基本の食パン作りから、砂糖やバターを使わない作り方

甘みのあるものから柔らかいもの、しっとりとしたものなど、食パンといっても、色々な食感や味を味わえますよね。

基本の食パン作りから、砂糖やバターを使わない食パン作りのレシピを、ご紹介していきます。

材料によって変化する食パンを、味わってみませんか?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

味噌炒めの簡単な作り方は?人気具材とレシピもご紹介します

今日の夕食は味噌炒めにしてみませんか?和食の基本調味料の一つである味噌は、炒め物にも使える万...

クッキー生地の種類とおいしいサクサククッキーの作り方

子供も大人も大好きなクッキーは手軽に食べられて、3時のおやつにぴったりですね。スーパーやお菓子...

醤油を使いこなそう!料理がうまいと褒められたい

醤油は、和食には欠かせない調味料です。海外から日本に来た時に醤油のにおいを感じる外国人がいる、...

オーブンを使ってパン作りに大切な発酵温度管理も簡単に

パンを作るに際に必要な「発酵」という手順。細かな温度管理が必要になってくる繊細な工程です。今...

水1カップをccで表すと?計量カップ以外の計量方法とは?

計量カップにも色々ありますが、水1カップは何ccなのでしょうか。答えは200cc、つまり20...

お米を上手に計る!計量カップの違いと一合の量を知ろう

ご飯を炊くにはお米の量を計ります。計量カップで一合、二合…と計って洗って研いで炊く、というの...

魚の切り身はそのまま調理せずに洗う!そのひと手間が大切!

スーパーや魚屋さんで買ってきた魚の切り身は、調理前に洗う方が良いのかそれとも良くないのか、迷いま...

タッパー弁当ってなに?今インスタグラムで人気のお弁当とは

みなさん、「タッパー弁当」ってご存知ですか?知らないという方は必見です!若者の間で大人気...

失敗しない魚の切り身の美味しい焼き方。目的別に紹介!

朝食に焼き魚と味噌汁は、定番です。魚の切り身を焼いていて、焼き方を失敗して焦がしてしまったこと...

電子レンジで使える鍋で気軽に焼き魚を作ってみよう!

電子レンジで食べ物を温めるように、魚も焼けたらいいのにと思うことはありませんか?最近、電子レ...

電子レンジでの焼きそばの作り方のコツや便利グッズをご紹介

電子レンジ調理が人気の今、おすすめなのは焼きそばです。作り方は容器にまとめて材料を入れるだけ...

夏の夕飯にオススメのおかずは?旬の野菜で栄養補給しよう!

夏になると暑さに負けて食欲が無くなったり、無気力になったり、「夏バテ」の症状が辛いですよね!夕飯...

電子レンジで使える野菜の蒸し器で下ごしらえに調理に大活用

電子レンジ調理のレシピが豊富な現在ですが、蒸し器は活用されていますか?様々な電子レンジ用器具...

豆腐を電子レンジでチンするだけ!スピーディな水切りの仕方

豆腐の下ごしらえに欠かせない水切り。面倒なうえ時間がかかりますよね。ところが電子レンジを...

味噌汁の定番食材・豆腐!料理に合う切り方を覚えよう

日本食に欠かせない食材である豆腐。安くて栄養豊富なものなので、毎日のように食べている方も多い...

スポンサーリンク

食パン作りに必要な砂糖やバターなどの材料

まず、作る前に、食パン作りに必要となる基本材料をみていきましょう。

★小麦粉

パンの骨組みとなる材料です。
小麦粉はグルテンの量によって、薄力紛・中力粉・強力粉に分けられています。

強力紛はグルテンを多く含み、生地をこね、発酵段階で生まれる炭酸ガスを包んで、パンの骨組みを作っていきます。

反対に、薄力粉はグルテンが少ないので、強力粉と混ぜて使うことで、軽い口当たりのパンに仕上げることができます。

★イースト

パン用のイーストは、乾燥している『ドライイースト』と、水分の多い『生イースト』があります。
パンを膨らませる働きがあり、パンの風味の元でもあります。

★食塩

イーストの発酵を抑えて調整し、パンの味を引き締める効果もあります。
雑菌の繁殖も防いでくれます。

食塩は少しの誤差で、パンの仕上がりに大きくかかわるので、正確に量ってください。

★砂糖

イーストの栄養になる、大切な役割です。
甘みをつけて、きれいな焼き色ができるパンになります。

★乳製品

牛乳やホイップクリームなどの乳製品は、きれいな焼き色と、パンの香りを良くしてくれます。

★水

パン生地のできを左右する、大切な材料です。
小麦粉と混ぜ、よく捏ねることでグルテンができます。

パン生地の柔軟性を高めます。

★卵

栄養価を高め、香りや味を良くしてくれます。

★油脂類

バターやマーガリンなどの油脂類は、パンの柔かさを保ってくれます。

食パンを作ってみよう!

では、実際に食パンを作ってみましょう。

★さっくり食パン

トーストやサンドイッチに向いている、食パンです。

【材料 1斤】

◎強力粉 220g
◎牛乳 115g
◎全粒粉 30g
◎水 60g
◎砂糖 20g
◎塩 3g

・無塩バター 20g
・ドライイースト 小さじ1

※外国産粉を使用するときは、水と牛乳を各5g増やしてください。

【作り方】

①ホームベーカリーのイーストを入れる場所にセットして、◎を全てパンケースに入れます。
一次発酵させましょう。

②ミキシングを開始して8分したら、バターを加えてください。

③できた生地を取り出して、丸めていきます。
かたく絞った濡れ布巾を生地にかけて、15分置きます(ベンチタイム)。

④生地を型と同じくらいの幅で、長方形に伸ばしましょう。
伸ばしたら、手前から巻いていき、とじ目を止めます。

⑤型に入れて、型の8分目まで膨らむのを目安に、二次発酵させます。

⑥予熱したオーブンを200℃に下げて、④を30分焼けば完成です。

甘い砂糖と、バターの香りが良いフレンチトースト

トーストやサンドイッチに続く食パンを食べる方法で人気なのが、フレンチトーストです。
子どもも大好きですよね。

フレンチトーストを作る黄金比率から、焼くコツを交えながらレシピをご紹介します。

★フレンチトースト

【材料 2人分】

・牛乳 100ml
・食パン 2枚(8枚切)
・卵 1個
・砂糖 大さじ1
・バター 小さじ2
・粉糖 お好み

【作り方】

①バットに卵と砂糖を入れ、よく混ぜ、そこに牛乳を加えて、泡立て器で混ぜます。

②食パンを半分に切って、①に1分30秒浸し、ひっくり返して1分30秒と、両面浸します。

③温めたフライパンに半量のバターを溶かし、②を入れて1分30秒焼きます。
ひっくり返したら、残りのバターを加えて、1分30秒焼きましょう。

④お皿に盛り付けたら、お好みで粉糖をかければ出来上がりです。

食パンを半分に切ることで、液が浸み込みやすくなります。
液に浸すのも、焼くのも、片面1分30秒ずつなので、覚えやすいです。

砂糖を使わない食パン

イーストの栄養になり、パンを柔らかくする役目の砂糖ですが、たまには甘くない食パンが食べたくなるときはありませんか?

フランスパンのように、砂糖を使わなくても食パンは作れます。
砂糖の量を制限している方にも、オススメの食パンレシピをご紹介します。

★もっちり塩食パン

【材料 1斤】

・強力粉 280g
・無塩バター 20g
・塩 4.5g
・水 175〜180cc
・ドライイースト 小さじ1と1/2

【作り方】

①ホームベーカリーのパンケースに、イースト以外の材料を全て入れます。
イーストは所定の場所に入れてください。

②食パンコースの焼き色淡(メーカーによって異なる場合があります)でスイッチを入れて、焼きあがったら取り出して出来上がりです。

シンプルな食パンなので、トーストはもちろんのこと、レタスやハム、チーズなどを挟んだサンドイッチにしても美味しいですよ。

砂糖不使用のパンをもう一品、ご紹介します。

砂糖不使用のホットドッグ用もっちりパン

食パン以外のパンも、砂糖不使用で作れます。

★ホットドッグ用もっちりパン

【材料 6個分】

◎強力粉 280g
◎無塩バター 20g
◎塩 5g
◎水 180cc
◎ドライイースト 小さじ1と1/4

・白ゴマ 大さじ1
・塗り卵 少々

①パンケースに◎を全て入れて、生地コースで一次発酵させましょう。

②生地を取り出してガス抜きします。
6等分にしたら丸めて、かたく絞った濡れ布巾をかけ、5分休ませましょう。

③生地のとじ目を、てのひらで潰します。
潰した生地の端からクルクルと巻いて綴じたら、両手で転がし、12cmほどまで伸ばします。

④とじ目を下にして、オーブンシートを敷いた天板に並べていきましょう。

⑤40℃のオーブンで10~15分、二次発酵させます。

⑥溶いた卵をパン生地に刷毛で塗り、ゴマをふりかけます。

⑦予熱していたオーブンを190℃にして、約13分焼きます。

⑧焼きあがったら、冷まし、パンに切り込みを入れれば、ホットドッグ用のパンの出来上がりです。

バターを使わない食パンの作り方

続いて、バターを使わない食パンの作り方をご紹介します。

バターが入っていない分、軽い食パンになりますので、朝食にピッタリです。
中はやわらかく、外はサクサクのトーストもオススメです。

★ふわふわ食パン

【材料 1斤】

・強力粉 250g
・きび砂糖 15g
・ドライイースト 3g
・塩 4g
・水 100cc
・牛乳 90cc

①ホームベーカリーのパンケースに、イースト以外の材料を全て入れます。
イーストは所定の場所に入れてください。

②食パンコースの焼き色は淡でスイッチを入れて、焼きあがったら取り出して出来上がりです。

★プレーン食パン

バターと牛乳を使わない、しっとりとした食パンです。

【材料 1斤】

・強力粉 250g
・砂糖 20g
・塩 4g
・ドライイースト 4g
・ぬるま湯 165g
・サラダ油 20g

【作り方】

ふわふわ食パンと同じ作り方でできますが、ソフトパンコースがあれば、このコースで薄い焼き色で焼くと、美味しく焼き上がります。

ぬるま湯を使うことで、失敗もしにくいです。

出来立ての食パンを味わおう

もちろん、手ごねでも食パンは作れますが、ホームベーカリーを使うと、もっと手軽に作ることができます。

出来立てのパンは、格別に美味しいですよ!
甘さを控えたパンや、朝食に優しい軽めのパンまで、お好みの食パンを味わってみてはいかかですか?