身長が170cmの人の平均体重とは?意外と重い?意外と軽い?

みなさんは、自分の身長に対する平均体重を計算したことがありますか?

平均体重というのは、体格を相対評価した、肥満の国際基準のことで、BMI値と共に計算できるのです。

しかし、実際に自分の身長と当てはめて計算してみると、「意外と重い」と感じる方もいれば、「意外と軽い」と感じる方もいるでしょう。
日本人は細身の体型の人が多く、平均体重とモデルのような「スタイル抜群」と言われる美容体重とでは、かなりの差が生まれています。

今回は170cmを基準にして見ていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ダイエット中!300キロカロリーを消費するのに何が必要!?

ダイエットを行う上で重要なことはカロリー消費です。しかし、カロリー制限したり、運動をすること...

生クリーム(植物性)に含まれるトランス脂肪酸とは?

生クリームはスイーツ、他にもシチューやパスタなど料理にも使える、便利でおいしい食材ですよね。...

「精製塩」のスーパーな効果!調味料以外にも役立つ凄いやつ

どこの家庭にでも、「塩」は調味料として常備してあるのではないでしょうか。「塩」は、調味料とし...

電子レンジで溶けたラップは有害?その安全性を検証してみた

食品を電子レンジで加熱すると、食材に触れたラップが溶けて、有害な物質が体内に吸収されてしまい危険...

味噌汁1杯分に含まれる塩分量ははたしてどれぐらいなのか?

どんな料理でもどれぐらい塩分が入っているか気になるものですよね。毎日味噌汁1杯を飲むと、塩分や...

食事のカロリーをゼロにしなくても太らない食生活と生活習慣

カロリーが高いものは太る、低いものは太らないというイメージがあります。しかし、人間はカロリー...

お菓子等、加工商品の表示でよく目にする「植物油脂」とは?

お菓子の箱の表示で「植物油脂」と書かれていることがありますよね。必ずといって良いほど表示され...

糖質制限の説明と注意点それに関わる玄米菜食のやり方や効果

現在は、色んなダイエット法、健康法がテレビやネットで取り上げられますね。その中でも、糖質制限ダ...

朝食抜きが血糖値を上昇させる理由と朝食の正しい摂り方とは

よく朝食は食べないという方、いらっしゃいますよね。しかし、朝食抜きは血糖値が上昇しやすいってご...

身長162センチの平均体重は?男性が気になる筋肉量について

健康のためや、ビジュアルのためにも、体重管理はとても大切なことです。ご自身の理想とする体重は...

日本にはまだまだあるトランス脂肪酸ゼロの美味しいお菓子

2018年6月に、国外ではトランス脂肪酸の規制が始まりました。国内でも徐々にトランス脂肪酸を...

離乳食開始は生後5、6ヶ月?始める目安や2回食への移行は?

赤ちゃんが生後5、6ヶ月頃になると首も座って、そろそろ離乳食を始めようかな?と考える方も多いのではな...

単身赴任中の夫に、料理を送りたい!冷凍できるおかずは?

旦那さんが単身赴任で地方にいる場合、なるべく健康のため、食費を浮かすために、手作りの料理を食べさせた...

水を飲むとトイレが近くなるのって変なの?理由を教えて!

水を飲むと、トイレが近くなるという方は多いはずです。なかには、「こんなにトイレに行って大丈夫...

離乳食の進め方!9ヶ月の赤ちゃんにはおにぎりがおすすめ!

今回は、9ヶ月以降の赤ちゃんの離乳食についてお伝えします。離乳食をどう進めていけばいいのかや...

スポンサーリンク

平均体重を重視すべき理由とは

一般的に、ダイエットなどは健康維持や外見を良くしたいという気持ちから生まれることが多いのではないでしょうか。
しかし、いざ自分の身長から平均体重を割り出してみると、意外と重たいと感じる方が多いのではないかと思います。

このギャップはどこから生まれると思いますか?
それは、芸能人や身長170cm以上で抜群のスタイルのモデルさん、周りでスタイルが良いと言われている子たちが、平均体重よりも軽く、ほっそりしているという理由が考えられます。

日本人は国際的に見てもかなり痩せている体型の方が多く、それが普通に思われているので、国際基準の平均体重を割り出すと「重い」と感じるのです。

日本人は「細い」=「きれい」と認識する傾向があり、そのせいで特に若い女性たちは無理なダイエットをしている人も多いのです。

しかし、本当に大切なのは体重を落とすことではなく、健康的で心身ともにキラキラしていることではないでしょうか。
平均体重はその点において非常に重要です。
病気になりにくく、健康的に生活できるのが、平均体重なのです。

身長170cmの男性の平均体重とは、女性と違いは出るのか

平均体重を割り出すのは身長が正確に分かっていることが条件になります。
身長さえ分かっていれば、簡単な式に当てはめることで計算できるのです。

身長(m)×身長(m)×22という式に当てはめると、出てくるのが平均体重です。
ここで注意したいのが身長の単位。
多くの場合cmで表す身長ですが、この式に当てはめる場合にはmの単位で計算します。
例えば身長が170cmの場合、1.7m×1.7m×22=63.58という数字が出てきます。
これが平均体重なのです。

つまり身長170cmの人の平均体重は63.58kgということになります。
いかがですか?
意外と重い、と感じましたか?
それとも意外と軽い、と思われたでしょうか。

ちなみにこの平均体重は男女で同じ式で割り出せるので、男女ともにこの体重が平均ということになりますね。
女性で170cmは結構身長が高めなので、分かりにくいかもしれませんね。
160cmでも計算方法は同じです。
1.6m×1.6m×22=56.32kgになるので、160cmの方の平均体重は56.32kgということです。

平均体重と美容体重、重視するのはどっち?

平均体重を計算してみて、意外と重いなと感じられた方は、平均体重よりも軽い方ではないでしょうか。
しかし、痩せ型の多い日本人の中では、目立って細身という訳ではなく、平均的な体型、という方が多いのではと思います。

そこで、もう1つ計算してみてほしいのが、美容体重です。
美容体重というのは、モデルや芸能人のように、ほっそり引き締まった体をしている、特に女性が多く気にしている数値です。
その計算方法は、身長(m)×身長(m)×18です。
最後の数字が22から18になっただけなので、覚えやすいですね。

例えば身長170cmの場合の美容体重は1.7×1.7×18=52.02kgという計算になります。
平均体重が、病気になりにくく、健康的な生活をできる体重なのに対して、美容体重は健康を維持しつつ、他人に「美しい」と思われる体重、と言われています。

また、このほかにシンデレラ体重やモデル体重と言われるものもありますが、痩せすぎて健康を害する恐れがありますので、あまりオススメはしません。
女性であれば、日々ダイエット!という人も少なくない世の中ですが、平均体重ではあまり納得できないという場合には美容体重を目指してみるのはいかがでしょう。

身長170cmの男性芸能人、その体重は平均体重?

みんなの憧れる芸能人、その体重は果たして平均体重から見てどうなのでしょうか。
男女別に見てみましょう。

男性芸能人で170cmは、タレントのウエンツ瑛士さんや俳優の佐藤健さん、サッカー選手の長友佑都さんなどおられるのですが、それぞれの体重を調べてみました。

ウエンツ瑛士さん…55kg、佐藤健さん…54~57kg、長友佑都さん…68kg。
こうして比べてみると、やはり長友佑都さんはサッカー選手で筋肉の付き方が違うのですね。
平均体重よりも重いですが、サッカー選手として必要な筋肉ですので、問題ないでしょう。
対してウエンツ瑛士さんや佐藤健さんは、やはり細身ですね。
平均体重よりも軽いという結果になりました。

しかし、男性芸能人では170cmは小柄な分類に入るようです。
170cm以上の芸能人の方では、綾野剛さん180cm60kg、福士蒼汰さん…183cm66kgなど、やはり平均体重よりも軽い体重の方ばかりです。

身長170cmの女性芸能人、その体重は平均体重?美容体重?

女性芸能人では、170cmの方は女優の小雪さん、同じく女優の榮倉奈々さんや山口智子さんがおられます。
気になるその体重ですが、小雪さん…48kg、榮倉奈々さん…52kg、山口智子さんは体重は公開されていませんでした。

しかしみなさん、女性が憧れるだけあって見た目にも本当に美しいですよね。
ほっそりしているのにガリガリではなく、程よく引き締まった体型です。
平均体重と比べるとやはり軽い方ばかりですね。
山口智子さんは非公開ですが、体型を見れば平均体重よりも軽いのは明らかですね。

みなさん、いわゆる美容体重やシンデレラ体重ですが、これは芸能人やモデルなど、きれいでいることもお仕事の一部な方がきちんと管理して初めてキープできる体重ということでしょう。

170cmは女性にしては高身長なので、それだけでもスタイル良く見えそうですが、体重もきちんとキープしつつ、美肌や健康にも気をつけているなんて、なかなかできない努力です。
さすが、という感じですよね。

170cmという高身長や顔だちだけでなく、平均体重以下をキープし続ける姿勢を見習いたいですね。

平均体重は年齢によっても変わってくる

平均体重というのは、年齢によっても変わってきます。
身長170cm以上のモデルや、芸能人を例に挙げてきましたが、実は赤ちゃんの頃から平均体重、平均身長は意識されていて、成長曲線の中から大きく外れると発育に問題があることになって、病院受診を勧められることもあります。

平均体重、平均身長は生まれてからずっと比較対象としてありますし、当たり前ですがおじいちゃんおばあちゃんになってもあるのです。
平均ど真ん中をずっと維持しながら成長している人もいれば、ずっと大柄、ずっと小柄、成長期になって急に大きくなった人など様々ですが、基本的に平均から外れるのは悪いことではありません。
十人十色という言葉があるように、平均はあくまで平均です。
みんな違って当たり前なのです。

しかし、身長に対する平均体重は、いつでも計算できますし、それを知っておいてキープしようと努力することは誰にでもできることなのです。

健康的な体型を維持し、生活することは自分にとって+の要素しかありません。
ぜひこの機会に、自分の身長に対する平均体重がどのくらいなのか、計算してみてください。

平均体重を知って、病気になりにくい体を手に入れよう

平均体重を知ることは、決して損にはなりません。
しかも身長さえ分かれば誰にでも計算できるのです。
平均体重を知っておけば、自分がどのくらいの体重が一番健康でいられるかをいつも意識できますね。

成人していれば身長はそこまで変動はないと思いますので、一度身長測定をして自分の平均体重を調べてみましょう。