エビに似ているオキアミとアミエビ。その違いは何?

かき揚げや、お好み焼きに入っている小エビが、エビじゃないということをご存知でしたか。

料理だけでなく、エビが入っているお菓子もたくさんありますよね。
それらに使われているエビも、実はエビではないかもしれないのです。

今回のお話は、エビに似ているけれどエビじゃない「オキアミ」と「アミエビ」という生きものについてお話します。

一体エビではなくて何なのか、その違いについてご説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

きび糖と上白糖の違いはあるの?2つの砂糖を比べてみよう

どの家庭にもある砂糖ですが、色や粒の大きさも様々です。スーパーで砂糖を買う時は、何を基準に買...

茄子の漬物を美しい色のまま漬ける変色防止の方法とは

漬物は好きですか?漬物を食べると、ホッとしますね。昔からの日本の味です。漬ける野菜はい...

夏バテにも効果的!?夏が旬の果物を使ってケーキを作ろう!

今年も暑い夏がやってきましたね。スーパーなどでは、夏が旬の果物が、沢山陳列されています。...

グラニュー糖と上白糖の違いが活かされた料理とお菓子の数々

お砂糖と一言でいっても、種類は様々です。黒砂糖にきび砂糖、三温糖・和三盆と砂糖も色々です。...

酒粕と牛筋でカレーは栄養満点!?酒粕と牛筋の効果とは?

酒粕と牛筋のカレーは、美肌カレーとしてご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。酒粕と牛...

チョコには凄い健康効果も!?手作りケーキでバレンタインを

小学生頃から意識しはじめる方も多いバレンタインデー。バレンタインといったら、主役はチョコです...

野菜ジュースレシピをご紹介!ジューサーで作るメリットとは

健康や美容のためにたくさん食べたい野菜。お手軽に多くの野菜の栄養素を摂ることができる方法の一...

きゅうりを使ったいろいろレシピ!大量消費で大助かり

夏野菜の定番と言えば、きゅうりですね。スーパーで安く手に入る夏に、たくさん食べたい野菜です。...

豚肉は太るか?100グラムあたりの部位・調理別カロリー比較

とんかつ、酢豚、しゃぶしゃぶなど、美味しいイメージのある豚肉。しかし、脂身が多く、太りやすい...

トマトに砂糖でイチゴ味に変身!?砂糖の過剰摂取には注意!

暑さが増してくると、トマトが美味しい季節になりますね。皆さんは、トマトは好きですか?トマ...

家庭菜園で育てたジャガイモが小さい原因と対策法をご紹介

ベランダやプランターなどの小さいスペースで、野菜が育てられる家庭菜園は手軽で人気ですね。簡単...

レモンの砂糖漬けはスポーツにぴったり!その理由とは!?

レモンの砂糖漬けは、スポーツをしている方などは馴染み深いのではないでしょうか。スポーツのとき...

味噌スープは奥が深い!レシピを知ってあたたかい給食の味に

給食を食べたお子さんが、「味噌スープが美味しかった!」なんて言っていると、ご家庭でも作りたくなり...

砂糖のカロリーは1gでどれくらい?体に優しい砂糖はある?

砂糖は普段の生活で欠かせない調味料ですが、摂り過ぎてしまうと体に悪影響を及ぼします。ダイエッ...

クセになる濃厚な味!なすとひき肉のおいしい味噌チーズ焼き

夏野菜の代表であるなすとひき肉を用いた味噌チーズ焼きが人気です。意外に思われるかもしれま...

スポンサーリンク

オキアミってどんな生きもの?

はじめに、オキアミについてご説明します。

オキアミは軟甲綱オキアミ科の生物で、プランクトンの一種です。
4cm前後の大きさで、エビの形をしています。

エビのような姿をしているので、エビの仲間と勘違いされやすいのですが、エビではなく、プランクトンの一種なのです。

オキアミは、クジラのエサとしても有名ですね。
あの大きなクジラのエサが、こんな小さなプランクトンというのは驚きですね。

日本では、太平洋海域に生息し、年間3~5万トンが水揚げされています。

生きているオキアミの体は透明で、水揚げ後に赤く色づきます。

水揚げされたオキアミの半分は、海釣りのエサや養殖魚のエサとして出荷されます。

食用にもなりますが、オキアミは劣化が早く色が変わりやすいため、生のままではあまり流通していません。

干しエビや、スナック菓子、ふりかけの材料など、加工品として使われることが多いです。

桜エビなどに比べ、オキアミは価格が低く、しかも色やカルシウムの含有量の高さは同じくらいなので、桜エビの代用として使われています。

海釣りが好きな人であれば、見たことがあると思います。

なぜなら、この後出てくる「アミエビ」と同様に、釣り用のエサとしても使われているからです。

釣り用のエサとして売っている場合は、3kgくらいの冷凍された四角いブロックになって売られています。

コマセと呼ばれる撒き餌として使われるほか、形の良いものは付け餌としても使われています。

アミエビってエビじゃない?違いは何?

「アミエビ」というと、先ほどのオキアミと同じように、コマセ(撒き餌)に使われるプランクトンの「アミ」や「イサザアミ」を想像する人もいると思います。

もちろん、それは「アミエビ」と呼ばれます。
しかし、「アミエビ」というと、「アキアミ」のことを指す場合もあるのです。

詳しくご説明します。

「アミ」は、数mm~1cm未満の細かい大きさのプランクトンです。
エビに似た形をしていますが、エビではありません。

釣りの餌や養殖魚の餌として使われ、食用にされることもあります。

一方、「アキアミ」は、アミと名前に入っていますが、れっきとしたエビの仲間です。
大きさは、1cm程度~3cm程度です。

このアキアミは、釣りの餌や養殖魚の餌としても使われるのですが、食用にも使われています。
一般的に、塩漬けされたものが出回っています。

この商品名として、「アミエビ」という名前が付くことがあります。

さらに、「オキアミ」を乾燥させたものを、干しアミエビという名前で売っていることもあります。

なんだか、ややこしいですね。

そのため、「アミエビ」は「アミ」であり、「アキアミ」でもあり、「オキアミ」でもあるのです。

すべてに共通して言えるのは、「エビのような形をしている」ということです。

これらのアミエビは、値段に違いはありますが、あまり区別されて使われているということはないようです。

勘違いしやすいオキアミと桜エビ

オキアミやアミエビ(アミ)は、プランクトンであるとお話しましたね。

エビの形をしているのに、エビでないというのも、なんだかややこしいですよね。

先ほどオキアミの説明をしたときにも出てきましたが、オキアミは桜エビの代替品としてよく使われています。

桜エビは、かき揚げやお好み焼きに入っていると、良い出汁が出て、きれいな赤い色は彩りとして使われます。

食感も独特で、おいしさをアップしてくれます。

そんな桜エビですが、獲れる時期が限定されているため、値段が高めです。
そこで、代替品のオキアミが出てくるわけです。

代替品として使われているということは、よく似ているということになりますよね。

オキアミと桜エビの違いについて、触れておきましょう。

オキアミと桜エビは、海の中に生息し、体の形や色もそっくりです。
しかし、生物学的には、まったく違う生きものになります。

桜エビは、サクラエビ科に属するエビの一種で、深海に生息する小型のエビです。

日本では、静岡県の駿河湾・東京湾・相模灘で生息していますが、水揚げが許可されているのは、駿河湾のみです。

海外ですと、台湾で水揚げされています。

オキアミと桜エビの違いを見分ける

オキアミと桜エビの違いを見分けるのに、産地を見るという方法があります。

桜エビは、国内ですと駿河湾でしか獲れませんので、原産地名が「駿河湾」になっていれば、桜エビです。
「台湾産」のものもあります。

それ以外の産地は、オキアミと考えましょう。

形がよく似ているとお伝えしましたが、大きな違いもあります。

それは「ヒゲ」です。
桜エビには、ヒゲが付いていますが、オキアミにはついていません。

オキアミは、小さなツノのようなものが付いているだけです。

また、価格も大きく違います。

桜エビは、水揚げの時期が限られているため、高価です。
安くて乾燥している「桜エビ」と名の付いた商品が売っていたら、それはオキアミかアミエビです。

色や味にも違いがあります。

オキアミは赤みがはっきりしていますが、古くなると白っぽくなっていきます。

桜エビは、旨味・香り・甘みがすべて良く、出汁もよく取れます。

オキアミは、食感や香りは桜エビと似ているのですが、旨味や甘みは低く、桜エビに比べると物足りません。

普段、オキアミか桜エビかを気にすることはあまりないかと思いますが、比べてみるとその違いは、はっきりしています。

見分けることもできますので、今度スーパーに行ったら、よく見てみてください。

オキアミやアミエビは重要な役割を持つ生きもの

オキアミは、クジラのエサになるプランクトンであることはお話しましたね。

世界で一番大きいクジラは、シロナガスクジラと言われています。

体長は20~30メートルで、体重は80~190トンの巨体です。
体長34メートルのものも確認されているそうです。

こんなにも大きなシロナガスクジラのエサが、小さなプランクトンであるオキアミということに驚きませんか。

クジラがオキアミをエサにしているのは、一気にたくさん食べることができるからと考えられます。

オキアミは、海中で数えきれないほど大量に存在しており、群れています。

また、オキアミは、海中の植物性のプランクトンを食べているので、海の栄養が豊富に含まれているのです。

クジラは、これを一気に捕食します。

大人のクジラですと、1日に4トン程度のオキアミを捕食するそうです。

たくさん存在しているから、たくさん食べられる。
たくさん食べられるから、大きい体を維持できる。

というわけです。

クジラは体が大きいので、大きな魚をたくさん食べているというイメージがありましたが、まったく違いましたね。

オキアミやアミエビは小さなプランクトンですが、生態系において重要な役割を担っている生きものだということがわかります。

アミエビを使って料理してみよう

食用のアミエビとして売られているものは、アキアミの場合もありますし、オキアミの場合もあります。

味の違いはあまりありませんが、気になるようでしたら、表示をよく確認してみてください。

安く手に入り、魚介のおいしい出汁が出ますので、ぜひ料理に取り入れてみましょう。
卵焼きに入れると、彩りになり、旨味もプラスされて栄養満点です。

【材料】

・ごま油 大さじ1
・卵 2個
・乾燥アミエビ 大さじ2
・かつおだし 大さじ1/2
・みりん 大さじ1/2

かつおだしがなければ、白だしを使います。

【作り方】

①卵をアミエビをボウルに入れて、かき混ぜます。

②かつおだし(or白だし)と、みりんを入れて混ぜます。

③フライパンにごま油を熱し、②を流し込みます。

④菜箸で円を描くように、かき混ぜましょう。

⑤半熟の状態で、卵を巻き、形を整えて完成です。

赤と黄色が入って、色がキレイなので、お弁当にもおすすめですよ。

小さなエビのプランクトンが大活躍

日本人はエビが大好きです。

世界各地から、さまざまな種類のエビを輸入して食べています。

伊勢エビや車エビ、甘エビにブラックタイガーなど、名前を聞いたことがありますよね。

小さなエビの形をしたプランクトンのことは、ご存知でなかった方も多いかと思います。

しかし、いろいろなところで大活躍しているということが、今回お分かりになられましたでしょうか。