玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

こんな時はどうしたらいい?米の水加減を間違えた時の対処法

      2017/09/14

こんな時はどうしたらいい?米の水加減を間違えた時の対処法

毎日炊く米ですが、いつも通り炊いたつもりが柔らかくなったり、固くなったりと水加減を間違えたことありませんか?

失敗した米を普通に食べてもあまり美味しくないので、美味しくアレンジしていつもと違う食事を楽しみましょう。

棚からぼたもちな気持ちになれる様に対処法を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

カロリーゼロ甘味料の魅力とは?人気商品の特徴や用途を探る

1973年にお茶の間に初めて登場した、低カロリー甘味料「シュ...

米麹の甘酒はスーパーで買える!手軽な手作り甘酒もご紹介!

アミノ酸を豊富に含み、健康に良い飲み物として、甘酒は近年ブー...

オーガニックや無添加食品はやっぱり安心!おすすめ5選

現代はたくさんの食品に囲まれ食べることに困らない豊かな時代と...

1人暮らし向け電子レンジとオーブンレンジのおすすめ8選!

これから1人暮らしを始める方、1人暮らしで電子レンジやオーブ...

グルテンフリーなパンなら市販のアレルギー除去米粉パンを!

パン屋さんに並ぶさまざまな種類のおいしそうなパン。 そ...

甘酒や麹は市販の健康食品の中でも大人気!おすすめ理由詳細

今の食生活を改めて見つめてみた時に少し不安を感じることはあり...

味噌鍋にご飯を入れて美味しい雑炊を作るレシピをご紹介

味噌鍋を食べた後のスープを使って、うどんや雑炊を作ると美味し...

冬に食べたい味噌煮込み料理のレシピ!人気の食材は?

味噌煮込みの料理というと、恐らく誰もがイメージするのは愛知県...

味噌と豆腐でメインのおかずになる料理の作り方をご紹介

豆腐をそのまま使うだけでなく、より美味しく食べるために、豆腐...

バランスの良い食生活改善はダイエットだけでなく美容効果も

私たちは、食生活改善をすることでダイエットになり美容にも効果...

食事改善で便秘を軽減し、運動の継続で更に効果が見込める!

体に何らかの病的症状が見られた時、つい、薬に頼ってしまう傾向...

健康のためには食事改善!タンパク質はプロテインで補おう!

ダイエットやメタボリックシンドロームの予防のためには、食事改...

食事改善とダイエットを家事をしながら成功させてみよう!

健康のために、食事改善とダイエットに取り組んでいる方も多いこ...

海老と味噌を使ったヘルシー料理で美味しく食事改善を図ろう

健康の秘訣は、バランスの良い食事と適度な運動です。 食...

メタボリックシンドロームは食事改善で生活習慣病も防ごう!

飽食の時代と言われ、食べ物にあふれた生活を私たちは送っていま...

カロリーが高い食品や食材は一番太る?色々な食品を比較

カロリーが高いと太る、カロリーが低いと太らないと、よくいわれ...

美味しくて健康に良いと評判のオーガニックティーとは?

健康志向の現代人に、オーガニックティーが人気になっています。...

豚肉の味噌鍋レシピは色々!自分だけのオリジナルレシピ作り

寒い時には、身体が温まる味噌鍋レシピは最高ですね。 豚...

豆腐に味噌マヨネーズを合わせ栄養効果を上げるレシピを紹介

豆腐は、手軽に摂れるたんぱく質食品です。 歯が痛い時や...

子どものころから食生活改善!痩せるだけではないダイエット

私たちのほとんどは、ダイエットと痩せるという言葉を同じ意味と...

スポンサーリンク


米の水加減を間違えた時

毎日炊く米ですが、たまに水加減を間違えたりしませんか?

大事なイベントの時に間違えたりすると、どうしたらいいか焦ってしまいますが、アレンジすれば水加減を間違えたと思えないほど美味しい料理が作れます。

水加減を間違えた時は柔らかくなる・固くなるのどちらかになるので、対処法を紹介していきます。

■柔らかくなった時
柔らかくなったら、そのままおかゆ・お茶漬けなどの柔らかい料理にしたり、ライスコロッケ・おはぎなど米と具材を合わせて別の料理に変えることもできます。
もし、普通に炊いた米があれば柔らかい米と合わせてしまえば、いつもの米の固さに近づけると思います。

■固くなった時
固くなった時は水を足してもう1度炊飯すると、柔らかくなります。
米3合に対して水2合しか入れていない場合だと、追加で1合入れて炊飯するといつもの米に戻ります。

固い米のまま料理をする場合は、チャーハンだとパラパラに仕上げることができ、ドリアのようにソースに漬け込むことで固さが気にならないようにするといいと思います。
いつもと違う固さの米だと、食欲が進まないかもしれませんが、そんな時はラップをして冷凍庫に入れるといつでも食べれて便利です。

米の種類別の水加減

米といっても、新米・玄米・雑穀米など種類がたくさんありますが、米によって水加減も違うのでしょうか?

米の水加減を間違えた時はショックが大きいので、種類ごとに説明していきます。

■新米
新米は水分を吸収しやすいため、いつもの水加減で炊くと柔らかい炊き上がりになります。
ただし、極端に水分は減らさずに、1~2割ほど減らすだけで大丈夫です。

■玄米
健康にいい玄米は1.3~2倍の水加減と幅がありますが、これは玄米を浸水させた時間によって変わります。
浸水時間が2~3時間なら1.5~2倍、6時間以上なら1.3~1.5倍を目安にすればいいと思います。

玄米は炊く前に浸水しないと、固くて食べにくいと思う方が多いので注意が必要です。

■雑穀米
白米と混ぜて食べる方が多いと思うので、混ぜ合わせた炊き方を紹介します。
白米の水加減はいつも通りで大丈夫で、雑穀を入れた分量の1~1.5倍の水を追加で入れるといいです。

米の水加減を間違えた時の裏技

水加減を間違えた時に芯が残ったり、べちゃべちゃになった経験のある方は多いと思います。
そんなときに、ひと手間かけるだけでいつも通りの米になることもあるので紹介します。
■べちゃべちゃになった時
べちゃべちゃになると、いつも通りの米にするのは難しいですが、電子レンジを使えば元に戻すこともできます。
お皿に米を平らにのせて、ラップをしないでレンジにかけます。
そうすると、米の水分が蒸発して固さが少し戻ります。
やりすぎると、今度は固くなるので様子を見ながらやってみてください。

■固くなった時
芯が残ったり、少し固い場合は米に日本酒を米2~3合に対して、大さじ1杯ほど入れてよく混ぜます。
10分ほど蒸らせばいつも通りの米に戻ります。
お湯を入れてもいいですが、日本酒の方が香りがよくなるのでオススメです。
アルコールも飛ぶので子どもでも食べられます。

混ぜごはんのときの水加減は?

白米を炊くときは水加減をメモリに合わせて炊けばいつも通りの白米になりますが、炊き込みご飯やピラフなどの混ぜごはんの時もいつも通り炊いて大丈夫なのでしょうか?

混ぜごはんで水加減を間違えた時のショックは更に大きいと思いますので、混ぜごはんの時のポイントを説明していきます。

■水加減はいつも通り?
米に水を入れる時、米を入れてから水を入れる方が多いと思います。
混ぜごはんの時は調味料が入り、水以外の水分が入るので、米→調味料→水→具材の順に入れていきます。
3合炊く場合は調味料を入れてから、水を3合のメモリまで入れるとちょうどよくなります。

■水加減を間違えた時
水加減を間違えた時は、白米と同じ方法で戻すことができますが、水分を追加で入れる場合は味が薄くなる場合があるので、調味料も少し加えるといいでしょう。

■味付けを間違えた時
炊き上がって試食したら、予想よりも濃かったり薄かったりする時があると思います。
薄かった時は調味料を足して混ぜ合わせて少し蒸らせば大丈夫ですが、濃かった時は薄めることができないので、水分を加えて雑炊やリゾット風にしたり、卵を入れて炒飯にすると少しまろやかな味になります。

水加減を間違えた時のやわらか米レシピ

柔らかくなった米をレンジにかけて元に戻すのもいいですが、それならうまく調理して美味しくアレンジしてみてませんか?
水加減を間違えたと思わせないようなレシピを紹介します。

★薬味たっぷりサムゲタン風★
【材料】(2~3人分)
・鶏手羽元 6~8本
・生姜 薄切り3枚ほど
・葱 1/2本
・大葉 2枚
・柔らかい米 お好み
・中華だし

【作り方】
1.生姜はみじん切り・葱と大葉は薄切りにします。

2.鍋に鶏手羽元と1の薬味・鶏手羽元が浸かるくらいの水を入れて火をつけます。

3.沸騰したら、中火にして30~60分煮込みます。
米・中華だし・塩・胡椒などを入れてさらに30分ほど煮込みます。

煮込み時間を長くすると、鶏手羽元が柔らかくなり旨味やとろみが出てきます。
1時間ほどでも美味しくできますが、合計2時間くらい煮込む方がオススメです。

肉の種類は、豚肉・牛肉でもできますが、鶏肉が一番淡白な味で相性がよく、スパイス・ナッツ・チーズなどをお好みで入れてアレンジすることも簡単にできます。
柔らかい米は消化にもよく、薬味もたくさん入ってるので体調が悪い時にもオススメのレシピです。

水加減を間違えた時の固め米レシピ

柔らかい米では美味しくないけど、固い米だからこそ美味しい料理もあります。
水加減を間違えた時でも大人も子どもも喜ぶレシピを紹介します。

★チーズたっぷりドリア★
【材料】
・ベーコン 適量
・2~3種類の野菜 適量
・固い米 1合分
・小麦粉 10グラム
・チーズ 20グラム
・牛乳(豆乳でも可) 100グラム

【作り方】
1.ベーコンは角切り・野菜は粗みじん切りにして、フライパンで炒めます。

2.1に火が通ったら米を入れてさらに炒め調味料(塩味・醤油味などお好きなもので)を加え.耐熱のお皿に移します。

3.フライパンにバター・牛乳を入れてよく混ぜます。

4.3のバターが溶けたら、小麦粉・チーズを入れてとろみを少しつけます。

5.2の米に4を流してチーズをのせて、オーブンで焼き色をつけます。

ホワイトソースにチーズを入れることで、コクととろみをつけます。
ごはん自体も炒飯にして味を付けるので、時間がない時は炒飯に、余裕があればドリアと臨機応変に作ることができます。

米の水加減を間違えても大丈夫

米の水加減を間違えた時も焦らなくて大丈夫です。

柔らかくても、固くてもアレンジして美味しい料理を作ることができますので、失敗を期に普段作らない料理のレパートリーを広げてみてください。

でも、水加減を間違えないに越したことはないので、水を入れる時は平らな場所で慎重に入れてくださいね。

 - 料理のポイント