玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

コンソメの顆粒の保存方法&メリット・デメリットとは?

      2017/12/27

コンソメの顆粒の保存方法&メリット・デメリットとは?

スープなどによく使われるコンソメですが、固形や顆粒・練タイプなど、様々なものが販売されています。

その中でも、よく使用されているのは、調理に沢山の使い道があって、便利な顆粒タイプではないでしょうか。

今回は、顆粒タイプのメリット・デメリットについてと、上手な保存方法について、ご紹介します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

家庭での味噌の作り方!大豆1kgの作りやすい分量でご紹介!

最近は発酵食が美容と健康に良い効果を与えると見直され、味...

田楽の味噌レシピをご紹介!残ったときのアレンジも

囲炉裏端で田楽を食べたことはありますか? 田楽は豆腐や...

豚肉の味噌焼きは驚きのカロリー控えめなダイエット料理

豚肉の味噌焼きは美味しくて、それだけでご飯がいくらでも食...

味噌汁の塩分濃度は何パーセントなのか?計算方法もご紹介

日本の食卓に欠かせない味噌汁。 しかし、塩分が高くて高...

手前味噌の作り方のコツは?初めてならビニール袋がおすすめ

最近、手作りの味噌が話題になっています。 手前味噌とも...

絶品!本格味噌鍋がカンタンに3ステップで完成!レシピ6選

鍋といえば、鍋つゆが命です。 後は好きな具材を入れるだ...

味噌汁の簡単レシピをご紹介!一人分を作る便利な方法は?

一口すするとホッとする味噌汁は、食卓の一品として欲しくなり...

別茹でなし!味噌煮込みうどんのレシピ!乾麺使用で時間短縮

うどん料理を作るとき、皆さんは市販の茹でうどんを使います...

美味しい味噌ラーメンの作り方は?簡単・本格両方紹介!

ラーメンは、とんこつや鶏を煮て、時間がかかるイメージです...

味噌入り鍋はおいしいうえに栄養満点!人気レシピの作り方

味噌入り鍋は体が温まりますし、野菜の甘味と味噌のコクが一...

手作り味噌の容器の大きさは?口の広さや大きい方がよい理由

近頃は、手作り味噌の材料や、容器がネット通販で買いやすく...

簡単な味噌汁のレシピ!栄養豊富なオクラを食べてみましょう

意外に知られていませんが、オクラは栄養が豊富です。 特...

焼きおにぎりに味噌を塗ってシソを添えると味と香りがアップ

焼きおにぎりには、味噌と醤油味があります。 こんがり焼...

ズッキーニを相性の良い味噌とチーズで美味しく食べよう!

みなさんは、ズッキーニを食べたことはありますか? ラタト...

手軽でおいしい味噌汁の作り方!なすの定番・斬新レシピ

なすの味噌汁と言えば定番の味噌汁の具のうちの一つかと思い...

毎年味噌を手作りするならホーロー。おすすめする5つの理由

手作り味噌のおいしさを一度知ったら、やみつきになってしま...

寒い冬にはユリ根の味噌汁はいかが?意外に豊富なレシピ公開

冬の高級野菜、ユリ根はどんな食べ方が好きですか? とは...

自家製味噌の製造販売の許可を取る方法と必要な資格の取り方

味噌は材料があれば、誰でも製造をすることができます。 ...

味噌鍋、旬の食材や冷蔵庫のもの全てをおいしく食べる作り方

冬と言えば鍋、鍋の定番のひとつは味噌鍋ですね! 味噌は...

発酵食品パワーをおかず味噌で手軽に!6つの作り方をご紹介

味噌は古くから「医者いらず」と言われるほどの発酵食品で、...

スポンサーリンク


コンソメの種類について

コンソメの種類というと、固形・顆粒が一般的です。
手ごろな値段で、手に入りやすいと思います。

しかし、家庭で手作りしたいという方もいると思うので、ここではコンソメの簡単な作り方をご紹介します。

【材料】

・人参 1本
・玉ねぎ 2個以上
・ウィンナー(茶色) 半袋以上(なければ鶏肉でも良い)
・ニンニク(チューブでも可) 好みの量
・魚のアラ(なくても可) 好みの量
・お酒 100ml
・水 1ℓ

【作り方】

①人参と玉ねぎはみじん切り、ウィンナーも細かく刻みます。

ニンニクは、スライスでお好みの量(チューブも同じ)を使います。

魚のアラは、流水で血を洗って塩を振り、15分くらい放置します。
鶏肉を使う場合は、流水でよく洗って塩を振り、15分くらい放置します。

②水と酒を鍋に入れ、灰汁を取りながら丁寧に煮込みます。

③灰汁がなくなってきたら、布巾でこして出来上がりです。

市販のものよりも味が薄めになると思うので、お好みで塩コショウをすると良いでしょう。

以上の手順で、健康的なコンソメスープが作れます。

手作りの場合は、多めに作って冷蔵庫に入れておく保存方法もあるので、あとでお伝えします。

コンソメの顆粒とブイヨンの違い

こんな経験はありませんか?

コンソメ料理をしたいけど、コンソメ(固形でも顆粒でも)をきらしてしまっていた。

そんなとき、ブイヨンを使おうと思った人も、いるのではないでしょうか。

似ているけど、コンソメとブイヨンは、少し違うことをご存知でしたか。
知っておくと便利なので、ここでご紹介します。

コンソメは、フランス語で「完成された」という意味があります。

作り方は、牛や鳥の肉&骨・野菜くず・魚介類に香辛料を、丁寧に煮込みます。

そして、灰汁や具材を取り除き、澄んだスープに仕上げます。

コンソメとは、そのまま飲めるスープのことを意味するのです。
対してブイヨンは、フランス語で「だし汁」という意味があります。

作り方は、牛や鳥の肉&骨・野菜くず・魚介類に香辛料を入れ、時間をかけてじっくりと煮込みます。

うま味やエキスが、たっぷりのだし汁です。
主に煮込み料理や、ソースなどのベースに使用します。

私達が普段使用している鰹節・昆布・和風だしに似ていますね。

これで、はっきりと違いがわかったと思います。

コンソメがないからと、ブイヨンを使うときは、全く違うものだということを理解したうえで、使用できるといいですね。

次は、コンソメ顆粒の保存方法についてお伝えします。

コンソメの顆粒の保存方法

ここでは、コンソメの顆粒を上手にストックできる保存方法をご紹介します。

皆さんは、購入する際に、どのくらい購入していますか。

必要なときに、必要なだけ買っている人も多いと思います。
ですが、料理をよくする人の場合は、まとめて買っておいたほうが経済的なのです。

しかし、その際に気になるのは、保存方法です。

湿気も防げて大量にストックでき、長期間日持ちさせることができる保存方法があるのです。

コンソメにも、顆粒と固形タイプがあります。

固形タイプの場合は、口の広い蓋つきの瓶に、中の包装をそのままにして、バラバラにします。

蓋を付けることで、湿気を防げます。

顆粒タイプの場合は100円均一で売っている、細かい穴が開いていて、粉類や顆粒タイプの調味料を入れて保存できるものがあります。

それに半分だけ入れておき、いつでも使えるようにします。
手を汚さずに、振るだけで使用できるので、便利です。

お鍋に直接振ると、湯気で湿気が中に入り込むので、小皿かお玉の上に必要分だけ出して、味をつけることを忘れないでください。

そして残りは、しっかりと蓋の閉まるタッパやビン類に入れて、冷蔵庫に保存しましょう。

特に夏場は、暑さで固まることもあるので、気を付けてください。

コンソメ顆粒を使うことと保存方法に関すること

ここでは、コンソメ顆粒を使ううえでの、メリットとデメリットをご紹介しましょう。

【メリット】

じっくり煮込んだお肉と、香味野菜のコクがギュッとつまった、洋風の味を自分で出すのは、難しいですよね。

ですが、コンソメ顆粒を使うことで、手軽で簡単に洋風の味を出すことができます。

また、固形タイプだと、溶けきるまでに、少し時間が必要です。
ですが、顆粒ならすぐに溶けるので、水分の少ない炒め料理にも、とても便利です。

失敗が少ないので、料理が苦手な人や時間がない人にもおすすめです。

【デメリット】

コンソメ顆粒は、湿気にとても弱いので、保存方法を間違えただけで、全部ダメになってしまいます。

湿気対策は、しっかりしないといけません。

また、固形とは違って顆粒の場合は、使用する量を自分で決めるので、入れ過ぎには注意しましょう。

市販のものに限っては、保存性をよくする目的もあって、塩分が多く含まれています。
そのあたりも、注意しましょう。

コンソメの栄養

みなさんは、コンソメに含まれる栄養が、主にどんなものかご存知でしょうか。
コンソメの栄養についても、少し触れておきます。

前項の、コンソメとブイヨンの違いでもご紹介しましたが、コンソメには野菜・肉類・香辛料から出た栄養が、たくさん詰まっています。

ビタミン類はもちろん、美容の味方のコラーゲンも、多く含まれています。

コンソメの材料の香辛料には、身体を温める効果もあるようなので、冷え性で悩んでいる人にもおすすめできるでしょう。

ぜひ、冬だけではなく、夏場にも工夫をして、食べましょう。
コンソメの保存方法も簡単なので、便利に楽しく活用してみてください。

ですが、デメリットでもご紹介したように、塩分も多く含まれています。
市販のコンソメ顆粒や固形タイプを使う際は、塩分の取り過ぎに気を付けましょう。

いくら栄養があるとはいえ、1日1杯が限界でしょう。

手作りのコンソメの場合は、作る工程で塩分濃度を調整してあげれば、さほど気にする必要はありません。

食物アレルギーがある人は、市販されているコンソメの表示項目に、十分気を付けてくださいね。

手作りスープの保存方法&コンソメ顆粒で美味しく作れる料理

最後に、手作りしたコンソメスープの保存方法についてお伝えします。

コンソメスープをよく冷ましてから、タッパなどの保存容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

冷蔵で2~3日は保存できます。
もしくは、タッパ又はフリーザーパックに入れて、冷凍保存しましょう。

冷凍で、約1ヶ月は保存できます。
用途に分けてストックしておくと、普段の料理時間を短縮できて便利です。

コンソメを使う料理の定番は、スープや煮込み料理です。

ですが、チキンライスやハンバーグ、餃子などにもコンソメを使うことで、普段とは違った味のものを提供できるのです。

では、おすすめの「コンソメ顆粒を使った餃子」の作り方をご紹介します。

【材料】

・ひき肉 100g
・玉ねぎ 1個
・シイタケ 3個
・人参 1/3
・ニラ 50g
・餃子の皮 25枚入り
・ショウガ 1/2
・塩コショウ 適量
・コンソメ顆粒 大さじ2(スティックなら1/2)

【作り方】

①ショウガを含む野菜を、全部みじん切りにし、ひき肉に塩コショウをし、粘りが出るまでよくこねます。

②ひき肉に野菜・ショウガ・コンソメを合わせて、さらによくこねます。

③具を餃子の皮に包みましょう。

④油をひいていないフライパンに餃子を並べて、裏に焼き目が付くように焼きます。

⑤焼き目が付いたら、餃子がかぶるくらいの水を加えて蓋をし、10分蒸します。

⑥蓋をしたまま、残っている水を捨て、油を回し入れて、パチパチと音がするまで焼き目を付けたら完成です。

自家製コンソメはおすすめ!

市販のコンソメを使用することで、塩分の量が気になる人は、自家製コンソメを作ることをおすすめします。

このとき、使用する塩を天然のものにすることで、より体に良いコンソメに仕上がることでしょう。

ぜひ、自家製のコンソメを作って、美味しい料理を沢山作ってください。

 - 料理のポイント