玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

オーガニックフードで健康体!どんな利点・欠点がある?

      2018/01/03

オーガニックフードで健康体!どんな利点・欠点がある?

「オーガニックフード」と聞くと、なんだか身体に良さそうな気がしませんか?

近年では、オーガニックフードの流行により、様々な食品で「オーガニック」とつけられている商品を見かけるようになりました。

ここでは、オーガニックフードの利点、また欠点についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

電子レンジで手軽に作れるお菓子!カップケーキのレシピ集!

小さな子どもがいる家庭では、おやつのお菓子を用意するのも...

電子レンジでもトーストは作れる?!オーブンがなくてもOK!

ほとんどの方がトーストを作るのに、トースターやオーブンを使...

味噌作りの容器はどんな材質が最適?プラスチックでもいい?

日本人にとって欠かせない調味料の味噌。 食の欧米化が進...

醤油を刷毛で料理に塗りたい!おすすめの商品や使い方は?

近頃は健康に気を使う人が増え、醤油や味噌なども「減塩」のも...

カロリーゼロは万能ではない!どんな食品でも摂りすぎに注意

カロリーゼロの食品を利用したことがありますか。 小腹が...

カロリーは1日に摂って使って!健康で綺麗な女性を目指そう

皆さんはダイエットをしたことがありますか? 女性であれ...

カロリーはダイエットとは全く関係ないの?多面的に解説

カロリーを抑えればダイエットできるという話をよく耳にしま...

必要カロリーはそれぞれ違う?女性の一日に必要なカロリー

暑い日が続き、今年はいわゆる「酷暑」といわれています。 ...

カロリーが気になるなら牛乳とヨーグルトどちらがおすすめ?

カロリー制限中やダイエット中でも必要な栄養素はバランスよ...

豚肉は高カロリーそうだが、ダイエットに向いているのか

豚肉のダイエットが注目されているそうです。 しかし、豚...

外で食べるカロリーが高いご飯メニューとメリットデメリット

一食で最もカロリーが高いご飯と聞かれたら、それはビュッフ...

若人こそ一食のカロリーが大切!おかずだけで500kcal以上を

1日に必要なカロリーを推定必要エネルギー量と言います。 ...

栄養満点の味噌汁の作り方!ほうれん草の下茹での必要性は?

ほうれん草は、お野菜の中でも特に栄養価が高いと言われてい...

味噌汁の具にもやしを使うとこんなに良いことがあります

暑かったり寒かったり、天候の関係で価格の変動が激しくなっ...

冬が旬のぶり!ぶりの風味豊かな味噌汁のレシピとは?

お料理のメインになるぶりですが、味噌汁の具材にしてもとっ...

納豆に味噌や砂糖を加えると美味しい?!色々な納豆の食べ方

食卓に加えると、食べ応えも栄養も十分に発揮してくれる納豆...

牡丹鍋は味噌味が最強!その歴史と分布・作り方をご紹介

近年はジビエが流行したりと、ちょっと変わったお肉を食べるの...

離乳食の味噌汁はいつからOK?作り方と注意すべきポイント

生後5ヶ月頃から始まる離乳食、赤ちゃんが食べる練習をする...

実はおでんに味噌をつけるのが密かな人気!実際に食べてみた

肌寒くなってくると恋しくなってくるのがおでん。 近年、コ...

ふきのとうで作る「ばっけ味噌」が美味しい!保存のコツとは

山菜がスーパーに出回り始めると「春」を感じますね。 春...

スポンサーリンク


そもそもオーガニックフードとは?

オーガニックフード(有機食品)とは、無農薬で育てられた食品のことをいいます。

更に詳しくご説明しますと、「化学合成農薬、化学合成肥料、遺伝子組み換え生物」を使用せずに育てられた農産物ということです。

実は、オーガニックフードになるには、いくつか条件があります。

まず、穀物についてですが、土壌が3年以上無農薬の状態を保っていなければなりません。

そのため、仮に3年経過していない状態で出荷した場合、それはオーガニックフードとはみなされないのです。

肉類に関しては、自然に近い状態で育てられ、また抗生物質や、ホルモンの投与はせず、100%の有機食材を飼料として食べて育った動物でなければ認められません。

アメリカにいたっては、「100%オーガニック」と表記してあれば、オーガニック、つまり有機食材のみで作られたものを意味します。

他にも「オーガニック」にのみの表記でしたら、原料の95%が有機食材で作られていることになります。

ここまで、ご説明したように、「オーガニックフード」は一般的に流通している食品よりも、科学的な農薬や肥料等が使用されていないものと考えればいいでしょう。

では、オーガニックフードを摂り入れることで、どんな利点があるのでしょうか。

次にご紹介していきましょう。

オーガニックフードはどんな利点がある?

オーガニックフードを普段の食事に摂り入れることで、どんな利点があるのでしょうか。

まず、なんといっても「農薬が少ない」ことが挙げられます。

世界各地を見ても、日本は農薬大国です。

といっても、日本の農薬に対する規制は非常に厳しく、人体に悪影響とされる農薬の使用は禁止とされています。

また、穀物に使用される農薬自体も太陽光や、微生物によって分解されやすいものを使用しています。

これらの取り組みにより、我々が食している食物は「安全」とも考えられています。

ただし、この日本で使われている農薬が身体にとって全く悪影響はないのか、といわれたらそうではありません。

ですので、科学農薬を使用していないオーガニックフードは、通常の農薬を使っている作物と比較すると、健康面で見ても安心なのではないでしょうか。

次の利点は「遺伝子組み換え」でないことです。

遺伝子組み換え食品の多いアメリカでは、遺伝子組み換え食品の出現と共に、「癌・白血病・先天性異常・アレルギー」などの慢性疾患が急増していることが結果として出ています。

この事実だけを見て、遺伝子組み換え食品が身体に悪いかどうかということを断言できるわけではありませんが、危険の可能性は十分に考えられます。

オーガニックフードの利点!美味しくて栄養価が高い!

オーガニックフードの利点はまだまだあります。

なんといっても、美味しく栄養価が高いことです。

有機野菜を食べたことがある人なら分かると思いますが、味は本当に抜群です。

一般に売られている野菜と比べると、甘みやみずみずしさの違いを感じられるでしょう。

野菜本来の味わいを感じることができるので、生で食べても美味しいです。

また、美味しい上、栄養価が高いことも大きな利点です。

特に有機野菜には「抗酸化物質」が多く含まれています。

抗酸化物質を簡単にご説明しますと、体内の活性酸素を除去する働きがあり、細胞の傷害を予防したり遅らせたりするものです。

抗酸化物質を摂り入れることで、老化や疾病に対して効果があるといわれています。

有機野菜と通常の野菜を比べると、有機野菜に約65%も多く抗酸化物質が含まれていたという結果もあります。

他にも、乳製品や肉類に関しては、「オメガ3脂肪酸」が約50%も多く含まれていたという結果があります。

オメガ3脂肪酸は、神経の発達、機能改善、免疫機能向上などに効果があるとされていますが、食品から摂取するのは難しいとされる栄養素です。

オーガニックフードに変えるだけで、これらの栄養素を多く身体に摂り入れることができます。

オーガニックフードは地球にもいい利点がある

オーガニックフードは、健康面を見ると、様々な利点があることが分かりますね。

また、オーガニックフードを選ぶことは、地球の健康にも影響があるとされています。

それは、有機農法が地球の土壌の改善にいいこと、また生物多様性の確保など、数多くの利点があることが分かっています。

私たち人間は、微生物や植物がいなければ生きていくことができません。

ごく自然な食物連鎖では、土の中にある有機物を微生物が分解し、それを植物が吸収し育ちます。

育った植物を人間が食すというように、土の中でも、水の中でも、全て食物連鎖で繋がっています。

つまり、人間が末永く健康でいたいと考えるのであれば、植物や微生物の生きる環境を整えるよう、考えることは当たり前のことです。

オーガニックフードは、化学合成農薬、化学合成肥料、遺伝子組み換え生物を避けた食品です。

オーガニックフードは、健康や食物の安全性を高めることが主な目的ですが、地球を守るという意味でも、大きな意味があるのです。

オーガニックフードの欠点とは?

オーガニックフードの様々な利点についてお話してきましたが、オーガニックフードにもいくつか欠点があります。

そもそも、オーガニックフードは、登録認定機関の検査・認証を受け合格したものでなければ、オーガニックフードとして認められません。

合格した場合、有機JASマークを付けることが義務付けられ、ようやく「有機」や「オーガニック」と表示できるのです。

オーガニックフードとして販売するためには、登録認定機関の検査・認証に合格しなくてはならず、また生産に、非常に手間がかかるものであるため、一般的な食品に比べて高価であることです。

有機野菜と一般的なスーパーで売られている野菜の価格を比べると、3~5割程度高くなっています。

また、有機野菜は化学合成農薬等の使用が禁止されていますから、虫食いや大きさが不揃いであることもあります。

中には、虫が付いたままの野菜も販売されていることもあります。

また、他の欠点としては100%無農薬ではないことも挙げられます。

政府のガイドラインを見ると、「科学農薬や化学肥料を避ける」とありますが、政府が指定している天然由来の安全性の高い農薬であれば使用が認められています。

そのため、有機野菜=無農薬ということではありません。

オーガニックフードは本当に安全なの?

「オーガニック=安全」という認識が高い中で、実は危険なのではないかというい疑問を感じている人もいるようです。

では、本当に安全なのでしょうか。

結論から申しますと、「オーガニックフードは一般の食品より安全」です。

食品の安全性は、異物や菌類、農薬などが一定以下に抑えられていると安全な食品として実現されます。

このうち、異物や菌類などは、全ての食物において安全性が確保されているため、オーガニックが優れて安全とはいい切れません。

ただ、農薬に関してのリスクは大きく異なってくるでしょう。

オーガニックフードとされる食品は、限りなく科学的物質を排除しているものです。

そのため、科学的危害のリスクは一般の食品に比べると極めて少ないといえます。

ですが、オーガニックフードといっても、農薬を全く使用していないわけではありません。

一般の食品に比べれば安全ということであって、リスクがゼロとはいい切れない部分もあります。

それでもやはり、健康面や栄養面を見ると一般の食品より利点となる部分は多いでしょう。

これを機に、オーガニックフードを選んでみるといいかもしれませんね。

オーガニックフードで気持ち的に落ち着いた食事を

今ではオーガニックフードは、インターネットやスーパーなどでも簡単に手に入れることができるようになりました。

購入する際は、「有機JASマーク」を目印に探してみてください。

今回の記事を見て頂けた方ならわかるかと思いますが、このマークがついていれば、農薬が心配な方でも、幾分かは、安心できるのではないでしょうか。

栄養価の高いオーガニックフードを、積極的に摂り入れて、いきましょう。

 - 健康管理