カレーの隠し味に和の食材が使える!?味噌でコク旨カレー

今や日本人の国民食とも言える『カレー』。
皆さんには、どんなこだわりがありますか?

十人いれば十通りの作り方があり、アッと驚く隠し味を使う人もいます。

数ある隠し味の中でも、意外な食材と言えば和の調味料「味噌」です。

「味噌入りカレーはどう作る?」「なぜ美味しくなる?」などの疑問から、余ったときのリメイク料理までご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

クッキーを体に優しい材料で作ってみよう!作り方教えます!

初心者さんのお菓子作りの定番と言ったら・・・「クッキー」ではないでしょうか!?手作りのクッキ...

電子レンジのピザの温め方は難しい!美味しい温め方をご紹介

ワールドカップでフランスが優勝し、フランスではピザの売り上げが4割上昇しました。ピザというと...

出汁の保存方法や保存期限は?ペットボトルを活用すると便利

日本料理には欠かせない「出汁」。現在は、粉末タイプや顆粒タイプ・出汁パックも販売されているの...

簡単で美味しい味噌玉!アレンジレシピのおすすめ一位を発表

日本人の食卓になくてはならないもの一位とも言える味噌汁を、毎日飲んでいる人も多いと思います。...

電子レンジ料理のレシピ!料理に不慣れな男性でも簡単に!

料理を始めたくても器具が無かったり、どこから始めたら良いか迷う男性も多いかと思います。包丁の...

お酢はレモン?ハチミツはみりん?代用調味料をご紹介します

お酢やみりんは、日本食ではよく使う調味料ですので、常備している調味料の1つだと思います。お酢...

サンドイッチを作ったあとのパンの耳の残りものアレンジ

サンドイッチを作るときに、パンの耳をどうしていますか?そのままサンドイッチとして食べるという...

たくさん作って上手に保存!おでんと練り物の冷凍方法

寒くなると恋しくなるのが、アツアツのおでんや、鍋料理。美味しいだけではなく、冷えた身体も温まりま...

電子レンジでカンタンおいしいトーストや食パン料理の作り方

電子レンジで食パンを上手にトーストできますか。多機能の立派なレンジであっても、なぜかトースト...

炊飯で重要な水の量、急な「3合炊いて」に対応できますか?

お米を炊くとき、水の量はどうやって測りますか?おそらく、炊飯器の釜の内側のメモリを基準に測ってい...

お手製味噌の作り方は?カビの原因と対処法もご紹介!

味噌は、毎日の食事に欠かせない調味料だと思う人も多いのではないでしょうか。市販のものも美味しい...

オーガニッククッキーの作り方。その魅力とレシピとは?

オーガニックのお菓子を作ってみたいと思いませんか?せっかくお菓子を作るのなら、体に良いものを...

うっかり炊飯器の保温を切り忘れたら?防止策はある?

炊飯器の保温を切り忘れ、放置してしまったということはありませんか?これは、料理を経験したこと...

天然塩と精製塩とは?その違いと見分け方のコツは!?

塩にこだわっている方も多いですね。塩は産地だけではなく、原料や製法も違いがあるということをご...

ぽかぽか味噌鍋のおいしいレシピ!オススメ人気メニュー4選

凍えるような寒い日には家で温かいお鍋が食べたくなってしまいませんか?家族と、友人と、囲んで食べ...

スポンサーリンク

カレーの隠し味のアレコレ

小さな子どもから大人まで大人気で、忙しいときのお助けメニューと言えばカレーです。

男女問わずカレーの作り方には、譲れないこだわりがある人も多いのではないでしょうか?
市販されているルーの種類も豊富で、スパイシーなものからマイルドなものまで様々です。

書かれている作り方通りでも、もちろん美味しくできます。
また、ほんの少し工夫するだけで、一味違ったオリジナルカレーに変身するのも、魅力のひとつと言えます。

カレーの隠し味の定番と言えば、りんご・ハチミツ・にんにく・生姜・ヨーグルトなどがあります。

子ども用にマイルドさをプラスしたいときには、甘みのある果物や乳製品がおすすめです。

大人用にガツンとした刺激が欲しいときには、香味野菜やスパイスを加えると、同じカレーでもガラっと表情が変わり、家族みんなで楽しめますね。

他にも、苦みやコクを与えてくれるチョコレートやコーヒー、夏にぴったりの爽やかなカレーになるトマト、複雑な味が深みを出してくれるソースなど、カレーの隠し味は実に奥が深い世界です。

中には、使う具材によって、隠し味を使い分けるというこだわり派の人もいるほど、印象を左右するのが隠し味です。

まだ試したことがないものは、ぜひ一度お試しください。

そこで今回、カレーの意外な隠し味として、ぜひご紹介したいのが「味噌」です。

洋食であるカレーに、和の調味料である味噌を入れるの?と驚かれるかもしれませんが、絶妙なコクと旨みを与えてくれる立派な隠し味になります。

なぜ味噌がおすすめなのか、カレーに加えるタイミングなど、詳しく見てみましょう。

カレーの隠し味に伝統調味料の味噌が使える!

日本人の食生活と味噌は、切っても切れない関係にあります。
特に味噌汁は、毎日欠かさず飲むという人も多いでしょう。

他にも、煮物や炒めものなど、色々な和食に使われる味噌は、洋風のカレーとあまり結びつかないかもしれません。

ですが、カレーに加えるとコクが出て、美味しくなると言われています。

そもそも味噌とは、大豆・塩・麹で作られる、伝統的な発酵食品です。

味噌は1300年以上も前に中国から日本に伝わったとされ、日本人の食生活に合わせて、少しずつ形を変えながら定着しました。

味噌は使われる麹の種類や味、色によって様々な種類に分けられ、地域によって特色があります。

味噌は製造過程で発酵させているため、ただしょっぱいだけでなく、甘みや独特の渋み、旨みが特徴です。

その複雑な味わいがカレーにコクを与え、隠し味として少量入れるだけで、一晩寝かせたような深みまで出してくれます。

あくまで隠し味なので、味噌そのものの味は感じられませんが、引き立て役として良い働きをしてくれます。

味噌は、どの家庭の冷蔵庫にも必ずある食材だと思いますので、気軽にチャレンジできるのも、おすすめポイントのひとつです。

いつもと一味違うカレーを作ってみたいと思ったとき、ぜひお試しください。

味噌の塩分とカレーの隠し味としての適量

では、実際にカレーの隠し味として味噌を入れるとき、どのくらいが適量なのか確認していきましょう。

味噌は、りんごやチョコレートなど、他の隠し味と違い、調味料です。
そのため、味噌自体に塩気があり、入れ過ぎるとカレーがしょっぱくなってしまいます。

あくまで、カレーの旨みを引き出すための隠し味なので、適量を守りましょう。

味噌は味の違いで、甘口味噌・辛口味噌、色の違いで、赤味噌・白味噌などに分けられますが、塩分の違いは次の通りです。

甘口と辛口の違いは、仕込むときの食塩量と麹の割合によって変わります。
名前からイメージする通り、辛口味噌の方が塩分濃度が高く、しょっぱいとされています。

味噌の種類やメーカーによって差はありますが、具体的な塩分濃度は甘口味噌で7%前後、辛口味噌で12%前後です。

味噌の色の違いは、熟成期間の違いによって生まれます。

白味噌は、熟成期間が短く、塩分濃度は低くなります。

赤味噌は、1年以上発酵・熟成させて作られるため、腐敗しないように、塩分濃度を高めにしているのです。

実際、加える量は6人分のカレーに対し、大さじ1くらいが目安になります。

先程説明したように、味噌の種類によっても塩分濃度が変わってくるため、甘口味噌は少し多め、辛口味噌は控えめに調整すると良いでしょう。

最初は少なめに加え、味見をしながら、ちょうど良い量を見つけてください。

カレーの隠し味として味噌を入れるタイミングは?

カレーの基本的な作り方は、材料を炒め、水を加えて煮込み、ルーを溶かすと実に単純です。

小学生や料理の苦手な人でも、カレーなら作れるという人も多くいるはずです。

では、どのタイミングで隠し味を入れたらよいのでしょうか?
実は、その答えは、隠し味に使う食材によって異なります。

例えば、香味野菜のにんにくや生姜は、具材と一緒に炒めることでより香りを引き立たせ、カレーに香ばしさを与えてくれるでしょう。

ただし、ニンニクや生姜の香ばしさよりも辛みやパンチが欲しいときは、出来上がり直前に、すりおろしたものを加えるという手もあります。

もうひとつ代表的な隠し味であるハチミツは、加えるタイミングによって、カレーのとろみに影響を与えるので、注意が必要な食材です。

ハチミツには、とろみを分解する酵素が含まれています。
低温(75℃以下)のカレーに加えると、その酵素の働きで、サラサラとしたカレーになってしまいます。

とろみのあるカレーにしたいときは、具材を煮込む段階で加えるのがポイントです。

味噌を隠し味として使う場合のタイミングですが、味噌はルーを溶かしたあと、出来上がりの直前に加えるのがおすすめです。

味噌汁の作り方でも言われているように、味噌を入れた後にグツグツ長時間煮込んでしまうと、せっかくの風味が飛んでしまうので、最終段階で味を見ながら加えましょう。

味噌と同じように、苦味と香りがポイントとなるコーヒーも、仕上げのときに加えると良いとされています。

味噌は、とろみのあるルーカレーだけでなく、スープカレーの隠し味としても使えます。

スープカレーの場合も入れるタイミングは同じで、仕上げのときに加え、沸騰させないように注意すると、より味噌の風味が楽しめるでしょう。

味噌の種類とは?カレーの味を引き立てるのはどれ?

味噌とひと口に言っても、日本全国には様々な種類があり、地域によって、かなり特徴があります。

まずは、それぞれの味噌の特徴について、知ることから始めましょう。

味噌の中で、最もポピュラーなのが、米麹で作る米味噌です。

米味噌は、含まれる米麹の割合で甘口・辛口に分かれますが、辛口の米味噌が最もクセが少なく、万人受けする味噌と言えます。

一方、麹の比率が高い甘口の白味噌は、京都などで多く使われていて『西京味噌』とも呼ばれます。

白味噌は熟成期間が短く、甘みとコクが特徴です。

次に、名古屋など東海地方の食文化に深くに根付いているのが、大豆と塩だけで作られる、豆味噌(赤味噌)です。

味噌カツや味噌煮込みうどんなどに使われている色の濃い味噌で、一度は目にしたことがあるでしょう。

独特の色は熟成期間の長さによるもので、甘みが弱く渋みがあるのが特徴です。

最後に、九州や四国などが主な産地の麦味噌についてですが、味はほんのりと甘く、麦の香りが最大の特徴です。

麦麹の粒が残っているため、味噌汁を作るときには、味噌こしを使う必要があります。

ざっくり分けると以上のようになりますが、実はカレーの隠し味として使えない味噌はありません。

味噌自体の塩分にさえ注意すれば、冷蔵庫に常備している味噌で、十分にカレーの美味しさを引き出してくれます。

具体的には、渋みのある豆味噌はカレーの味に深みを与え、甘口味噌は、コクとまろやかさを与えるでしょう。

味噌汁と同様、数種類の味噌を混ぜると、香りや味わいに変化が生まれ、新しい発見があるかもしれません。

味噌入りカレーのリメイクは麺料理2種がおすすめ!

自宅でカレーを作るとき、わざと多めに作って、何日間か食べ続けるという人も多いと思います。

実際、一晩寝かせたカレーが好きという人や、2日目以降はうどんやドリアなどにリメイクして、食べる機会も多いでしょう。

そこで、隠し味に味噌を使ったカレーの、おすすめリメイク麺料理を2つご紹介します。

ひとつめは、カレーのリメイク料理として定番の、カレーうどんやカレーそばです。

残ったカレーを出汁でのばし、水溶き片栗粉でとろみを付け、うどんやそばと合わせるだけで作れる、お手軽リメイク料理です。

普通のカレーでも、もちろん美味しくできますが、隠し味に味噌を使ったカレーと出汁の相性は、言うまでもありません。

もうひとつのおすすめは『味噌カレー牛乳ラーメン』です。

味噌とカレーと牛乳!?と、耳を疑ってしまうような組み合わせですが、青森のご当地ラーメンとして存在しています。

カレーのスパイシーさと、牛乳のまろやかさが絶妙だと、30年以上も地元で愛されています。

作り方は、カレーを中華スープと牛乳でのばし、味噌で味を整えるだけです。

中華スープと牛乳は、3:1~4:1くらいの割合が良いでしょう。

牛乳を入れずに中華スープでのばすだけでも、美味しいカレーラーメンになりますが、味噌と牛乳の意外な相性の良さを、ぜひ一度体験してみてください。

今回ご紹介したのは2種類の麺料理でしたが、もちろん定番のドリアやトーストに乗せても、美味しく食べられます。

隠し味の味噌は発酵食品なので、乳製品との相性が良く、チーズを使ったリメイク料理が特におすすめです。

美味しいカレーを、より美味しく食べるリメイク料理を研究してみるのも、面白いかもしれませんね。

隠し味をうまく使ってオリジナルカレーを作りましょう

日本の伝統的な調味料である味噌の、意外な活用法は参考になりましたか?

味噌の種類によっても味わいが変わってくるので、色々と試してみると、料理の幅がさらに広がるでしょう。

他の隠し味もうまく取り入れて、お店にも負けないオリジナルカレーを作ってみてくださいね。