土鍋と炊飯器とでは、どちらが光熱費はかからないの!?

炊きたてのご飯は、格別に美味しいですよね!

突然ですが、ここで質問です。
みなさんは、どのようにお米を炊いていますか?

土鍋ですか?炊飯器ですか?

土鍋ならガスを使い、炊飯器なら電気…光熱費はどちらも掛かりますよね。

今回は、土鍋と炊飯器の光熱費を比較してみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コーヒーはブラック?ミルク入り?色々なメニューの定義

コンビニで挽きたてのコーヒーを飲むのが日常化して早数年。だいぶ、コーヒーが身近な飲み物になって...

雑煮に味噌を入れる地域と入れない地域!違いは室町時代から

元旦に必ず食べるお雑煮は、日本各地で様々な種類があるのをご存知でしょうか。雑煮のおつゆは、ほ...

みんなが虜になる組み合わせ!醤油は卵のベストフレンド!

冷蔵庫に何もない日も、卵と醤油があれば何とかなります。卵かけごはんは、困ったときの最強のメニ...

トランス脂肪酸の含有量にこだわった日本のマーガリン

みなさんは、トランス脂肪酸をご存知ですか?トランス脂肪酸は天然の食品に含まれているものと、油...

友達を家に呼んでホームパーティー!準備や食事はどうする?

仲の良い友達を家に呼んで楽しむホームパーティー。最近では、そんなホームパーティーを楽しむ方も...

味噌鍋の残りでアレンジレシピ!今日の夕食はこれで決まり!

寒い冬の時期は、お鍋料理にすると身体も心も温まります。そのため、冬はお鍋料理が増え、週末の夕...

畑作りは土作りが命。土質別の土壌改良方法お伝えします

畑作りは、土作りが命と言ってもいいかもしれません。そのくらい、作物を育てるのにおいて、土とい...

栄養満点の干し野菜を作ろう!乾燥ネットで簡単に作れます!

野菜の食べ方はいろいろありますが、まず干し野菜が頭に浮かぶ人は少ないと思います。干し野菜は、...

食生活改善ダイエットが上手くいかないアメリカの事情とは?

アメリカ発のダイエット法や運動マシーン、よくテレビでやっていますね。しかし、○○で大成功した...

米ぬかで肥料を作ろう!納豆を使う作り方と使い方は?

簡単に作れて、効果が高い肥料はないでしょうか?今回は、家庭で簡単に作れてしまう、それも米ぬかと...

夏と冬とで冷蔵庫の設定温度を変えたほうがいいの?

毎年やってくる夏は、年々暑くなっているのは気のせいでしょうか?外の気温が高くなり、湿気の多い日...

江戸時代の経済をまわした藩や石高について詳しく知ってみる

江戸時代、経済をまわしていたのは、お金ではなくお米でした。藩や石高という言葉を、小学校の頃に...

江戸時代の人々の食事は玄米ではなく白米を食べていた!?

江戸時代の食事はどのようなものだったか皆さんはご存知でしょうか?玄米や雑穀などを食べていたので...

米ぬかから肥料を作る。発酵させてぼかし肥料にしよう

家庭菜園をしていると、だんだんと土に詳しくなってきたり、肥料にも詳しくなってきますよね。肥料...

江戸時代へタイムスリップ!食事は将軍だけ特別だったのか?

現代の日本は、様々な食べ物を手にすることができる「飽食」の時代だと言われています。では、江戸時...

スポンサーリンク

土鍋と炊飯器とでは、光熱費に差は出るの?

ここでは、お米を炊くことを前提に、お話をしていきます。

【土鍋でお米を炊く】

土鍋でご飯を炊くには、まず沸騰させ、弱火で15分ほど炊いていきます。
時間にして約20分ほど、火にかける必要がありますね。

火にかけるということは、ご飯が炊けるまでの時間、ガスを使うことになります。

お使いのガスが都市ガスなのか、プロパンガスなのかで違いが出るので、見ていきましょう。

●都市ガス

都市ガスは、ガス会社によって多少の値段の違いは生じますが、仮に中火で20分間ガスを使うと、18円前後の光熱費が掛かります。

●プロパンガス

プロパンガスは都市ガスと比べると、少なくても2倍の光熱費が掛かり、都市ガスと同様に20分間中火でガスを使用すると、安くても36円前後の光熱費が掛かります。

土鍋でお米を炊く場合は、圧倒的に都市ガスを使用した方が安いですよ。

【炊飯器でお米を炊く】

定格消費電力にもよりますし、1合を炊くのか、4合を炊くのかでも違いが生じます。
このことから、定格消費電力が大きく、一度に炊く量が多い方が、使う電気が多くなります。

また、契約している会社や、設定プランによっても違いが出ます。
平均してみると、おおよそ1回お米を炊くには、6~8円ほどの電気代が掛かります。

一概にはガス代と電気代、どちらが安いのかは比較できませんが、料金で見ると、炊飯器の方がお米を炊くコストは低いです。

保温したときのそれぞれの光熱費は?

保温に掛かる光熱費を、それぞれ見ていきましょう。

【土鍋で保温】

土鍋は保温機能はありませんが、熱が逃げにくい特徴があるので、フタをしていれば20~30分ほどでしたら、温かいご飯が食べられます。

ガスや電気は使っていないので、光熱費は掛かりません。

しかし、30分以上時間の経ったご飯は電子レンジで加熱するか、小分けにして冷凍する必要があるので、電気代が掛かります。

【炊飯器で保温】

一方で、炊飯器は保温機能が付いていることが、ほとんどです。

便利な保温機能ですが、保温している時間は、もちろんコンセントに繋がっていますから、光熱費が掛かります。

1時間、炊飯器で保温した場合は約1円前後、1日中保温していた場合は、約24円と決して安くはありません。

また、保温時間が長ければ長いほど、ご飯からはニオイが発生して、味も落ちてしまいます。

メーカーによっては12~24時間保温ができるとされていますが、光熱費やご飯の味を考えると、炊き上がったら、長期保温はオススメしません。

すぐに食べない場合は小分けにして、冷凍保存しましょう。

食材に味がしみ込み、光熱費も抑えられる土鍋

では、お米を炊く以外の、土鍋の活用方法についてお話します。

おでんや寄せ鍋、しゃぶしゃぶといった鍋料理に、土鍋は大活躍してくれますよね。
土鍋を使うと、具材にゆっくりと火が通ります。

長時間煮込む料理に最適で、食材本来の旨みを引き出してくれる優れものです。
土鍋をお持ちの人は、ぜひ、魚や肉などのメイン料理でも活用してみてください。

また、土鍋で一度火を入れた料理は、火から外し、バスタオルなどで土鍋を包んで置いておきましょう。

じっくり火が通って味がしみ込み、ガスも電気も使っていないので、光熱費の節約にもなります。

炊飯器の代わりに土鍋でお米を炊いてみたい、土鍋を購入しようとお考えの方。
また、新しい土鍋の購入をお考えの方にお伝えしたいことがあります。

それは、新品の土鍋を使用する前に、「目止め」をしてから使用したほうが良いということです。
目止めとは難しいことではなく、新品の土鍋でお粥を作るだけです。

新しい土鍋の底には、細かい無数の穴が開いていて、ヒビ割れの原因となってしまいます。

それを回避するために、お粥を炊き、お米に含まれるデンプン質で穴を防いでいくのです。

2回目以降も使用する前は、土鍋に水やお湯を張りましょう。
十分に土鍋が水分を吸っている状態で調理すると、土鍋にニオイが付きにくくなります。

使い終わったら、水気をしっかりと拭きとり、乾燥させることも、土鍋を長持ちさせるコツです。

土によって土鍋の種類が分かれる?

上手に活用すると、光熱費を抑えられる土鍋は、土の種類によって分けられ、大きく分けると3種類あります。
土鍋選びの参考にしてみてください。

●伊賀焼

初めに生産された土鍋が、伊賀焼です。

土は粗く、熱に強い性質を持っています。
手に取ってみると、ゴツゴツとした手触りで、渋めの色合いが風情を感じる焼き物です。

水漏れしやすい弱点があるので、目止め作業をしてから土鍋を使いましょう。

また、外側の底は、しっかりと拭いてから使用してください。
少し濡れているだけでも、火にかけた途端に、バキッと土鍋の底から割れてしまう原因になります。

●萬古焼(ばんこやき)

最も一般的な土鍋で、生産が全国シェアの80%以上を占めているとも言われています。

土が細かいので、ツルツルとした表面で、とても手触りが良いです。
水が浸入しにくく、ニオイも付きにくいので、扱いやすいですよ。

さらに、価格がとても手軽で、シンプルなデザインが料理を引き立ててくれます。

注意していただきたいのは、安すぎる土鍋です。
中国や東南アジア製のものが多く、耐熱性を強化してくれるペタライト(鉱石)が配合されていません。

熱に弱く、壊れやすいものもあるので、なるべく国産のものを選びましょう。

●セラミック製

伊賀焼と萬古焼に比べると、色付けしやすいので、様々なデザインが楽しめます。

土は微細なので水の浸入もなく、ニオイ移りもほとんどないので、目止めも必要ありません。

また、セラミック製は、IH対応が多く販売されています。
ただし、価格は少々高めです。

次では、炊飯器を選ぶポイントをご紹介します。

炊飯器のタイプ

家電量販店に足を運ぶと、数多くの炊飯器が陳列されていて、どれを選んだら良いか迷いますよね。

デザインや価格が選ぶ基準になりますが、土鍋と同様に、炊飯器もそれぞれ特徴があり、4つのタイプがあります。

●マイコン

炊飯器の釜底にヒーターが内蔵されていて、このヒーターのみで加熱するタイプです。

低価格でありながら種類が豊富で、少量炊き用のものが主流なので、一人暮らしの方に最適です。
火力は弱いですが、消費電力は少なく、光熱費を抑えられます。

●IH

電磁力ヒーターで、内釜全体を加熱するタイプです。

全体にむらなく加熱し、短時間にまんべんなく炊き上がるので、お米の粒感をしっかりと味わえる、ご飯が炊けます。

●圧力IH

IH炊飯と同じく、内釜全体を加熱しますが、これに加えて内釜に圧力をかけ、沸点を高めて加熱します。
お米の芯まで熱が伝わるので、もっちりとしたご飯が炊けます。

●ガス

ガスの火力で炊くタイプです。
ガス炊飯器の機種の種類は少ないですが、都市ガス用やLPガス用があります。

炊飯器選びは、内釜を見る?

メーカー同士が競い合い、独自の開発によって炊飯器は進化し続けています。

中でも、多くのメーカーは内釜に重点を置くことが多いです。
なぜなら、内釜は美味しくお米を炊くポイントだからです。

炊飯器の内釜の種類や特徴について、見ていきましょう。

【素材】

●土鍋
熱をゆっくりと伝え、蓄熱性が高いので冷めにくいです。

●炭釜
遠赤外線でムラなく加熱し、熱伝導率も高いです。

●銅釜
熱伝導が高く、全体を均一に加熱することができます。

●鉄釜
発熱性があり、大きい火力で炊きます。

【構造】

●厚釜
だいたい2~3mm以上の厚みで「厚釜」とされます。
釜を厚くすると、熱を蓄えながら炊きます。

●多層釜
熱伝導効率の高い銅や金、ダイヤモンドなどの素材を何層にもに重ね合わせることで、熱伝導を高めています。

●真空釜
真空層なので熱が逃げにくく、早く内部に熱を伝えます。
厚釜や多層釜と比べると軽く、扱いやすいです。

内釜を使ってお米を研ぐ人が多いかと思いますが、内釜を長持ちさせるには、別の容器でお米を研ぎましょう。
内釜でお米を研ぐと、指輪や時計などで傷が付き、傷が原因でフッ素などが剥がれやすくなります。
3合・5.5合・1升など、人数に合わせた容量を選ぶことで、余計な光熱費も抑えられます。

炊飯器を選ぶ、参考のひとつにしてみてくださいね。

生活に合ったものを選ぼう

光熱費を抑えるには、ご自身のライフスタイルに合わせながら、土鍋を使うか、炊飯器を使うかを決めることがポイントになります。

また、種類によって扱い方や、ご飯の炊き具合も変わってきます。

頻繁に買い換えるものではないからこそ、慎重に納得のいくものを選びましょう。