玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

牛乳や生クリームで作るお菓子のレシピは?

      2017/10/31

牛乳や生クリームで作るお菓子のレシピは?

牛乳や生クリームで作るお菓子、美味しいですよね。
お菓子の生地に牛乳や生クリームを入れることでコクや風味が増し、しっとりふんわり感がでます。

お菓子の種類も、ゼラチンで固めるものから、焼き菓子まで様々です。

リッチなお菓子が食べたくなったときに、いくつかお気に入りのレシピがあるといいですよね!

今回は、牛乳もしくは生クリームを使った、簡単で美味しいお菓子のレシピをご紹介します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

カロリーゼロは万能ではない!どんな食品でも摂りすぎに注意

カロリーゼロの食品を利用したことがありますか。 小腹が...

カロリーは1日に摂って使って!健康で綺麗な女性を目指そう

皆さんはダイエットをしたことがありますか? 女性であれ...

カロリーはダイエットとは全く関係ないの?多面的に解説

カロリーを抑えればダイエットできるという話をよく耳にしま...

必要カロリーはそれぞれ違う?女性の一日に必要なカロリー

暑い日が続き、今年はいわゆる「酷暑」といわれています。 ...

カロリーが気になるなら牛乳とヨーグルトどちらがおすすめ?

カロリー制限中やダイエット中でも必要な栄養素はバランスよ...

豚肉は高カロリーそうだが、ダイエットに向いているのか

豚肉のダイエットが注目されているそうです。 しかし、豚...

外で食べるカロリーが高いご飯メニューとメリットデメリット

一食で最もカロリーが高いご飯と聞かれたら、それはビュッフ...

若人こそ一食のカロリーが大切!おかずだけで500kcal以上を

1日に必要なカロリーを推定必要エネルギー量と言います。 ...

栄養満点の味噌汁の作り方!ほうれん草の下茹での必要性は?

ほうれん草は、お野菜の中でも特に栄養価が高いと言われてい...

味噌汁の具にもやしを使うとこんなに良いことがあります

暑かったり寒かったり、天候の関係で価格の変動が激しくなっ...

冬が旬のぶり!ぶりの風味豊かな味噌汁のレシピとは?

お料理のメインになるぶりですが、味噌汁の具材にしてもとっ...

納豆に味噌や砂糖を加えると美味しい?!色々な納豆の食べ方

食卓に加えると、食べ応えも栄養も十分に発揮してくれる納豆...

牡丹鍋は味噌味が最強!その歴史と分布・作り方をご紹介

近年はジビエが流行したりと、ちょっと変わったお肉を食べるの...

離乳食の味噌汁はいつからOK?作り方と注意すべきポイント

生後5ヶ月頃から始まる離乳食、赤ちゃんが食べる練習をする...

実はおでんに味噌をつけるのが密かな人気!実際に食べてみた

肌寒くなってくると恋しくなってくるのがおでん。 近年、コ...

ふきのとうで作る「ばっけ味噌」が美味しい!保存のコツとは

山菜がスーパーに出回り始めると「春」を感じますね。 春...

文明開化の味?牛鍋のレシピ!醤油味も味噌味も簡単に!

牛鍋を食べられるお店は、現在減りつつあるようです。 そん...

自然薯はとろろ以外にもレシピが豊富!味噌汁にしても美味!

自然薯は、一般的にはとろろにして食べることが多いですよね...

トランス脂肪酸は危険?マーガリンに多いって本当?

近年、マーガリンはトランス脂肪酸が多いから体に悪いという...

トランス脂肪酸を含まない油を選んで健康生活を送りましょう

心血管系疾患リスクや、その他の健康被害に影響を及ぼすこと...

スポンサーリンク


秋にピッタリ!生クリームを使ったスイートポテトレシピ

秋の味覚のお菓子と言えば、コレです。
ほくほくのさつまいもを使って、スイートポテトを作りましょう。

生クリームを加えて、コクを出します。
生クリームが無くても、牛乳で代用できます。

【材料】

・さつまいも 300g
・無塩バターまたはマーガリン 30g
・グラニュー糖 60g
・生クリームor牛乳 25cc
・卵黄 1/2

■塗り卵用
・卵黄 1/2個
・水 少々

【作り方】
①さつまいもは皮を丁寧にむいて、小さめに切って、水から茹でてください。
また、冷蔵していたバターは常温に戻し、ペースト状にしておきます。

②竹串がスッと通るまで、さつまいもを茹でたら、熱いうちに潰して裏ごしします。

③ ②にバターを入れたら、押し付けるようにして混ぜて、グラニュー糖を2回に分けて加えたら、さらに混ぜます。

④卵黄と生クリームを加えて混ぜ、鍋に移して、手につかなくなるくらいまで火練りをして、水分を飛ばしてください。

⑤ここでオーブンを200℃に予熱しておきます。

⑥ ④を8等分にして丸め、さつまいもの形もしくは好みの形で成形し、オーブンシートを敷いた鉄板に並べます。

⑦塗り卵を刷毛で表面に塗り、予熱しておいたオーブンで約15分焼きます。
目安は、表面に焼き色がつく程度でよいでしょう。

これで熱いうちでも冷めた後でも、どちらでも美味しいスイートポテトの出来上がりです。

夏に美味しい!牛乳と生クリームを使ったパンナコッタ

牛乳も生クリームも使って作る、パンナコッタです。
夏に美味しいお菓子です。

今回は、イチゴソースで作ります。
春なら生のイチゴから作ってもいいでしょう。

もちろん、カラメルソースでもいいですね。

【材料】

・牛乳 250cc
・生クリーム(動物性) 200cc
・砂糖 50g
・板ゼラチン 5g
・バニラエッセンス 2~3滴
・ラム酒(好みで)小さじ1~
・氷 適量

☆イチゴソース
・いちごジャム 適量
・水 いちごジャムと同量
・赤ワイン 少し

【作り方】

①板ゼラチンを冷水で戻します。

②お鍋に牛乳と砂糖を入れ、火にかけ、周りがふつふつしてきたら火を止め、戻したゼラチンを入れて混ぜます。

③ゼラチンが溶けたら、生クリーム・バニラエッセンス・ラム酒を加えます。

④茶こし等でこしながらボウルに移し、氷水をあてて混ぜながら粗熱をとり、カップに入れて冷蔵庫で冷やし固めます。

⑤いちごソースを作ります。
いちごジャムと同量の水と赤ワインを鍋に入れて、火にかけて少し煮ます。
5分ほど煮詰めて出来上がりです。

いちごソースをパンナコッタにかけてどうぞ!

牛乳と生クリームで濃厚プリン

牛乳と生クリームで作る、濃厚なプリンはいかがでしょうか?

甘さ控えめなお菓子なので、甘いのが好みの人は、グラニュー糖を増やしてください。
ゼラチンで固めるプリンではなく、今回は焼きプリンのレシピです。

【材料】(プリンカップ3個分)

・牛乳 170cc
・生クリーム 70g
・グラニュー糖 30g
・卵 1個
・バニラオイル 少々

【カラメルソース用材料】

・グラニュー糖 30g
・水 大さじ1杯
・熱湯 大さじ1と1/2杯

【作り方】

①まずはカラメルソース用に用意した、グラニュー糖と水をフライパンに入れます。

②ゆっくり中火でコーヒー色になるまで、焦がさないよう、ゆすりながら火を通します。
コーヒー色になったら火を止めて、熱湯を指定量入れてください。
(このとき、はねるので注意しながら入れましょう)

③ ②をプリンカップ3つへ流し入れます。

④鍋に牛乳と生クリームとグラニュー糖を入れて混ぜて、沸騰させないように、弱火で少し温めます。
温まったら鍋を火からおろし、冷ましてください。
そして、冷ました後、バニラオイルを入れて混ぜます。

⑤ボウルに卵を入れて混ぜ、冷ました④の液を少しずつ入れて混ぜ、こします。

⑥生地を、カラメルソースの入ったプリンカップに流し入れます。

⑦お水をはり、プリンカップを入れ、オーブンに150℃で27分かけて蒸し焼きにします。
※オーブンにより時間が異なりますので、目安にしてください。

⑧焼き上がったら常温で冷まし、冷蔵庫で冷やして出来上がりです。

牛乳と生クリームで作るお菓子:スコーン

スコーンは、スコットランド発祥と言われる、小型のパンのようなお菓子のことです。
ジャム・バター・クリームなどを添えて食べます。

バターを小麦粉に切り込んで作ることが多いスコーンですが、今回は生クリームを使い、バターを使わないレシピをご紹介します。

【材料】

・薄力粉 200g
・生クリーム 100㏄
・牛乳 20㏄
・塩 5g
・ブラウンシュガー 30g
・ベーキングパウダー 5g

①薄力粉・塩・ブラウンシュガー・ベーキングパウダーをボウルに入れて、よく混ぜます。
泡立て器で混ぜてもOKです。

②生クリームと牛乳を注いだら、ヘラで切るように混ぜます。

③粉っぽさが無くなって、ほろほろ状態になればOKです。
手で生地を返しつつ、ひとつにまとめます。

④ラップに包んで、1時間ほど冷蔵庫で寝かせましょう。

⑤台に打ち粉をして、生地を伸ばします。
厚みは、1cm以下くらいに伸ばしてください。
オーブンを200℃に予熱開始します。

⑥伸ばしたら半分にたたんで、また伸ばします。
これを3回繰り返したら、四角に成形します。
厚みは2cmくらいです。

⑦スクエア型にナイフでカットします。
200℃に予熱したオーブンで約20分焼きましょう。

牛乳と生クリーム入りのお菓子:ガトーショコラ

小さなガトーショコラです。
小さくても、味は濃厚なお菓子です。
リッチなガトーショコラを、一度お試しください。

【材料】(15cmの丸形)

・板チョコ 100g(2枚)
・バター 30g
・生クリーム 50cc
・牛乳 25cc
・卵 2個
・砂糖 30g
・薄力粉 15g
・ココアパウダー 20g

【作り方】

①ボウルにチョコを砕いて、バターを入れ、500wで1分30秒レンジで温めます。

②小鍋に生クリームと牛乳を入れて、沸騰しないよう温めて、①のボウルに流し入れ、つやが出るまで混ぜます。

③卵を黄身と卵白に分けて、それぞれに砂糖を半量ずつ加えます。

④黄身をハンドミキサーで、白っぽくなるまで泡立てます。

⑤ ④の黄身を泡立てたボウルに、②を少しずつ加え、てハンドミキサーで混ぜます。

⑥その中に、小麦粉とココアパウダーを合わせて振るったものを、少しずつ加えて、泡だて器で混ぜます。

⑦卵白に砂糖を入れて、ハンドミキサーの高速モードで白く、角が立つまで泡立てます。

⑧ ⑥のボウルに泡立てた卵白を少し加えて、泡立て器で混ぜてなじませた後、残った卵白を3回に分けて、さっくりゴムベラで混ぜます。

⑨型にクッキングシートを敷いた中に、生地を流し入れて、10cmほどの高い所から、トントンと落として空気を抜きます。

⑩160℃に余熱したオーブンで、25分焼きます。

⑪冷めたら型から外して、ラップをして冷蔵庫で冷やして出来上がりです。
冷やすと、しっとりします。

牛乳と生クリームを使ったお菓子:クレープ

今回は、牛乳は生地に、生クリームはトッピングに使います。
ホットプレートを使って、家族と楽しみながら焼けるお菓子です。

もちろん、フライパンでも焼けます。
お好きな果物とともに、きれいにトッピングして召し上がってください。

【材料】

・卵2個
・薄力粉 100g
・牛乳 250ml
・バター 20g

【トッピング用材料】

・生クリーム 200ml
・砂糖 20g
・お好きな果物

【作り方】

①ボウルに卵とグラニュー糖を入れ、混ぜます。

② ①に薄力粉をふるい入れ、泡立て器でダマがなくなるまで混ぜます。

③ ②に人肌に温めた牛乳を加え、均一になるまで混ぜます。

④ ③に溶かしバターを加え、均一になるまで混ぜます。
こし器でこしてから、冷蔵庫で30分休ませましょう。

⑤160℃に温めたホットプレートに、お玉1杯ずつ流し、お玉の底で円を描くようにならします。
うっすら、きつね色になるまで両面焼きます。

⑥砂糖を入れて、泡立てた生クリームやカットしたフルーツを巻いたら出来上がりです。

牛乳と生クリームのお菓子でティータイムを楽しんで

いかがでしたか?

牛乳や生クリームを使った、お菓子のレシピをご紹介しました。
簡単にできるものばかりですので、ぜひ作ってみてくださいね。

たまには、丁寧に作ったお菓子で午後のお茶を楽しむのはいかがですか?
牛乳と生クリームの香りで、ストレスもすっと軽くなるかもしれませんよ!

 - その他食材