カロリーが気になる!ショートケーキの生クリーム量って?

大人から子供まで、ショートケーキが好きな人は多いですよね。
お誕生日やクリスマスなど、イベントの日には欠かせません。

ショートケーキ=生クリームが大切と言っても良いほど、周りや間に挟んである生クリームが、味の決め手のひとつになっていますよね。

しかし、甘くておいしいだけにカロリーも気になるところです。

ショートケーキに使われている生クリーム量、そのカロリーは、どのくらいなのでしょうか。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

過食嘔吐とは糖質量にポイントを置いた食事メニューの改善

最近はテレビなどで有名な芸能人が短期間で実際に痩せて魅せるCMが人気化して、ダイエットに火をつけて...

トランス脂肪酸が気になるマーガリンに「ゼロ」が存在?

バターを買いたいけれどカロリーや値段が気になる……でもパンには油分をつけて食べたい!そういっ...

コーヒーの効能&ブラックコーヒーに砂糖を使うとNGな理由!

あなたは、1日何杯のコーヒーを飲みますか?朝食時に1杯、ランチ後に1杯、仕事の合間に1杯...

味噌汁に最適な塩分濃度は?簡単な作り方もご紹介

日本人の食卓に欠かせないものといえば、味噌汁ですよね。しかし、味噌汁は塩分が多いイメージがあ...

食生活改善でニキビ0に!ホルモンバランスを安定させるコツ

ニキビができると「肉中心の生活になってる?」や「チョコレートなどのお菓子の食べ過ぎ?」と考えがち...

ブドウ糖の名前は点滴で有名?ブドウ糖を食品で効果的に補給

皆さんは、ブドウ糖の名前を聞いた事はありますか?体調不良で点滴をした事がある方は、一度はブド...

栄養を吸収するためにはよく噛んだほうが良い理由

小さい頃、お母さんに「よく噛んで食べなさい」と言われませんでしたか?その理由には、栄養の吸収...

タンパク質と炭水化物(糖質)の同時摂取はしない方がいい?

いつもの食事で、この食品はタンパク質で、あの食品は炭水化物だな…などと考えている方はあまりいませ...

うつ病には食事改善が有効?感情をコントロールする食べ方!

近年、その患者数が増え続けているうつ病は、感情をコントロールできないというつらい症状を伴う、現代...

カロリーは意外に低い?!ラーメンに含まれる糖質や塩分は?

醤油に味噌、塩といった定番のものから、個性的なラーメンがたくさんあります。人気ラーメ...

スーパーの惣菜に使用される添加物の役割と安全性について!

スーパーやコンビニの惣菜は、何を食べても美味しいですよね。しかし、これらの食品には添加物が使用...

脂質とカロリー、どっちに気をつければいいの?糖質は?

ダイエットには、脂質やカロリーの制限が必要不可欠だと思います。しかし、これらのどっちに特に気をつ...

1歳児の発熱・・発熱したときの食事の基本やポイントとは?

まだまだ小さい1歳児くらいのお子さんはよく発熱しますよね。突然発熱すると、お母さんも心配にな...

体に優しい食事改善メニューを作るための献立作成の基本

「好きなメニューを選び、好きなだけ食べたい。」このように、食に対する欲求を強く持つ方は多いか...

野菜は食べずにサプリだけで健康でいられるのか?

「1日分の野菜が摂取できるサプリメント」。よく耳にしたり、見かけたりしますよね。では、野...

スポンサーリンク

ケーキと言えばいちごのショートケーキ!

みなさんは、ショートケーキと聞くと、どんなケーキを想像しますか?
おそらく9割の方が、いちごの載った、生クリームたっぷりのケーキを想像するのではないでしょうか。

ケーキ屋さんに行くと、必ずと言って良いほど、いちごのショートケーキは置いてありますよね。
ケーキの定番、代表と言っても過言ではありません。

いちごの甘酸っぱさが、生クリームの甘さとちょうど良いバランスになっています。

なので、色々なショートケーキがあるけど、いちごのショートケーキがやっぱり好きという人も多いでしょう。

しかし、気になるのは、そのカロリーです。

よくよく考えると、ショートケーキは結構な生クリーム量だと思いませんか?

お菓子作りをしたことがある人なら、お分かりのことかもしれませんが、生クリームは結構砂糖が入っていますよね。

しかも、スポンジ生地にも、砂糖・バター・小麦粉といった、高カロリーな材料が使われています。

しかし、カロリーを気にして食べると、なんだか罪悪感で、あまり楽しめませんね。
どれくらいのカロリーなのか、調べてみました。

ショートケーキの生クリーム量とカロリー

お誕生日やクリスマスなどで1ホール買って、家族や友達数人で切り分けて食べるとしても、1ピースのみのショートケーキを買うとしても、1人分はだいたい同じくらいの生クリーム量になりますよね。

果たして、どのくらいのカロリーになるのでしょう。

生クリーム量とカロリーを比較して、考えてみます。

生クリーム100ccあたりのカロリーは、410キロカロリー前後です。

しかし、これは生クリーム単体のカロリーなので、ショートケーキになると、多少変わってきます。

1ホールのケーキで使う生クリーム量は、400cc弱くらいです。
そこに砂糖やバター、小麦粉を使ったスポンジのカロリーが加わります。

いちごは、ほとんどカロリーがないので、ここでは省略します。

そして8~10等分(ケーキの大きさにもよりますが)するので、ショートケーキ1ピースあたりのカロリーとしては、330キロカロリーほどになるようです。

ただし、ショートケーキのデコレーション次第で、450キロカロリーほどになる場合もあるようですので、気にする人は注意が必要です。

同じ生クリーム量でもカロリーが違う

生クリームには種類があって、動物性脂肪と植物性脂肪では、カロリーに多少の違いがあります。

動物性脂肪の生クリームの方が、植物性脂肪よりも高カロリーです。

生クリーム量100ccで比較すると、動物性の生クリームは430キロカロリー、対して植物性脂肪の生クリームは400キロカロリーです。

味わいも、植物性脂肪の生クリームの方があっさりしています。

生クリームの甘さが苦手な人は、植物性脂肪の生クリームを使ったショートケーキを選ぶと、あっさり召し上がれていいかもしれませんね。

また、栄養面でも、多少の違いがあります。

動物性の生クリームより、植物性脂肪の生クリームの方が、たんぱく質やリンなどの量は多くなります。

反対に、植物性脂肪の生クリームより動物性脂肪の生クリームの方が、ビタミンやカルシウムの量は多いのです。

ビタミンは肌や髪の艶を良くしてくれたり、口内炎などの回復を促してくれたりと、良い効果を期待できます。

ショートケーキのカロリーを抑える方法

一般的に、ケーキの代表のようなイメージがあるショートケーキですが、みなさんは実際にどのくらいの頻度で食べていますか?

ケーキを毎日食べるという人は、限りなく少ないかと思いますが、それはなぜでしょう。

やはり、カロリーや糖分の摂りすぎで健康を害してしまうことや、経済面で家計を圧迫してしまうということが、その理由として考えられるのではないかと思います。

もしも、ショートケーキがどうしても食べたいとき、我慢しないでカロリーを抑えられたら、すごくうれしいですよね。

実は簡単に、摂取カロリーを抑えられる方法があるのです。

おやつの時間というと、15時ですよね。

実は、14時~15時という時間は、1日の中で最も、摂取したカロリーを燃焼しやすい時間なのです。

したがって、もしもショートケーキを食べるのであれば、15時のおやつの時間に食べることをおすすめします。

もちろん、ショートケーキに限らず、カロリーが高めのおやつを食べるのは、この時間が良さそうです。

生クリーム量が少ないケーキを…なんて考えるより、よっぽど簡単ですね。

ショートケーキを食べるときのおすすめドリンク

ショートケーキを食べるとき、みなさんなら、どういったドリンクを選びますか?

コーヒーや紅茶、ジュースなどでしょうか。

コーヒーは、煎り方によって味が変わってくることは、コーヒーが好きな方ならご存知かと思います。
ですが、その微妙な味の差で、合うケーキが変わってくることに気付いた方は、いらっしゃるでしょうか。

コーヒーは、浅煎り・中煎り・深煎りという淹れ方がありますが、それぞれで合うケーキは変わってきます。

まずは浅煎りですが、チーズケーキやシフォンケーキのように、軽い味わいのケーキがマッチします。

中煎りは、浅煎りより深い味わいが楽しめるので、ショートケーキやシュークリームなど、生クリーム量が多く甘みの強いものにも合います。

深煎りは、一番苦みやコクが強い淹れ方です。
チョコレートケーキやモンブランなど、濃厚な味わいのケーキと相性が良いようです。

紅茶は、色々なフレーバーが楽しめるので、ケーキだけでなく紅茶そのものでも楽しめます。
カロリーオフを狙うなら、おすすめは生姜紅茶です。

生姜は体を温める効果もありますし、代謝を上げてカロリーを消費することのできる、最高の食材です。

ご家庭でも普段のストレートティーに、すりおろした生姜を少し入れて飲むだけで、簡単に作ることができるので、ぜひお試しください。

代用品で生クリーム量を抑えよう

普段お菓子作りをされる方なら、ショートケーキなどに生クリームをどれくらい使っているか、ご存知かと思います。

しかし、生クリームはあまり保存がきかない上に、使い切れないこともあるので、困ってしまうという方もいるのではないでしょうか。

値段もカロリーも高くて、できれば使いたくないという方もいますよね。

生クリームの代わりにほかの材料で、お菓子作りができたならカロリーを抑えられて、しかも経済的で、すごく得した気分になりますよね。

実は、身近にある食材で、生クリームの代用ができるのです。

代表的な食材は、2つです。

まずは、水切りヨーグルトです。

ヨーグルトを水切りしたもので、もったりとした食感が特徴です。

初めて食べたときは、その食感に本当に驚きました。
これがヨーグルト?という感じで、少し固めの生クリームのように感じました。

味わいは、生クリームよりあっさりしています。

もうひとつは、豆腐です。
ホイップのようになりますが、角は生クリームほどは立ちません。

生クリームと混ぜて使うと、カロリーも抑えられるので、生クリーム量が気になるダイエット中の方におすすめです。

どちらの食材も、余ったら普通に食べることもできるので、手作りされる際には、ぜひ試してみてください。

ケーキが大好きでも大丈夫!

ケーキなどの甘いものが大好きでも、健康面の問題や経済的に、我慢しなければいけないと思っている方が多いと思います。

しかし、食べ合わせや時間、手作りで材料を変えるなど、工夫できることも多いのです。

どうせなら、おいしく、そして健康的に甘いお菓子の時間を楽しめるといいですね。