油もので体調が悪くなる?脂肪を分解してくれる食品を知ろう

油っこい料理で胃がもたれてしまう…
そんな経験をしたことがある人は多いはずです。

朝起きた時に、胃がむかむかして調子が悪いって、すごく嫌ですよね。

油を分解してくれる食品を知っておけば、そんな嫌なことが起こらないかもしれません。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

家庭の醤油100mlの栄養素と醤油を使った楽しいレシピご紹介

醤油は日本の代表的な調味料です。醤油は、4ml入り×10袋~1000ml入りが、一般用に販売...

飲む点滴!甘酒を麹少なめで作ってもおいしくなるコツとは?

健康ブームで話題の甘酒は、飲む点滴といわれるほど、カラダに良い成分がいっぱいです。それを余す...

離乳食の朝食はコレに決まり!パンを使ったオススメメニュー

赤ちゃんの成長に欠かせない離乳食は、生活リズムの観点や栄養面でとても大切です。できるだけ楽しく、...

お米の臭いが変わって黄色く変色してしまった!食べられる?

炊飯器にご飯を保温状態で置いてしまい、蓋を開けたら臭いがいつもと違ったり、お米が黄色く変色してい...

一人暮らしの夕飯などの食事は外食になりがち!自炊のススメ

一人暮らしの皆さん!毎日の食事、どうしていますか?一人暮らしの夕飯などの食事は、...

メタボリックシンドローム改善は食事改善と生活改善が必要

「メタボリックシンドローム」は、「メタボ」の愛称で世の中に浸透しています。しかし、健診で指摘...

食事が進まない2歳児!1日に必要とするカロリーの目安は?

かわいい盛りの2歳児は、「魔の2歳児」といわれるぐらいですから、食事を摂ることも一苦労ですよね。...

男性の一食分のカロリーはどれくらいにすれば太らないか

自炊派にしろ外食派にしろ、男性の一人暮らしはとかく食生活が乱れがちです。好きな食べ物を好きな...

甘酒は米麹を使ったものがおすすめ!健康&美をゲットしよう

飲み物は何が好き?という問いかけに「甘酒です!」と答える人は、あまりいませんね。健康志向の高...

カロリー摂取!1日で高齢者はどれくらいのカロリーが必要?

意外と高齢者のカロリーはどれくらい必要かわからないものです。何を重点的に食べた方がいいのか、...

食事改善でダイエット!アメリカで注目されている和食人気

アメリカでは、日本以上に肥満や生活習慣病が問題になっています。肥満の人数も、レベルも日本と比...

パンの耳の上手な活用法!気になるカロリーはどのくらい!?

サンドイッチを作る時にパンの耳を切り落として余ってしまったり、もしくは、パンの耳が苦手だから残してし...

玄米のカロリーは茶碗一杯どれくらい?おかずの選択について

茶碗一杯の玄米を食べる生活の中でカロリーコントロールをすると、上手にダイエットができ肥満を防げる...

食生活改善方法はこれ!便秘予防をしたい女性にお勧めレシピ

食生活改善によって体質が改善されることがあります。肥満体型の悩みを抱えている人が、他にも抱え...

糖分を取りすぎると身体がだるい!?砂糖には依存性がある!

砂糖が多く含まれている、お菓子やジュースなどを頻繁に摂取している人は、身体がだるいなどの症状が多く見...

スポンサーリンク

油ものを食べ過ぎてしまう

私たちが生きていくためには、「食べる」ということは絶対に欠かせません。
また、美味しい食事を摂ることで「幸福感」を得られることができます。

この幸福感が「ストレス解消」へと繋がったりするのです。

現代人は、忙しい社会の中で働き、誰もがストレスを感じながら生活をしています。
ストレス解消へと繋がる「美味しい食事」は、とても大切なことと言えるでしょう。

焼肉や天ぷらなど、油の使われた美味しい料理は、数えきれないほどあります。
美味しくて、ついつい食べ過ぎてしまうこともありますよね。

思う存分食べてしまってから、後悔することも少なくありません。

食べ過ぎが原因で、「気持ち悪さ」「胃のむかむか」などの症状が出ることもあります。
その体調が、翌日の朝まで続いてしまうと、嫌な気持ちで1日をスタートしなければなりません。

これから仕事なのに体調が優れない、せっかくの休日なのに体調が優れない、もちろん、どちらも嫌なはずです。

そうならないために、油を分解してくれる食品を知っておきましょう。

消化に悪い油が体調を崩す原因

油っこい食事を摂った後に、体調が崩れてしまったという経験はありませんか?

油などの脂肪が消化に悪いということは、皆さんご存知だと思います。
もちろん、その通りで、脂肪にはある特徴があります。

それは、「消化の始まりが遅い」「吸収に時間がかかる」ということです。

油っこい料理で満腹感が持続するのは、この特徴が理由となっています。

油の多い食事は消化(分解)しにくいため、身体へと負担が掛かってしまいます。
また、油ものを摂りすぎたことが原因となって、下痢などを引き起こすことも珍しくありません。

油ものが多いと上手く消化しきることができず、脂肪分が腸まで流れてしまうことがあるのです。

脂肪分が正しく分解されていないので、腸に刺激を与えてしまい、下痢などの原因となります。

ちなみに、日本人は油っこい食品で下痢になりやすいようです。
その理由は、欧米人とは違って、もともと油ものを食べる機会が少なかったということのようです。

体調によっては、消化機能が低下していることもあります。
体調が悪いときに、油ものを食べたくなくなるのも、そういったことが関係しているのですね。

脂肪を分解してくれる食品①

油ものを摂りすぎてしまったときは、脂肪を分解してくれる食品で、体内の調整をしましょう。

脂肪を分解してくれる食品を3つの項目でご紹介します。

●甘酒

甘酒には脂肪を分解してくれる酵素が含まれています。
「甘酒ダイエット」が一時は流行しましたが、甘酒の脂肪分解酵素が注目されたことが理由です。

甘酒には代謝に関係する酵素が、100種類以上含まれているようです。
脂質の代謝には酵素が欠かせないため、甘酒は油ものと相性が良いと言えます。

●コーヒー・緑茶・ココア・チョコレート(カフェイン)

甘酒にもリパーゼが含まれていますが、カフェインにも含まれています。
リパーゼには、脂肪分を消化してエネルギーに変える働きがあります。

さらに、皮下脂肪や内臓脂肪の燃焼効果もあるため、ダイエット中にもおすすめですね。

しかし、注意したいのはコーヒー・ココア・チョコレートの糖分です。
糖分には、脂肪燃焼を阻止する働きがあります。

しっかりと砂糖を抜くこと、量を減らすことが必要です。

脂肪を分解してくれる食品②

先ほどのつづきで、油ものを摂りすぎたときに、脂肪を分解する食品をご紹介します。

●ラム肉(ひつじの肉)

ラム肉にはカルニチンという、アミノ酸の一種が含まれています。
このカルニチンは、ラム肉以外の牛肉・馬肉・カツオ・牛乳などにも含まれています。

しかし、なかでもカルニチンが多いのがラム肉なのです。
カルニチンには脂肪を燃焼させ、エネルギーに変えてくれる働きがあります。

●唐辛子

唐辛子に含まれる、カプサイシンという成分を知っている人は多いでしょう。
この成分は、エネルギー代謝を活性化して、体内の脂肪分解を促進させる働きがあります。

唐辛子を食べると熱くなって汗が出てくるは、脂肪を燃焼させる働きがあるからなのですね。

唐辛子が使われている料理と言えばキムチです。
また、豆板醤やコチュジャンなどの調味料にも唐辛子が入っています。

●しょうが

しょうがには、ジンゲロンという成分が含まれています。

これは、辛味成分のひとつでもあり、脂肪燃焼を促してくれる働きがあります。
冷え性の人に、しょうがが良いと言われているのもジンゲロンが関係しています。

しょうがを体に摂り入れると、ぽかぽかと温まり、汗が出ることもあります。
さらに、胃液分泌を促し、消化・吸収をサポートするという効果もあるのです。

油脂肪を分解してくれる食品③

脂肪を分解する食品は、まだあります。

●納豆

日本のソウルフードとして、誰もが知っている納豆です。
納豆には、ビタミンB類が豊富に含まれています。

納豆は大豆からできていますが、大豆にはサポニンという成分が含まれているのです。

このサポニンには、脂肪の吸収を抑制するといった働きがあります。
また、脂肪を分解してくれる働きもあり、優秀な食品と言えます。

焼肉や天ぷらなどの油ぶらものだけでなく、ケーキなどの甘いものを摂り過ぎたときでも、納豆がおすすめです。

●きな粉

上でも書きましたが、大豆サポニンはきな粉にも含まれています。
そのため、納豆だけでなく、きな粉でもサポニンを摂り入れることはできます。

また、きな粉にはむくみを解消してくれるカリウムが非常に豊富です。

油ものを摂りすぎてしまったときは、だいたい塩分も摂りすぎてしまっていることが多いです。
カリウムは塩分の排出を促してくれるため、きなこを食べて、むくみを解消しましょう。

脂肪を分解してくれる食品は、意外と身近にあるんです。

油ものを食べるときにはプーアル茶を

脂肪を分解してくれる食品は意外に、身近にある食品でしたよね?

そして、油っこい料理を食べるときにおすすめな飲み物があります。

それは、プーアル茶です。
プーアル茶を知っているという人は、多いでしょう。

このプーアル茶には、重合型カテキンが含まれています。
カテキンは聞いたことあるけど、重合型カテキンは聞いたことのない人は多いと思います。

この重合型と付くカテキンは、普通のカテキンに比べ、脂肪や糖を吸収する働きが強いと言われています。

体内の脂肪が、消化管で吸収されることを防いでくれる働きもあります。

また、プーアル茶には脂肪の分解には嬉しい、リパーゼも含まれています。

緑茶などを飲むのも効果的ですが、それよりも重合型カテキンの含まれたプーアル茶がおすすめです。

さらに、プーアル茶には美容に嬉しい成分も入っています。
ビタミン・ミネラル・マグネシウムといった成分が豊富なんです。

美意識の高い人にも多く飲まれているプーアル茶を、ぜひ飲んでみてはいかがでしょうか。

油っこいもので体調が悪くなる理由

私も油っこいものを食べ過ぎてしまったときは、お腹の調子が悪くなるタイプです。

その理由には、消化しきれない脂肪分が関係していたのですね。
これからは、脂肪を分解してくれる食品を、積極的に摂り入れていきたいです。