味噌作りは塩が不可欠!おすすめの食材で手作り味噌を作ろう

なにかと手作りがブームのなかで、味噌作りも密かに注目されています。

飲めばほっこりとする味噌汁を、ご家庭でも作ってみませんか?

今回は、味噌作りに欠かせない塩と、おすすめの食材をご紹介します。

手作り味噌の工程も参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

白米・玄米・雑穀米の様々な違いについて知りたい方必見!

日本人の主食のお米ですが、ほとんどの方は白米を食していますよね。でも健康志向の方は、玄米や雑穀米...

お米の炊き上がりは何倍?玄米と白米では違うってホント?

日本を代表する主食、お米。はるか昔から食べられている、歴史ある主食であり、私たちにとってはな...

パン作りにおけるイースト菌の役割!発酵と温度の関係とは

パン作りでよく耳にする酵母やイースト菌。イースト菌や酵母はパン作りでどのような役割を果たしている...

自家製パンにヨーグルトの天然酵母を使おう!作り方のご紹介

手作りの天然酵母パンと聞くと、なんだかとってもおいしそうですね。手作りの天然酵母は、時間がかか...

玄米甘酒の簡単な作り方!ヨーグルトメーカーを利用しよう

甘酒は近年の大ブーム商品。自宅で作る人も増え、栄養摂取や健康面を考えてヒット中です。特に...

もう炊飯で失敗しない!米と水の量の正しい重量の割合は?

ご飯をおいしく炊くために重要となるのが水の量です。水の量を間違えると、炊いたご飯がべちゃべちゃ...

ウェイパーを使った簡単鍋レシピ!味噌鍋の味付けはお手の物

野菜や肉、キノコといったたくさんの食材をバランスよく食べられる鍋料理は、一度に色々な栄養を摂...

玄米ご飯を上手に冷凍・解凍して美味しさと栄養を保つ方法

玄米は、美容や健康に良く、玄米特有のモサモサとした食感はなく、とても美味しいと感じる人が大多数です...

うどんのカロリーは?1玉でもうどんの種類によって違うの?

みなさんは、うどんは好きですか?うどんといっても、色々な種類がありますね。さぬきうどんに...

玄米の栄養効果はアトピー改善にも良い?上手な玄米の食べ方

アトピー性皮膚炎で悩んでいる人は、沢山いると思います。かゆみのある湿疹が繰り返される辛いアトピー...

小麦粉+砂糖+水を混ぜるだけ!簡単シンプルなオヤツレシピ

皆さんの、家庭の台所には「小麦粉」って常備されていませんか?食卓で大活躍している小麦粉・・・...

超便利!マイヤー電子レンジ圧力鍋で簡単に手早く玄米料理

知る人ぞ知るマイヤー電子レンジ圧力鍋は時短料理の味方です。短い時間でレンジ調理ができ、火を使...

玄米を浸水なしで炊飯器で炊きたい!そんな時に気になること

「玄米を浸水なしで炊きたい」と、炊飯器で調理する場合、こういった悩みを持っている方は多いのではな...

玄米ご飯にしようとしての失敗!アレンジでどうにかできる?

玄米ご飯がよく健康に良いと話題にあがっているため、試してみたものの失敗してしまうことがあります。...

健康に良い「分づき米」とは?精米方法によるメリットとは?

玄米は体に良く、最近とても人気がありますよね。しかし玄米の風味や食感が苦手・・という方も多いの...

スポンサーリンク

味噌作りの要となる大豆選び!おすすめは?

まず、味噌は大豆選びからはじまります。

大豆は、基本的には輸入のものがほとんどです。

輸入の大豆を使用しても味噌は作れますが、なかには遺伝子組み換えの大豆もあるので、注意しましょう。

国内における大豆の生産量は、北海道がトップです。

続いては宮城県、秋田県、佐賀県、福岡県と続きます。

国産の大豆はタンパク質を多く含み、脂質が少ないので、味噌作りにおすすめです。

残留農薬が気になるかたは、オーガニックの大豆はいかがでしょうか。

【農産工房 金沢大地】

農薬、化学肥料を一切使わずに作った大豆を生産しています。

「豊かな土で豆を育てる」という考えから、堆肥を自ら製造しています。

割れているものや、シワのよった豆を取り除いた「選別大豆」は、見た目も美しいのが特徴です。

加工向けのタイプも販売されており、味噌や豆腐などを作るときは大豆を潰すので、加工用がおすすめです。

また、味噌作りセットも販売されています。

お試しセットと基本セットがあり、はじめて味噌を作るかたは、3.7㎏の味噌が作れるお試しセットで挑戦してみるのも楽しいですよ。

セット内容は以下の通りです。

・加工向けの井村さんのオーガニック大豆
・井村さんの白米糀
・奥能登海水塩

味噌作りに欠かせない材料が揃うので、便利ですよ。

オリジナリティーを出したいなら糀を変えるのがおすすめ

市販で販売されている味噌も美味しいですが、ご自身の好みで味噌を作れるのは、手作りならではです。

味噌作りで使う糀をどんなものにするかで、味噌の味も香りも変わります。

それぞれの糀で味噌作りをしたときの特徴を、ご紹介します。

☆白米糀

一般的な味噌に使われているのが、白米糀です。

きっと馴染みのある味わいが楽しめることでしょう。

発酵香は、とても爽やかです。

そして、甘みが特徴です。

☆玄米糀

お米の甘み以外の旨みもあります。

発酵するときに、深みのある香りがするのが特徴です。

☆豆糀

赤だし味噌や八丁味噌に使われています。

デンプン原料が含まれないので、豆の味や香りが楽しめます。

☆麦糀

中国四国から九州地域で使われる麦味噌で使います。

甘みが強く、芳香が引き立つ味噌作りにおすすめです。

続いて、塩の選びかたを、お話します。

味噌作りで選びたいおすすめの塩

手作り味噌には、塩選びも重要なポイントです。

塩の選びかたですが、自然の環境のなかで作られた塩を使いましょう。

世の中には、様々な商品が販売されており、「塩だと思って使っていたものが実は違った」ということも多いのです。

☆精製塩

「食塩」や「食卓塩」として販売されています。

海水から電気分解で、ナトリウムイオンを抽出して濃い塩水を作ります。

それを煮詰めて塩の結晶にしています。

安価ですが、ミネラルなどの成分は取り除かれるので、ほぼ塩化ナトリウムです。

☆再製加工塩

「〇〇の塩」などの名称で食塩との差別化を図っています。

塩は主に輸入したもの、またはミネラル分やにがりを精製塩に添加してできた塩です。

☆天然塩・自然塩

高価である場合が多いですが、昔ながらの製法で、自然に濃縮して作られます。

味噌作りでおすすめしたい塩は、この塩です。

カルシウムなどのミネラル、マグネシウムやカリウムが多く含まれます。

天日塩は天日干しで作っていて、岩塩・湖塩・平窯塩は、天日干しの途中で煮詰める方法で作られています。

おすすめの塩はこれだ!

塩は原料にもいろいろな種類があります。

☆海水塩

その名の通り、海の水からとれる塩です。

日本の天候では、天日干しでの製法は大変難しいため、釜で塩を煮詰めて作る製法が多くなってきました。

海外製のものでは、大規模な天日海塩があるオーストラリアやメキシコ産が多く輸入されています。

☆岩塩

ピンク色をしたアンデスのローズソルトや、ヒマラヤ山脈の岩塩が有名です。

元々海だったところの岩塩層から採れます。

世界各地で採れますが、残念なことに日本ではほとんど岩塩は採れません。

ピンク色の他にも、黒や黄色など色のバリエーションも豊富です。

成分は生産地などによって差がありますが、ミネラルはあまり含まれていません。

☆湖塩

とても貴重な塩です。

海水が岩塩に変わる途中で採れて、死海やカスピ海などが有名です。

海塩と岩塩の中間の味わいです。

それでは、味噌作りにおすすめの塩をご紹介します。

●海の精 あらしお

伊豆大島近海の海水100%で作られていて、他の原料塩やにがりなどは使用していません。

日本の伝統海塩です。

塩辛い塩ではなく、ほんのりとした甘さやコク、キレがあります。

味噌作りだけでなく、素材の甘味や旨味を引き出してくれるので、普段の料理にもおすすめです。

●ヴァージンソルト

原産国はポルトガルです。

太陽や風の力だけで塩分濃度を上げて、約40日をかけて乾燥させて作る完全天日塩です。

食材だけでなく、バスソルトとしてお湯に入れると、まろやかなお湯になりますよ。

味噌作り~浸漬から煮上げ~

お気に入りの材料は揃ったでしょうか。

では、味噌作りの工程を見ていきましょう。

【材料 出来高約3㎏】

・大豆 650g
・麹 1000g
・塩 400g

【道具】

・豆を浸漬する大きい容器
・豆と塩きり糀を混ぜるときの容器
・圧力鍋(大きめ鍋でも可)
・豆ミンサーまたはガラス瓶
・熟成容器(プラ瓶・木桶・陶器の瓶など)
・和紙(ラップや落とし布でもOK)
・重石(2ℓ水入りペットボトルでも可)

【作り方】

まず、味噌の仕込みを行います。

2日間にわたって仕込みますので、余裕のある日程で行いましょう。

前日に行う作業から、お話します。

①大豆を洗います。

少量の水で豆同士をこすり合わせるようにして、水が綺麗になるまで、3~5回ほど洗っていきましょう。

②容器に①と、大豆に対して3倍の水を加えて、18時間ほど浸漬をします。

そのため、豆を朝の9時に炊きたい場合は逆算して、前日の15時には大豆を浸漬しなければなりません。

芯まで大豆が水を吸収していないと、中まで火が通らず、炊きムラができてよく炊き上がりません。

大豆を何個か割ってみて、芯がないかどうかを確認しましょう。

③大豆を煮上げていきます。

浸漬していた水は捨て、新しい水に替えましょう。

圧力鍋に大豆と、大豆の1.5倍の水を加えます。

煮上がりの目安の時間は、圧力鍋で約20分ほど、大きめの鍋ですと3時間ほどかかります。

大きい圧力鍋は少ないので、今回の分量ですと、2回に分けて煮る必要があります。

また、吹きこぼれる可能性もありますので、火が見えるところで待機しましょう。

おすすめは、短時間でできる圧力鍋ですが、大きめの鍋でも作ることができます。

大きめの鍋を使う場合は、弱火で時折アクを取って煮ていきましょう。

豆をとってみて、親指と小指で大豆が潰れるくらいが、煮上がりの目安です。

潰した大豆に塩きり糀を混ぜ合わせて寝かせるまで

味噌作りの工程の続きです。

④煮上がった大豆を、温かいうちに潰していきます。

たくさんの大豆を潰せる豆ミンサーがあれば、短時間で尚且つ綺麗に潰せますが、手を使ったりガラス瓶でも潰せます。

今後も味噌を手作りしたい場合や、5㎏以上の大豆を潰すのであれば、豆ミンサーはおすすめです。

手で潰すときは、大豆が熱いと火傷してしまいますから、手で触れる温度にしてから行いましょう。

⑤糀と塩を混ぜたものを塩きり糀といいます。

潰した大豆が手で触れるくらいの温度になったら、塩きり糀を、よく混ぜ合わせていきます。

温度が高いと糀の菌が死んでしまうので、注意が必要です。

タライのような大きい容器があれば混ぜやすいですが、なければ小分けにして仕込みましょう。

混ぜあわせた硬さの目安は、耳たぶくらいの柔らかさです。

ここで水分の調整を行うと、カビが生えやすくなります。

ですので、浸漬の時間を守り、芯がないように大豆を煮上げていく必要があるのです。

⑥混ざった味噌を両手ですくい、団子状にして空気を抜きます。

団子状になった味噌を、熟成容器に押し込みながら詰めていきましょう。

投げ入れる形でも構いません。

容器は木桶がおすすめです。

木桶は菌が住みついているので、味噌の味や香りがよくなりますよ。

⑦ ⑥に和紙、なければラップをして、空気に触れないようにしましょう。

水分を吸ってくれる和紙は、カビが生えにくくなります。

中蓋を敷いて、重石を乗せましょう。

味噌のできあがりに対して、2~3割ほどの重さで十分です。

重しをすることで、カビが生えにくくなります。

⑧常温で約10~12ヶ月寝かせれば、手作り味噌のできあがりです。

蔵元ですと、熟成途中で味噌をひっくり返し、熟成具合や水分を均一にさせる天地かえしを行います。

しかし、ご家庭の場合は大量に仕込むわけではないので、天地かえしを行なう必要はありません。

手作り味噌を楽しもう

ご自身で選び抜いた材料で作った味噌は、きっと格別においしいことでしょう。

まずはお試しで作りたいかたは、手作り味噌キットで挑戦してみるのも楽しいですよ。

自然のもので、無添加で作れるのも、手作りだからできることです。

食事を自然のものに、そして毎日の食事を豊かなものにしましょう。