コーヒーに入れるミルクは本物の牛乳なのですか?

あなたはコーヒーをどうやって飲みますか?

ブラック派、ミルク派、砂糖派、ミルク・砂糖派と、人それぞれですが、コーヒーのミルクとは、どのようなものなのでしょうか。

今回は、コーヒーミルクについてのお話です。
さらに本物の牛乳を使ってのメニューも探ってみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

よくある疑問!今川焼きと大判焼きの違いをご存知ですか?

縁日の出店やおみやげもので、よく見かける今川焼き。大判焼きとも呼ばれ、とても親しまれているお菓子...

主婦必見!料理ブログの書き方と上手な写真の撮り方を伝授!

スマートフォンの普及により、インターネットが手軽に、簡単に開けるようになった現代。日常の空いた...

おにぎりと大福のカロリーと満足度の比較をしてみた結果…!

お弁当の定番はおにぎりという方も多いのではないでしょうか。三角で海苔を着せたおにぎりは家では...

江戸時代の生活ってどんな生活?農民の生活、食生活について

皆さんが思い描く江戸時代の農民の生活は、洋服や家は古く、苦しい生活を強いられているというイメージを...

炊飯器内釜の耐久性はどれくらい?炊飯器のアレコレを調査!

最近売られている炊飯器は、機能も高くて素材にもこだわっていますね。外国からの旅行客が、こぞっ...

醤油の熟成!作り手が求める味は長さや回数によって決まる

醤油は原料を熟成して作る、発酵食品です。実は、同じ発酵食品の納豆やキムチと比べて、熟成の方法...

実はおでんに味噌をつけるのが密かな人気!実際に食べてみた

肌寒くなってくると恋しくなってくるのがおでん。近年、コンビニなどで気軽に買えるので、小腹が空い...

トランス脂肪酸がアメリカで禁止の理由は摂取量が多いから!

摂りすぎると健康に悪影響を及ぼすといわれるトランス脂肪酸が、いよいよアメリカで禁止されることにな...

カロリーオフの豆乳は体に危険を及ぼす恐れがある?

健康によいとされ、日頃から親しまれている豆乳ですが、無調整豆乳などの豆乳本来の味が苦手な人もいるので...

オーガニック野菜が高い!安く仕入れるための3つの方法とは

この記事では、人気のオーガニック野菜について詳しくご説明していきます。オーガニックの意味につ...

アメリカ料理の特徴は?肥満男性、女性は玄米ダイエットを!

常に世界において、注目度が高い国・・・アメリカ。アメリカといえば、世界一の経済大国で有名です...

なぜトランス脂肪酸はアメリカで禁止なの?日本での対応は?

トランス脂肪酸の食品への添加がアメリカで禁止になったことを受け、日本でも禁止にすべき、規制を設け...

ゴーヤのグリーンカーテンの作り方!土の再生利用方法とは?

近年において、プランターなどでガーデニングを楽しみつつ、省エネにも役立つグリーンカーテンが人気で...

ビーフシチューを夕飯の献立に加えて楽しい食卓を

ビーフシチューと言えば人気の高い洋食ですが、その実態はなんなのでしょうか?今回は、そのビーフシチ...

離乳食完了期からスプーンを使う練習を始める。その方法は?

離乳食に慣れてくると、赤ちゃんが自分でご飯を食べたい!と思うようになってきますよね。しかし、...

スポンサーリンク

コーヒーにミルクを入れる意味

喫茶店やカフェでコーヒーを注文すると、ほとんどのお店で、砂糖とミルクが添えられて提供させていると思います。

ブラックでコーヒーを飲む人には興味があまりないかもしれませんが、今回はそのコーヒーのミルクについてのお話です。

結論から言うと、ミルクの役割はコーヒーの酸味を和らげるため、砂糖は苦味を抑えるためです。

コーヒーといっても、お店によって使用している豆の種類・焙煎深度・ブレンド配合・抽出方法など、全てにおいて個性があり、同じ「コーヒー」というメニューでも味わいが全然違うのです。

初めてのお店でコーヒーを飲んでみて、味わいが好みではないというときに使えるのが、ミルクと砂糖なんですね。

あくまで味わいの修正を図るために使うのが、本来のミルク・砂糖の本物の役割なんですね。

しかし、単純に甘いコーヒーや、まろやかに甘いコーヒーが好きという方もいるので、その使用目的は人それぞれでしょう。
今回は、特にコーヒーミルクについて探っていきましょう。

コーヒーに入れるミルクの種類①

コーヒーに入れるミルクは、大別すると2種類に分類されると思います。
液体タイプか、粉末タイプのモノです。

まずは、液体タイプのコーヒーミルクについてのお話からしていきましょう。

よく見かけるのは、プラスチックの容器に入ったポーションタイプのミルクでしょうか。
ちょっとこだわりを感じるお店では、小さなミルクピッチャーに入れて提供しているところもありますね。

この液体タイプのコーヒーミルクなんですが、一見すると色も白いので牛乳っぽく見えますが、実はほとんどの場合は、植物性油脂が主な成分で本物の牛乳は全く使われておりません。

実際の牛乳だったら、賞味期限の問題で使うのが難しいですね。

他の成分はカラメル色素・乳化剤・ph調整剤などでが使われており、化学成分によって作られているものなのですね。

なので、あまり大量に摂取するのはオススメしません。

しかし、身体に毒というわけではないので、コーヒーの味わいの変化を楽しむくらいなら全然問題ありません。

好みの味わいで楽しみましょう。

コーヒーに入れるミルクの種類②

お次は粉末タイプのコーヒーミルクについて。

この粉末タイプは、家庭用商品として馴染み深いものかと思います。
またはカップタイプの自販機のコーヒーに、よく使われているタイプですね。

この粉末タイプの中でも2つのタイプがありまして、ひとつは脱脂粉乳、もうひとつは全脂粉乳というタイプに分けられます。

まずは脱脂粉乳の説明から。
これはその名の通り、牛乳から乳脂肪分を取り除いて作られています。

その味わいは本物の牛乳に比べると大分あっさり、コクや風味がもの足りないかもしれません。

しかし、乳脂肪分がないので、カロリーも軽めでヘルシーであると言えます。
ミルク感も、ある程度は楽しめます。

一方の全脂粉乳のタイプですが、これは牛乳をそのまま粉にしたようなもので、かなり本物のミルク感があるタイプです。

牛乳が好きな方にオススメできます。
牛乳というよりはクリームに近いので、濃厚な味わいに仕上げられます。

本物のコーヒーミルク?

ざっくりとコーヒーミルクについての紹介をしてきましたが、本物のコーヒーミルクとはあるのでしょうか?

本物という意味では、牛乳そのものがズバリそうなのですが、コーヒーミルクという観点でみると、特に本物というものは個人の好みになってくるように思います。

これでは話が終わってしまうので、ご参考になりそうなお話を少々していきます。
コーヒーに最適な、ミルク脂肪量についてです。

コーヒーに最適なミルクの脂肪分とは、動物性乳脂肪分が30%から40%のモノだそうです。

このタイプのミルクは、中煎りからやや深煎りのスタンダートのコーヒーにマッチします。
アメリカンコーヒーのような焙煎が浅いコーヒーなどは、植物性油脂のミルクでも十分でしょう。

このオススメのミルクは、家庭でも作れます。

その作り方は、製菓用の生クリームを牛乳で割るだけです。
単に生クリーム単体でもいいのですが、それだと濃厚すぎるという際に作ってみるといいでしょう。

本物のミルク(牛乳)を使ってのアレンジコーヒー①

続いては本物のミルク、つまり牛乳を使用したコーヒーメニューについて。
牛乳を使ってアレンジコーヒーといえば、おそらくカフェオレ・カフェラテ・カプチーノ辺りがすぐ脳裏によぎってくるかと思います。

確かに、これらは本物の生乳を使っているメニューなので、間違いありません。

しかし、いまいちどれがどのようなメニューで何が違うのか、はっきりしてない方もいらっしゃると思うので、その違いについてお話していきましょう。

まず、カフェオレについての説明です。
その語源はフランス語で「オレ」というのが牛乳という意味です。

これは深煎りのコーヒー豆を、ドリップ方式で濃い目に抽出したコーヒーと牛乳を、50:50の割合で混ぜたものです。

コーヒーと牛乳を同じ分量で作るため、双方の絶妙なケミストリー(化学反応)を感じることができます。

カフェオレはフランスでは、朝食の定番でボウルと見間違えるほどの大きな器に入れ、これとクロワッサンと一緒に食べるのが一般ですね。

本物のミルク(牛乳)を使ってのアレンジコーヒー②

カフェラテとカプチーノについてですが、これも本物の牛乳を使用したものです。
双方ともイタリア生まれのもので、カフェラテの「ラテ」とは牛乳の意味です。

先ほどのカフェオレとの大きな違いはドリップ方式ではなく、エスプレッソ方式で抽出したコーヒーを使用するという点です。

エスプレッソのアレンジメニューと言えますね。

さらに、そのカフェラテとカプチーノの違いについてですが、それはミルクの形状の違いです。

カフェラテは、スチームミルクという蒸気で温めたミルクとエスプレッソを合わせたもので、その割合は80:20です。

カプチーノは、フォームミルクという泡立てたミルクとエスプレッソを、70:30の割合で合わせたものです。

両方共ミルクの割合の方が多く、ミルクの旨味、甘みを楽しむためにエスプレッソコーヒーが引き立て役になっている飲み物です。

厳密にいうと、カプチーノのフォームミルクが70、エスプレッソが30という割合は語弊があります。

フォームミルクを作る際にスチームマシンを使い、蒸気の力でミルクを泡立てるのですが、そこに使用したミルクの全てが泡立つことはないので、実際はフォームミルク:スチームミルク:エスプレッソが40:30:30くらいの割合になってますね。

一部のチェーン店では、カフェラテを注文すると泡立てたミルクを用いているようですが、これらはアメリカ式の呼び方なので、一概に間違っているとは言えないのです。

そのため、カフェラテとカプチーノの違いというのが、いまいちはっきりしてないのかもしれませんね。

コーヒーの飲み方は人それぞれ

コーヒーに入れるミルクについてのお話でした。

筆者はコーヒーはブラックで飲むのが普通なので、あまりミルク・砂糖は入れませんが、ブラックが苦手という方には欠かせないモノですね。

色々なコーヒーミルクが各メーカーから販売されているので、それらの違いを研究するのも、コーヒーの楽しみ方のひとつだと思います。