玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

麹使用の甘酒でパンを作る?甘酒で作るふっくらパンレシピ

      2017/12/06

麹使用の甘酒でパンを作る?甘酒で作るふっくらパンレシピ

甘酒でパンが作れることをご存知でしょうか。

砂糖とお水の代わりに麹を使用した甘酒を使うのですが、麹を使用した甘酒で作るパンは、自然な甘みがクセになるおいしさです。

今回は、麹で甘酒を作る方法と、麹で作った甘酒でパンを作るレシピについて、ご紹介します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

美味しい玄米ご飯のカロリーは炊く前と炊いた後でどう違う?

お米は玄米でも精白米でも、炊く前と炊いた後では、水の量が...

「トランス脂肪酸フリー」のマヨネーズについて知りたいこと

「トランス脂肪酸フリーのマヨネーズ」と聞くと、体にいいマ...

電子レンジでパンを温めるときにアルミホイルは使えるの?

私たちの生活のなかで、もはや電子レンジはなくてはならない...

濃厚とろとろ茶碗蒸しを電子レンジで作る秘訣はチーズにあり

みなさんは、茶碗蒸しは好きですか? お店で出される茶碗...

電子レンジのターンテーブルにケーキ型をのせて手作りケーキ

小さい子どものため、ケーキを焼きたいという人のために、便利...

チューブタイプのバターに含まれるトランス脂肪酸への疑問

チューブタイプのバターと聞くと、いつもは固く感じがちなバ...

自然製法でもトランス脂肪酸フリーのバターは存在しない?

2018年6月にアメリカでは、トランス脂肪酸の使用の規制...

味噌を詰める容器がガラスであるメリットと注意点とは?

味噌というと、スーパーで売られているパック入りの味噌が一...

麦味噌を作ってみよう!試しに2kgを容器に詰めてみよう

麦味噌をご存知ですか? 九州や愛媛県、山口県ではメジャ...

カロリーと脂肪の量がうまく絡む豚肉と部位の深い関係

肉の部位とカロリーは大きく関係します。 多くの人が、精...

カロリーの一日に必要な摂取量はどれくらいなのでしょうか?

飽食の時代と言われて久しい現代、生活習慣病に悩む人々も増...

お茶碗一杯分のカロリー消費にはどんな運動をどれくらい?

秋、食事が美味しくなる季節です。 ついつい箸が進み、食...

枝豆はカロリーが低くてダイエットに最適って本当なの?

夏から秋にかけての旬といえば、枝豆ですよね。 最近は芸能...

おにぎりと大福のカロリーと満足度の比較をしてみた結果…!

お弁当の定番はおにぎりという方も多いのではないでしょうか...

ドライトマトにはどんな栄養がある?カロリーはどれぐらい?

ドライトマトといえば、美容・健康・ダイエットに効果があると...

5kgダイエットするために必要な消費カロリーは?方法は?

年々、付きやすく、落ちにくくなってきました。 これは体...

食事が進まない2歳児!1日に必要とするカロリーの目安は?

かわいい盛りの2歳児は、「魔の2歳児」といわれるぐらいで...

自分のカロリー消費量を知ろう!1日の活動強度ごとに解説

あなたは、自分の体が1日にどれくらいのカロリーを消費して...

玄米の炊き方と、含まれるとされる「毒」との関係性とは?

玄米は健康に良い食品なので注目される分、「毒」を持ってい...

玄米を浸水のために冷蔵庫を使う時の注意点とポイントとは?

冷蔵庫はとても便利な家電で、玄米の保存にも浸水のためにも...

スポンサーリンク


パンを焼く前に麹でまず甘酒を作りましょう

甘酒を使ってパンを作る前に、すべきことは麹で甘酒を作ることです。

ご自分で甘酒を麹から作ると、その甘さにびっくりしますよ。
その自然の甘さが、パン作りで生きるのです。

甘酒を麹で作るときは炊飯ジャーを使ったり、ヨーグルトメーカーを使ってもできますが、ここでは魔法瓶を使った作り方をご紹介します。

【材料】

・米麹 200g
・お水 240cc(米麹の量の1.2倍)
・温度計

【作り方】

①お湯を鍋に入れて火にかけ、温度計で計りながら、65℃くらいにまで熱します。
このとき、麹はまだ入れないでください。

②米麹を入れて、温度計で計りながら、65℃にまで調整します。
温度計を使って、しっかり計ることは、とても大切です。

③魔法瓶にあらかじめお湯を注ぎ、そのお湯は捨てて、温めておいた魔法瓶に②の麹を注ぎます。

口が大きい魔法瓶だと、注ぎやすいですね。
10時間保温が効く魔法瓶を使いましょう。

④4時間後に再度鍋に入れて、60℃まで加熱しても良いですが、温度が大丈夫なら、そのまま8時間保温し続けても甘酒ができますよ。

8時間保温し続けるので、おすすめは寝る前に仕込んで、一晩保温することです。

⑤冬は温度が下がりやすいので、熟成に時間が掛かります。

保温時間を長めに見積もることと、温度が下がりすぎてしまったら、再加熱することを心がけましょう。

ホームベーカリーで麹甘酒パンは焼ける?

では、おいしくできた甘酒を使って、パンを焼いていきましょう。

ホームベーカリーをお持ちなら、簡単に麹で作った甘酒入りパンが焼けます。
甘酒の自然な甘みがあるので、砂糖を入れないで作ることができます。

ホームベーカリーにお任せして、しっとりふんわりの麹甘酒パンを作ってみましょう。

☆麹甘酒パン

【材料】

・お水 55cc
・甘酒 120cc
・バター 20g
・塩 少々
・強力粉 250g
・ドライイースト 3g

【作り方】

①お水をホームベーカリ-の内釜に入れ、甘酒・バター・塩・強力粉の順に入れます。

②手で強力粉にくぼみを作り、ドライイーストを、そのくぼみに入れましょう。
もしくは、イーストケースがあるなら、ドライイーストをその中に入れます。

③セットして、食パンコースで焼けば、出来上がりです。

麹で作った甘酒で手ごねパンを作ろう

手ごねで作ると、また一段とおいしいですよ。

ここでご紹介するのは、少しハードめのプチパンです。
麹で作った甘酒をお水の代わりに入れて、こねて作ります。

過程を楽しみながら、作ってみましょう。

☆手ごね甘酒プチパン

【材料】

・甘酒 60g
・塩 少々
・ドライイースト 3g
・60℃のお湯 150cc
・強力粉 300g

【作り方】

①ボウルに、甘酒・塩・ドライイーストを入れて、泡立て器で混ぜます。

② ①に60℃のお湯を入れ、しっかり混ぜていきましょう。

③ボウルに強力粉を入れて②を注ぎ、はじめは箸で、次に手を使って、体重を加えながらこねます。
5分以上こねましょう。

④生地をひとつにまとめ、オーブンの発酵機能で45分発酵させます。
オーブンに、この機能がない場合は、暖かい場所で発酵させましょう。

⑤生地を12等分にし、ひとつひとつガスを抜きながら丸めます。
成型が終わったら、5分生地を休ませた後、また丸め直しましょう。

⑥オーブンで45分間、2次発酵させます。

⑦表面に切れ込みを入れ、200℃のオーブンで13分焼きましょう。

オーブンに霧吹きをして焼くと、パンがパリッと焼きあがりますよ。
焼き時間はオーブンによって違いますので、調整してください。

麹で作った甘酒入り蒸しパンとパンケーキの作り方

麹で作った甘酒の、自然な甘みでパンを作りましょう。
やさしい甘さを堪能してください。

2つご紹介しますが、ひとつはホットケーキミックスを使った、蒸しパンの作り方です。

☆甘酒入り蒸しパン

【材料】

・バター 20g
・麹で作った甘酒 180cc
・ホットケーキミックス 200g

【作り方】

①バターをレンジで溶かします。
様子を見ながら、短い時間で、こまめに加熱しましょう。

②甘酒と粗熱の取れたバターを混ぜ、そこにホットケーキミックスを入れ、木べら、もしくはゴムベラでさっくり混ぜましょう。

③カップケーキの型に入れたら、蒸し器に並べ、15分ほど蒸せば出来上がりです。

もうひとつのレシピは、甘酒とホットケーキミックスで作るパンケーキです。

☆甘酒入りパンケーキ

【材料】

・卵 1個
・麹で作った甘酒 100cc
・牛乳 70cc
・ホットケーキミックス 200g

【作り方】

①卵をボウルに割り入れ、甘酒と牛乳を混ぜます。

② ①にホットケーキミックスを混ぜます。

③フライパンを熱してサラダ油を引き、一旦、濡れ布巾にフライパンの底を押し当てます。

高いところから生地の3分の1を落とし、ごく弱火で焼きます。
甘酒入りのため、少し焦げやすいので注意しましょう。

④ぷくぷくと泡が浮かんで来たら、ひっくり返し、裏も焼きます。

火が通ったら、出来上がりです。

蜂蜜などかけて、お召し上がりください。
朝ごはんや、おやつにピッタリですよ。

麹で作った甘酒で自家製酵母を作りましょう

米麹から作った甘酒で、酵母が作れます。
とてもおいしいパンが焼けますよ。

☆甘酒酵母

【材料】

・甘酒 150cc
・砂糖 小さじ1(もしくは蜂蜜でも)
・ガラスの蓋つき瓶

【作り方】

①容器や使うスプーンなどは、煮沸消毒しておきましょう。

②容器に甘酒と砂糖を入れ、暖かい場所に置いておき、毎日1回は振ります。

③暑い時期は2~3日で泡が盛んに立ちますが、それが落ち着き、容器の底に澱がたまったら出来上がりです。

④冷蔵庫で落ち着かせます。

次に元種を作りましょう。

【材料】

・強力粉 1~3日に分けて30gずつ
・自家製酵母液 40cc
・お水 20cc

【作り方】

①高さのある透明な容器と箸を用意して、煮沸消毒しておきます。

②強力粉30gと自家製酵母液20ccを容器に入れ、箸でかき混ぜます。
蓋をして、暖かい場所に置きましょう。

③倍に膨らんだら、箸で混ぜてガスを抜き、冷蔵庫へ入れます。

④2日目も、①に強力粉30gと酵母液20gを入れて、箸でかき混ぜます。
暖かい場所に置き、2倍に膨れたら箸で混ぜ、冷蔵庫へ入れましょう。

⑤3日目は、④に強力粉とお水20ccを入れ、箸でかき混ぜ、蓋をして暖かい場所に置きます。
倍に膨らんだら、箸でガスを抜き、冷蔵庫へ入れましょう。

これで種の出来上がりですが、種自体は3~4日は冷蔵庫で保存ができます。

この元種を作ったら、おいしいパンが焼けますよ。

麹で作った甘酒酵母菌でパンを焼こう!

先ほどご紹介した酵母菌で、パンを焼いてみましょう。
こちらも、元をたどれば、麹菌で作った甘酒でできたパンです。

じっくり、ゆっくり発酵させるのがコツです。
焦らず、楽しんで作りましょう。

ドライイーストを使ったパンはポピュラーですが、一度この自家製酵母でパンを焼いてみてください。
きっと達成感が違いますよ。

☆甘酒酵母で作るパン

【材料】

・酵母菌の元種 80g
・強力粉 210g
・砂糖  30g
・塩 少々
・お水もしくは牛乳 120cc
・バター 25g

【作り方】

①ボウルに元種と強力粉と砂糖と塩を入れて、よく混ぜます。

② ①にお水もしくは牛乳を入れて混ぜ、柔らかくしたバターを混ぜこみ、よくこねます。

③ひとまとめにして、二倍になるまで発酵させ、ガス抜きをして、もう一度発酵させましょう。
同じ大きさになったら、5等分に分けて丸め、10分ほどベンチタイムをとります。

④ガス抜きをして丸め直し、90分発酵させましょう。

⑤パンの上に粉をふるい、200℃のオーブンで15分焼きけば、出来上がりです。

パンを焼く前に、パンの生地の上に切れ目を入れるのもおすすめです。

甘酒でできるパンはさまざま

麹で作った甘酒を元にしたパンの作り方をご紹介しましたが、いかがでしたか?
試してみたいレシピは、ございましたか?

甘酒は飲んでもおいしく、体にも良く、さらにパンまでも作れてしまうのですね。

まさに目から鱗です。

今回の記事を参考に、ぜひ作ってみてくださいね!

 - その他食材