玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

オーガニックのレモングラスのおすすめや使い方は?

      2017/12/29

オーガニックのレモングラスのおすすめや使い方は?

オーガニックという言葉を、目にすることが多くなりましたね。

野菜や食品、またはレストランに、この言葉がつけられることもあります。

では、オーガニックとは、具体的に何を指しているのでしょうか?

そして今回は、オーガニックのレモングラスについてお話します。

レモングラスはハーブの一種で、飲みやすくてオーガニック初心者の方も取り入れやすいので、おすすめです。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

オーガニックワインに合う料理とは?ワインの種類毎にご紹介

最近では、オーガニックワインが人気を集めているようです。...

オーガニックガムシロップの様々な用途とは?料理もご紹介!

アイスコーヒーやアイスティーのお供として、ガムシロップは...

玄米を精米すると栄養量が減る?玄米のアレコレを学ぼう!

栄養豊富で健康的なことから、いま熱視線を浴びている玄米。...

美味しいお味噌汁が簡単に作れる!便利な味噌玉が今話題!

突然ですが、皆さんは、お味噌汁を食べていますか? お味...

味噌を使ったインスタント食品の作り方!味噌玉って何?

お湯を注ぐだけで、味噌汁が作れるインスタント食品は便利で...

味噌漬けした肉の作り方!安い肉が美味しい肉に変わるかも?

味噌漬けした肉は風味も良く、柔らかいものが多いですが、...

ひと手間加えるだけでワンランクアップ!味噌漬け魚の作り方

外食した際に、西京焼き・味噌漬け焼きというメニューを見か...

材料色々な味噌チゲのレシピ!魅力満載の韓国料理について

日本の和食と同様に、韓国料理も健康食として、世界中から注...

体に優しい発酵食品の味噌と豚肉を使ったレシピのご紹介

豚肉を加熱すると、お肉のタンパク質が固まって、硬くなって...

味噌を手作り!大豆選びから大豆をつぶす道具などをご紹介!

日本食というと、ご飯と味噌汁、お漬物が定番ですね。 こ...

味噌作りは塩が不可欠!おすすめの食材で手作り味噌を作ろう

なにかと手作りがブームのなかで、味噌作りも密かに注目され...

【濃口・減塩・薄口】醤油大さじ1杯の塩分を徹底調査!

今、世界的に塩分を控えることがすすめられています。 ...

オーガニック食品は何から試してみる?おすすめをご紹介

オーガニック食品が体に優しいとは知っているけれど、やはり...

肉の味噌漬けや魚の西京漬けの作り方!冷凍保存もできて便利

たくさんの魚や肉が手に入ったり、使いきれずに余ってしまっ...

味噌ラーメンの具といえば、野菜炒め!その作り方をご紹介!

寒い冬に食べたくなるのが、味噌ラーメンですよね。 そし...

醤油に飽きたら味噌焼きうどん!レシピやお店をご紹介!

焼きうどんというと、醤油味かソース味だと思っていませんか...

必見!日本全国の醤油メーカーの取り組み&海外への展開

醤油は今、国内だけでなく世界中で、大切な調味料として多く...

オーガニックフードを使った健康に良いレシピ集です

最近よく聞くオーガニックフード。 健康に良く、美味しい...

知っておくと便利!醤油の大さじ1杯は何ccになるの?

様々な料理の本やネットのレシピを見ると、食品や醤油などの...

お米好きのためのお米30キロの値段!最もお得な方法をご紹介

日本人なら毎日の食事に「お米」は欠かせないですね。 ス...

スポンサーリンク


オーガニックとは何を指しているのか?

近年、オーガニックという言葉をよく聞くようになりました。

オーガニックとは『有機』という意味です。

具体的には、どんなものを指しているのでしょうか?

日本では、オーガニックは、農薬や化学肥料を使わないで育てたという、有機農産物を表す言葉として使われています。

オーガニックと呼べる食品には、厳しい基準が設けられています。

日本では、食品において、農林水産省が設けた基準を満たして、はじめて『有機栽培』や『オーガニック』という表示ができるようになります。

基準としては、

◇化学的に合成された肥料や化学農薬の使用を避けること
◇遺伝子組み換え技術を用いないこと
◇種を撒く前もしくは植え付け前の2~3年の間、有機肥料で土づくりを行った田畑で生産していること

などがあります。

登録認定機関が行う検査において、基準をクリアし合格したものに、『有機JAS認定マーク』が付けられます。

オーガニックの食品は、栽培において手間やコストが掛かっているため、値段もオーガニックではない食品と比べると高くなってしまいます。

ですが、オーガニックの良さは、より多くあります。

例えば、体に良いものを取り入れることができるので、健康につながること。

自然と共生でき、環境を自然で健全なものに保てることなどです。

そこで、手始めに、ハーブから取り入れてみるのはいかがでしょうか?

ハーブの中でも、レモングラスは飲みやすいハーブティーとして人気です。

これから、オーガニックのレモングラスについて、詳しく見ていきます。

レモングラスとは

レモングラスは、南インドやスリランカ、東南アジアに多く生息する、細長い葉が特徴のイネ科の植物です。

学名はCymbopogon citratus(キンボポゴン・キトラトゥス)と言い、アジア料理やカリブ料理でよく使われるハーブです。

レモングラスは、有名なタイ料理であるトムヤムクンなどの香りづけに使われ、ハーブティーとしても楽しまれます。

イネ科の植物だけあって、見かけはイネに似ていて、レモンを彷彿とさせるところは、どこにも見当たりません。

なぜ『レモングラス』という名前なのでしょうか?

じつは、その風味と関係があります。

レモングラスは、レモンの香味成分であるシトラールを含んでおり、レモンのような風味があります。

栄養としては、ビタミンA・ビタミンC・葉酸・マグネシウム・亜鉛・鉄分・カリウム・カルシウムなど、様々な成分を含んでいます。

そんなレモングラスのオーガニックのものには、どのような効能があるのでしょうか。

レモングラスの効能

レモングラスは、レモンの風味を持つ、栄養たっぷりのハーブということが分かりました。

特に、オーガニックのものでしたら、残留農薬を気にせずに摂取することができるので、おすすめです。

それでは、実際にレモングラスを摂取すると、どのような効能が期待できるのでしょうか。

レモングラスは、消化を補助してくれる効果が期待できます。

そのため、食前や食事中に飲むのがおすすめです。

下痢や吐き気にも効果があるそうですよ。

また、レモングラスは、抗菌・抗ウイルス作用を持つと言われています。

そのため、インフルエンザや風邪予防にも良いでしょう。

咳を抑え、高熱を下げる効果や高熱時の鎮痛効果もありますから、風邪をひいてしまったときに飲んでも良いでしょう。

ほかにも、余分なコレステロールの吸収を、抑える効果もあります。

健康維持やダイエットにも向いている。

また、レモングラスには抗うつ作用があるため、軽度のうつに処方されることもあるそうです。

気分が優れないとき、ちょっとしたサポートとして用いてみても良いでしょう。

カフェインレスのため、飲む時間を選ばないところも嬉しいです。

おすすめのオーガニックレモングラスティー

レモングラスは、飲みやすくて素晴らしい効能が期待できるので、ぜひ試してみたいですよね。

オーガニックのレモングラスは、ハーブティーとして飲むのがおすすめです。

レモングラスティーは、ネットショップでも購入できますし、スーパーなどの店舗でも買えます。

おすすめの商品をご紹介します。

●生活の木 有機レモングラス 100g

1,800円ほどで購入できます。

有機栽培のレモングラスを使用したハーブティーです。

有機JASに合格したハーブを使用しています。

●ひしわ 有機国産レモングラス ティーバッグ8袋

500円ほどで購入できます。

有機JAS認定マークが付いています。

希少な国内産有機レモングラスを使用しています。

●有機レモングラスティー 35g メルハーブ

600円ほどで購入できます。

ケニア山の麓メル地方の小さな工場「メル・ハーブ」で作られたハーブティーです。

昔ながらの自然農法で作られたレモングラスを、天日で乾燥させたものです。

オーガニックレモングラスの使い方やレシピ例

レモングラスは乾燥させて粉末にしたり、生のまま用いられることもあります。

主に、ハーブティー・スープ・カレーなどに使われ、鶏肉やシーフードなどとの相性が良いです。

以下、レシピの例を挙げます。

レモングラスの代表的料理と言えば、トムヤムクンでしょう。

●タイ料理 トムヤムクンのレシピ

さっぱりとレモングラスの風味が効いたスープです。

【材料】

・エビ 10匹
・エリンギ 3本
・水 600cc
・トムヤムペースト 15g
・オーガニックレモングラス 1本
・ミニトマト 3個
・唐辛子 少々
・ライム汁 大さじ1.5
・ナンプラー 小さじ3
・パクチー お好みで

【作り方】

①エビの頭を落とし、殻をむき、野菜は、ひと口大に切ります。

②鍋に水を入れて、沸騰させ、トムヤムペーストを溶かします。

③レモングラスを入れ、エリンギ・ミニトマト・唐辛子を入れます。

煮えたら、ナンプラーとライム汁を加えます。

④エビを入れて、エビの色が変わったら、火を止めてください。

パクチーをきれいに飾って、出来上がりです。

また、料理以外にも使い道があります。

それは、入浴剤代わりとして使う方法です。

ハサミでザクザクとレモングラスの葉を切り、目の細かい布の袋に入れます。

お茶のパックでも代用可能です。

口をしっかり結んで、お湯を入れる前にその袋を湯船に置いておき、お湯を入れた後20~30分放置してから、お風呂に入ってみてください。

お肌にハリが出て、デオドラント効果もあるようです。

オーガニックレモングラスの精油もある

レモングラスのフレッシュな香りは、香料として食品や香水にも使われ、アロマテラピーにも用いられます。

水蒸気を蒸留する方法で、精油も作られます。

レモングラスの精油の芳香には、脳を刺激し、やる気を出させる作用があります。

疲れたときの、リフレッシュにおすすめです。

お風呂に数滴落として、アロマバスにしても良いですし、足湯のときに数滴たらすのもおすすめです。

ちなみに、レモングラスの香りは虫が嫌うため、虫よけにも使われます。

ティッシュペーパーに1滴たらして、クローゼットに入れると、虫よけ効果があります。

ここで、簡単に作れるものを、ひとつご紹介します。

オーガニックレモングラスの精油で、ボディクリームを作ってみましょう。

【材料】

・オーガニックレモングラスの精油 1.2滴
・ホホバオイルなどのオイル 10ml
・遮光瓶

【作り方】

容器などにすべての材料を入れ、混ぜて出来上がりです。

出来上がったら、遮光瓶に入れて保存します。

オーガニックのレモングラスの効果に驚き!

いかがでしたか?

今回は、オーガニックのレモングラスという、爽やかで美味しく、効果効能も高いハーブをご紹介しました。

ハーブティーだけでなく、料理やお風呂にも使えるなんて、とっても役に立つハーブですよね。

ぜひ、オーガニックのレモングラス、一度試してみてください。

 - その他食材