牛乳と生クリームの違いは?代用することって可能なの!?

シチューやケーキなどのお菓子作りに、牛乳や生クリームは欠かせませんよね。

牛乳と生クリームは同じ乳製品ですが、どんな違いがあるのでしょうか?

また、牛乳は冷蔵庫に常備されていることが多いですが、生クリームを常備してる家庭ってあまりないですよね。

そんな時に、牛乳を生クリームの代用に使うことはできるのでしょうか?

今回は、牛乳と生クリームの特徴や違い、代用可能なのかについてお話します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

小麦粉の代用にいろいろな食材を使ってお菓子が作れる!

低糖質ダイエットや、小麦粉アレルギーなどの理由で、小麦粉を摂取するのを避けている人が増えています。...

目指せお店の味!スポンジケーキをしっとりさせる方法とは?

ケーキの基本中の基本”スポンジケーキ”。手作りする人の中には膨らまない、パサつくなど悩んでいる...

手作りだし汁の作り方!ほんだしを活用した時短調理レシピ!

かつお節や昆布から、丁寧にとっただし汁をイメージしてみて下さい。手間ひまかけた分だけ、自然の...

フランスパンの作り方!コツを掴んでマスターしよう

ハード系のパンと言ったら、王道なのはフランスパンですよね。フランスパンは、小麦粉、塩、水、イ...

電子レンジやトースターを正しく使うやり方と適した調理方法

電子レンジやトースターなどの調理家電は、意外と正しいやり方や違いを知らない人も多いのではないでしょう...

疑問!醤油の大さじ1はいったい何mlなの?他の調味料は?

美味しそうなレシピを発見して、いざ作ってみようと思うと、材料に「大さじ」や「ml」の表記があるこ...

電子レンジでもトーストは作れる?!オーブンがなくてもOK!

ほとんどの方がトーストを作るのに、トースターやオーブンを使うのではないでしょうか。オーブンがな...

カレーの隠し味に和の食材が使える!?味噌でコク旨カレー

今や日本人の国民食とも言える『カレー』。皆さんには、どんなこだわりがありますか?十人いれば十...

チャーハンの冷蔵庫保存ってどうなの?アレンジレシピ紹介!

チャーハンを作りすぎて余ってしまったとき、どのように保存していますか?常温だと傷みが早いので...

電子レンジのグリル機能ならアルミホイルが使える?!

みなさんがお使いの電子レンジには、グリル機能が付いていますか?魚などを焼く場合、ガスコンロの...

豚肉の味噌鍋レシピは色々!自分だけのオリジナルレシピ作り

寒い時には、身体が温まる味噌鍋レシピは最高ですね。豚肉を白菜・長ネギ・玉ねぎ・大根などたくさ...

味噌鍋を美味しく食べるためのスープの作り方とアレンジ3選

寒くなってお鍋が恋しくなる季節には、日本のお鍋の代表格と言っても過言ではない、味噌鍋が食べたくなり...

炊飯器で炊いたご飯を常温保存や保温機能を使うと何日もつ?

炊飯器で炊いたご飯、皆さんはどのように保存していますか?常温保存や炊飯器の保温機能を利用...

炊飯器や土鍋、圧力鍋を使って玄米4合を炊く時の水加減は?

カラダに良い玄米は、ご家庭でもカンタンに炊けます。普段お使いの炊飯器ではもちろん、土鍋や圧力...

実践してみて!炊飯したお米が臭い原因とその対策を教えます

私達の主食のお米。毎日食べているからこそ、いつでも美味しく食べたいですよね。でも、せっかく...

スポンサーリンク

牛乳と生クリームの違いが知りたい!牛乳とは?

「牛乳」と「生クリーム」は、私達の生活に身近なものですよね。

原材料は同じですが、牛乳と生クリームには、どんな違いがあるのでしょうか。

まずは、牛乳についてお話しますね。

牛乳は、朝食やオヤツの飲み物としてのほかにも、料理やお菓子作りにも沢山使われています。

吸収率が良いカルシウムを含んでいるので、育ち盛りの子どもや、骨を強化したいお年寄りに特にオススメです。

牛乳は生乳の乳脂肪分を粉砕機で砕き、その乳脂肪分を均等化・殺菌して作られます。

粉砕処理をする理由は、生乳の乳脂肪分は、そのままだとお互いにくっついてしまい、飲みにくくなるからです。

牛乳は作られる過程で、先ほどお話したような乳脂肪分の粉砕処理や殺菌処理はされているものの、乳牛からしぼったお乳を、そのまま利用しています。

牛乳は、無脂乳固形分8.0%以上、乳脂肪分3.0%以上の生乳100%で作られたものと決められています。

低脂肪牛乳も、よくスーパーなどで見かけると思います。

しかし、低脂肪牛乳は牛乳という名前がついているものの、普通の牛乳とは違います。

コーヒー牛乳と同じ乳飲料扱いの加工乳なのです。

生クリームとは?

牛乳と生クリームの違いを知る前に、生クリームについても、この機会に詳しく知っておきましょう。

ケーキなどの、お菓子作りに欠かせない生クリーム。

お菓子が生クリームでキレイにデコレーションされているのを見るだけでも、スイーツ好きな人の心はワクワクして、早く食べたいと思えますよね。

お菓子の見た目を華やかにして、美味しさもアップしてくれる生クリームは、生乳から遠心分離機などを使って取り出した乳脂肪分を濃縮することで作られます。

生クリームは、乳脂肪分のみで作られているのです。

商品名のところに「純生」が記載されているものが、生クリームです。

ちなみに、乳脂肪分が18%以上のものはライトクリーム、乳脂肪分が30%以上がホイップ用と決められています。

スーパーなどの売り場で、生クリームと一緒にホイップクリームが販売されていますが、ホイップクリームは植物性油に添加物を加えて加工したものなので、ホイップクリームは生クリームではありません。

白色をしていて、お菓子作りに使うものなので、同じものかと錯覚してしまいがちですが、生クリームとは別のものなのです。

牛乳と生クリームの違いって?

ここでは牛乳と生クリームの違いについて、わかりやすくご説明します。

牛乳と生クリームは、どちらも乳製品です。

前述したように牛乳と生クリームは、どちらも同じ「生乳」から作られています。
生乳が加工されることで、それぞれの製品に変化するのです。

☆牛乳は、乳牛のお乳を飲みやすくするために、脂肪粒子を砕き、殺菌処理したもので成分は無調整

乳脂肪分が3%以下のものが牛乳です。

牛乳をサラッとゴクゴク飲むことができるのは、乳脂肪分が少ないからです。

☆生クリームは、その牛乳を分離させ、乳脂肪分を濃縮することによって作られる

牛乳には色々な成分が含まれていますが、生クリームは乳脂肪分しか入っていません。

濃縮した乳脂肪分が18%以上のものが、生クリームとなります。

生クリームが濃厚なのは、乳脂肪分が多いからなのですね。

生クリームの乳脂肪分を、さらに分離させるとバターが作れます。

牛乳と生クリームの違いは、ズバリ、おもに乳脂肪分にあるのです。

牛乳と生クリームの用途の違いを知っておこう

ここまで読んでいただいて、牛乳と生クリームの違いがおわかりになったかと思います。

何気なく使っている牛乳と生クリームですが、用途の違いはどこにあるのでしょうか。

簡単に、ご説明します。

☆牛乳

牛乳は主に飲料用として使われていますが、お菓子作りや料理にも欠かせません。

例えば、ミルクスープ・キッシュ・ポタージュ・オムレツ・ハンバーグ・ババロア・マフィン・クレープ・パンケーキ・ミルクティー・ココアなどに使われます。

食材のつなぎや、水分を足す場合などに牛乳が活躍しています。

洋食だけでなく世界から注目されている和食も、牛乳を使って調理することで減塩やカルシウム補給、うま味もアップさせることができます。

☆生クリーム

生クリームは、お菓子作りはもちろんですが、トロミをつけたり、固まらせたり、料理を濃厚にしたい場合などによく使用されています。

例えば、コーヒーやココアに直接入れたり、クリームシチュー・クリームパスタ・ポタージュ・ホイップクリーム・アイスなどに使われています。

生クリームをホイップして、冷凍保存も可能です。

牛乳にバターをプラスすれば生クリームの代用は可能?

「牛乳から生クリームは作れないのか」という疑問が出た人もいらっしゃると思います。

その答えは残念ながら、「作れません」です。

牛乳と生クリームの原料は同じでも、製造方法や成分には違いがあります。

牛乳に含まれる乳脂肪分は約3.5%で、生クリームの乳脂肪分は30%以上で、差がとても大きいですよね。

ですので、牛乳から水分を飛ばしても、生クリームを作ることはできません。

ただし、牛乳に乳脂肪分を加えることで、生クリーム風にして使うことはできます。

乳脂肪分の塊のバターを溶かして、牛乳に加えることで、生クリームに近いものを作れるのです。

つまり、バターと牛乳の比率を、バター:牛乳を1:3にすることで、乳脂肪分上では生クリームになります。

ただ、本物の生クリームと比較するとバターの香りが強く出てしまい、ホイップして使うことには向いていないので、気をつけてください。

あくまで、生クリームがないときの緊急の代用として、料理に使用するようにしたほうが良いでしょう。

牛乳で生クリームに近いものを作ってみよう

スーパーで売られている牛乳と生クリームを比較すると、生クリームの方が価格が高いですよね。

もし、生クリームに近いものが作れて、代用できれば家計も助かりますよね。

代用の生クリームと本物の生クリームの美味しさは、やはり段違いですが、シチューやパスタなどの味付けに少し使う分には、問題なく使えるでしょう。

☆牛乳で生クリームに近いものを作ってみよう☆

牛乳から本物の生クリームと、全く同じものを家庭で作るのは無理です。

しかし、何度も言うように牛乳の脂肪分を増やすことで、生クリームに近いものを作ることができます。

今回、作るものの具体的な比率は、牛乳:バター=45:55です。

牛乳が45gだったら、バターを55g用意しましょう。

次に、牛乳を鍋で温めましょう。
70度以下をキープして、沸騰させないように気をつけてください。

そこに、バターを加え入れて、溶かしていきます。

少しバターの香りを感じますが、これで牛乳から生クリーム風のものを作ることができます。

牛乳と生クリームの特徴を活かした使い方をしよう

いかがでしたか。

同じ生乳から作られている牛乳と生クリームとですが、乳脂肪分の割合が違うのですね。

牛乳と生クリームの違いや特徴を知って、それぞれの用途に合った使い方をしましょう。

生クリームがなくて困った時は、牛乳とバターで代用品を作って使ってみてはいかがですか。