お米の扱い方で炊き上がりが変わる!時間短縮で炊飯するには

みなさん、お米の炊き方に自信はありますか?

美味しいお米を食べるためにも、ちょっとしたポイントがあります、

普段何気なく炊いているお米も、これからお話するポイントを抑えてみると、見違えるように美味しいご飯が炊き上がりますよ。

また、なるべく時間が掛からないお米の炊き方も、あわせてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

手前味噌の作り方のコツは?初めてならビニール袋がおすすめ

最近、手作りの味噌が話題になっています。手前味噌ともいうこの自家製味噌作りですが、作るのに手...

お米の計量カップは100均でも買える?正確な量り方は?

みなさんは、お米を量る計量カップはどのようなものをお使いでしょうか。今回は、100均で買える...

離乳食は市販?それとも手作り?それぞれのメリットとは!?

離乳食は市販と手作り、どちらで進めていますか?離乳食は思うように進まなかったり、手作りだと少...

甜菜糖と上白糖の違いは何?2つの砂糖を比べてみましょう

料理に砂糖を使う機会は多いですが、どんな砂糖を使っていますか?白砂糖や茶砂糖があり、茶砂...

女性の大好きなドリアを電子レンジを使って簡単に作るレシピ

寒い冬の日に、体がほっこり温まっておいしいドリアですが、作るのは意外と難しいと思っていませんか。...

レモンの輪切りをアレンジしよう!きれいに切るコツは?

レモンの明るい黄色を見ると元気になりますね。ビタミンカラーと言われるだけあります。ご家庭で...

味噌味の焼きおにぎりをフライパンで手軽に楽しむ方法

焼きおにぎりは、その独特の香ばしさがおいしいですね。お店のメニューにあったり、冷凍食品のライ...

固形コンソメ1個は、顆粒コンソメの小さじ何杯なの?

料理本やレシピサイトを見ていると、コンソメの表示が固形コンソメであったり、顆粒タイプであったりし...

驚くほど美味しい味噌ラーメンが家庭でできる!6つのレシピ

美味しい味噌ラーメンが食べたいけれど、ラーメン屋まで行くのは面倒だし、お金もかかるというときは、...

これでもう作りすぎても大丈夫。クッキー生地の保存の仕方。

家でクッキーを生地から手作りするご家庭は結構あります。特に小さいお子様がいらっしゃるご家庭では、...

ホームベーカリーを使いこなすには?知っておきたい発酵温度

自動で簡単にパンが作れる「ホームベーカリー」。パン以外にも、ピザの生地や餃子の皮なども作れて、...

上白糖とグラニュー糖の違いは?代用はできるの?

普段の料理やお菓子作り、コーヒーや紅茶などの飲みものなどに欠かせない甘味料は砂糖ではないでしょう...

美味しいチャーハン&スープの作り方。中華料理屋みたいに。

皆さんは、中華料理って好きですか?皆さんが抱く中華料理のイメージは、どんなものでしょうか?...

片栗粉と小麦粉、お互い代用が出来る?ほかの代用品もご紹介

片栗粉と小麦粉は常備しているつもりでも、うっかり切らしてしまうこともありますよね。唐揚げを作...

豆腐を電子レンジでチンするだけ!スピーディな水切りの仕方

豆腐の下ごしらえに欠かせない水切り。面倒なうえ時間がかかりますよね。ところが電子レンジを...

スポンサーリンク

お米の扱い方で炊き上がりが変わる

美味しいお米を炊くには、お米を正しく計量するところから、はじまっています。

お米の扱い方次第で、ふっくらと美味しいご飯が炊き上がりますよ。

☆お米の計量

計量カップを使うときは、お米を入れて、すりきりで量ります。

ぴったり量るには、カップにお米を入れてからトントンとカップの底を当てて、お米をきちんと詰めながら、すりきり1杯を量りましょう。

☆お水の量

お水の量も重要です。

お米に対して、1.2倍の水を入れましょう。

お好みで柔らかくしたい場合は、お水を少し多めに。
固めがお好きならお水を少し少な目にと、調整します。

☆お米の研ぎ方

お米には、ぬかが付いているので、研いでぬかを洗っていきます。

ぬかを上手に取り除くことが、美味しいご飯を炊くことに繋がります。
はじめは、時間をかけず、素早くたっぷりのお水で、すすぎましょう。

2回目からは、少量のお水を使い、手のひらで優しく押すイメージで研いでいきます。

乾燥しやすい冬などは、静電気が発生しやすく、ぬかが多く付きやすいので、いつもより1回分多く洗いましょう。

お水に浸す時間でお米の炊き上がりに差が出る?

お米を洗ったら、いよいよお米を炊いていきます。
しかし、炊飯器の炊飯スイッチをすぐに押しては、美味しく炊き上がりません。

お米に対して、正確な量のお水を入れたら、最低30分間、冬の場合は1時間ほどお水に浸す時間を確保しましょう。

たくさんのお水を吸ったお米は、ふっくらと美味しく炊き上がります。

しかし、長い時間浸しておけばよいというものでもありません。

お米は、水分を吸収する量が限られているので、オーバーしてしまった場合は、お米のデンプンが流れ出てしまいます。

すると、美味しいどころか、ベタベタとした炊き上がりになってしまいます。
長くても、1時間30分を目安に浸しましょう。

浸す場所ですが、温度が低い環境がベストです。

そのため、温度の高くなる夏場などは、内釜にラップをかけて、冷蔵庫に入れておくのがおすすめですよ。

お米を蒸らす時間はどのくらい?

炊飯器から、炊き上がりの合図があったら、すぐにフタを開けていませんか?

すぐに開けなければならない場合を除き、美味しいご飯にするためには、蒸らす時間も大切です。

たっぷりと、蒸気をお米に吸ってもらい、釜の中に余計な水分が残らないようにします。
この蒸らしによって、ふっくらご飯が炊きあがります。

炊き上がりの合図があってから、フタを開けず、10~15分を目安に蒸らしてください。

この時間以上蒸らしても、ご飯が絞まって固くなっていくだけなので、蒸らし過ぎには注意してくださいね。

蒸らしたら、しゃもじを使い、釜の底から混ぜます。
釜底から混ぜることで、余計な水分が飛びますし、味も均一になります。

そうすることで、お米の風味を損なうことなく、保温ができます。

今までのお米の炊き方と比べて、いかがでしたか?
ちょっとしたポイントを抑えるだけで、美味しく炊き上げることができますよ。

コースによってお米の炊き上がる時間の違い

炊飯器には、早炊き・おかゆなど、コース選択やモードが備わっていますよね。

コースやモードによって、炊き上がりの時間は異なるのでしょうか。
例として、パナソニックのIHジャー炊飯器を見ていきましょう。

先ほどお話した手順で、お米を量って洗い、お米を浸します。
炊飯器に内釜をセットして、フタをしてコースを選びましょう。

【炊飯コース】

☆エコ炊飯コース

炊飯器を買ったときは、エコ炊飯という標準のコースに設定されています。
目安の炊飯時間は約44分です。

☆銀シャリコース

美味しさにこだわって炊きたいときに、おすすめです。
目安の炊飯時間は約56分です。

☆早炊きコース

少し固めの炊き上がりになりますが、名前通り早く炊飯ができます。
目安の炊飯時間は約25~35分です。

☆少量コース

0.5~1.5合までの、少量炊きたいときにおすすめです。
目安の炊飯時間は約55分と、標準を上回る時間です。

☆炊き込みコース

1~4合の炊き込みご飯の炊飯時間は、約54~58分です。
1~3合のおこわは、約50~54分を目安にしてください。

☆おかゆコース

5分のおかゆで、約47~62分が炊飯の目安です。

☆雑穀米コース

0.5~4合で約47~52分で炊き上がります。

☆玄米コース

100分~120分と、少々炊飯時間が掛かってきます。

このように、どのコースを選択するかによっても、炊き上がりの時間は変わるのですね。

お使いの炊飯器にはどんな機能が付いていて、どのくらいの炊飯時間を要するのか、調べてみましょう。

炊き上がり時間は電子レンジで短縮できる

時間を短縮して炊飯をしたいときなどは、炊飯器の早炊きコースが便利ですよね。
炊飯器の早炊きコース以外にも、ご飯が時短で炊ける便利グッズがあります。

1合のご飯が炊けるので、1人暮らしの方や、あまりご飯を食べない方にはおすすめです。
100均や、ホームセンターなどで販売されています。

今回は、ダイソーで販売されている電子レンジでご飯が炊ける商品の、炊飯方法をご紹介します。

☆ご飯1合炊き ダイソー

①お米1合をカップの中に入れて、お米を研ぎます。

②お米を研いだら、200ccのお水を入れて、中と外のフタをそれぞれ閉めて、30分~1時間浸しておきましょう。
③500Wで7分(600Wは6分)加熱したら、そのまま30分間蒸らせば出来上がりです。

柔らかめが良い場合は、お水の量を220ccにして調節してみてくださいね。

お米の炊き上がりは炊飯器と引けをとらず、ふっくらと美味しいですし、電子レンジでの加熱が6~7分なので、電気代の節約にもなります。

注意点としては、加熱時に吹きこぼれが生じるので、電子レンジのターンテーブルがベトベトになります。
その都度、洗うようにしましょう。

意外と早い時間でお米が炊ける土鍋

土鍋を使うことでも、炊き上がりの時間を短縮することができます。

なんと、お米をお水に浸す時間を除けば、約28分で美味しいご飯が炊けます。

炊飯器の早炊きコースや、電子レンジでの炊飯と同等に、早くお米が炊けるのです。

土鍋で炊く手順をご紹介します。

☆土鍋でご飯を炊く

①お米を研いでから、お水を加え、30分~1時間浸します。

この浸す時間は、炊飯器でも、電子レンジでも必要でしたね。
土鍋でも、同じように浸しましょう。

②コンロに、土鍋をセットして、土鍋を包み込むような強火で沸騰させ、湯気が出たら弱火にします。

ここまでに要する時間は、約8分です。

③弱火のままの火加減で、10分間炊きましょう。

10分経過したら火を止めて、10分間蒸らしに入れば、つやつやご飯が炊き上がりますよ。

土鍋でお米を炊くのは、意外と短時間で炊けます。

そして、土鍋ならではの、おこげも楽しめますよ。

時短でも美味しいご飯は炊ける

美味しいお米を購入しても、炊飯の方法で、台無しになってしまうこともあります。

台無しにしないためにも、十分にお米に水分を含ませる浸す時間を設けて、美味しくご飯を炊きましょう。

炊飯器で炊くときはもちろん、時短で炊ける電子レンジを使った炊飯方法や、土鍋で炊く場合も浸しましょうね。