魚の下処理は霜降りが簡単で丁寧である。そのメリットとは。

魚を煮付けるときに、下処理として霜降りという、日本料理の調理の基本があります。

魚の下処理の霜降りをするメリットは、どのようなことか説明していきながら、魚の下処理方法の霜降りの手順を解説します。
そして、霜降りをしてから作る魚料理のレシピをお伝えします。

霜降りをするだけで魚が美味しくなり、料理のレパートリーも増えます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

失敗しない魚の切り身の美味しい焼き方。目的別に紹介!

朝食に焼き魚と味噌汁は、定番です。魚の切り身を焼いていて、焼き方を失敗して焦がしてしまったこと...

炊飯器でご飯の保温って何時間していいの?丸1日できる?

炊飯器の保温機能を使っている人は多いですよね。しかし、何時間使っていいのか知っている人は、少...

電子レンジについてしまった焼き魚のにおいを取る方法とは?

電子レンジは今では時短料理や温めのテクニックが紹介され、なくてはならない存在となっていると思いま...

ご飯は冷凍保存がおすすめ!日持ち&美味しさを保つ方法は?

食べきれなかったご飯を、みなさんはどう保存していますか?炊飯器で保温したり、冷蔵庫に入れたり...

味噌汁の味噌、自分基準の分量を決めればおいしく作れます!

和食派だったら、ごはんのお供に欠かせないのは味噌汁ですね。1食1食、毎回おいしい味噌汁を飲み...

醤油50cc入れる和食のレシピって何?どうやって量ればいい?

醤油は和食作りに欠かせない基本の調味料です。しかし、レシピの材料に醤油50ccとあったら、ど...

大豆粉でパンを作ろう!ホームベーカリーがないなら炊飯器で

大豆粉の原料である大豆は、畑の肉と言われるほど、良質な栄養素をバランスよく含んでいる食材です。...

カレーのルーに隠し味を組み合わせて絶品カレーをつくろう!

カレーは季節を問わずに食べたくなりますよね!年齢問わず、皆が大好きなカレーは、気軽に作れるのがい...

米を計量カップで量ると1合は何ml?水は何ml入れればいい?

目盛りのついた炊飯器や、ワンプッシュで自動的に計量できる米びつの普及により、最近は計量カップで量...

カンタン味噌汁の作り方は、だし入り味噌を使って超お手軽に

初めて1人暮らしをされるかたや、料理を普段なさらないかたにとって、味噌汁作りは難しいもの、という...

上白糖と三温糖には違いがあるの?それぞれのレシピもご紹介

上白糖と三温糖の違いはご存知ですか?グラニュー糖や黒砂糖の違いはどうでしょう。一...

野菜に合うソースは?野菜につけるディップソースレシピ

飲み会や残業が続き、体が野菜を欲している感じがすること、ありませんか?そんなとき、野菜のそのまま...

お米の炊き方の手順と炊いたご飯の保存は炊飯器で良いのか?

日本人の主食「白米」。毎日の食卓に欠かせないものですよね。一人暮らしの方や新米専業主婦の...

唐揚げに利用する鶏肉の栄養は?片栗粉と小麦粉の違いとは?

唐揚げは子供から大人まで人気のおかずですよね!唐揚げに使うお肉は鶏肉ですが、鶏肉に含まれてい...

カレーを手作りでしたら辛くなった!甘口に変える方法は?

スパイスの香りが食欲をそそり、子供から大人まで人気のカレー。もはや、国民食とも言えるほど、定着...

スポンサーリンク

魚の下処理工程の霜降りとは

魚の下処理は、いくつかの方法があります。
その中でも、魚の霜降りは、とても丁寧な下処理の仕方と言えます。

霜降りをするメリットは、もちろん、魚の臭みを取り除くことができることです。

そして、他の魚の臭みを取り除く方法と違うところは、合わせて魚のぬめりを取ることができることです。
また、霜降りをすることで、魚の余分な脂肪を取り除くことができます。

魚の嫌な臭いや雑味がなくなりますから、煮魚や鍋ものに、魚を入れるときに霜降りにしておくことで、煮汁やスープがすっきりと美味しく仕上げることができます。

また、霜降りをすることで、魚の表面にゼラチン質の膜ができます。
これが魚の煮崩れを防いでくれて、さらに旨みも閉じ込めてくれるのです。

魚に霜降りをすることで、料理のでき上がりの風味が、ぐっとアップします。
そして、魚の臭みを取ることで、少ない調味料でも美味しく仕上げることができるのです。

魚の下処理・霜降りとはどのようなこと?

魚の下処理の霜降りとは、魚に熱湯をかけることを言います。

魚を煮るときに、魚の臭みを料理に感じさせないようにするための下処理が、霜降りなのです。

魚だけではなく、お肉を煮るときにも、霜降りをすることで、肉の臭みを取り除いてくれます。
豚の角煮やもつ煮込み、ビーフシチューなどの、下ごしらえにも霜降りが使われます。

魚を調理するときに、魚を焼いたり揚げたりする調理では、魚の臭みの元となる脂や魚の血合いが、高温で熱せられることで取り除かれます。

そして、焼く調理や揚げる調理では、魚の嫌な臭みや雑味がしなくなります。

しかし、魚を煮る料理の場合は、魚の素材そのものを鍋に入れて、だしや水も入れて、火をかけて調理をします。
そのため、煮ることで魚の嫌な風味が、そのまま煮汁に移ってしまうのです。

そこで、日本料理の基本である、霜降りが必要なのです。

霜降りは、湯引きとも言います。
魚に熱湯をかけると素材の表面が白くなることから、霜降りと呼ばれています。

魚の下処理のひとつ・霜降りの手順

魚に熱湯をかける下処理が霜降りなのですが、ここでは丁寧な霜降りの仕方をお伝えします。

まず、霜降りをしたい魚の素材を、ボウルの中に入れます。
そこに、90度~95度くらいの熱湯を、魚にたっぷりとかけます。

ボウルにたっぷりとなるくらい、お湯を注いでください。

ここでポイントは、100度の熱湯にしないことです。
魚の表面のぬめりや、汚れなどを固めて洗い落すには、90度くらいで十分なのです。

あまり熱すぎると、魚の皮が破れてしまうこともあり、魚を傷つけてしまう原因になるのです。

沸騰直前、もしくは沸騰した熱湯に、少し水を差してから使いましょう。

90度くらいの熱湯を加えたら、箸などを使って全体を軽く混ぜます。
表面が全体的に白くなったら、差し水をして冷ましましょう。

ボウルに手が入れられる熱さになったら、魚をボウルの中で洗ってください。
魚の表面の汚れや血合い、魚のうろこを丁寧に取り除きます。
そのボウルの中の汚れたお湯を捨て、きれいなお水で洗ってください。

きれいになった魚の素材を取り分けて、ザルなどに移せば、下処理は終わりです。
この方法が、霜降りの基本です。
覚えておいてください。

丸のままの魚の下処理方法。霜降りでも工夫を

魚の下処理方法として、丸のままの魚の霜降りの場合は、魚のお腹の中なども水の中で、しっかり洗うことも大切です。

そして、丸のままの魚の霜降りのときには、魚の顔やひれの付近などは特に鱗が残っていないのか、よく確認することが大切です。

霜降りをしながら鱗を取り除くときに、鱗取りで取りにくい部分を指で1か所ずつ、魚の鱗が残っていないか確認してください。
丁寧に鱗を取り除き、魚のお腹の中もしっかり洗うことで、魚を調理したとき、料理の仕上がりが本当に違ってきます。

丸のままの魚の場合は皮が破れやすいので、鍋に落し蓋を落として、熱湯が直接、魚にかからないようにするのがポイントです。

特に魚のあら煮やお吸い物を料理する場合は、霜降りをしっかりするのとしないのでは、味が全然変わってしまいます。

味の薄い上品な味付けのモノや、魚を煮るときに臭み消しに生姜などの薬味が入らない料理こそ、しっかりと霜降りをしないと、美味しい料理にならないのです。

霜降りをしてから作る魚の煮付け

魚をうまく煮付けるには、できるだけ新鮮な魚を用意して、魚の下処理を丁寧にすることです。

魚の鱗をきれいに取り除き、腹に切り込みを入れて内臓を取りだした後は、腹の中をきれいに洗い流してください。
そして、霜降りの工程に入ります。

魚の煮付けの下処理は、霜降りを必ず行ってください。
サバの味噌煮も、霜降りをすることをオススメします。

サバは特に臭みが残りやすいので、下処理が大事です。
霜降りの前にサバに塩を振り、よくサバの水分を出した後に霜降りをすることで、サバの臭みがなくなります。

そして、煮込み時に臭み取りの生姜を入れることです。
さらに魚の煮付けのポイントは、お酒やみりん、醤油とお水で作った調味料に魚を入れるとき、必ず沸いたところで魚を投入することです。

サバの味噌煮も、同様です。
調味料が沸騰して、お酒などの煮きりが済んだ後に、沸騰しているところに魚を入れないと、臭みが残ります。

どんなに調味料の割合が良いレシピでも、薬味を入れても、魚を煮付けるときに下処理ができていないと、本当に美味しい魚の煮付けはできません。

魚の下処理を霜降りをしてからお吸い物を作る

魚のアラを使って出汁を取る、お吸い物を潮汁(うしおじる)と言います。
アジやサバ、ヒラメなどでもできます。

しかし、潮汁は鯛が最も上品で、旨味もあって美味しいと思います。
スーパーでも、鯛のアラは安価で売られていますので、その作り方をご紹介します。

まず下処理として、鯛のアラに塩を振って混ぜ合わせ、20~30分ほどおきます。
ここで、鯛の生臭みを取り除くわけです。

時間をおいた後に、90度くらいの熱湯を注ぎ入れて、箸で全体をさっと混ぜます。
これで霜降り完了です。

お吸い物は、下処理がちゃんとしていないといけません。
霜降りが、とても大切です。
霜降りをした後は、鯛の切り身を流水の中で表面のぬめりや血合い、鱗などの汚れを手で落としてください。

次に、鍋に水と昆布、洗った鯛のアラを一緒に入れます。
鯛のアラは水から昆布と一緒に火にかけて、じっくり出汁を引き出すことが大切です。
お酒を少し入れても良いでしょう。

鍋を、中火~弱火の間くらいの火にかけます。
すぐに沸かすのではなく、10分くらい時間をかけて、ゆっくりと鯛の出汁を取ってください。
ゆっくりと沸く火加減が最適です。

火にかけていると、水がどんどん白く濁ってきます。
沸く温度に近づくにつれ、アクもたくさん出てきます。

そこで、沸く直前に昆布を取り出し、お玉などを使って出てきたアクを、しっかり取り除きましょう。

アクを取り除き終えたら、火加減を弱火に落として、10分くらいもう一度、鯛のアラから旨味を引き出します。
そして、ここで塩加減を調整してください。

これで、潮汁の完成です。
また、お吸い物もよいですが、火を止めてお味噌を足して、味噌汁にするのもオススメです。

魚の下処理は霜降りをして丁寧に調理すること

魚の臭みを取る下処理は、魚を調理するためには必要です。
中でも、霜降りは、とても丁寧な下処理と言えます。

魚の臭みを取り除くだけではなく、熱湯をかけることで余分な脂も取れて、ヘルシーなだけではなく、味の染み込みも良くなります。

魚の煮付けは、どうしても身が崩れてしまいます。
しかし、霜降りをすることで、魚を煮付けたときに身が崩れるのを防ぐことができます。

ひと手間かけて、魚を美味しく調理してください。