魚の下処理は霜降りが簡単で丁寧である。そのメリットとは。

魚を煮付けるときに、下処理として霜降りという、日本料理の調理の基本があります。

魚の下処理の霜降りをするメリットは、どのようなことか説明していきながら、魚の下処理方法の霜降りの手順を解説します。
そして、霜降りをしてから作る魚料理のレシピをお伝えします。

霜降りをするだけで魚が美味しくなり、料理のレパートリーも増えます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

こんな時はどうしたらいい?米の水加減を間違えた時の対処法

毎日炊く米ですが、いつも通り炊いたつもりが柔らかくなったり、固くなったりと水加減を間違えたことあり...

正しいお米の研ぎ方が知りたい!ざる上げで吸水させるとは?

きちんとお米の研ぎ方を学ぶ機会というものは、あまりないですよね。調理学校でない限り、きちんと...

ハンドミキサー不要!生クリームのホイップを簡単に作る方法

真っ白で、口どけが滑らかなホイップされた生クリーム。パンケーキのトッピングや、飲み物に使った...

料理の作り方で出てくる「水1カップ」ってどのくらい!?

当たり前のように、料理本や、レシピに「水1カップ」と書かれていますが、1カップとは、正確にはどの...

味噌味の焼きおにぎりをフライパンで手軽に楽しむ方法

焼きおにぎりは、その独特の香ばしさがおいしいですね。お店のメニューにあったり、冷凍食品のライ...

バター・マーガリンでお菓子を作るときの混ぜるポイントは?

最近はバター不足なため、値段も高くなっており、数量制限してるお店もあります。その点、マーガリ...

上白糖とグラニュー糖の違いは?代用はできるの?

普段の料理やお菓子作り、コーヒーや紅茶などの飲みものなどに欠かせない甘味料は砂糖ではないでしょう...

シチュールーが余ったら?余ったシチューのアレンジは?

シチューを作った後のルーが余ってしまうことありませんか?せっかく作ったシチューが余ってしまうこ...

小麦粉の代用にいろいろな食材を使ってお菓子が作れる!

低糖質ダイエットや、小麦粉アレルギーなどの理由で、小麦粉を摂取するのを避けている人が増えています。...

簡単な味噌汁のレシピ!栄養豊富なオクラを食べてみましょう

意外に知られていませんが、オクラは栄養が豊富です。特にビオチンという、たんぱく質、糖質、脂質...

甜菜糖と上白糖の違いは何?2つの砂糖を比べてみましょう

料理に砂糖を使う機会は多いですが、どんな砂糖を使っていますか?白砂糖や茶砂糖があり、茶砂...

ラクちん!お財布にやさしい醤油ベースの手作りドレッシング

野菜サラダを食べるときに欠かせないのが、ドレッシングですね。皆さんは、どんなドレッシングがお...

味噌を鍋の隠し味に!どんな鍋もまろやかになるって本当!?

最近は色々な味の鍋が流行っていますよね。トマト鍋や豆乳鍋などはすっかり定着した感じがあります...

初心者にはわからない!レシピにある水1カップって何ml?

1人暮らしや単身赴任、リタイアをきっかけに初めて料理に挑戦するというかたにとって、レシピに出てく...

すぐに作れる!卵とうどんのシンプルで簡単な料理の作り方

小さなお子さんは、お腹が空くとグズることもありますよね。そんな時に、パパッと簡単に作れるレシ...

スポンサーリンク

魚の下処理工程の霜降りとは

魚の下処理は、いくつかの方法があります。
その中でも、魚の霜降りは、とても丁寧な下処理の仕方と言えます。

霜降りをするメリットは、もちろん、魚の臭みを取り除くことができることです。

そして、他の魚の臭みを取り除く方法と違うところは、合わせて魚のぬめりを取ることができることです。
また、霜降りをすることで、魚の余分な脂肪を取り除くことができます。

魚の嫌な臭いや雑味がなくなりますから、煮魚や鍋ものに、魚を入れるときに霜降りにしておくことで、煮汁やスープがすっきりと美味しく仕上げることができます。

また、霜降りをすることで、魚の表面にゼラチン質の膜ができます。
これが魚の煮崩れを防いでくれて、さらに旨みも閉じ込めてくれるのです。

魚に霜降りをすることで、料理のでき上がりの風味が、ぐっとアップします。
そして、魚の臭みを取ることで、少ない調味料でも美味しく仕上げることができるのです。

魚の下処理・霜降りとはどのようなこと?

魚の下処理の霜降りとは、魚に熱湯をかけることを言います。

魚を煮るときに、魚の臭みを料理に感じさせないようにするための下処理が、霜降りなのです。

魚だけではなく、お肉を煮るときにも、霜降りをすることで、肉の臭みを取り除いてくれます。
豚の角煮やもつ煮込み、ビーフシチューなどの、下ごしらえにも霜降りが使われます。

魚を調理するときに、魚を焼いたり揚げたりする調理では、魚の臭みの元となる脂や魚の血合いが、高温で熱せられることで取り除かれます。

そして、焼く調理や揚げる調理では、魚の嫌な臭みや雑味がしなくなります。

しかし、魚を煮る料理の場合は、魚の素材そのものを鍋に入れて、だしや水も入れて、火をかけて調理をします。
そのため、煮ることで魚の嫌な風味が、そのまま煮汁に移ってしまうのです。

そこで、日本料理の基本である、霜降りが必要なのです。

霜降りは、湯引きとも言います。
魚に熱湯をかけると素材の表面が白くなることから、霜降りと呼ばれています。

魚の下処理のひとつ・霜降りの手順

魚に熱湯をかける下処理が霜降りなのですが、ここでは丁寧な霜降りの仕方をお伝えします。

まず、霜降りをしたい魚の素材を、ボウルの中に入れます。
そこに、90度~95度くらいの熱湯を、魚にたっぷりとかけます。

ボウルにたっぷりとなるくらい、お湯を注いでください。

ここでポイントは、100度の熱湯にしないことです。
魚の表面のぬめりや、汚れなどを固めて洗い落すには、90度くらいで十分なのです。

あまり熱すぎると、魚の皮が破れてしまうこともあり、魚を傷つけてしまう原因になるのです。

沸騰直前、もしくは沸騰した熱湯に、少し水を差してから使いましょう。

90度くらいの熱湯を加えたら、箸などを使って全体を軽く混ぜます。
表面が全体的に白くなったら、差し水をして冷ましましょう。

ボウルに手が入れられる熱さになったら、魚をボウルの中で洗ってください。
魚の表面の汚れや血合い、魚のうろこを丁寧に取り除きます。
そのボウルの中の汚れたお湯を捨て、きれいなお水で洗ってください。

きれいになった魚の素材を取り分けて、ザルなどに移せば、下処理は終わりです。
この方法が、霜降りの基本です。
覚えておいてください。

丸のままの魚の下処理方法。霜降りでも工夫を

魚の下処理方法として、丸のままの魚の霜降りの場合は、魚のお腹の中なども水の中で、しっかり洗うことも大切です。

そして、丸のままの魚の霜降りのときには、魚の顔やひれの付近などは特に鱗が残っていないのか、よく確認することが大切です。

霜降りをしながら鱗を取り除くときに、鱗取りで取りにくい部分を指で1か所ずつ、魚の鱗が残っていないか確認してください。
丁寧に鱗を取り除き、魚のお腹の中もしっかり洗うことで、魚を調理したとき、料理の仕上がりが本当に違ってきます。

丸のままの魚の場合は皮が破れやすいので、鍋に落し蓋を落として、熱湯が直接、魚にかからないようにするのがポイントです。

特に魚のあら煮やお吸い物を料理する場合は、霜降りをしっかりするのとしないのでは、味が全然変わってしまいます。

味の薄い上品な味付けのモノや、魚を煮るときに臭み消しに生姜などの薬味が入らない料理こそ、しっかりと霜降りをしないと、美味しい料理にならないのです。

霜降りをしてから作る魚の煮付け

魚をうまく煮付けるには、できるだけ新鮮な魚を用意して、魚の下処理を丁寧にすることです。

魚の鱗をきれいに取り除き、腹に切り込みを入れて内臓を取りだした後は、腹の中をきれいに洗い流してください。
そして、霜降りの工程に入ります。

魚の煮付けの下処理は、霜降りを必ず行ってください。
サバの味噌煮も、霜降りをすることをオススメします。

サバは特に臭みが残りやすいので、下処理が大事です。
霜降りの前にサバに塩を振り、よくサバの水分を出した後に霜降りをすることで、サバの臭みがなくなります。

そして、煮込み時に臭み取りの生姜を入れることです。
さらに魚の煮付けのポイントは、お酒やみりん、醤油とお水で作った調味料に魚を入れるとき、必ず沸いたところで魚を投入することです。

サバの味噌煮も、同様です。
調味料が沸騰して、お酒などの煮きりが済んだ後に、沸騰しているところに魚を入れないと、臭みが残ります。

どんなに調味料の割合が良いレシピでも、薬味を入れても、魚を煮付けるときに下処理ができていないと、本当に美味しい魚の煮付けはできません。

魚の下処理を霜降りをしてからお吸い物を作る

魚のアラを使って出汁を取る、お吸い物を潮汁(うしおじる)と言います。
アジやサバ、ヒラメなどでもできます。

しかし、潮汁は鯛が最も上品で、旨味もあって美味しいと思います。
スーパーでも、鯛のアラは安価で売られていますので、その作り方をご紹介します。

まず下処理として、鯛のアラに塩を振って混ぜ合わせ、20~30分ほどおきます。
ここで、鯛の生臭みを取り除くわけです。

時間をおいた後に、90度くらいの熱湯を注ぎ入れて、箸で全体をさっと混ぜます。
これで霜降り完了です。

お吸い物は、下処理がちゃんとしていないといけません。
霜降りが、とても大切です。
霜降りをした後は、鯛の切り身を流水の中で表面のぬめりや血合い、鱗などの汚れを手で落としてください。

次に、鍋に水と昆布、洗った鯛のアラを一緒に入れます。
鯛のアラは水から昆布と一緒に火にかけて、じっくり出汁を引き出すことが大切です。
お酒を少し入れても良いでしょう。

鍋を、中火~弱火の間くらいの火にかけます。
すぐに沸かすのではなく、10分くらい時間をかけて、ゆっくりと鯛の出汁を取ってください。
ゆっくりと沸く火加減が最適です。

火にかけていると、水がどんどん白く濁ってきます。
沸く温度に近づくにつれ、アクもたくさん出てきます。

そこで、沸く直前に昆布を取り出し、お玉などを使って出てきたアクを、しっかり取り除きましょう。

アクを取り除き終えたら、火加減を弱火に落として、10分くらいもう一度、鯛のアラから旨味を引き出します。
そして、ここで塩加減を調整してください。

これで、潮汁の完成です。
また、お吸い物もよいですが、火を止めてお味噌を足して、味噌汁にするのもオススメです。

魚の下処理は霜降りをして丁寧に調理すること

魚の臭みを取る下処理は、魚を調理するためには必要です。
中でも、霜降りは、とても丁寧な下処理と言えます。

魚の臭みを取り除くだけではなく、熱湯をかけることで余分な脂も取れて、ヘルシーなだけではなく、味の染み込みも良くなります。

魚の煮付けは、どうしても身が崩れてしまいます。
しかし、霜降りをすることで、魚を煮付けたときに身が崩れるのを防ぐことができます。

ひと手間かけて、魚を美味しく調理してください。