肉の味噌漬けや魚の西京漬けの作り方!冷凍保存もできて便利

たくさんの魚や肉が手に入ったり、使いきれずに余ってしまったら、味噌漬けにしてみませんか?

保存もできて、素材の味が落ちにくくもなりますよ。

冷凍しておけば、毎日の食事の準備も楽になります。

お弁当のおかずとしても、便利です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ミニトマトを種から発芽させるには温度管理が重要ポイント!

赤くて、小さな丸型、甘味が多く、料理の飾りやデザートに使われる事が多いミニトマト。とても身近で...

りんごを使った絶品レシピ!簡単なレシピをご紹介!

ヨーロッパには、「1日1個のりんごは医者知らず」という、ことわざがあります。それだけりんごには...

味噌汁レシピで人気!しじみの旨味たっぷり&濃厚に仕上げる

しじみの味噌汁を作りたいと思っている方はいませんか?しじみは味噌汁レシピの中でも人気を集める...

家庭菜園で作ったスイカの収穫時期の見分け方を知ろう

スイカは夏の風物詩ですね。とてもおいしいですし、作るのがそんなに難しくないため、家庭菜園にもお...

レタスとキャベツの栄養素を比較!食物繊維が多いのはどっち

レタスとキャベツは、栄養素のひとつとも言われる「食物繊維」が多いとよく聞きますよね。この食物...

片栗粉・小麦粉はどうやって保存してる?常温?冷蔵?冷凍?

ご家庭に必ず常備されている片栗粉や小麦粉などの粉類。大きなパックで買ってきてしまったりすると、な...

賞味期限が切れた卵は大丈夫?生・半熟・ゆで卵で違いは?

冷蔵庫には、いつも卵がありますね。安売りをしていると、つい2パック、3パックと買いすぎてしま...

味噌汁がおいしくなる作り方!具がもやしだったらどうする?

みなさんは、味噌汁の具には何を入れますか?普通はわかめや豆腐、油揚げやネギといったところ...

味噌汁レシピ×旬の野菜!手軽に季節を感じる味噌汁のススメ

日本のソウルフードとも言える味噌汁は毎日の食卓に欠かせない一品ですよね。味噌汁は地域や作る人...

電子レンジで作るポップコーンは体に悪いだけの菓子なのか?

ポップコーンは大人も子供も大好きで、テーマパークでもよく食べているお菓子であるため、栄養があれば...

オーガニックハーブティーがおすすめ!ギフトにもピッタリ!

ハーブティーはカフェインレスのものが多く、カフェインが取れない方でも飲むことが出来ます。妊婦...

自宅で本格的な味を!味噌ラーメンのスープ、手作りレシピ

ラーメンは味噌・醤油・塩・とんこつ、などの、どの味が好きですか。面白いことに、お住まいの地域...

味噌炒めの献立に鶏肉を使ってみたらこんな効果がありました

味噌は発酵することで、原料の大豆にはない、アミノ酸やビタミン類がたくさん生成されます。ア...

うまみアップ!味噌漬けレシピで魚をおいしく食べよう

スーパーマーケットの魚売り場でよく見かける、味噌漬けの切り身魚。ごはんのおかずにも酒の肴にも...

りんごの蒸しパンは低カロリーなのか?高カロリーなのか?

お菓子作りが初めての方でも作り方が非常に簡単なりんご蒸しパン。ふわふわで生地が軽く、甘さもや...

スポンサーリンク

手作りで作る味噌漬けの万能タレ

はじめに、味噌漬けのタレを作ってみましょう。

☆味噌ダレ

【材料 約2カップ】

・味噌 400g
・みりん 1カップ
・酒 1/2カップ
・砂糖 50g
(甘くしたくない人は、砂糖の量を減らしても良いですよ)

【作り方】

①全ての材料を鍋に入れて、中火にかけて混ぜていきます。

②表面がフツフツしてきたら、火を弱火にしましょう。

味噌ダレを焦がさないように注意しながら時折混ぜて、ポテッとしてくるまで20~30分煮詰めてください。

③粗熱がとれたら保存容器に移して、冷蔵庫で2ヶ月ほど保存が可能です。

長期間保存ができるため、忙しいときにも便利ですよ。

この味噌ダレは野菜と和えたり、炒めもので使ったりと、幅広く使えます。

味噌漬けとしては、魚にももちろん合いますが、おすすめは肉です。

ご飯にピッタリな、ステーキの味噌漬けはいかかでしょうか。

冷凍保存もできますよ。

肉を味噌漬けにして焼こう!冷凍も可能

☆ステーキの味噌漬け

【材料 4人分】

・ステーキ用の牛肉(サーロインやヒレなど) 2枚(500g)
・味噌ダレ

【作り方】

①ラップを引いて、牛肉をのせます。

肉の両面に、味噌ダレを塗りましょう。

塗り終わったら、ラップで空気が入らないようにピッタリと包みます。

これを冷蔵庫に入れて、12時間以上おきましょう。

②12時間以上経過して味を染み込ませたら、牛肉に付いた味噌ダレをぬぐって、食べやすい大きさに切ります。

③熱した魚焼きグリル、または焼き網にのせて、②の両面を焼きます。

④味噌が焦げていないか確認しながら焼いていきます。

こんがりと焼けたらできあがりです。

お好みで味噌ダレを塗っても良いですよ。

冷凍する場合は、味噌ダレを塗ってラップでピッタリと包み、チャック付きの袋の入れて、冷蔵庫で1日味を染み込ませてから冷凍庫で保存しましょう。

冷凍できる魚の西京漬け

関東では、味噌漬けが一般的ではありますが、京都や関西地方では西京漬けが親しまれています。

使われる味噌は、甘口の西京味噌です。

その西京味噌をみりんなどで伸ばして、肉や魚に漬け込んでいきます。

実際に作ってみましょう。

☆さわらの西京漬け

【材料 4人分】

・サワラ 2切れ
・塩 少々

・西京みそ 100g
・酒 大さじ1.5~2
・みりん 大さじ1/2~1

【作り方】

①合わせ味噌の材料を全てボウルに入れて、混ぜ合わせておきます。

②さわらに塩を少々振り、10分程置きます。

10分経過したら、さわらから出た水分を拭き取り、半分に切ります。

③ラップを広げて、そこに①を少量塗ります。

その上に、さわら1/2切れをのせてから①を塗り、ピッタリとラップで包みます。

包んださわらは、チャック付きの袋に入れて、空気を抜いて密封して冷凍しましょう。

味噌漬けにした肉の焼き方

意外と難しいのが、味噌漬けや西京漬けの焼き方です。

美味しく漬かっていても、食べるための調理で焦がしてしまっては勿体ないですよね。

味噌は焦げやすいので、美味しく焼けるいくつかのポイントをご紹介します。

【味噌漬けにした肉の焼き方のコツ】

①味噌漬けにした豚肉を冷凍庫や冷蔵庫から取り出して、常温に戻して置きましょう。

②キッチンペーパーやスプーンなどを使い、味噌を軽く落とします。

③フライパンに油を薄く引いて、肉を並べましょう。

ポイントは、肉を並べてから火にかけることです。

火をつけてから肉を並べると、肉の表面だけ焦げやすくなってしまうからです。

④中火で熱して軽く表面に焦げ目が付いたら、ひっくり返し、弱火にして1分焼きます。

⑤1分経過したら火を止めて、蓋をして予熱で蒸していきます。

4~5分が目安です。

ポイントは、予熱で仕上げることで焦げ付きにくく、肉が固くなるのを防ぎます。

以上が、味噌漬けにした肉の焼き方のコツです。

次項では、西京漬けにした魚の焼き方をご紹介します。

西京漬けにした魚の焼き方

味噌漬けと同じく、味噌で漬けている西京漬けも、焼くときに焦げやすいです。

さらに魚の場合は身がほぐれやすいので、アルミホイルで焼く方法をご紹介します。

【西京漬けにした魚の焼き方】

①肉の味噌漬けと同様に、冷凍庫や冷蔵庫から取り出して、常温に戻して置きましょう。

②クッキングペーパーなどで、西京味噌を軽く拭き取ります。

味噌を拭き取るのをしないで焼いてしまうと、その分焦げやすなってしまいます。

③アルミホイルを用意します。

魚の身がくっついてしまうのを防ぐために、アルミホイルはよく揉んで、シワをつけましょう。

広げたアルミホイルに、②を置き、グリルやオーブントースターで焼いていきます。

④グリルの場合は、弱火で片面5~6分程焼きます。

表面に薄く焦げ目がついたら裏返して、4~5分程焼いていきましょう。

オーブントースターの場合は、上下火で10分程焼いていきましょう。

フライパンで焼きたいときは、弱火で焼き色がつくまで焼いて裏返し、蓋をして3分ほど弱火で蒸し焼きにしましょう。

なお、魚の大きさや数、火の強さによって、焼き上がりの時間は調節してください。

肉や魚を上手に冷凍する方法

最後に、肉や魚を冷凍したいときに役立つ冷凍方法についてお話します。

【肉の冷凍方法】

☆新鮮な肉

鮮度の落ちた肉を冷凍しても、食べるときには美味しくありません。

必ず新鮮な状態で、冷凍しましょう。

☆小分けにする

使いやすい分量に分けて、冷凍しましょう。

無駄に解凍することなく、解凍するまでの時間も短縮できます。

☆急速に冷凍する

実は、冷凍するまでに時間がかかってしまうと、肉の細胞が壊れて傷みやすくなります。

すると、解凍時にもドリップが出やすくなり、うまみや栄養分も一緒に出てしまいます。

急速に冷凍するためには、金属製のトレイなどに乗せることで温度が伝わりやすくなり、素早く冷凍することができます。

☆密封する

空気に触れることで酸化し、傷みやすくなります。

ラップで包むときはピッタリと、そしてチャック付きの保存袋に入れて冷凍しましょう。

☆下味をつけて冷凍

味噌漬けや西京漬けなど、下味をつけてから冷凍することで、調理しやすくなることは勿論のこと、保存性も高まります。

【魚の冷凍方法】

☆内蔵やわたを取る

魚は内側から傷んでくることが多いので、生のまま冷凍する際はすぐに内臓やわたを取り除きましょう。

水気を拭きとったら、ラップでピッタリと包み、チャック付きの保存袋に入れて冷凍しましょう。

☆下味をつけて冷凍

肉の冷凍同様に調理しやすくなり、保存性が高くなります。

☆加熱後

焼き魚など、調理後の魚を冷凍したい場合は、粗熱を取ってからラップでピッタリと包んで、チャック付きの袋に入れましょう。

煮魚の場合は、煮汁ごとチャック付きの袋に入れて空気を抜き、冷凍してください。

あったら便利!冷凍食材

食事を作るためには、食材を購入しなければなりません。

毎日のことですから、買い物も大変ですよね。

そんなときに役立つのが、冷凍している食材です。

味噌漬けや西京焼きのように、下味をつけて冷凍しておけば後は焼くだけです。

食事の用意が楽になることだけではなく、すぐに使わない食材を無駄なく保存することができます。

ぜひ、ご家庭の冷凍庫を大いに活用してみてください。