みや酸味を確認しましょう。

ペクチンは食品添加物として市販もされています。

苺などペクチンの含有率が低い果物でジャムを作る際には必要不可欠です。

また、調理工程でも注意点があります。

ペクチンは高熱に弱いので、沸騰させることなく、弱火や中火くらいで調理すると良いでしょう。

野菜の煮込みには精製塩より天然塩

塩は、野菜を茹でる際に活用されています。

野菜のほとんどは弱酸性なので、含まれているペクチンはLMペクチンということになります。

LMペクチンをゲル化させるにはミネラル(カルシウム・マグネシウム)が必要になります。

そのため、精製塩のようなミネラルが含まれていない塩を使ってもゲル化が進みません。

天然塩なら、塩の20%はミネラルが含まれているため、ゲル化が進み、歯ごたえを良くしてくれます。

またカボチャなど、煮崩れを防ぎたい食べ物を扱う際には欠かせません。

ちなみに、あえて塩を使わずに食べるメリットにも触れておきます。

高温で加熱するとペクチンは壊され、食べ物が柔らかくなります。

同時に栄養素が溶け出しやすくなり、汁に味わいが出てくるのです。

栄養素が豊富に含まれたスープに食物が浸れば、味わい深くなるでしょう。

スープやシチューなどが良い例ですね。

なぜ精製塩ではダメなのか

上述の通り、精製塩にはミネラルが含まれていません。

そのため、食感を保つ為ではなく塩気を付ける為に使う事になります。

なぜ、ミネラルが含まれないのでしょうか?

それは製法にあります。

精製塩はイオン交換膜透析法によって作られます。

塩は海水を汲み上げて作りますが、塩を抽出する工程でこの膜を使います。

膜の目が10μmと非常に細かいため、水分中から塩化ナトリウム(塩分)のみの抽出を可能にします。

つまり、不純物に加えミネラルをも除いてしまうのです。

この製法のメリットは大量生産を可能にする点で、安価で販売できます。

精製塩(食塩)が世間で流通している塩の大半を占める理由がここにあります。

以上の事から、食感を良くする為には、天然塩を選んで買う必要があります。

精製塩を使ってもペクチンを活かす事が出来ないのです。

海外では天然塩より精製塩の方が良い

海外で調理する場合、食感維持のために塩を入れる必要はありません。

味付けの為に精製塩を入れる程度で充分です。

原因は水の硬度にあります。

硬度は、水分に含まれるマグネシウム、カルシウムなどのミネラルによって決まります。

ミネラルが多ければ多いほど硬度が高くなるのです。

これは地形が影響しています。

特にヨーロッパなどでは地形がなだらかなので、水が長時間、地中に留まり易いです。

地面に含まれるミネラルが水に溶け出すため、結果、硬水が生まれるのです。

海外では日本に比べ、素材そのものを活かす一品料理が頻繁に見受けられます。

その背景には水質が影響しているのです。

実は軟水の地域というのは世界的に見ても稀で、国土全体で軟水が採れるのは日本くらいでしょう。

理由は、国土全体が山岳地帯、それも2000メートルを軽く越える山が連なっているためです。

水が地中内で滞留する時間が短くなり、水に溶け出るミネラルが少なくなります。

結果、軟水が生まれるのです。

そのため、日本は独自の食文化を築いてきました。

美味しい日本酒を作るには、ミネラルが少ない水が不可欠です。

一方野菜など煮込み料理を美味しく作るために、ペクチンを維持すべく塩を足すなど、様々な知恵も生まれました。

塩をまぶすして味を調節するのは、日本独特の工夫と言えるでしょう。

ペクチンの注目すべき効果・効能

ペクチンにはデトックス作用があります。

特に、セシウムなど放射性物質を除染する効果が認められた事から注目の的になりました。

ペクチンは、放射性物質に吸着、結合する作用があり、それを体外に排出する効果を持ちます。

2001年ベラルーシでは、チェルノブイリ原発事故で内部被曝した約600人の子供を対象に実験を行いました。

アップルペクチンを添加した食事を3週間食べさせたところ、体内のセシウムが摂取前に比べ約64%減少したのです。

未摂取の子供と比べ、2.5倍以上の除染効果が確認されたのです。

余談ですが、野菜に塩を振ってから洗うことも除染に有効な手段です。

ミネラルが影響していると考えられるため、精製塩よりも天然塩を使いましょう。

この他、食物繊維は整腸作用があるため、腸内環境を整え、お通じを良くする効果があります。

免疫細胞が集中している腸が元気になれば、風邪予防にも繋がるでしょう。

身近に摂取出来る食材で、ペクチンが豊富に含まれているのはリンゴです。

200gのリンゴ1つ当たり0.4~1.6g含まれており、1日当り1~2個食べられればベストです。

また食物繊維に限れば、さつまいもがオススメです。

デザートや混ぜご飯にして食べると取り入れ易いですよ。

正しい知識で効果的な食べ方をしよう

ペクチンが食物の食感に与える影響や健康効果について見ていきました。

また塩の選び方にも注意しないと、期待する効果が得られないこともわかります。

正しい知識を有する事で、美味しい食事と健康維持に繋がるのですね。

 - 健康管理