もち米1合って何g?知っておきたいもち米の基礎知識

突然ですが、もち米のこと、どこまでご存知ですか?

おはぎなどを作るために用いるご家庭も多いことでしょう。

最近は、ダイエット効果をもたらすとして注目の存在でもあります。

今回は、そんなもち米に関する栄養価や美味しい食べ方、そもそも白米より1合あたり何gぐらい多く炊けるのか、など基礎的な部分から詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

栄養豊富な玄米飯を妊婦が食べても大丈夫?胎児への影響は?

妊娠すると、お腹の赤ちゃんのために栄養素が高くて体に良いものを摂りたい!と思うものですよね。日...

沖縄定番の油味噌!ごはんやおにぎりの具におすすめの常備菜

一般的に味噌というと味噌汁や料理の味付けに使用する調味料のイメージですが、沖縄には「油味噌」とい...

玄米の雑炊は「消化に良い食べ物」と結論付けてもいいの?

玄米は白米に比べて噛みごたえがあるお米で、消化に良くない面もあるのか、便にそのまま出てきてしまう...

玄米を虫から予防するためには?ワサビや唐辛子よりも効果的

新米の季節になりました。皆さんはスーパーでお米を買いますか?お米屋さんでお米を買...

玄米はダイエットに最適!痩せる食べ方をご紹介!

白米に比べ、ビタミンやミネラル、食物繊維を豊富に含んでいる玄米は「完全栄養食」といわれています。...

健康に良い玄米の糖質量は、茶碗1杯にどれくらいあるのか?

体に良いご飯の代表である玄米は精白されていないお米なので、白米にはないさまざまな栄養が含まれていると...

お米の吸水に丸一日かけると、ご飯は美味しく炊けるのか?

お米を炊く前、あなたはお米に吸水させていますか?「吸水させると、ご飯が美味しく炊ける」と聞いた...

豆腐の栄養・効果とは?豆腐の味噌漬けやデザートの作り方!

豆腐は日本の古くからある食材で、現代でも幅広く料理に使用されていますよね。そんな豆腐の栄養素や...

おくら・めかぶ・納豆などネバネバ食材が身体に良い理由とは

おくら・めかぶ・納豆など、ネバネバ食材は食欲が無いときなどに重宝する欠かせない食材です。ネバ...

毎日食べても飽きない!玄米と雑穀米の美味しい炊き方は?

玄米や雑穀米は栄養豊富で、ヘルシーだと言われていますが、パサパサした触感や特有のえぐみ、匂いがあ...

おいしいお味噌汁のレシピ!味噌の栄養効果と粗食のルール!

私達日本人は、味噌が好きな方は多いですよね。毎日の食卓に、ご飯とお味噌汁はセットで出てく...

玄米ご飯を上手に冷凍・解凍して美味しさと栄養を保つ方法

玄米は、美容や健康に良く、玄米特有のモサモサとした食感はなく、とても美味しいと感じる人が大多数です...

玄米と押し麦の栄養はどう違うの?どちらがダイエット向き?

体に良いといわれる玄米と押し麦ですが、それぞれに含まれている栄養はどう違うのでしょう。ま...

赤飯と甘納豆を圧力鍋で作ってみよう!甘納豆赤飯もオススメ

昔から日本では、記念日の節々には、お赤飯を炊いてお祝いをしていますよね!炊飯器や蒸し器では、...

ご飯の最適な保存方法と保存目安は?夏場は特に注意が必要!

ご飯を炊いたものの、食べる人の都合によって、余ってしまうことってありますよね。そんな余っ...

スポンサーリンク

もち米と白米、それぞれ1合って何g?

炊飯器で炊く場合、白米1合の水に浸さない状態での重さは、約150gです。

これを浸水させると約200g、さらに炊飯させると約350gまで増量します。

ちなみに、お米の浸水はご飯をおいしく食べるための秘訣です。

お米が水に浸ると、お米の中のデンプンが分解されて糖が出来上がり、この糖がご飯をふっくらさせます。

浸水時間は温度によりますが、20分から1時間程度くらいが目安です。

注意点として、洗いすぎると米が砕けて小さくなり、ふっくら感が衰える可能性があります。

水の量は200ccで、これは米1合に対し、1.1~1.2倍の割合が黄金比と言われているためです。

うっかり白米と同じ要領でもち米を炊いてしまうと、美味しく食べられません。

そもそも、もち米と白米は1合あたりの水の量が異なります。

1合150gのもち米には100ccの水が適量で、その比は0.8です。

炊きあがったお米の重さも300gと、白米よりも50gほど軽いのが特徴です。

なお、もち米は水の吸収が早いため、水を多くすると食感がべちゃべちゃしてしまいます。

早めに炊きましょう。

1合あたりのもち米と白米の糖質とエネルギー比較

もち米と白米の大きな違いは糖質です。

精米されたもち米1合(150g)あたり約72gに対し、白米は1合あたり約55.5gと、もち米の方が30%程度多く含まれています。

お米の種類によって含まれる糖質が何gかは、各々バラツキがあるものの、もち米のそれが最も多いです。

また、糖質に付随してエネルギー量も多く、炊きあがったもち米1合(350g)あたりには、なんと約1,260kcalも含まれています。

特に、もち米はおこわなど、様々な具と一緒に炊くケースが多いです。

そのため、美味しさに我を忘れてたくさん食べてしまうと、一日に必要な摂取カロリー(男性:2,600kcal、女性2,000kcal)をあっという間に越えてしまう恐れがあります。

一方、白米の場合は約600kcalと、もち米に比べて半分以下です。

お米以外にも、例えば食パン150gあたりの糖質は約65g、一斤だと約160gでエネルギー量は約900kcal以上です。

後述するダイエットに関しても同様ですが、肥満に影響する糖質とエネルギーの数値は、日常生活において意識すべき数値と言えるでしょう。

1食1合?一日に食べるお米の量は何g?

朝昼晩、毎食お米を食べたとしても、その量は都度バラバラでしょう。

いったい、一日に何g食べているのかは、ダイエットでもしない限り、意識することはないかもしれません。

部活にいそしむ年頃なら、毎日3合食べるのが普通、という家庭も珍しくないのではないでしょうか。

そもそもお茶碗一杯は、何gでしょうか。

だいたい150gと言われています。

つまり、炊きたてのお米1合はお茶碗2杯ちょっと、ということになります。

一般的には毎食茶碗1杯分、昼は少し多めだったりすると1.5合は食べていることになるでしょう。

ちなみに、コンビニのおにぎりは1個約100g程度で作られています。

手軽に食べられる反面、2~3個食べたらお茶碗2杯分に匹敵し、付随して糖質や塩分を摂取することになるので要注意です。

おこわや炊き込みご飯など、もち米が使われているおにぎりなら、なおさらです。

また、飲み会の締めにお茶漬けなど簡単に食べてしまいますが、こちらも同様の配慮が必要ですね。

おはぎ作りには何gのお水が必要?

日本の伝統和菓子おはぎを、お彼岸に自宅で作られる方も多いのではないでしょうか。

おはぎを10個前後作るには、1合のもち米があればできます。

より美味しく作るコツは、もち米とうるち米を8対2の割合で一緒に炊くことです。

こうすると、歯ごたえが柔らかすぎず硬すぎず、絶妙な食感を楽しめます。

もち米だけを炊く際は、米と水の比が1対0.8で水を少し少なめにするのがコツです。

おはぎを作る際は、食感に柔らかさと粘りを与えるべく米と水の比を1対1にしましょう。

また、おはぎを冷えた場所に置いておくと固まってしまうため、水を多めにして炊くのはこれを防ぐ役目があります。

他にも砂糖を何gか入れて、硬化防止を図るのも良いでしょう。

時間の経過や冷えた場所に置いておくと味が劣化してしまうので、作ったその日に食べきるのが、おはぎの美味しい食べ方です。

もち米がダイエットにおすすめなワケ① 豊富な栄養素

もち米1合あたりに含まれる糖質とエネルギーの多さは上述の通りですが、その反面メリットも数多くあります。

もち米には様々な栄養素が含まれており、特に豊富に含まれる食物繊維・ビタミンB1・カルシウムは、そのどれもがダイエット効果をもたらすものなのです。

まず、食物繊維は整腸作用を促すため、消化機能の活発化が期待できます。

さらにお通じを良くする効果もあるので、老廃物を体外へ放出するデトックス効果、そして新陳代謝を活発にすることで、体内を若く健康な状態にしてくれます。

続いて、ビタミンB1はもち米の糖質を、分解・エネルギー代謝を促進する役割を果たしてくれます。

エネルギーに変換されなかった糖質の何gかは体脂肪となり、肥満の原因になります。

しかし、ビタミンB1と食物繊維の働きで、太りにくい体質をつくりやすくなります。

そして、カルシウムもまた、体に脂肪が堆積するのを抑えてくれます。

さらに、効果的にダイエット進めるには、お赤飯にして摂取することがお勧めです。

小豆には、コレステロール値を下げてくれるサボニン、血の巡りを良くしてくれるカリウムが豊富に含まれています。

そのため、もち米と一緒に食べられるメニューとして注目の一品なのです。

もち米がダイエットにおすすめなワケ② 習慣化させやすい

世の中には、ダイエット方法がたくさん提唱されています。

しかし、成功している人はどれほどいるのでしょうか。

多くの人の悩みは、ダイエットが続かないことではないでしょうか。

ダイエット成功のコツは、継続することです。

継続しなければ、効果は体感できません。

継続するには、シンプルかつ、ストレスを感じない方法が重要です。

食事制限をすると、食べたいものが食べられなず、絶対量が少なくなるため、いつか反動が起きかねません。

もち米なら食べ応えがありますし、よく咀嚼することで満腹中枢が刺激され、満腹感を感じられます。

1合炊いておけば、1~2日はそれで食事を賄えるので、費用対効果も抜群です。

日本人にとって、お米はお水のように毎日食べ続けても飽きないものですが、ときには違うものも食べたくなるでしょう。

そんなときには、玄米や雑穀米などに切り替えてダイエットを続けましょう。

この2種類はもち米同様に、食物繊維・ビタミン・ミネラルが豊富に含まれているので、体の代謝を良くする効果を持ち合わせています。

一気に3種の米を炊き、何gかは保存して、あとは一度に全て味わうのも楽しいでしょう。

もち米を使って日本食を楽しもう

世界無形文化遺産として和食が登録されるなど、日を追うごとに日本食の注目度が上がっています。

それは、世界的な健康志向が一因とされ、もち米はその一角を担う存在です。

おはぎや赤飯など様々な姿に変わるだけでなく、デトックス効果を持ち合わせる、魅力的な食材で、末永く付き合いたい米のひとつと言えます。